近代美術

62 件がヒットしました。
並べ替え
W'UP! ★6月18日~9月26日 隈研吾展 新しい公共性をつくるためのネコの5原則 東京国立近代美術館 (MOMAT)1F 企画展ギャラリー

W'UP! ★6月18日~9月26日 隈研吾展 新しい公共性をつくるためのネコの5原則 東京国立近代美術館 (MOMAT)1F 企画展ギ...

2021年6月18日(金)~9月26日(日)隈研吾展 新しい公共性をつくるためのネコの5原則 米TIME誌にて「2019年世界で訪れるべき最も素晴らしい場所100選」に選ばれた《V&Aダンディー》や《国立競技場》の設計に参画するなど...Read More
W’UP! ★〜9月5日 開館70周年記念 空間の中のフォルム―アルベルト・ジャコメッティから桑山忠明まで 神奈川県立近代美術館 葉山 展示室2–4

W'UP! ★〜9月5日 開館70周年記念 空間の中のフォルム―アルベルト・ジャコメッティから桑山忠明まで 神奈川県立近代美術館 葉山 ...

2021年4月24日(土)〜9月5日(日) 開館70周年記念 空間の中のフォルム―アルベルト・ジャコメッティから桑山忠明まで  現代の彫刻家は、空間の中の多様なフォルムを追求してきました。神奈川県立近代美術館は、1951年の開館以...Read More
W’UP! ★ 〜9月5日(日)[コレクション展]若林 奮 新収蔵作品 神奈川県立近代美術館 葉山 展示室 1

W'UP! ★ 〜9月5日(日)[コレクション展]若林 奮 新収蔵作品 神奈川県立近代美術館 葉山 展示室 1

2021年4月24日(土)〜9月5日(日)[コレクション展]若林 奮 新収蔵作品 2020年度に河合孝典氏よりご寄贈いただいた若林奮の新収蔵作品――彫刻、素描、版画、リーヴル・オブジェ、手製年賀状など100点余を数える「河合コレクション」を...Read More
埼玉県立近代美術館

埼玉県立近代美術館

撮影:松本和幸  緑豊かな北浦和公園に1982年に開館した埼玉県立近代美術館(MOMAS)。モネ、シャガール、ピカソなどの海外の巨匠から日本の現代作家まで、優れた美術作品をコレクションして展示しています。また、ユニークなテーマを設...Read More
茨城県近代美術館

茨城県近代美術館

 当館は、日本三名園の一つである偕楽園から続く水戸市千波湖のほとりに芸術・文化に親しむよりどころとして昭和63年10月に開館しました。建築家は愛知県立芸術大学など多数の建築物を設計したことで知られる吉村順三氏です。緑青色の銅板葺きの屋根と茶...Read More
神奈川県立近代美術館 葉山

神奈川県立近代美術館 葉山

※「特措法に基づく緊急事態措置に係る神奈川県実施方針」を踏まえ、1月12日(火曜)より臨時休館となります。再開時期などについては、当館ウェブサイトをご確認ください。 2003年開館。日本近代絵画・彫刻を中心に収蔵。現代との関わりに重点をおい...Read More
東京国立近代美術館 (MOMAT)

東京国立近代美術館 (MOMAT)

 皇居近くにある日本初の国立美術館。明治から現代まで、急速な近代化を成し遂げた激動の時代に生まれた日本美術の名作を中心に、国内外の美術作品約13,000点を収蔵しています。展示替え期間を除き、常時3つの展覧会を開催。 年に数回大きく作品を入...Read More
神奈川県立近代美術館 鎌倉別館

神奈川県立近代美術館 鎌倉別館

鎌倉別館外観 撮影:木奥惠三 1984年開館。日本近代絵画・彫刻を中心に収蔵。現代との関わりに重点をおいて、国内外の近代美術、現代美術を独自の視点でとらえた展覧会を開催。大髙正人による設計で、山に挟まれた住宅地に溶け込むように意匠的に工夫さ...Read More
W’UP! ★7月22日~8月31日<「SDGs×ARTs」展 十七の的(まと)の素(もと)には芸術がある> 東京藝術大学大学美術館

W'UP! ★7月22日~8月31日<「SDGs×ARTs」展 十七の的(まと)の素(もと)には芸術がある> 東京藝術大学大学美術館

2021年7月22日(木・祝)~8月31日(火)<「SDGs×ARTs」展 十七の的(まと)の素(もと)には芸術がある>   この展覧会は、現代社会において芸術が担うべき新たな役目、可能性を見つめるために立ち上がった「I...Read More
【7月10日〜 ウィークリー告知まとめ版】無観客な世界。そしてなにが残るのだろうか? 今週ピックアップした展覧会・イベント・アート情報!

【7月10日〜 ウィークリー告知まとめ版】無観客な世界。そしてなにが残るのだろうか? 今週ピックアップした展覧会・イベント・アート情報!

