チケプレ

Tagged
並べ替え
小野忠重《ジャズを廻る人々》

W’UP ★3月16日~5月19日 版画の青春 小野忠重と版画運動 ―激動の1930-40年代を版画に刻んだ若者たち― 町田...

小野忠重《ジャズを廻る人々》1934、木版、手彩色 町田市立国際版画美術館蔵2024年3月16日(土)~5月19日(日)版画の青春 小野忠重と版画運動―激動の1930-40年代を版画に刻んだ若者たち― 本展では1930-40年代に活動した「新版画集団」と「造型版画協会」による版画運動を、リーダーであった小野忠重の旧蔵品...Read More
W’UP!★3月16日~5月12日 企画展 ライトアップ木島櫻谷 ― 四季連作大屏風と沁みる「生写し」 泉屋博古館東京(港区六本木)

W'UP!★3月16日~5月12日 企画展 ライトアップ木島櫻谷 ― 四季連作大屏風と沁みる「生写し」 泉屋博古館東京(港区六本木)

木島櫻谷《柳桜図》大正6年(1917)泉屋博古館東京(部分)2024年3月16日(土)~5月12日(日)企画展 ライトアップ木島櫻谷 ―四季連作大屏風と沁みる「生写し」 大正中期に大阪茶臼山に建築された住友家本邸を飾った木島櫻谷(このしま おうこく)の「四季連作屏風」を全点公開します。大正期の櫻谷は、独特な色感の絵具を...Read More
展覧会ポスター

W'UP! ★3月16日~4月21日 生誕150年 池上秀畝―高精細画人― 練馬区立美術館(練馬区貫井)

2024年3月16日(土)~4月21日(日)生誕150年 池上秀畝―高精細画人― 池上秀畝(いけがみ しゅうほ 1874–1944)は、長野県上伊那郡高遠町(現在の伊那市)に生まれ、明治22年(1889)、本格的に絵を学ぶため上京。当時まだ無名だった荒木寛畝の最初の門人・内弟子となります。大正5年(1916)から3年連...Read More
展覧会ポスター

W'UP!★3月9日~5月6日 春の江戸絵画まつり ほとけの国の美術 府中市美術館(府中市浅間町)

2024年3月9日(土)~5月6日(月・振)春の江戸絵画まつり ほとけの国の美術 江戸時代の絵画というと、現代ではそれぞれの画家の「個性」に目が向けられがちですが、当時の画家や絵を見る人たちの多くは、仏教と密接な暮らしをしていました。今回の展覧会では、画家たちの制作の根底にあった「仏教」をキーワードに、現代人の心を魅了...Read More
展覧会バナー

W'UP★3月10日~5月12日 イヴ・ネッツハマー ささめく葉は空気の言問い 宇都宮美術館(栃木県宇都宮市)

2024年3月10日(日)~5月12日(日)イヴ・ネッツハマーささめく葉は空気の言問い 謎めいてときに痛ましく、けれどもあくまでエレガントな線と形で紡がれる心象世界。 スイス現代美術の「今」を体現する作家イヴ・ネッツハマー(1970-)は、通常の語りの論理を超えて展開するデジタル・アニメーションの映像に、自動機械など風...Read More
展覧会ポスター

W'UP ★2月23日~4月14日 英国キュー王立植物園 おいしいボタニカル・アート 食を彩る植物のものがたり 茨城県近代美術館(茨城県...

2024年2月23日(金・祝)~4月14日(日)英国キュー王立植物園おいしいボタニカル・アート 食を彩る植物のものがたり 花や薬草など植物を緻密に描いて記録する植物画、ボタニカル・アート。18世紀来のイギリス王室ゆかりの庭園で、世界有数の植物や菌類の研究機関でもある英国キュー王立植物園は、数世紀にわたって世界中で植物を...Read More
展覧会バナー

W'UP!★2月17日~3月31日 岩﨑家のお雛さま 静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館)

ポスタービジュアル2024年2月17日(土)~3月31日(日)岩﨑家のお雛さま 3月3日は雛祭り。今年も丸の内で、かわいらしいお雛さまやお人形をご覧いただきます。 三菱第四代社長・岩﨑小彌太(1879~1945)が孝子夫人(1888~1975)のために京都の人形司・丸平大木人形店で誂えた「岩﨑家雛人形」。その内裏雛は、...Read More
「はる」村上 裕二

