コロナ対策のため休館、営業時間の変更、または事前予約が必要な場合があります。ご来場の際は必ずご確認ください。

W'UP! ★ 10月9日~12月19日 ブダペスト国立工芸美術館名品展 パナソニック汐留美術館

W'UP! ★ 10月9日~12月19日 ブダペスト国立工芸美術館名品展 パナソニック汐留美術館

2021年10月9日(土)~12月19日(日)
ブダペスト国立工芸美術館名品展
ジャポニスムからアール・ヌーヴォーへ

 古くから、日本や中国の工芸品は西洋にとって憧憬の的でした。とりわけ陶磁器やガラスの製品においては、日本や中国の工芸を手本として、材質、形状、装飾などの面で様々な試行錯誤が繰り返されてきました。19世紀後半、日本の美術工芸品がヨーロッパに流入すると、日本の文化に対する人々の熱狂を巻き起こし、西洋の工芸品やデザインに影響を与えるようになります。1854年の開国以降、日本では欧米との貿易に拍車がかかり、ヨーロッパやアメリカの愛好家の求めに応じて多くの美術品や工芸品が輸出されました。日本の文化、また日本そのものに対する憧れによって、ジャポニスムは西洋の作家やデザイナーたちの間で流行のスタイルとなったのです。その影響は、19世紀末の西洋諸国を席巻したアール・ヌーヴォー様式の作品にも大いに見られます。そして、ヨーロッパ諸国の他の工芸美術館と同様、ブダペスト国立工芸美術館も1872年の開館当初から、ジャポニスム様式の作品とともに日本の漆器や陶磁器を始めとする日本の工芸品を積極的に収集してきました。
 本展覧会は、日本の美術を西洋がどのように解釈したか、そして日本の美術や工芸がどのようにして西洋に影響を与えたか、そのありようを19世紀末葉から20世紀初頭までの工芸作品の作例を通じて辿るものです。ジャポニスムとアール・ヌーヴォーをテーマに、ブダペスト国立工芸美術館のコレクションからエミール・ガレ、ルイス・カンフォート・ティファニーらの名品とともに、ジョルナイ陶磁器製造所などで制作されたハンガリーを代表する作品群を含めて約170件(約200点)をご紹介いたします。

《孔雀文花器》 ルイス・カンフォート・ティファニー 1898年以前
ブダペスト国立工芸美術館蔵
《葡萄新芽文花器》 ジョルナイ陶磁器製造所 1898-1899年頃
ブダペスト国立工芸美術館蔵
《オダマキ文台付花器》 エミール・ガレ 1898年頃
ブダペスト国立工芸美術館蔵
《結晶釉花器》 ジョルナイ陶磁器製造所 1902年
ブダペスト国立工芸美術館蔵
《植物文栓付香水瓶(化粧セットの一部)》 ルイス・カンフォート・ティファニー 1913年頃
ブダペスト国立工芸美術館蔵

展覧会のみどころ
1 欧米における工芸のジャポニスムおよびアール・ヌーヴォーの展開を、ブダペスト国立工芸美術館のコレクションでたどる
2 ミントン社、エミール・ガレ、ドーム兄弟、ルイス・カンフォート・ティファニー、ビゴ社、ベルリン王立磁器製作所などの名品
3 ハンガリーの名窯ジョルナイ陶磁器製造所の名品が多数出品

本展で注目の技法~ラスター彩とエオシン彩~
 陶器の器表を金属的な光沢で輝かせる上絵付をラスター彩といいます。様々な金属ラスター顔料を泥漿と混ぜ、これを既に釉薬を掛けて焼成した器体に塗布し、基礎釉が熔けやすく柔らかくなるまで本焼成より低い温度で再焼成することで独特の輝きが現れます。本展の見どころである、ジョルナイ陶磁器製造所の作品の多くには、このラスター彩 による装飾が施されていますが、ジョルナイのラスター彩には「エオシン彩」という特別な呼称があるのです。ヴィンツェ・ヴァルタとヴィルモシュ・ジョルナイの二人が開発し、最初 の実験に成功した際の銅ラスター彩が、金属光沢のある赤色で暁の太陽の色に似ていたことから、ギリシア神話の曙の女神エオス(Eos、ローマ神話ではアウロラ)にちなんで命 名されました。その後、ジョルナイの工房で施されるラスター彩の全てをエオシン彩と呼ぶようになっています。

《植物文花器》 ベルリン王立磁器製作所 1910年頃
ブダペスト国立工芸美術館蔵
《牡牛図フリーズ装飾陶板(ビゴ・パビリオンの一部)》 デザイン:ポール・ジューヴ ビゴ社
1898-1900年 ブダペスト国立工芸美術館蔵
《多層間金箔封入小鉢》 ドーム兄弟 1925-1930年
ブダペスト国立工芸美術館蔵

展覧会会期 2021年10月9日(土)~12月19日(日)
開館時間 10:00~18:00(ご入館は17:30まで)
※11月5日(金)、12月3日(金)は夜間開館 20:00まで(ご入館は19:30まで)
休館日 水曜日 ただし11月3日は開館
入館料 一般 1,000円、65歳以上 900円、大学生 700円、中・高校生 500円、小学生以下 無料 
※障がい者手帳をご提示の方、および付添者1名まで無料でご入館いただけます。
主催 パナソニック汐留美術館、毎日新聞社
後援 ハンガリー大使館、リスト・ハンガリー文化センター、港区教育委員会
協力 ルフトハンザ カーゴ AG、ルフトハンザ ドイツ航空会社
企画協力 アートインプレッション
特設サイト https://panasonic.co.jp/ls/museum/exhibition/21/211009/

ブダペスト国立工芸美術館外観

住所東京都港区東新橋1-5-1 パナソニック東京汐留ビル4階
TEL050-5541-8600(ハローダイヤル)
WEBhttps://panasonic.co.jp/ls/museum/
開館時間10:00 ~ 18:00(最終入場は17:30まで)
休み*2水曜日(祝・祭日は開館)、展示替期間、年末年始、夏季休業期間
ジャンル*3近代美術、建築、デザイン、工芸
入場料*4展覧会による異なる
アクセス*5JR新橋駅 烏森口・汐留口・銀座口より徒歩約8分、銀座線新橋駅2番出口より徒歩約6分、都営浅草線新橋駅改札より徒歩約6分、都営大江戸線汐留駅3・4番出口より徒歩約5分、ゆりかもめ新橋駅より徒歩約6分
収蔵品 ジョルジュ・ルオー作品ほか
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 空欄はオールジャンル *4 イベントにより異なることがあります。高齢者、幼年者、団体割引は要確認 *5 表示時間はあくまでも目安です

パナソニック汐留美術館

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)