W'UP! ★9月17日~2023年1月15日 ポーラ美術館開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて/HIRAKU Project Vol.13 村上華子「du désir de voir 写真の誕生」展 ポーラ美術館

W'UP!  ★9月17日~2023年1月15日 ポーラ美術館開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて/HIRAKU Project Vol.13 村上華子「du désir de voir 写真の誕生」展 ポーラ美術館

 

2022年9月17日(土)~2023年1月15日(日)
ポーラ美術館開館20周年記念展
ピカソ 青の時代を超えて

 パブロ・ピカソは20歳の頃、悲しみを抱えた貧しい人々を見つめ、青の絵具を用いて絵画にその姿を捉え、比類のない人間像を生み出しました。
 画家の原点であるこの「青の時代」を超えて、実験的なキュビスムの探究、さらに円熟期から晩年に至るまで、91年の生涯を通して旺盛な制作意欲を絶やすことのなかったピカソ。その絵画は歿後から半世紀を経てなお、生きた表現の力を鮮烈に放ち続けています。  本展覧会は、国内でも屈指のピカソ・コレクションを誇るポーラ美術館とひろしま美術館が、これまで欧米の美術館の協力を得て深めてきた作品研究をもとに、制作のプロセスに焦点を当て、絵画芸術に挑んだ「描く」ピカソの作品を初期から捉えなおそうとする共同企画展です。
 両館のコレクションをはじめ国内外の重要作とともに、最新の科学技術を用いた調査や研究を通して20世紀の巨匠が遺した創造の軌跡に迫ります。

みどころ
1. 「青の時代」を原点として、ピカソの画業を捉えなおす大規模展

 ピカソがオリジナリティを初めて確立した「青の時代」を、初期の一様式としてではなく、「キュビスム」をはじめ革新的な表現を次々と生み出していった画家の原点として捉えなおします。初期から「青の時代」を超えた晩年までの画業を、国内外の選りすぐりの名作約70点によりご紹介します。
2. “巨匠”以前、二十歳のピカソ
 20世紀を代表する芸術家として知られるピカソも、かつては自分なりの表現を模索する駆け出しの画家のひとりでした。若くして生と死や貧困と向き合ったピカソの絵画は、今なお私たちの心をゆさぶります。深い精神性をたたえる「青の時代」の傑作を集め、若きピカソの葛藤と格闘の軌跡をひもときます。
3. アート・ヒストリー×サイエンス 最新のピカソ研究
 「青の時代」にピカソはカンヴァスの再利用(リユース)を頻繁に行っていたため、この時期の多くの絵画の下層には、異なる構図の絵画が隠されています。国内外の研究者と協働して得られた、科学的な作品研究の成果を盛り込んで、「青の時代」の絵画に隠された制作プロセスとテーマ(主題)の変容に迫ります。

パブロ・ピカソ(1881-1973年)
 スペイン・アンダルシア地方のマラガ生まれ。美術教師の父のもと、幼少期から早熟な画才を発揮する。1899年にバルセロナの近代文化の中心であったカフェ「4匹の猫」に通い、気鋭の画家として頭角を現す。1901年以降、青を主調色とした絵画を描く。1904年以降はパリに移住し、やがてジョルジュ・ブラックとともに「キュビスム」を創始して前衛芸術における主導的な役割を果たす。
 絵画、彫刻、版画、舞台装飾において表現の方法を拡張し、1937年に大壁画《ゲルニカ》を発表。第二次世界大戦後は南フランスで陶芸も始め、晩年まで制作活動を続けた。

ポーラ美術館開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて
会 期 2022年9月17日(土)~2023年1月15日(日)
開館時間 9:00〜17:00(入館は16:30まで)
会期中無休
会 場 ポーラ美術館 展示室1, 3
入館料 大人 ¥1,800 大学・高校生 ¥1,300 中学生以下 無料
シニア割引(65歳以上)※1 ¥1,600
障害者手帳をお持ちのご本人及び付添者(1名まで)※2 ¥1,000
料金はいずれも消費税込みです。
ポーラ美術館は、多くの子供たちに、より身近に芸術作品に触れていただきたいと考えており、2019年8月10日より中学生以下の入場については無料としております。
※1、※2は他の割引との併用はできません。
団体料金など詳しくはホームページでご確認ください→ https://www.polamuseum.or.jp/info/