W'UP! ★1月19日~1月28日 第78回 春の院展 令和5年度選抜展 西武池袋本店7階(南)催事場A

「はる」村上 裕二2024年1月19日(金)~1月28日(日)第78回 春の院展 令和5年度選抜展 日本美術院は、明治31年(1898年)に岡倉天心らによって創設されました。一時は中断しましたが、大正3年(1914年)横山大観らによって再興。以来、脈々と続いた在野精神を受け継ぎ、近代日本画の発展に輝かしい足跡を残してき...Read More
展覧会ポスター

W'UP★1月16日~3月10日 特別展「本阿弥光悦の大宇宙」 東京国立博物館 平成館(台東区上野公園)

2024年1月16日(火)~3月10日(日)特別展「本阿弥光悦の大宇宙」 本阿弥光悦(ほんあみこうえつ・1558~1637)は戦乱の時代に生き、さまざまな造形にかかわり、革新的で傑出した品々を生み出しました。それらは後代の日本文化に大きな影響を与えています。しかし光悦の世界は大宇宙(マクロコスモス)のごとく深淵で、その...Read More
展覧会ポスター

W'UP ★1月20日~3月10日 水木しげる生誕 100周年記念 水木しげるの妖怪 百鬼夜行展 ~お化けたちはこうして生まれた~ そご...

©水木プロダクション2024年1月20日(土)~3月10日(日)水木しげる生誕 100周年記念 水木しげるの妖怪 百鬼夜行展~お化けたちはこうして生まれた~水木しげるの妖怪が横浜に大集結 代表作『ゲゲゲの鬼太郎』をはじめ多くの妖怪作品を生み出した水木しげる(1922-2015)は、「妖怪」という言葉が一般に広がるきっか...Read More
展覧会ポスター

W'UP! ★1月27日~4月7日 印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵 東京都美術館(台東区上野公園)

2024年1月27日(土)~4月7日(日)印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵日本初公開多数!「印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵」 本展は、西洋美術の伝統を覆した印象派の革新性とその広がり、とりわけアメリカ各地で展開した印象派の諸相に注目します。 アメリカ・ボストン近郊に位置するウスター美術館は...Read More
展覧会キービジュアル

W'UP! ★1月5日~3月31日 デビュー50周年記念 槇村さとる展 ー「愛のアランフェス」から「おいしい関係」「モーメント」までー ...

2024年1月5日(金)~3月31日(日)デビュー50周年記念 槇村さとる展 ー「愛のアランフェス」から「おいしい関係」「モーメント」までー 2023年にデビュー50周年を迎えた槇村さとるは、ポジティブに活躍する女性たちとダイナミックなダンスを主題とした作品で知られています。1973年『別冊マーガレット』でデビューする...Read More
キースヘリイング展ポスター

W'UP! ★12月9日~2024年2月25日 キース・ヘリング展 アートをストリートへ 森アーツセンターギャラリー(港区六本木)

Photo by ©Makoto Murata Keith Haring Artwork @Keith Haring Foundation2023年12月9日(土)~2024年2月25日(日)キース・ヘリング展 アートをストリートへ 明るく、ポップなイメージで世界中から愛されているキース・ヘリング。 ヘリングは「アート...Read More
展覧会ポスター

W'UP! ★11月16日~2024年1月8日 上野アーティストプロジェクト2023 いのちをうつす ―菌類、植物、動物、人間/コレクシ...

2023年11月16日(木)~2024年1月8日(月・祝)上野アーティストプロジェクト2023いのちをうつす ―菌類、植物、動物、人間 この展覧会では、人間以外の自然界のいきものを「うつす」ことに取り組み続けてきた6名のつくり手たちをご紹介します。創作・表現活動において、動物や植物という題材は非常にポピュラーなものです...Read More
展覧会ポスター

W'UP! ★2月20日〜4月7日 企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」 紅ミュージアム(港区南青山)

2024年2月20日(火)〜4月7日(日)企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」 今展では、雛道具研究家の川内由美子氏が、長年にわたって蒐集したコレクションの中より精選してご紹介します。江戸時代の名店「七澤屋」の雛道具から昭和レトロな趣にあふれた日用品のミニチュアまで、眼福の“小”世界が広がります。小さなモノ、巧緻な細工に惹...Read More