美術館

270 件がヒットしました。
並べ替え
W’UP! ★1月6日~3月26日 田村セツコ展 85歳、少女を描き続ける永遠の少女 弥生美術館

W’UP! ★1月6日~3月26日 田村セツコ展 85歳、少女を描き続ける永遠の少女 弥生美術館

 上チラシ掲載作品は本展のための描き下ろし! 2023年1月6日(金)~3月26日(日)田村セツコ展85歳、少女を描き続ける永遠の少女 女性イラストレーターの先駆け、田村セツコ。1958年のデビューから65年を迎える今に至るまで、セツコは「カワイイ」の体現者として活躍し続け、近年は「すてきなおばあさん」としても注目され...Read More
W’UP!  ★1月28日~7月2日 企画展 部屋のみる夢 ― ボナールからティルマンス、現代の作家まで ポーラ美術館

W'UP! ★1月28日~7月2日 企画展 部屋のみる夢 ― ボナールからティルマンス、現代の作家まで ポーラ美術館

ベルト・モリゾ《テラスにて》1874年、油彩 /カンヴァス、45.0×54.0cm、東京富士美術館 ©東京富士美術館イメージアーカイブ / DNPartcom2023年1月28日(土)~7月2日(日)企画展 部屋のみる夢 ― ボナールからティルマンス、現代の作家までFrom Bonnard to Tillmans an...Read More
W’UP ! ★1月6日~3月26日 夢二が描いた 心ときめく花と暮らし 竹久夢二美術館

W'UP ! ★1月6日~3月26日 夢二が描いた 心ときめく花と暮らし 竹久夢二美術館

 2023年1月6日(金)~3月26日(日)夢二が描いた 心ときめく花と暮らし 日本では古くから、四季折々の花が生活に喜びや潤いを与え、芸術作品の主題として扱われてきました。 画家・詩人として活躍した竹久夢二(1884〜1934)も、暮らしの中の花から着想を得て、絵画やデザイン、詩歌などにおいて幅広く表現しま...Read More
W’UP!  ★2月4日~3月19日 日本の切り絵 7人のミューズ そごう美術館

W'UP! ★2月4日~3月19日 日本の切り絵 7人のミューズ そごう美術館

 2023年2月4日(土)~3月19日(日)日本の切り絵 7人のミューズ一枚の紙から広がる現代切り絵の世界 「切り絵」とは紙をハサミやナイフなどで切り抜いて、貼ることによって絵を描いてゆく技法のひとつです。カットによって生まれる切り口(線や断面)を活かすことで、絵の具で描いているのとはまた違った独特な効果が生...Read More
W'UP! ★2月4日〜3月5日 第10回 市原湖畔美術館子ども絵画展 人間いがいのもの、人間がつくったものいがいのもの ゲストアーティスト:鴻池朋子 市原湖畔美術館

W'UP! ★2月4日〜3月5日 第10回 市原湖畔美術館子ども絵画展 人間いがいのもの、人間がつくったものいがいのもの ゲストアーティ...

 2023年2月4日(土)〜3月5日(日)第10回 市原湖畔美術館子ども絵画展人間いがいのもの、人間がつくったものいがいのものゲストアーティスト:鴻池朋子 わたしたちはどこまで人間? アーティスト鴻池朋子がつくる1124人の子どもたちとの作品展  第10回を迎える「市原湖畔美術館子ども絵画展」。今回、ゲストア...Read More
W’UP!★1月21日~4月16日 美しい本-湯川書房の書物と版画 神奈川県立近代美術館 鎌倉別館

W'UP!★1月21日~4月16日 美しい本-湯川書房の書物と版画 神奈川県立近代美術館 鎌倉別館

 『oedipus』 望月通陽(著・型染) 1981年 神奈川県立近代美術館蔵 撮影:佐治康生2023年1月21日(土)~4月16日(日)美しい本-湯川書房の書物と版画 大阪、京都を拠点とした湯川書房は装幀や製本に意匠を凝らした限定本を出版し、2008年に活動の幕を閉じるまで多くの愛書家を魅了しました。「美しい本」の創...Read More
W’UP!★1月28日~3月26日 ますむらひろしの銀河鉄道の夜―前編 八王子市夢美術館

