コロナ対策のため休館、営業時間の変更、または事前予約が必要な場合があります。ご来場の際は必ずご確認ください。

W'UP! ★ 7月3日~9月26日 大正ロマン・昭和モダンのイラストレーター 高畠華宵展 ―ジェンダーレスな まなざし―/【所蔵作品展】少年☆少女雑誌 ふろく花伝 ~明治から令和へ続く日本文化~ 弥生美術館

W'UP! ★ 7月3日~9月26日 大正ロマン・昭和モダンのイラストレーター 高畠華宵展 ―ジェンダーレスな まなざし―/【所蔵作品展】少年☆少女雑誌 ふろく花伝 ~明治から令和へ続く日本文化~ 弥生美術館
『日本少年』昭和5(1930)年7月号表紙(部分)
 

2021年7月3日(土)~9月26日(日)
大正ロマン・昭和モダンのイラストレーター 高畠華宵展
―ジェンダーレスな まなざし―

 

「若き船人」 華宵便箋表紙原画 大正末~昭和初期

 

『日本少年』昭和4(1929)年8月号表紙(部分)

 

「馬賊の唄」 『日本少年』昭和4(1929)年2月号口絵

 

 「少年の中には少女が、少女の中には少年がいる」とも評された両性具有的な人物画を描き、少年からも、少女からも、紳士淑女からも、熱烈な支持を得た高畠華宵(たかばたけ かしょう 1888-1966)。大正・昭和初期の出版美術界で、華宵が唯一無二の存在感を放った背景には、彼が〈男性+女性〉としての心と眼を持つ人物だったことがあります。
 世間の枠にとらわれず、自らの価値観と美意識を信じ、〈ありのままの自分〉を生きた華宵。そんな彼だからこそ描けたボーダーレスな作品世界をお楽しみください。
 華宵からたくされた、美麗な原画の数々を一挙公開いたします。

高畠華宵とは?
 大正末から昭和初期の雑誌界で活躍した大人気イラストレーターです。写真の印刷技術が未熟であった当時は、写真よりイラストレーションの方が視覚的効果において優れていたため、イラストレーターの描く美少年・美少女像が、モデルや女優のような役割を果たしていました。そうした画家の中でも、絶大な人気を誇ったのが高畠華宵(たかばたけ・かしょう)です。
 華宵は美少年も美少女も描けたため、少年雑誌でも少女雑誌でも活躍していました。華宵の描く両性具有的な人物画は、男子の心も・女子の心もとらえる強烈なセックスアピールに満ちており、少年少女の心に深く刻まれたのです。
 また、華宵自身も映画スター並みの人気者でした。舶来の文物が並ぶ、〈挿絵御殿〉とよばれた鎌倉の邸宅にて、美少年の弟子たちにかしずかれたエキゾチックでミステリアスな暮らしぶりは、雑誌のグラビア記事でも紹介され、読者の熱気をあおりました。華宵会いたさに家出してくる少年少女が続出し、華宵のニセ者まで登場した程でした。

〈挿絵御殿〉とよばれた自宅にて弟子と。 昭和2(1927)年

高畠華宵と弥生美術館
 昭和39(1964)年、東京在住の弁護士・鹿野琢見が手にした雑誌に少年時代に大ファンだった高畠華宵の消息が掲載されていました。華宵が明石の養老院で晩年を過ごしていることを知った鹿野は、すぐに華宵に手紙を出し、二人の交流が始まりました。鹿野は全国のファンに呼びかけ、ファンクラブ〈華宵会〉を結成。華宵を東京の自宅に招き、華宵を看取った後は、作品と著作権を譲り受け、展覧会の開催や画集の出版など、華宵の再評価に尽力しました。そして昭和59(1984)年、自宅敷地内に弥生美術館を創立。現在は鹿野の次女が理事長をつとめ、高畠華宵作品を展示・公開しています。

「夢の花園」華宵便箋表紙原画 大正末~昭和初期

 

