近代美術

74 件がヒットしました。
並べ替え
W’UP!★1月21日~4月16日 美しい本-湯川書房の書物と版画 神奈川県立近代美術館 鎌倉別館

W'UP!★1月21日~4月16日 美しい本-湯川書房の書物と版画 神奈川県立近代美術館 鎌倉別館

 『oedipus』 望月通陽(著・型染) 1981年 神奈川県立近代美術館蔵 撮影:佐治康生2023年1月21日(土)~4月16日(日)美しい本-湯川書房の書物と版画 大阪、京都を拠点とした湯川書房は装幀や製本に意匠を凝らした限定本を出版し、2008年に活動の幕を閉じるまで多くの愛書家を魅了しました。「美しい本」の創...Read More
W'UP ★12月24日~2023年2月5日 戦後日本版画の展開 — 照沼コレクションを中心に 茨城県近代美術館

W'UP ★12月24日~2023年2月5日 戦後日本版画の展開 — 照沼コレクションを中心に 茨城県近代美術館

2022年12月24日(土)~2023年2月5日(日)戦後日本版画の展開照沼コレクションを中心に 第二次世界大戦の終結は戦時下における自由の抑圧から人々を解放し、美術家たちは待ちかねたように活動を再開させていきます。そして、海外の新しい美術の潮流が日本に紹介されるようになると、国内の美術界は一挙に活気づき、1950年代...Read More
W'UP! ★11月1日~2023年2月5日 大竹伸朗展 東京国立近代美術館 (MOMAT)

W'UP! ★11月1日~2023年2月5日 大竹伸朗展 東京国立近代美術館 (MOMAT)

 2022年11月1日(火)~2023年2月5日(日)大竹伸朗展現代日本を代表するアーティスト大竹伸朗の40年以上におよぶ創作活動を約500点で体感する大回顧展 大竹伸朗 (1955–)は、1980年代初めに華々しくデビューして以来、絵画、版画、素描、彫刻、映像、絵本、音、エッセイ、インスタレーション、巨大な...Read More
W’UP! ★10月12日~2023年2月5日 所蔵作品展「MOMATコレクション」 東京国立近代美術館 (MOMAT)

W'UP! ★10月12日~2023年2月5日 所蔵作品展「MOMATコレクション」 東京国立近代美術館 (MOMAT)

 山口勝弘《ヴィトリーヌ No.47(完全分析方法による風景画)》 1955年 2022年10月12日(水)~2023年2月5日(日)所蔵作品展「MOMATコレクション」69年前の実験! 当館は2022年12月に開館70周年を迎えます。今回のMOMATコレクション展では、初期の重要な展覧会である「抽象と幻想 非写実絵画...Read More
W’UP! ★4月30日~8月28日 2022 MOMASコレクション 第1期 埼玉県立近代美術館

W'UP! ★4月30日~8月28日 2022 MOMASコレクション 第1期 埼玉県立近代美術館

2022年4月30日(土)~8月28日(日)2022 MOMASコレクション 第1期セレクション 3/Ⅲ/三3という数字から、MOMASコレクションの名品をひもときます。デザインで語るユートピア─1960-70年代イタリアから物質文化や生活環境が問い直されたイタリアデザイン界の動きを紹介します。特集 孫雅由の小宇宙哲学...Read More
W’UP! ★5月17日~10月2日 所蔵作品展「MOMAT コレクション」 70周年をふりかえる 同時代の展望と収集/小特集 ぽえむの言い分 東京国立近代美術館 (MOMAT)

W'UP! ★5月17日~10月2日 所蔵作品展「MOMAT コレクション」 70周年をふりかえる 同時代の展望と収集/小特集 ぽえむの...

 瑛九《午後(虫の不在)》1958年2022年5月17日(火)~10月2日(日)所蔵作品展「MOMAT コレクション」70周年をふりかえる 同時代の展望と収集コンテンポラリー MOMAT と同時代 今年の12月に当館が迎える開館70周年を記念して、コレクションによって美術館の歩みをふりかえり ます。2 つの展示室を用い...Read More
W’UP! ★5月17日~10月2日 所蔵作品展「MOMAT コレクション」 70周年をふりかえる 同時代の展望と収集/小特集 ぽえむの言い分 東京国立近代美術館 (MOMAT)

W'UP! ★5月17日~10月2日 所蔵作品展「MOMAT コレクション」 70周年をふりかえる 同時代の展望と収集/小特集 ぽえむの...