 とうとう東京オリンピックは、ほとんどの競技が無観客となった。 無観客といえば、自分(あおひと君)も去る4月、昨年からコロナで延期になっていたオペラ『魔笛』が、それも公演2日前に緊急事態宣言が出され、急遽、無観客での上演を余儀なくされた。 ...Read More
W’UP! ★7月30日~8月14日 第331回 夏休み こども図書室 熊谷守一・五味太郎の絵本と版画展 ギャラリー ときの忘れもの

W'UP! ★7月30日~8月14日 第331回 夏休み こども図書室 熊谷守一・五味太郎の絵本と版画展 ギャラリー ときの忘れもの

2021年7月30日(金)~8月14日(土) 第331回 夏休み こども図書室熊谷守一・五味太郎の絵本と版画展(予約制)  熊谷守一は76歳の時に脳卒中で倒れて以来、遠出が難しくなり、身近な植物、昆虫、猫を主題にすることが多くなっ...Read More
【7月3日〜 ウィークリー告知まとめ版】現代アートとイラストレーションの区分けは? 今週ピックアップした展覧会・イベント・アート情報!

【7月3日〜 ウィークリー告知まとめ版】現代アートとイラストレーションの区分けは? 今週ピックアップした展覧会・イベント・アート情報!

 日々、いろいろな情報に接していて、現代アートとイラストの区分けってなんだろう?と思います。 イラストは、イラストレーション、つまり言葉ではなく、絵・図によって物事を説明することでしょう。 ウィキペディアには、 イラストレーション(英: 仏...Read More
【The Evangelist of Contemporary Art】抵抗の拠点としてのアート―最近鑑賞した若いアーティストたちから立ち上がる抵抗の残像

【The Evangelist of Contemporary Art】抵抗の拠点としてのアート―最近鑑賞した若いアーティストたちから立...

 なぜ、残像か? 儚く消え去る幻影ではない。脳裏に記憶の痕跡が刻まれるほど、逸楽の強烈なイメージ。それは連鎖する。強烈な残像は別のそれと共鳴し響きあい、人間の活動は、この残像の連鎖が織りなす環境の影響を蒙る。 その意味で世界の土台となるこの...Read More
【6月26日〜 ウィークリー告知まとめ版】アートは、不滅です! 今週ピックアップした展覧会・イベント・アート情報!

【6月26日〜 ウィークリー告知まとめ版】アートは、不滅です! 今週ピックアップした展覧会・イベント・アート情報!

 アートは、不滅です! ではでは、今週のもろもろこぼれた情報をお届けします。 写真は、ウィーンの現代美術館の展示作品。「丸の内ストリートギャラリー」スマホ向け音声ガイダンス第3弾開始 ~新たにマヂカルラブリーやフワちゃんを迎え「オールナイト...Read More
W’UP! ★ 7月10日~9月26日 メキシコ独立200周年 メヒコの衝撃―メキシコ体験は日本の根底を揺さぶる 市原湖畔美術館

W'UP! ★ 7月10日~9月26日 メキシコ独立200周年 メヒコの衝撃―メキシコ体験は日本の根底を揺さぶる 市原湖畔美術館

2021年7月10日(土)~9月26日(日)メキシコ独立200周年メヒコの衝撃―メキシコ体験は日本の根底を揺さぶる    革命の芸術が刻印され、生と死、古代と現代、 現実と超現実が混淆するメキシコと日本人アーテ...Read More
W'UP! ★ 7月3日~9月20日 サーリネンとフィンランドの美しい建築 展 パナソニック汐留美術館

W'UP! ★ 7月3日~9月20日 サーリネンとフィンランドの美しい建築 展 パナソニック汐留美術館

2021年7月3日(土)~9月20日(月)※日時指定予約サーリネンとフィンランドの美しい建築 展  美しい森と湖で知られる北欧の国フィンランド。日本でもファンの多いフィンランドのモダニズムの原点を築いたのがエリエル・サーリネン(1...Read More
W'UP! ★ 7月17日~9月26日 木彫り熊の申し子 藤戸竹喜 アイヌであればこそ 東京ステーションギャラリー

W'UP! ★ 7月17日~9月26日 木彫り熊の申し子 藤戸竹喜 アイヌであればこそ 東京ステーションギャラリー

2021年7月17日(土)~9月26日(日)木彫り熊の申し子 藤戸竹喜 アイヌであればこそ上:《白熊の親子》(部分) 1999年 28.5×56.0×28.3cm 個人蔵 北海道美幌町で生まれ、旭川市で育った藤戸竹喜(ふじとたけき 1934...Read More
東京都庭園美術館

東京都庭園美術館

東京都庭園美術館 本館 正面外観 東京都庭園美術館は、1933(昭和8)年に朝香宮邸として建てられました。アール・デコ様式の本館自体が美術品といえ、その空間を活かした展覧会、そして緑豊かな庭園が調和したユニークな美術館として、1983(昭和...Read More