会 期 2021年7月3日(土)~9月26日(日) 
※緊急事態宣言ならびに東京都の要請を受けた臨時休業に伴い、会期の変更をさせていただくことといたしました。
開館時間 10:30~16:30(入館は16:00までにお願いします)
※新型コロナウイルスの影響により、開館時間が変更になる場合があります。
休館日 月曜日・火曜日
※8月9日(月・祝)、9月20日(月・祝)開館
※7月19日(月)は祝日ではなくなりましたが、開館いたします。
※新型コロナウイルスの影響により、休館日が変更になる場合があります。
料 金 一般1000円、大・高生 900円、中・小生500円
(竹久夢二美術館もご覧いただけます)
※入館にはオンラインによる事前予約(日時指定)が必要です。
ホームページ https://www.yayoi-yumeji-museum.jp/

展示作品の写真撮影OKです!
SNSでの情報拡散、大歓迎いたします。


 

動き出す人造人間『日本少年』 (實業之日本社)
1932年2月号 中山かつみ/撮影

 

2021年7月3日(土)~9月26日(日)
【所蔵作品展】少年☆少女雑誌 ふろく花伝
~明治から令和へ続く日本文化~

 

ガスマスク『日本少年』 (實業之日本社)
1933年3月号 中山かつみ/撮影

 

アイビーノート『りぼん』 (集英社)
1975年11月号 陸奥A子/画

 

 近年の書店では婦人雑誌を中心にバッグやポーチなどの豪華なふろくが、数多く並べられています。日本人にとっては親しみのある「ふろく」ですが、これほどまでに多様な発展を遂げているのは他の国にはみられず、日本独自の文化といえます。戦前の少年雑誌『少年倶楽部』は、「軍艦三笠の大模型」「エンパイア・ビルディング」など、他紙では見られない大型の組み立てふろくを付けて、少年たちを熱狂させました。
 一方、少女雑誌のふろくは、戦前から戦後までレターセットやカードなどの「紙もの」ふろくが愛され続け、中原淳一や松本かつぢといったイラストレーターや、戦後は人気マンガ家の絵があしらわれたことで価値を高めました。
 紙文化が豊かな日本だからこそ育まれたふろくの歴史を、主に少年雑誌・少女雑誌に注目してご紹介いたします。
展示点数 戦前から戦後にかけての少年・少女雑誌ふろく50~100点(予定)

所蔵作品展「少年☆少女雑誌 ふろく花伝 ~明治から令和へ続く 日本文化~」
期 間 7月3日(土)~9月26日(日)
※新型コロナウイルスによる緊急事態宣言に伴い、会期が変更にな る場合があります。
※同時開催の弥生美術館『高畠華宵展』、竹久夢二美術館『夢二× 文学「絵で詩をかいてみた」』に準じます。
休館日 月曜日・火曜日
※7月19日(月・祝)、9月20日(月・祝)開館
※新型コロナウイルスの影響により、休館日が変更になる場合があ ります。
開館時間 10:30〜16:30(入館は16:00までにお願いします)
※新型コロナウイルスの影響により、開館時間が変更になる場合があります。
入館料 一般1000円、大・高生 900円、中・小生500円
※入館にはオンラインによる事前予約(日時指定)が必要です。
※同時開催の弥生美術館『高畠華宵展』、竹久夢二美術館『夢二×文学「絵で詩をかいてみた」』も鑑賞できます。
会 場 弥生美術館 3階展示室
ホームページ https://www.yayoi-yumeji-museum.jp/

W’UP ! ★7月3日~9月26日 夢二×文学「絵で詩をかいてみた」 ―竹久夢二の抒情画・著作・装幀― 竹久夢二美術館

住所東京都文京区弥生2-4-3
TEL03-3812-0012
WEBhttp://www.yayoi-yumeji-museum.jp/
開館時間*110:30 ~ 16:30(入館にはオンラインによる事前予約(日時指定)が必要となります)
休み月・火曜日、展示替え期間中、年末年始
ジャンルイラストレーション、絵画、出版美術、日本画、絵画
入場料*2一般1000円、大・高生900円、中・小生500円(竹久夢二美術館もご覧いただけます)
アクセス*3根津駅1番出口より徒歩7分、東大前駅1番出口より徒歩7分、JR上野駅公園口より徒歩25分
収蔵品http://www.yayoi-yumeji-museum.jp/yayoi/collection.html
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 イベントにより異なることがあります *3 表示時間はあくまでも目安です

■コロナ感染拡大防止のための注意事項
 ご入館にはオンラインによる事前予約(日時指定)が必要です。こちらでご確認ください→ http://www.yayoi-yumeji-museum.jp/event/event.html

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)