W'UP ★4月24日~7月7日 ふたり 矢部太郎展 PLAY! MUSEUM(立川市緑町)

W'UP ★4月24日~7月7日 ふたり 矢部太郎展 PLAY! MUSEUM(立川市緑町)
PLAY! MUSEUM「ふたり 矢部太郎展」メインビジュアル ©︎Taro Yabe

2024年4月24日(水)~7月7日(日)
ふたり 矢部太郎展

芸人で漫画家、カラテカ矢部太郎が挑む初の大規模展覧会
 芸人のカラテカ矢部太郎は漫画家でもあります。2017年発売のデビュー作『大家さんと僕』(新潮社)は、若者から年配まで幅広い支持を集めシリーズ累計120万部を突破するベストセラーとなりました。2018年には、同作で手塚治虫文化賞短編賞を受賞し、漫画家や評論家からも高い評価を得ました。
 展覧会は、『大家さんと僕』から『ぼくのお父さん』(いずれも新潮社)、『楽屋のトナくん』(講談社)、話題作『マンガぼけ日和』(かんき出版)、最新作『プレゼントでできている』(新潮社)までを、様々な形で印刷し、本を手元で読むのとは異なる展覧会ならではの手法で丁寧にたどります。そのほか、『ぼくのお父さん』でも描かれた絵本・紙芝居作家の父・やべみつのりが監修するワークショップ「うちゅうせん つくろう!」の完成品展示、作中に登場するシーンを映像やアニメーションで上映するなど、物語に入り込む工夫を凝らします。さらに、本展のために特別に描き下ろした『大家さんと僕』のアクリル画約100点も初公開します。

矢部太郎(やべ・たろう)プロフィール
 1977年東京都東村山市生まれ。芸人・漫画家。吉本興業所属。1997年に「カラテカ」を結成。お笑い芸人としてだけでなく、舞台やドラマ、映画で俳優としても活躍している。初めて描いた漫画作品『大家さんと僕』で第22回手塚治虫文化賞短編賞を受賞し、シリーズ累計では120万部を突破。
その他の著作に、絵本作家である父との幼少期の思い出を綴る『ぼくのお父さん』、人気者になりたい動物たちの楽屋での姿を描いた『楽屋のトナくん』、認知症患者とその家族の日常を描いた『マンガぼけ日和』がある。2021年から手塚治虫文化賞の社外選考委員を務める。

ふたり 矢部太郎展
会 期 2024年4月24日(水)〜7月7日(日)※会期中無休
会 場 PLAY! MUSEUM(東京都立川市緑町3-1 GREEN SPRINGS W3棟 2F)
時 間 10:00〜17:00(土日祝は18:00まで/入場は閉館の30分前まで)
入場料 一般1,800円、大学生1,200円、高校生1,000円、中・小学生600円
※未就学児無料
割引制度(併用不可)
①[立川割]一般 1,200円、大学生 700円、高校生 600円、中・小学生 400円
 立川市在住・在学を確認できる免許証、学生証等をご提示ください
②[障害者割引]障害者手帳をご提示の方とその介添人1名は半額
③[相互割引]「一般」で入場の方は、同日 PLAY! PARKを200円引きで利用できます
主 催 PLAY! MUSEUM
制作協力 吉本興業
協 力 新潮社、講談社、かんき出版
展覧会ホームページ https://play2020.jp/article/taro-yabe/

「ふたり 矢部太郎展」期間中のMUSEUMチケットについて
 「ふたり 矢部太郎展」開催期間中、平日は当日券のみの販売です。土日祝および混雑が予想される日は、事前決済の日付指定券(オンラインチケット)を販売します。当日券でも入場できますが、あらかじめ購入いただくことをおすすめします。
「ふたり 矢部太郎展」期間中の利用案内・チケット販売についてはこちら

住所東京都立川市緑町3-1 GREEN SPRINGS W3 2F
TEL042-518-9625
WEBhttps://play2020.jp/
開館時間*1展覧会ごとに異なります。上記記載をご覧ください。
休み*2会期中無休
ジャンル*3絵本、イラストレーション、現代アート、ワークショップ
入場料*4展覧会ごとに異なります。上記記載をご覧ください。
アクセス*5JR立川駅北口・多摩モノレール立川北駅より徒歩約10分
収蔵品 
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 空欄はオールジャンル *4 イベントにより異なることがあります。高齢者、幼年者、団体割引は要確認*5 表示時間はあくまでも目安です

PLAY! MUSEUM(立川市緑町)

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

コメント

*
*
* (公開されません)