W'UP★1月11日~3月10日 開館20周年記念展/帝国ホテル二代目本館100周年 フランク・ロイド・ライト―世界を結ぶ建築 パナソニック汐留美術館(港区東新橋)

W'UP★1月11日~3月10日 開館20周年記念展/帝国ホテル二代目本館100周年 フランク・ロイド・ライト―世界を結ぶ建築 パナソニック汐留美術館(港区東新橋)

2024年1月11日(木)~3月10日(日)
開館20周年記念展/帝国ホテル二代目本館100周年
フランク・ロイド・ライト―世界を結ぶ建築

 アメリカ近代建築の巨匠フランク・ロイド・ライト(1867–1959)。「カウフマン邸(落水荘)」や「グッゲンハイム美術館」で知られるライトは、「帝国ホテル二代目本館(現在は博物館明治村に一部移築保存)」や「自由学園」を手がけ、熱烈な浮世絵愛好家の顔も持つ、日本と深い縁で結ばれた建築家です。
 2012年にフランク・ロイド・ライト財団から図面をはじめとする5万点を超える資料がニューヨーク近代美術館とコロンビア大学エイヴリー建築美術図書館に移管され、建築はもちろんのこと、芸術、デザイン、著述、造園、教育、技術革新、都市計画に至るライトの広範な視野と知性を明らかにすべく調査研究が続けられてきました。こうした研究成果をふまえ、本展はケン・タダシ・オオシマ氏(ワシントン大学教授)とジェニファー・グレイ氏(フランク・ロイド・ライト財団副代表、タリアセン・インスティテュート・ディレクター)を迎えて日米共同でキュレーションを行ない、帝国ホテルを基軸に、多様な文化と交流し常に先駆的な活動を展開したライトの姿を明らかにします。
 精緻で華麗なドローイングの数々をお楽しみください。世界を横断して活躍したライトのグローバルな視点は、21世紀の今日的な課題と共鳴し、来るべき未来への提言となるはずです。

《フランク・ロイド・ライト、タリアセンにて》 1924年、 コロンビア大学エイヴリー建築美術図書館フランク・ロイド・ライト財団アーカイヴズ蔵
《フランク・ロイド・ライト、タリアセンにて》 1924年、 コロンビア大学エイヴリー建築美術図書館フランク・ロイド・ライト財団アーカイヴズ蔵 
The Frank Lloyd Wright Foundation Archives (The Museum of Modern Art | Avery Architectural & Fine Arts Library, Columbia University, New York)

展覧会の見どころと特徴

1. 日本初公開、フランク・ロイド・ライトによる精緻で華麗なドローイングの数々
 余白を大きくとったり近いものを拡大して描く独特な構図に見られるように、ライトは浮世絵との出会いに触発されて、それまで規範とされてきたボザール様式の建築図面とはまったく異なる新しい図面の描き方を考案しました。建築が実現する前に自分の頭のなかで建物を建てていたといわれるライトのドローイングは、ときとして実現された建築以上にライトの思想を直接的に物語っています。偉大な建築の美しいドローイングの数々をご覧いただきます。
2. 100年前の帝国ホテル模型を3Dスキャン計測データを用いた3Dプリントレプリカで公開
 原作はライトが帰国に際して、京都帝国大学教授(現・京都大学)の武田五一に贈ったものです。武田五一はライトと深く交流し、日本におけるライトの受容に貢献しました。制作後100年の歳月を経て石膏が状態変化しており、原作を巡回させることは困難と判断されたため、武田五一ゆかりの京都大学と京都工芸繊維大学が連携し、京都工芸繊維大学KYOTO Design Labの最新の技術力によってこの模型の精巧な複製が制作されました。
3. ライト建築を体験、ユーソニアン住宅の原寸モデル
 ユーソニアン住宅とは、ライトが1930年代後半から取り組んだ、一般的なアメリカ国民が住むことのできる安価で美しい住宅です。フランク・ロイド・ライトの建築教育の実践の場であるタリアセンでかつて学んだ経験を持つ磯矢亮介氏にご協力いただき、初期の木造のユーソニアン住宅であるベアード邸(マサチューセッツ州アマースト、1940年)をお手本とした原寸モデルで、玄関から居間の空間を体験いただきます。材料は磯矢氏が製材した伊豆産の杉の赤身材。

開館20周年記念展/帝国ホテル二代目本館100周年
フランク・ロイド・ライト―世界を結ぶ建築
展覧会会期 2024年1月11日(木)〜3月10日(日)
※会期中、一部展示替えします。前期1月11日〜2月13日、後期2月15日〜3月10日。2月15日以降に再入場の場合は、半券ご提示で100円割引となります。
開館時間 10:00〜18:00(ご入館は17:30まで)
※2月2日(金)、3月1日(金)、8日(金)、9日(土)は夜間開館 20:00まで開館(ご入館は19:30まで)
休館日 水曜日(ただし3月6日は開館)
入館料 一般 1,200円、65歳以上 1,100円、大学生・高校生 700円、中学生以下 無料 
※2月17日(土)以降の土曜日・日曜日・祝日、及び3月1日(金)~3月10日(日)までの全てで、日時指定予約が必要です。詳しくはホームページもしくはページ下をご覧ください。
ホームページ https://panasonic.co.jp/ew/museum/
※障がい者手帳をご提示の方、および付添者1名まで無料でご入館いただけます。
※パナソニック汐留美術館のホームページから割引引き換え券を入手できます。
主 催 パナソニック汐留美術館、フランク・ロイド・ライト財団、東京新聞
後 援 アメリカ大使館、一般社団法人日本建築学会、公益社団法人日本建築家協会、一般社団法人DOCOMOMO Japan、有機的建築アーカイブ、港区教育委員会
特別協力 コロンビア大学エイヴリー建築美術図書館、株式会社 帝国ホテル
助 成 公益財団法人ユニオン造形文化財団
展示協力 有限責任事業組合 森の製材リソラ
会場構成 佐藤熊弥(tandem)
※この展覧会は、フランク・ロイド・ライト財団の協力のもと開催されます。