関連プログラム

24歳以下無料ご招待
期 間 9月17日(土)〜9月30日(金)
「青の時代」前後のピカソと同年代の皆様に向けて、作品を直に鑑賞し、作家の人生に触れてほしいという思いから、無料招待を実施します。
対 象 15歳〜24歳の方入館の際に、年齢確認ができる身分証明書などをチケットカウンターにてご提示ください。
※年齢の確認が取れない場合には通常料金(大人¥1,800、大学・高校生¥1,300、要学生証提示)にて入館いただきます。
※15名様以上の団体でのご来館の際には事前予約が必要になりますので、ポーラ美術館(0460-84-2111)までご連絡をお願いいたします。
なお、中学生以下は常時無料で入館いただけます。

オンライン・オフライン開催「ピカソ 青の時代を超えて」展 開幕記念講演会
本展覧会の開幕を記念し、スペインを代表するピカソ研究者のアドゥアル・バジェス氏とレイエス・ヒメネス氏をお招きし、「青の時代」をめぐる展覧会開幕記念講演会を開催いたします。
9月16日(金) 18:30-20:00
オフライン会場:インスティトゥト・セルバンテス東京(東京都千代田区六番町)
言語:日本語・スペイン語(同時通訳あり) 参加費無料、要予約
お申し込みはこちらから⇒ https://picasso-epoca-azul.peatix.com/view
登壇者 アドゥアル・バジェス(カタルーニャ美術館 近現代美術主任学芸員) レイエス・ヒメネス(バルセロナ・ピカソ美術館 保存修復部門長) 今井敬子(ポーラ美術館 学芸課長)
※いずれも本展監修者

主 催 公益財団法人ポーラ美術振興財団 ポーラ美術館、公益財団法人ひろしま美術館
特別協力 バルセロナ・ピカソ美術館、カタルーニャ美術館、アート・ギャラリー・オブ・オンタリオ
後 援 スペイン大使館、インスティトゥト・セルバンテス東京
展覧会はこの後、2023年2月4日(土)–5月28日(日)までひろしま美術館(広島県)で開催されます。



《無題(ニエプスの庭)》2022年

HIRAKU Project Vol.13
村上華子「du désir de voir 写真の誕生」展

 HIRAKU Projectは、ポーラ美術振興財団の若手芸術家への助成を受けた作家を紹介する展覧会シリーズです。第13回目となる今回は、パリを拠点に活動する村上華子をご紹介します。古典的な写真技法を扱い、見ることの根源に立ち返ろうとする村上は、2019年にアルル国際写真祭新人賞にノミネートされるなど、近年特にヨーロッパで注目される気鋭の作家です。
 私たちが何かを見るとき、そこには複雑な目の働きがあります。目から入った光が網膜上で焦点を結び像となり、脳がそれを認知的に処理します。網膜に映っては消える、この儚い像の連続こそが「見える」ことであり、それを不変に定着させたいという思いが、人類の歴史において絵画の起源となり、印刷技術を発展させ、写真術を生み出しました。
 村上華子は制作の初期から一貫して、網膜に映る像を他者と共有するための技術とその歴史、そして目の代替物として像を焼き付けるもの、その物質性(マテリアリティ)に関心を持ち続けています。ダゲレオタイプのような古典技法による写真、100年前の未開封のガラス乾板に自然発生したイメージをとらえる作品、金属の活版を用いた作品、あるいは詩作や映像作品など、多岐にわたる村上の作品はいずれも、歴史を往来する緻密なリサーチと卓越した言語感覚に支えられています。
 今回の展覧会で村上は、現存する世界最古の写真を残したとされる、ニセフォール・ニエプス(1765-1833)の足どりを辿ります。「写真」の発明というニエプスの輝かしい功績の裏側には、当然ながら数え切れないほどの「失敗」が存在しました。本展は、村上がその歴史の陰に寄り添い、ニエプスの言葉を丁寧にひもとき、検証を重ねながら、幾多の失敗を現代に再現しようとする試みです。幼少期からの夢を追い求めたニエプスのまなざしと、作家のまなざし、そして鑑賞者のまなざしが重なり合うとき、私たちの目は何を見るのでしょうか?
 新作を中心に構成される本展では、ネオン管を用いた作品をはじめ、村上の新たな展開をご紹介いたします。

