W'UP!★10月1日~12月18日 静嘉堂創設130周年・新美術館開館記念展 響きあう名宝 ―曜変・琳派のかがやき― 静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館)

W'UP!★10月1日~12月18日 静嘉堂創設130周年・新美術館開館記念展 響きあう名宝 ―曜変・琳派のかがやき― 静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館)
 
国宝 《曜変天目(稲葉天目)》南宋時代(12-13世紀)
 

2022年10月1日(土)~12月18日(日)
静嘉堂創設130周年・新美術館開館記念展
響きあう名宝 ―曜変・琳派のかがやき―


 創設130周年を迎える静嘉堂は、美術館のギャラリーを世田谷岡本の地から、丸の内の重要文化財建築、明治生命館(昭和9年〈1934〉竣工)1階へ移転いたしました。
 開館記念展第1弾となる本展では、静嘉堂が所蔵する全ての国宝を始め、茶道具・琳派作品・中国書画や陶磁器・刀剣などの選りすぐりの名宝を、新たな建築空間に合わせ4つのテーマで展観します。国宝《曜変天目(稲葉天目)》、国宝・俵屋宗達筆《源氏物語関屋澪標図屏風》をはじめ、所蔵する7件の国宝すべてを、前・後期に分けて公開します。
 新展示室は、昭和の建築で初めて重要文化財の指定を受けた明治生命館の1階に、当初の建築部分を生かしてつくられています。室内全体が壮麗な大理石造りで、高い天井からはガラス越しに自然光が差し込んでおり、日々で異なる表情を見せる空間となります。
 4つの展示室は、中央部の広い「ホワイエ」をとり囲むように設けられ、それぞれの展示室に飾られた名宝たちが、互いの美を響かせ、共鳴させているかのようにも感じられることでしょう。今から約130年前、岩﨑彌之助が東京丸の内に造りたいと願った美術館 - 創設者の想いを受け継ぎ、歴史あるこの近代洋風建築の中に開館いたします。

見どころ1「重文」の中に「国宝」7つ!?
 新たな静嘉堂のギャラリーは、平成9年(1997)に昭和の建造物として初の重要文化財に指定された「明治生命館」の1階です。当時の西洋近代建築の最高傑作ともいわれる意匠設計は、東京美術学校(現東京藝術大学)教授の岡田信一郎(1883〜1932)と弟の岡田捷五郎(1894〜1976)によるものです。この古典主義様式の名建築の中に、国宝《曜変天目(稲葉天目)》など、静嘉堂の「国宝」7つを大公開!!

見どころ2「付藻」「松本」、大名物の茶入、400年の謎を解く!
 静嘉堂所蔵の茶道具からは、彌之助コレクションのハイライトをご覧ください!その収集の嚆矢とされ、“三英傑”(信長・秀吉・家康)に伝来した唐物茄子茶入の《付藻茄子》と《松本(紹鷗)茄子》が登場。それぞれのドラマチックな来歴、そしてこの2つの茶入が大坂夏の陣(1615年)で大破し、破片から現在の姿によみがえった修理の技、約 400 年前の漆繕いの超絶技巧を、最新のX線CT画像からひもときます!

見どころ3 響きあう「琳派」と「中国美術」!
 静嘉堂の日本美術を代表して、オープニングでは「琳派」の名品が一堂に!
「琳派」前期は金にかがやく俵屋宗達筆の国宝 《源氏物語関屋澪標図屏風》を、後期には銀にかがやく名品、酒井抱一筆の 《波図屏風》とともに所蔵の琳派の名品を揃え、皆様をお迎えします。その琳派と相対するは、静嘉堂が豊かに所蔵する“中国文化の粋”たる絵画と工芸品、そして古典籍! 前期には、気品漂う、崇高な宋〜元時代の、後期には明るく清らかな明〜清時代の絵画と工芸品を公開。琳派と中国美術の粋が集う、贅沢な空間をお楽しみください!

(右)大名物 《唐物茄子茶入 付藻茄子》(左)大名物 《唐物茄子茶入 松本(紹鷗)茄子》いずれも、南宋~元時代(13-14世紀)
《青磁鯱耳瓶(砧花入)》 南宋時代(13世紀)
重要美術品 《唐物茄子茶入 利休物相(木葉猿茄子)》 南宋~元時代(13-14世紀)
国宝《倭漢朗詠抄 太田切》 平安時代(11世紀)
国宝 伝 馬遠 《風雨山水図》 南宋時代(13世紀)
前期(10/1~11/6)展示
重要文化財 尾形光琳《住之江蒔絵硯箱》江戸時代(18世紀)
後期(11/10~12/18)展示
重要美術品《三彩鴨形容器》唐時代(7-8世紀)
前期(10/1~11/6)展示
国宝 趙孟頫《与中峰明本尺牘》元時代(14世紀)

会 期 2022年10月1日(土)~12月18日(日)
 前期 10月1日(土)~11月6日(日)
 後期 11月10日(木)~12月18日(日)
休館日 月曜日、11/8(火)、11/9(水)
開館時間 10:00~17:00(入館は16:30まで)。金曜日は18:00(入館は17:30)まで。
会 場 静嘉堂@丸の内(東京都千代田区丸の内 2-1-1 明治生命館1階)
入館料 一般 1500円、大高生 1000円、障がい者手帳をお持ちの方(同伴者1名〈無料〉を含む)700円、中学生以下 無料
公式オンラインチケット→https://www.e-tix.jp/seikado/
※混雑が予想されますので、来館日時指定予約にご協力をお願いします。
※ご予約の無い方は当日ご入場いただけない場合がございます。(無料チケットは除く)

■美術館一般情報

住所東京都千代田区丸の内2-1-1 明治生命館1F
TEL050-5541-8600(ハローダイヤル)
WEBhttp://www.seikado.or.jp/
開館時間10:00-17:00(金曜日は10:00-18:00)※入館は閉館の30分前まで。
休み*1月曜日(祝休日は開館し翌平日休館)、展示替期間、年末年始など
ジャンル*2絵画、彫刻、書跡、漆芸、茶道具、刀剣、陶磁器
入場料*3一般 1,500円、大学・専門学校・高校生 1,000円、中学生以下 無料、障がい者手帳提示の方 700円(同伴者1名 無料)
アクセス*4地下鉄千代田線二重橋前〈丸の内〉駅 3番出口直結、JR東京駅 丸の内南口より徒歩5分、JR有楽町駅 国際フォーラム口より徒歩5分
収蔵品http://www.seikado.or.jp/collection/index.html
 *1 このほかに年末年始・臨時休業あり *2 空欄はオールジャンル *3 イベントにより異なることがあります。高齢者、幼年者、団体割引は要確認 *4 表示時間はあくまでも目安です

静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館)

重要文化財 明治生命館 昭和9(1934)竣工

 https://tokyo-live-exhibits.com/pum_tkchy_seikadobunkomuseum/ ‎

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

コメント

*
*
* (公開されません)