関連イベント
講演会「ライトから日本へ/日本からライトへ」
 ライトの設計で実現した建築は500件を超えますが、そのほとんどは(世界文化遺産登録8作品も全て)母国米国にあります。かれは7度来日し、帝国ホテル二代目本館の他、数件の建築を日本に残しました。これらを概観するとともに、浮世絵をはじめとする日本の文化を賞賛したかれが「日本から受け取ったもの」について考えてみます。
講師 水上優氏(兵庫県立大学環境人間学部教授)
日時 1月27日(土)14:00〜15:30(開場13:30)
定員 150名(要予約)
聴講費 無料(ただし本展の観覧券が必要です)
会 場 パナソニック東京汐留ビル 5階ホール
※未就学児はご遠慮ください。

ご予約方法
ハローダイヤル(050-5541-8600)へお電話にてお申し込みください。
①イベント名 ②参加人数(一度に2名までお申し込みいただけます) ③氏名(全参加希望者) ④住所 ⑤電話番号を承るほか、簡単なアンケートにご協力いただきます。

オンライン講演会「フランク・ロイド・ライト 世界を結ぶ建築」
 フランク・ロイド・ライトはグローバル・アーキテクトの先駆です。本展はライトの初期の集大成である「帝国ホテル」を起点としながら、さらにその後拡張していく彼のデザイン思想をたどります。近年の学術調査の成果を踏まえ、本展の監修者が展覧会の見どころを解説いたします。
言語は英語、逐次通訳つき。
講師 ケン・タダシ・オオシマ氏(本展企画監修者、ワシントン大学建築学部教授)
講義分数 90分
動画公開日時 1月15日(月)10:00〜1月22日(月)10:00まで
事前登録不要、無料配信、パナソニック汐留美術館のホームぺージからご覧いただけます。

当館学芸員によるスライドトーク
本展担当学芸員が、展覧会の見どころや作品をご紹介いたします。
日時 1月26日(金)16:00〜、2月4日(日)14:00~
定員 先着50名、予約不要、聴講無料(ただし本展の観覧券が必要です)
会場 パナソニック東京汐留ビル5階ホール

夜間開館日の、18:00〜19:30までにご入館のお客様に、汐留エリアのカフェやレストランの割引など、お得な情報満載の「汐留エリア グルメガイド」をプレゼント!
2月2日(金)、3月1日(金)、3月8日(金)、3月9日(土)は20:00まで開館(ご入館は19:30まで)

「フランク・ロイド・ライト 世界を結ぶ建築」日時指定予約の導入について
①日時指定予約について
予約が必要な日程:2月17日(土)以降の土曜日・日曜日・祝日、及び3月1日(金)~3月10日(日)
予約方法:当館ウェブサイトより予約をお願いいたします。https://panasonic.co.jp/ew/museum/
・2月15日(木)より、2月17日(土)、18日(日)、23日(金・祝)、24日(土)、25日(日)にご来館分の日時指定予約の受付を開始します。
・2月19日(月)より、3月1日(金)~10日(日)にご来館分の日時指定予約の受付を開始します。
・無料対象者[中学生以下、障がい者手帳をお持ちの方とその介護者(1名まで)、招待券、その他]のお客様も日時指定予約が必要です。

なお、当日、空きがあれば日時指定予約なしでご入館いただけます。

②会期末の開館時間について、「3月4日(月)~3月9日(土)」が変更になりました
・3月1日(金)10:00-20:00
・3月2日(土)~3月3日(日)10:00-18:00
・3月4日(月)~3月9日(土)10:00-20:00 ※3月6日(水)は開館します。
・3月10日(日)10:00-18:00(最終入館は閉館時間の30分前)

住所東京都港区東新橋1-5-1 パナソニック東京汐留ビル4階
TEL050-5541-8600(ハローダイヤル)
WEBhttps://panasonic.co.jp/ew/museum/
開館時間10:00 ~18:00(最終入場は17:30まで)
休み*2水曜日(祝・祭日は開館)、展示替期間、年末年始、夏季休業期間
ジャンル*3近代美術、建築、デザイン、工芸
入場料*4展覧会による異なる
アクセス*5JR新橋駅 烏森口・汐留口・銀座口より徒歩約8分、銀座線新橋駅2番出口より徒歩約6分、都営浅草線新橋駅改札より徒歩約6分、都営大江戸線汐留駅3・4番出口より徒歩約5分、ゆりかもめ新橋駅より徒歩約6分
収蔵品 ジョルジュ・ルオー作品ほか
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 空欄はオールジャンル *4 イベントにより異なることがあります。高齢者、幼年者、団体割引は要確認 *5 表示時間はあくまでも目安です

パナソニック汐留美術館(港区東新橋)

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

コメント

*
*
* (公開されません)