W'UP! ★4月8日~6月25日 開館20周年記念展 ジョルジュ・ルオー ― かたち、色、ハーモニー ―  パナソニック汐留美術館

W'UP! ★4月8日~6月25日 開館20周年記念展 ジョルジュ・ルオー ― かたち、色、ハーモニー ―  パナソニック汐留美術館

 

2023年4月8日(土)~6月25日(日)
開館20周年記念展
ジョルジュ・ルオー ― かたち、色、ハーモニー ―

 19世紀末から20世紀前半のフランスで活躍した、最も革新的な画家のひとり、ジョルジュ・ルオー(1871-1958)。宗教的主題や、晩年の輝くような色彩で描かれた油彩、デフォルメされた親しみやすい人物像は、多くの人を魅了し続けています。本展は、当館開館20周年を記念するルオーの本格的な回顧展です。ルオーが、自身の芸術を語るのに繰り返し用いたことば「かたち、色、ハーモニー」をキーワードに、画家が影響を受けた同時代の芸術や社会の動向、二つの大戦との関係にも触れながら、ルオーの装飾的な造形の魅力に迫ります。
 本展には、フランスや国内の美術館より、ルオーの代表作が集結します。パリのポンピドゥー・センターが所蔵する晩年の傑作《かわいい魔術使いの女》や《ホモ・ホミニ・ルプス(人は人にとりて狼なり)》、手紙やルオーの詩など、本邦初公開作品を含む約70点が会場に並びます。日本におけるルオーの最も充実した回顧展のひとつとなることでしょう。

作品イメージ
ジョルジュ・ルオー《最期の時を待つ十字架上のキリスト》 1952-1956年 油彩、インク、グアッシュ ポンピドゥー・センター、パリ/国立近代美術館 Photo © Centre Pompidou, MNAM-CCI, Dist. RMN-Grand Palais / Bertrand Prévost / distributed by AMF
作品イメージ
ジョルジュ・ルオー《二人組(二兄弟)》 1948年 油彩 ポンピドゥー・センター、パリ/国立近代美術館 Photo © Centre Pompidou,MNAM-CCI, Dist. RMN-Grand Palais / Christian Bahier / Philippe Migeat /distributed by AMF
作品イメージ
ジョルジュ・ルオー《深き淵より》 1946年 油彩 ポンピドゥー・センター、パリ/国立近代美術館 Photo © Centre Pompidou, MNAM-CCI, Dist. RMN-Grand Palais / image Centre Pompidou, MNAM-CCI / distributed by AMF

展覧会のみどころ
1 フランスや国内の美術館等より、本邦初公開作品含むルオーの初期から晩年までの代表作が集結。
当館では開館記念展以来となる本格的な回顧展です。
2 ルオー作品の「かたち、色、ハーモニー」の形成に影響を与えた、モローやセザンヌなど同時代芸術家との関係を浮き彫りにします。
3 戦争期に描いた重要作品《ホモ・ホミニ・ルプス(人は人にとりて狼なり)》や《深き淵より》が日本初公開。
ルオーによる人間の苦悩と希望の表現に迫ります。

作品イメージ
ジョルジュ・ルオー《ホモ・ホミニ・ルプス(人は人にとりて狼なり)》 1944-1948年 油彩 ポンピドゥー・センター、パリ/国立近代美術館 Photo © Centre Pompidou, MNAM-CCI, Dist. RMN-Grand Palais / image Centre Pompidou, MNAM-CCI / distributed by AMF
作品イメージ
ジョルジュ・ルオー《大木のある風景》 1946年頃 油彩 ポンピドゥー・センター、パリ/国立近代美術館 Photo © Centre Pompidou, MNAM-CCI, Dist. RMN-Grand Palais / Philippe Migeat / distributed by AMF
作品イメージ
ジョルジュ・ルオー 《かわいい魔術使いの女》1949年 油彩 ポンピドゥー・センター、パリ/国立近代美術館 Photo © Centre Pompidou, MNAM-CCI, Dist. RMN-Grand Palais / Bertrand Prévost / distributed by AMF
作品イメージ
ジョルジュ・ルオー 《受難(エッケ・ホモ)》 1947-1949年 油彩 ポンピドゥー・センター、パリ/国立近代美術館 Photo © Centre Pompidou, MNAM-CCI, Dist. RMN-Grand Palais / image Centre Pompidou, MNAM-CCI / distributed by AMF

ジョルジュ・ルオー(1871-1958)Georges Rouault
 パリの下町ベルヴィルで生まれ育つ。14歳でステンドグラス職人に弟子入りする傍ら、国立高等装飾美術学校の夜間クラスに出席した。1890年、19歳の時にパリ国立美術学校に入学し、ギュスターヴ・モロー(1826 - 1898)のアトリエで学ぶ。生徒の個性を何よりも尊重したモローが教える教室には他に、アンリ・マティス(1869-1954)、アルベール・マルケ(1875 - 1947)等が所属し、ルオーは彼らとも親交を結んだ。
 モローの死後、マティス、マルケ、ルオーらは共にサロン・ドートンヌを創設し、そこで革新的な作品を次々と世に出していった。一方で、1890年代にアンブロワーズ・ヴォラールの画廊でポール・セザンヌ(1839 - 1906)の作品を目にしたルオーは深い感銘を受ける。モローやセザンヌの影響を受けたルオーは、次第に「かたちと色の調和」を追い求めるようになり、自身の芸術について語る著作の中でも繰り返し「かたち、色、ハーモニー」ということばを用いた。
 キリスト教主題の作品を多く描いた一方で、社会の底辺で生きる人にスポットを当てたサーカスや娼婦、あるいは権威的な地位に身を置く裁判官など、同時代に生きる人間の本質に迫った作品も多く描いた。戦時中は一時的に疎開しながらも制作を続け、版画集『ミセレーレ』のような戦争を主題とした作品も描いている。晩年は、絵具を厚く塗り重ねた独特の表現と光り輝くような色彩で人物像や風景画を多く描いた。