W'UP!★1月28日~3月26日 ますむらひろしの銀河鉄道の夜―前編 八王子市夢美術館

 ますむらひろし『銀河鉄道の夜・四次稿編』より Ⓒますむらひろし 2023年1月28日(土)~3月26日(日)ますむらひろしの銀河鉄道の夜―前編 八王子市夢美術館にて「ますむらひろしの銀河鉄道の夜―前編」を開催。独特のファンタジーと猫のキャラクターで知られる漫画家ますむらひろしが、新たな研究成果を踏まえ宮沢賢治の『銀河...Read More
八王子市夢美術館

八王子市夢美術館

八王子市夢美術館入口  八王子市夢美術館は、市民が気軽に親しめる「くらしの中の美術館」として、市街地に完成した再開発ビル(ビュータワー八王子)の2階に2003年10月に開館しました。 日常生活の中で様々な美術品とふれあい、豊かな感性を育み、魅力あるまちづくりの拠点として皆様のお役に立てれば幸いです。https://to...Read More
W'UP! ★1月26日~4月9日 レオポルド美術館 エゴン・シーレ展 ウィーンが生んだ若き天才 東京都美術館

W'UP! ★1月26日~4月9日 レオポルド美術館 エゴン・シーレ展 ウィーンが生んだ若き天才 東京都美術館

 2023年1月26日(木)~4月9日(日)レオポルド美術館 エゴン・シーレ展ウィーンが生んだ若き天才 エゴン・シーレ(1890-1918)は、世紀末を経て芸術の爛熟期を迎えたウィーンに生き、28年という短い生涯を駆け抜けました。シーレは最年少でウィーンの美術学校に入学するも、保守的な教育に満足せず退学し、若...Read More
W'UP!★1月11日~5月28日 櫻田精一展 ~気韻生動 刻の流れをみつめて~ 森の美術館(千葉県流山市)

W'UP!★1月11日~5月28日 櫻田精一展 ~気韻生動 刻の流れをみつめて~ 森の美術館(千葉県流山市)

 2023年1月11日(水)~5月28日(日)櫻田精一展 ~気韻生動 刻の流れをみつめて~ 洋画壇の中心人物として第一線で活躍し、日本や欧州の風景を詩情豊かに描いた洋画家、櫻田精一の展覧会を開催致します。 平成21年に千葉県立美術館で開催された『櫻田精一展生誕100 年ー響きあう光·水·風を描くー』から14年...Read More
W'UP!★11月22日〜2023年2月5日 日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国 ~秦漢文明の遺産~ 上野の森美術館

W'UP!★11月22日〜2023年2月5日 日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国 ~秦漢文明の遺産~ 上野の森美術館

 2022年11月22日(火)〜2023年2月5日(日)日中国交正常化50周年記念兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~古代中国の知られざる秘密が明かされる 紀元前770年、周王朝は洛陽に遷都したが、次第にその権威は失われ、各地で有力な諸侯が独立していく時代に入った。約550年続いたこの群雄割拠の世が、後に言う春...Read More
W'UP! ★ 12月25日~2023年6月4日 開館10周年記念展 第1部 若冲と一村 ― 時を越えてつながる ― 岡田美術館

W'UP! ★ 12月25日~2023年6月4日 開館10周年記念展 第1部 若冲と一村 ― 時を越えてつながる ― 岡田美術館

伊藤若冲「孔雀鳳凰図」(部分)江戸時代 宝暦 5 年(1755)頃 重要美術品 岡田美術館蔵2022年12月25日(日)~2023年6月4日(日)開館10周年記念展 第1部若冲と一村 ― 時を越えてつながる ― 2023年秋に開館10周年を迎える当館では、これまでの展覧会において特に人気の高かった画家4人に焦点を当て、...Read More
W'UP! ★1月10日~2月26日 日中平和友好条約締結45周年記念展Part I 「0~8848M・地上の紋――中国空撮写真展」 日中友好会館美術館

W'UP! ★1月10日~2月26日 日中平和友好条約締結45周年記念展Part I 「0~8848M・地上の紋――中国空撮写真展」 日...

 2023年1月10日(火)~2月26日(日)日中平和友好条約締結45周年記念展Part I「0~8848M・地上の紋――中国空撮写真展」 2023年は日中平和友好条約締結45周年の記念すべき年です。日中友好会館美術館では、45周年記念展として数々の展覧会を予定しています。 第一弾となる本展覧では、「0~88...Read More
W'UP!★1月2日~2月4日 静嘉堂創設 130 周年・新美術館開館記念展Ⅱ 「初春を祝う―七福うさぎがやってくる!」 静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館)

W'UP!★1月2日~2月4日 静嘉堂創設 130 周年・新美術館開館記念展Ⅱ 「初春を祝う―七福うさぎがやってくる!」 静嘉堂@丸の内...