村上華子(むらかみ はなこ)
 1984年、東京都生まれ。パリ在住。2007年、東京大学文学部思想文化学科美学芸術学専修課程卒業。2009年、東京藝術大学大学院映像研究科メディア映像専攻修了。2013年度ポーラ美術振興財団在外研修員(パリ)。2014年、ル・フレノワ フランス国立現代美術スタジオ在籍。
 近年の主な個展に、「Imaginary Landscapes」(タカ・イシイギャラリー、2022年)、「クリテリオム96 村上華子」(水戸芸術館現代美術ギャラリー、2019年)、「CONCEPTION」(アルル国際写真祭、2019年。新人賞ノミネート)、「The Perfect」(パリ日本文化会館、2016年)など。翻訳家としての主な訳書に、ハンス・ウルリッヒ・オブリスト『キュレーション:「現代アート」をつくったキュレーターたち』(フィルムアート社、2013年)などがある。

HIRAKU Project Vol.13
村上華子「du désir de voir 写真の誕生」展
会 期 2022年9月17日(土)〜2023年1月15日(日)
開館時間 9:00〜17:00(入館は16:30まで)
会 場 ポーラ美術館 1F アトリウム ギャラリー
主 催 公益財団法人ポーラ美術振興財団 ポーラ美術館
協 力 タカ・イシイギャラリー、メゾン・ニセフォール・ニエプス
後 援 在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
展覧会特設サイト https://www.polamuseum.or.jp/sp/hiraku-project-13/
入館料 大人 ¥1,800 大学・高校生 ¥1,300 中学生以下 無料
シニア割引(65歳以上)※1 ¥1,600
障害者手帳をお持ちのご本人及び付添者(1名まで)※2 ¥1,000
料金はいずれも消費税込みです。
ポーラ美術館は、多くの子供たちに、より身近に芸術作品に触れていただきたいと考えており、2019年8月10日より中学生以下の入場については無料としております。
※1、※2は他の割引との併用はできません。
団体料金など詳しくはホームページでご確認ください→ https://www.polamuseum.or.jp/info/

W’UP! ★ 7月29日~9月11日 野口哲哉「this is not a samurai」/9月16日~10月7日 八木マリヨ・八木夕菜 『地殻を辿る』 ポーラ ミュージアム アネックス

住所神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285
TEL0460-84-2111
WEBhttps://www.polamuseum.or.jp/
開館時間*19:00〜17:00(入館は16:30まで)
休み会期中無休(悪天候などによる臨時休館あり)
ジャンル*2現代美術、西欧・日本近代絵画、版画、日本画、陶磁器、工芸
入場料*3大人 1800円、大高生1300円、シニア割引(65歳以上)※1¥1,600、中学生以下無料
障害者手帳をお持ちのご本人及び付添者(1名まで)※2¥1,000
※1、※2は他の割引との併用はできません。
その他団体料金、前売りなど詳しくはホームページでご確認ください。https://www.polamuseum.or.jp/info/
アクセス*4強羅駅よりバス
収蔵品https://www.polamuseum.or.jp/collection/
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 現代美術には、彫刻、インスタレーション、ミクストメディア作品、オブジェなども含まれます *3 イベントにより異なることがあります。高齢者、幼年者、団体割引は要確認 *4 表示時間はあくまでも目安です

ポーラ美術館

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

コメント

*
*
* (公開されません)