開館20周年記念展 ジョルジュ・ルオー ― かたち、色、ハーモニー ―
展覧会会期 2023年4月8日(土)〜6月25日(日)
開館時間 10:00〜18:00(ご入館は17:30まで)
※5月12日(金)、6月2日(金)、6月23日(金)、6月24日(土)は夜間開館 午後8時まで開館(ご入館は午後7時30分まで)
休館日 水曜日(ただし5月3日、6月21日は開館)
会 場 パナソニック汐留美術館(東京都港区東新橋1-5-1 パナソニック東京汐留ビル4階)
入館料 一般 1,200円、65歳以上 1,100円、大学生・高校生 700円、中学生以下 無料 
※障がい者手帳をご提示の方、および付添者1名まで無料でご入館いただけます。
※5月18日(木)国際博物館の日は、すべての方が500円でご入館いただけます。
主 催 パナソニック汐留美術館、NHK、NHKプロモーション
後 援 在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本、港区教育委員会
協 力 日本航空
特別協力 ジョルジュ・ルオー財団
公式HP https://panasonic.co.jp/ew/museum/
公式Facebook https://www.facebook.com/shiodome.museum
公式Twitter @shiodome_museum

関連イベント
記念講演会①「ルオー ―その生涯と絵画技法」
講師
ベルトラン・ル・ダンテック氏(修復家、ジョルジュ・ルオー財団理事長)
ナタリー・ル・ダンテック氏(修復家、国立文化遺産学院・研究室長補)
日時 4月8日(土)14:00〜15:30(逐次通訳付き)
定員 100名(要予約)
聴講費 無料(ただし本展の観覧券が必要です)
会場 パナソニック東京汐留ビル 5階ホール
※未就学児はご遠慮ください。
※展覧会観覧には、事前の日時指定予約が必要です。

記念講演会②「ジョルジュ・ルオー ―戦争と「聖なる芸術」―」
講師 大久保恭子氏(美術史家、京都橘大学教授)
日時 5月21日(日)14:00~15:30
定員 100名(要予約)
聴講費 無料(ただし本展の観覧券が必要です)
会場 パナソニック東京汐留ビル 5階ホール
※未就学児はご遠慮ください。
※展覧会観覧には、事前の日時指定予約が必要です。

ご予約方法
ハローダイヤル(050-5541-8600)へお電話にてお申し込みください。
①イベント名 ②参加人数(一度に2名までお申し込みいただけます) ③氏名(全参加希望者) ④住所 ⑤電話番号を承るほか、簡単なアンケートにご協力いただきます。
・2023年3月1日(水)より受付開始
・ご予約の受付時間 9:00〜20:00
・ご予約の受付は先着順、定員になり次第締め切りとさせていただきます。
・お申し込み時にお知らせする整理番号を活用して入場いただきます。
※お申し込み時に頂いた個人情報は、本イベントの受講管理の目的でのみ使用し、参加希望者はこの目的での使用に同意したものとします。
※定員に達しなかった場合、当日受付をする場合がございます。

当館学芸員によるスライドトーク「展覧会のツボ」
本展担当学芸員が、展覧会の見どころや作品をご紹介いたします。
日時 4月18日(火)、4月28日(金)、5月13日(土)、5月23日(火)
いずれも午後3時~午後3時30分
定員 先着30名(予約不要)
聴講費 無料(ただし本展の観覧券が必要です)
会場 パナソニック東京汐留ビル 5階ホール
※5月13日のみ、展覧会観覧には、事前の日時指定予約が必要です。

オリジナルポストカードプレゼント
当館開館20周年にちなんで、会期中毎月20日と、ルオーの誕生日5月27日に、ルオーのポストカードを各日先着200名様にプレゼントします。
配布日 4月20日(木)、5月20日(土)、5月27日(土)、6月20日(火)

住所東京都港区東新橋1-5-1 パナソニック東京汐留ビル4階
TEL050-5541-8600(ハローダイヤル)
WEBhttps://panasonic.co.jp/ew/museum/
開館時間10:00 ~18:00(最終入場は17:30まで)
休み*2水曜日(祝・祭日は開館)、展示替期間、年末年始、夏季休業期間
ジャンル*3近代美術、建築、デザイン、工芸
入場料*4展覧会による異なる
アクセス*5JR新橋駅 烏森口・汐留口・銀座口より徒歩約8分、銀座線新橋駅2番出口より徒歩約6分、都営浅草線新橋駅改札より徒歩約6分、都営大江戸線汐留駅3・4番出口より徒歩約5分、ゆりかもめ新橋駅より徒歩約6分
収蔵品 ジョルジュ・ルオー作品ほか
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 空欄はオールジャンル *4 イベントにより異なることがあります。高齢者、幼年者、団体割引は要確認 *5 表示時間はあくまでも目安です

パナソニック汐留美術館

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

コメント

*
*
* (公開されません)