 2023年1月2日(月・振休)~2月4日(土)静嘉堂創設 130 周年・新美術館開館記念展Ⅱ「初春を祝う―七福うさぎがやってくる!」 福をはこぶ七福神と童子たち、兎の冠を戴く総勢58体の御所人形の一大群像は、卯年生まれの岩﨑小彌太(三菱第4代社長、1879~1945)の還暦を祝って、夫人孝子たかこが京人形司...Read More
W'UP!★2023年1月〜3月 やどかりプログラム PLOT 48(横浜美術館仮拠点)

W'UP!★2023年1月〜3月 やどかりプログラム PLOT 48(横浜美術館仮拠点)

2023年1月〜3月やどかりプログラム 横浜美術館は、現在、大規模改修工事を行っているため、長期休館しています。休館中は、横浜美術館より徒歩7分の仮拠点「PLOT 48」(プロットよんじゅうはち)に宿を借りて構えるスタジオを中心に「やどかりプログラム」を展開しています。 「やどかりプログラム」では、子どもから大人まで気...Read More
W'UP! ★12月17日〜2023年3月5日 交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー 東京都庭園美術館

W'UP! ★12月17日〜2023年3月5日 交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー 東京都庭園美術館

2022年12月17日(土)〜2023年3月5日(日)交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー国やジャンルを越えた共鳴から生まれる、いくつものモダンの形 1910年代から30年代は、西欧を中心に日本を含む世界各地で様々なモダンの形が現われた時代でした。 機能主義に基づく「モダニズム」は、いまなお当時の中心的な動向とみな...Read More
W'UP!★12月17日~2023年2月26日 諏訪敦「眼窩裏の火事」 府中市美術館

W'UP!★12月17日~2023年2月26日 諏訪敦「眼窩裏の火事」 府中市美術館

 2022年12月17日(土)~2023年2月26日(日)諏訪敦「眼窩裏の火事」 緻密で再現性の高い画風で知られる諏訪敦は、しばしば写実絵画のトップランナーと目されてきた。しかしその作品を紐解いていくと彼は、「実在する対象を、眼に映るとおりに写す」という膠着した写実のジャンル性から脱却し、認識の質を問い直す意...Read More
W'UP ★12月24日~2023年2月5日 戦後日本版画の展開 — 照沼コレクションを中心に 茨城県近代美術館

W'UP ★12月24日~2023年2月5日 戦後日本版画の展開 — 照沼コレクションを中心に 茨城県近代美術館

2022年12月24日(土)~2023年2月5日(日)戦後日本版画の展開照沼コレクションを中心に 第二次世界大戦の終結は戦時下における自由の抑圧から人々を解放し、美術家たちは待ちかねたように活動を再開させていきます。そして、海外の新しい美術の潮流が日本に紹介されるようになると、国内の美術界は一挙に活気づき、1950年代...Read More
府中市美術館

府中市美術館

 緑豊かな都立府中の森公園の中にある府中市美術館は、「生活と美術=美と結びついた暮らしを見直す美術館」をテーマに、2000年10月に開館しました。 府中市美術館は、名作の鑑賞そして学習や創作、発表の体験を通じて、身近に美術と出会える場所です。美術館本来の使命である美術品の収集・保存・展示を活動の中心とし、また美術館なら...Read More
W'UP! ★12月15日~2023年2月26日 北斎かける百人一首 すみだ北斎美術館

W'UP! ★12月15日~2023年2月26日 北斎かける百人一首 すみだ北斎美術館

2022年12月15日(木)~2023年2月26日(日)北斎かける百人一首 『百人一首』は、江戸時代中期頃までに一般教養として広く浸透し、狂歌や見立ての形でも流通するようになったことで、存在感を増していきます。そのような中、誰もが知る『百人一首』の歌を絵にして内容を解説する趣旨により、北斎最後の大判錦絵シリーズ「百人一...Read More
W'UP ★12月14日~12月25日 第29回雪舟国際美術協会展 - 書画はもっと、自由になれる- 国立新美術館 1階展示室1C・1D