 瑛九《午後(虫の不在)》1958年2022年5月17日(火)~10月2日(日)所蔵作品展「MOMAT コレクション」70周年をふりかえる 同時代の展望と収集コンテンポラリー MOMAT と同時代 今年の12月に当館が迎える開館70周年を記念して、コレクションによって美術館の歩みをふりかえり ます。2 つの展示室を用い...Read More
埼玉県立近代美術館

埼玉県立近代美術館

撮影:松本和幸  緑豊かな北浦和公園に1982年に開館した埼玉県立近代美術館(MOMAS)。モネ、シャガール、ピカソなどの海外の巨匠から日本の現代作家まで、優れた美術作品をコレクションして展示しています。また、ユニークなテーマを設けた企画展を随時開催するほか、自由に座れるグッド・デザインの椅子もたくさん紹介し...Read More
茨城県近代美術館

茨城県近代美術館

 当館は、日本三名園の一つである偕楽園から続く水戸市千波湖のほとりに芸術・文化に親しむよりどころとして昭和63年10月に開館しました。建築家は愛知県立芸術大学など多数の建築物を設計したことで知られる吉村順三氏です。緑青色の銅板葺きの屋根と茶色系の自然石からなる外壁により、周囲の景観に調和したスケールの大きな建物となって...Read More
神奈川県立近代美術館 葉山

神奈川県立近代美術館 葉山

 2003年開館。日本近代絵画・彫刻を中心に収蔵。現代との関わりに重点をおいて、国内外の近代美術、現代美術を独自の視点でとらえた展覧会を開催。大型の作品やインスタレーションなど最近の多様な美術に応える設備を備える。 (さらに…)Read More
東京国立近代美術館 (MOMAT)

東京国立近代美術館 (MOMAT)

 皇居近くにある日本初の国立美術館。明治から現代まで、急速な近代化を成し遂げた激動の時代に生まれた日本美術の名作を中心に、国内外の美術作品13,000点超を収蔵しています。展示替え期間を除き、常時3つの展覧会を開催。 年に数回大きく作品を入れ替え、選りすぐった約200点を展示する所蔵作品展「MOMATコレクション」では...Read More
神奈川県立近代美術館 鎌倉別館

神奈川県立近代美術館 鎌倉別館

鎌倉別館外観 撮影:木奥惠三 1984年開館。日本近代絵画・彫刻を中心に収蔵。現代との関わりに重点をおいて、国内外の近代美術、現代美術を独自の視点でとらえた展覧会を開催。大髙正人による設計で、山に挟まれた住宅地に溶け込むように意匠的に工夫されている。2019年10月にリニューアルオープンした。現在、改修工事のため休館中...Read More
W'UP!★2月6日~2月12日 ruteN個展「hymn」/2月20日~2月26日 Priscilla Lei 個展「心に灯す光と色彩のパレット ~ Soul Journey ~」 ALL DAY GALLERY

W'UP!★2月6日~2月12日 ruteN個展「hymn」/2月20日~2月26日 Priscilla Lei 個展「心に灯す光と色彩...

 2023年2月6日(月)~2月12日(日)ruteN個展「hymn」 生命の循環やエネルギーを可視化し、”流転している世界”をテーマに作品制作を行なっている現代アーティストruteN氏の個展「hymn」を開催致します。展覧会について 2021年末に、製作者自身の過去との向き合いで感情に乗せて描いたことから生...Read More
W’UP! ★11月12日~2月4日まで 比田井南谷 生誕110年 個展「HIDAI NANKOKU」&「生誕100年 富岡惣一郎 | 白の世界」 √K Contemporary

W'UP! ★11月12日~2月4日まで 比田井南谷 生誕110年 個展「HIDAI NANKOKU」&「生誕100年 富岡惣一郎 | ...