W'UP ★12月14日~12月25日 第29回雪舟国際美術協会展 - 書画はもっと、自由になれる- 国立新美術館 1階展示室1C・1D

 2022年12月14日(水)~12月25日(日)第29回雪舟国際美術協会展 - 書画はもっと、自由になれる- 12月の六本木・国立新美術館に、室町時代の日本水墨画の始祖・雪舟等楊に影響を受け、全国各地から選ばれたアーティスト220名が集結。約230点の作品を展示します。 雪舟の作品は6点が国宝に指定されてお...Read More
W’UP! ★10月29日~2023年1月29日 ヴァロットン―黒と白 三菱一号館美術館

W'UP! ★10月29日~2023年1月29日 ヴァロットン―黒と白 三菱一号館美術館

 フェリックス・ヴァロットン《お金(アンティミテⅤ)》1898年 木版、紙 三菱一号館美術館 2022年10月29日(土)~2023年1月29日(日)ヴァロットン―黒と白 19世紀末のパリで活躍したナビ派の画家フェリックス・ヴァロットン(1865-1925)は、黒一色の革新的な木版画で名声を得ました。独特の視点と多様な...Read More
W’UP! ★12月1日~2023年3月26日 六本木クロッシング2022展:往来オーライ! 森美術館

W'UP! ★12月1日~2023年3月26日 六本木クロッシング2022展:往来オーライ! 森美術館

 2022年12月1日(木)~2023年3月26日(日)六本木クロッシング2022展:往来オーライ! 「六本木クロッシング」は、森美術館が3年に一度、日本の現代アートシーンを総覧する定点観測的な展覧会として、2004年以来共同キュレーション形式で開催してきたシリーズ展です。第7回目となる今回は、1940年代~...Read More
W'UP! ★12月3日~2023年4月2日 平塚市美術館 ロビー展 冨岡奈津江展 陶のいきもの 平塚市美術館

W'UP! ★12月3日~2023年4月2日 平塚市美術館 ロビー展 冨岡奈津江展 陶のいきもの 平塚市美術館

 冨岡奈津江《ゴリラ》2017年、作家蔵2022年12月3日(土)~2023年4月2日(日)平塚市美術館 ロビー展冨岡奈津江展 陶のいきもの 陶芸家・冨岡奈津江(1985年生)の公立美術館初の個展です。陶による動物の立体作品約 30 点を展示します。生命力あふれるいきものたちをお楽しみください。展覧会について 「冨岡奈...Read More
W’UP! ★11月1日~2023年2月28日 ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき” 箱根ラリック美術館

W'UP! ★11月1日~2023年2月28日 ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき” 箱根ラ...

 ルネ・ラリック 置時計《昼と夜》1926年2022年11月1日(火)~2023年2月28日(火)ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき” 箱根の冬を暖かく照らす、“箱根・すてきな灯り”プロジェクトの、今年度のテーマである「箱根のDay & Night 昼の“輝き”、夜の“...Read More
W’UP! ★11月26日~2023年1月29日 祈り・藤原新也 世田谷美術館 1階展示室

W'UP! ★11月26日~2023年1月29日 祈り・藤原新也 世田谷美術館 1階展示室

 2022年11月26日(土)~2023年1月29日(日)祈り・藤原新也藤原新也が NHK「日曜美術館」の番組内で訪れた、故郷・門司での撮りおろし最新作も出品決定! 東京藝術大学在学中からアジア各地を旅し、1970年代に写真とエッセイによる『インド放浪』、『西蔵(チベット)放浪』、『逍遥游記(しょうようゆうき...Read More
W’UP! ★11月18日~2023年2月12日 平子雄一×練馬区立美術館コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生] 練馬区立美術館

W'UP! ★11月18日~2023年2月12日 平子雄一×練馬区立美術館コレクション inheritance, metamorphos...

 本展新作絵画習作 2022年 アクリル、カンヴァス 作家蔵2022年11月18日(金)~2023年2月12日(日)平子雄一×練馬区立美術館コレクションinheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生] 「平子雄一×練馬区立美術館コレクション」展は、練馬区在住の気鋭のアーティスト...Read More
W’UP!★11月18日~12月19日 DOMANI・明日展 2022-23 百年まえから、百年あとへ 国立新美術館 企画展示室2E

W'UP!★11月18日~12月19日 DOMANI・明日展 2022-23 百年まえから、百年あとへ 国立新美術館 企画展示室2E

 2022年11月18日(金)~12月19日(月)DOMANI・明日展 2022-23 百年まえから、百年あとへ 文化庁は、将来の日本の芸術界を支える人材の育成のため、若手芸術家が海外の関係機関等で行う研修を支援する「新進芸術家海外研修制度(在研)」を1967年度から実施しており、すでに半世紀を経過しました。美術分野で...Read More