 2022年11月12日(土)~2023年2月4日(土)比田井南谷 生誕110年 個展「HIDAI NANKOKU」 √K Contemporaryでは、日本美術継承協会(東京・新宿)主催、書家 比田井南谷の個展「HIDAI NANKOKU」を開催いたします。本展では南谷の日本未発表作品や南谷の拓本コレクションを含む約...Read More
W’UP! ★12月20日~2月4日 「生誕100年 富岡惣一郎 | 白の世界」 Space√K(東京都新宿区)

W'UP! ★12月20日~2月4日 「生誕100年 富岡惣一郎 | 白の世界」 Space√K(東京都新宿区)

 2022年12月20日(火)~2023年2月4日(土)「生誕100年 富岡惣一郎 | 白の世界」 √K Contemporaryの地下にあるSpace√Kでは、冬の特別展として昨年生誕100年を迎えた富岡惣一郎の個展「白の世界」を開催しています。 富岡惣一郎は新潟の中でも特に雪深い地域に生まれ育ちました。幼...Read More
W’UP! ★1月20日~2月4日 第350回 「関根伸夫展―旅する人」 ときの忘れもの

W'UP! ★1月20日~2月4日 第350回 「関根伸夫展―旅する人」 ときの忘れもの

3642 views
2023年1月20日(金)~2月4日(土)第350回 「関根伸夫展―旅する人」 1970年前後の日本で起こった美術の動向「もの派」を代表する作家・関根伸夫の展覧会を開催します。本展では、多摩美術大学絵画科油画の学生時代に描いた油彩など初期作品を中心にご覧いただきます。 関根伸夫が美大3年、4年の時に制作した〈鉱物シリー...Read More
W'UP! ★ 1月21日~4月2日 佐伯祐三 自画像としての風景 東京ステーションギャラリー

W'UP! ★ 1月21日~4月2日 佐伯祐三 自画像としての風景 東京ステーションギャラリー

 2023年1月21日(土)~4月2日(日)佐伯祐三 自画像としての風景街に生き 街に死す描くことに命を捧げた伝説の洋画家 大阪、東京、パリ。3つの街で、画家としての短い生涯を燃焼し尽くした画家、佐伯祐三(1898-1928)。2023年に生誕125年を迎える佐伯の生涯は、多くのドラマと伝説に彩られています。...Read More
W'UP! ★12月17日〜2023年3月5日 交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー 東京都庭園美術館

W'UP! ★12月17日〜2023年3月5日 交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー 東京都庭園美術館

2022年12月17日(土)〜2023年3月5日(日)交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー国やジャンルを越えた共鳴から生まれる、いくつものモダンの形 1910年代から30年代は、西欧を中心に日本を含む世界各地で様々なモダンの形が現われた時代でした。 機能主義に基づく「モダニズム」は、いまなお当時の中心的な動向とみな...Read More
W’UP! ★10月29日~2023年1月29日 ヴァロットン―黒と白 三菱一号館美術館

W'UP! ★10月29日~2023年1月29日 ヴァロットン―黒と白 三菱一号館美術館

 フェリックス・ヴァロットン《お金(アンティミテⅤ)》1898年 木版、紙 三菱一号館美術館 2022年10月29日(土)~2023年1月29日(日)ヴァロットン―黒と白 19世紀末のパリで活躍したナビ派の画家フェリックス・ヴァロットン(1865-1925)は、黒一色の革新的な木版画で名声を得ました。独特の視点と多様な...Read More
W’UP! ★10月29日~12月4日 チェン・ジャン・ホン展 ギャルリーためなが 東京店/大阪店

W'UP! ★10月29日~12月4日 チェン・ジャン・ホン展 ギャルリーためなが 東京店/大阪店

 「澄」80×80cm 2022年10月29日(土)~12月4日(日)※会期延長チェン・ジャン・ホン展 この度ギャルリーためながでは、2018年以来4年ぶりとなるチェン・ジャン・ホン展を東京・大阪にて同時開催いたします。 国内では6度目の個展開催となる本展では、各店の個展に向けて制作された新作、約40点を一堂に展観。今...Read More
W’UP! ★11月18日~2023年2月12日 平子雄一×練馬区立美術館コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生] 練馬区立美術館

W'UP! ★11月18日~2023年2月12日 平子雄一×練馬区立美術館コレクション inheritance, metamorphos...

 本展新作絵画習作 2022年 アクリル、カンヴァス 作家蔵2022年11月18日(金)~2023年2月12日(日)平子雄一×練馬区立美術館コレクションinheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生] 「平子雄一×練馬区立美術館コレクション」展は、練馬区在住の気鋭のアーティスト...Read More
W’UP!★11月18日~12月19日 DOMANI・明日展 2022-23 百年まえから、百年あとへ 国立新美術館 企画展示室2E

W'UP!★11月18日~12月19日 DOMANI・明日展 2022-23 百年まえから、百年あとへ 国立新美術館 企画展示室2E

 2022年11月18日(金)~12月19日(月)DOMANI・明日展 2022-23 百年まえから、百年あとへ 文化庁は、将来の日本の芸術界を支える人材の育成のため、若手芸術家が海外の関係機関等で行う研修を支援する「新進芸術家海外研修制度(在研)」を1967年度から実施しており、すでに半世紀を経過しました。美術分野で...Read More
W’UP ★11月5日~2023年2月5日 パリ・オペラ座−響き合う芸術の殿堂 アーティゾン美術館

W'UP ★11月5日~2023年2月5日 パリ・オペラ座−響き合う芸術の殿堂 アーティゾン美術館

 エドゥアール・マネ《オペラ座の仮装舞踏会》1873年、石橋財団アーティゾン美術館 2022年11月5日(土)~2023年2月5日(日)パリ・オペラ座−響き合う芸術の殿堂 パリ・オペラ座は、バレエやオペラの輝かしい殿堂としてよく知られた劇場です。ルイ14世によって1669年に設立されたパリ・オペラ座は、その歴史を通して...Read More
W’UP!★11月8日~11月22日 佐野ぬい展 90th Anniversary Exhibition Galerie412

W'UP!★11月8日~11月22日 佐野ぬい展 90th Anniversary Exhibition Galerie412

 「明るい街」2022年1月23日 日本経済新聞 日曜版掲載 2022年11月8日(火)~11月22日(火)佐野ぬい展 90th Anniversary Exhibition90歳の誕生日を大好きな画廊で 日本における抽象表現を牽引し続けてきた洋画家佐野ぬいは、この秋に90歳を迎えます。 このたび、(財)ヌイ・カンパニ...Read More
W’UP ! ★11月5日~2023年1月15日 おいしいボタニカル・アートー食を彩る植物のものがたり  SOMPO美術館

W'UP ! ★11月5日~2023年1月15日 おいしいボタニカル・アートー食を彩る植物のものがたり  SOMPO美術館

 ウィリアム・フッカー《リンゴ 「デヴォンシャー・カレンデン」 》1818年スティップル・エングレーヴィング、アクアチント、手彩色/紙 34.5×26.0cm Photo Michael Whiteway 2022年11月5日(土)~2023年1月15日(日)おいしいボタニカル・アートー食を彩る植物のものがたり イギリ...Read More
W’UP! ★ 10月29日~12月18日 つながる琳派スピリット 神坂雪佳 パナソニック汐留美術館

W'UP! ★ 10月29日~12月18日 つながる琳派スピリット 神坂雪佳 パナソニック汐留美術館

1689 views
 2022年10月29日(土)~12月18日(日)つながる琳派スピリット 神坂雪佳 神坂雪佳(1866-1942)は、明治から昭和にかけ、京都を中心に活躍した図案家・画家です。20世紀の幕開けと同時に、欧州で当時最先端の美術工芸を視察したことで、雪佳はあらためて日本古来の装飾芸術の素晴らしさを再認識し、「琳派...Read More
W’UP! ★9月10日~11月6日 THE 新版画 版元・渡邊庄三郎の挑戦 茅ヶ崎市美術館

W'UP! ★9月10日~11月6日 THE 新版画 版元・渡邊庄三郎の挑戦 茅ヶ崎市美術館

 チャールズ・W・バートレット《ホノルル浪乗競争》(部分)大正8年(1919) 2022年9月10日(土)~11月6日(日)THE 新版画 版元・渡邊庄三郎の挑戦 江戸時代に確立された浮世絵木版画(錦絵)は、明治以降の西洋の写真や印刷技術導入の影響で、衰退の一途をたどっていました。その中で、あえて伝統的な絵師、彫師、摺...Read More
W'UP!★10月14日〜10月16日 2022東美アートフェア 東京美術倶楽部 東美ミュージアム

W'UP!★10月14日〜10月16日 2022東美アートフェア 東京美術倶楽部 東美ミュージアム

 2022年10月14日(金)〜10月16日(日)2022東美アートフェア日本有数の美術商100軒が集う3年ぶりの開催中国名品・茶道具・柿右衛門・横山大観・北大路魯山人・篠田 桃紅などミュージアムピースで心の贅沢に出会う美の祭典「2022 東美アートフェア」 東京美術商協同組合は、10月14日(金)・15日(...Read More