浮世絵

28 件がヒットしました。
並べ替え
展覧会ポスター

W’UP! ★4月27日~6月23日 どうぶつ百景 江戸東京博物館コレクションより 東京ステーションギャラリー(千代田区丸の...

2024年4月27日(土)~6月23日(日)どうぶつ百景 江戸東京博物館コレクションより 江戸幕府創設からおよそ420年。江戸は巨大都市として発展し、京都、大坂に並ぶ三都のひとつとなりました。大都市江戸・東京に暮らした人々は、どのように動物とかかわってきたのでしょうか。それを物語る美術品や工芸品など約240件を、江戸東...Read More
桜の木から富士山が見える風景の版画

W'UP!★4月5日~6月2日 川瀬巴水 旅と郷愁の風景 八王子市夢美術館(八王子市八日町)

《西伊豆木負》1937(昭和12)年6月 渡邊木版美術画舗蔵2024年4月5日(金)~6月2日(日)川瀬巴水 旅と郷愁の風景 大正から昭和にかけて活躍した木版画家・川瀬巴水(1883-1957〔明治 16-昭和 32〕年)。近代化の波が押し寄せ、街や風景がめまぐるしく変貌していく時代に、巴水は日本の原風景を求めて全国を...Read More
展覧会キービジュアル

W'UP! ★3月26日~5月19日 大吉原展 東京藝術大学大学美術館(台東区上野公園)

2024年3月26日(火)~5月19日(日)大吉原展 約10万平方メートルもの広大な敷地に約250年もの長きに渡り続いた幕府公認の遊廓・江戸の吉原は、他の遊廓とは一線を画す、公界としての格式と伝統を備えた場所でした。武士であっても刀を預けるしきたりを持ち、洗練された教養や鍛え抜かれた芸事で客をもてなし、夜桜や俄など季節...Read More
展覧会ポスター

W'UP! ★3月19日~5月26日 企画展「歌舞音曲鑑 北斎と楽しむ江戸の芸能」 すみだ北斎美術館(墨田区亀沢)

2024年3月19日(火)~5月26日(日)企画展「歌舞音曲鑑 北斎と楽しむ江戸の芸能」 北斎が描いた江戸の芸能をモチーフとした作品を紹介する展覧会です。(歌舞音曲鑑 よみ:かぶおんぎょくかがみ) 代表作「冨嶽三十六景」シリーズを発表する約50年前、19歳の葛飾北斎は、勝川春章に入門し、浮世絵師としての活動を始めました...Read More
展覧会キービジュアル

W'UP!★3月1日~3月31日 米からの贈り物「酒の楽しみ」展 OBENTO Gallery(中央区日本橋茅場町)

2024年3月1日(金)~3月31日(日)米からの贈り物「酒の楽しみ」展歴史の中で育まれてきた酒の文化についてご紹介 日本の弁当文化と食文化の魅力を発信する『OBENTO Gallery』では「日本の酒文化」をテーマとした企画展を開催します。 古来、日本では五穀豊穣を願いそして祝う場で、米で醸した酒を神に供えてきました...Read More
展覧会ポスター

W'UP! ★3月12日~5月6日 企画展示「歴博色尽くし」  国立歴史民俗博物館 (千葉県佐倉市)

2024年3月12日(火)~5月6日(月・休)企画展示「歴博色尽くし」  本企画展示は、「色」をテーマとした館蔵資料展として企画しました。ここでは「色」という言葉を大きな意味でとらえ、赤,黄,青…などといった「いろ」にとどまらず、素材のもつ質感や微細な構造がかもす「つや」、そしてそれらの組み合わせがつくる「かたち」まで...Read More
東郷青児「婦人像」、油彩画・50号

W'UP★2月15日~3月12日 ART ART TOKYO 大丸東京店(千代田区丸の内)

714 views
東郷青児「婦人像」油彩画 50号 東郷青児鑑定委員会鑑定証2024年2月15日(木)~3月12日(火)ART ART TOKYO 多くの方にアートを楽しんでいただくためにスタートした「ART ART TOKYO」。注目の若手作家から世界的に活躍する作家や巨匠など、古今東西の作品1,500点以上が一堂に会します。大人気の...Read More
展覧会キービジュアル

W'UP!★2023年12月16日~4月14日 テーマ展示『大佛次郎と木村荘八 ―作家と画家、そして猫』/1月10日~4月14日 大佛次...

2023年12月16日(土)~2024年4月14日(日)テーマ展示『大佛次郎と木村荘八 ―作家と画家、そして猫』 横浜・港の見える丘公園内の大佛次郎記念館では、横浜生まれの作家・大佛次郎(1897-1973)と、多彩な活躍をした画家・木村荘八(1893-1958)が組んだ小説と挿絵の仕事と、2人の交友を紹介するテーマ展...Read More
展覧会バナー

W'UP!★1月5日~1月18日 『はじめて出会う 佐野ぬい』 未発表の素描/nuit monochrome Galerie412(渋谷...

ご案内状は、中川李枝子さん・作、宗弥さん・絵の『ももいろのきりん』(福音館書店)の女の子・るるこ。大好きだったようで、たくさんの模写が見つかりました。 2024年1月5日(金)~1月18日(木)『はじめて出会う 佐野ぬい』未発表の素描/nuit monochrome青の画家が密かに描いたモノクロたち 2023年8月、日...Read More
古典菊 佐倉の淑女

W'UP!★10月31日~11月26日 特別企画「伝統の古典菊」/11月28日~2024年1月28日 特別企画「冬の華・サザンカ」 国立...

佐倉の淑女(さくらのしゅくじょ)くらしの植物苑作出2023年10月31日(火)~11月26日(日)特別企画「伝統の古典菊」 菊は、日本を代表する園芸植物のひとつです。菊は日本在来の植物ではありませんが、平安時代の宮廷ですでに菊花の宴が流行していたことから、遅くとも律令期には、他の文物とともに中国からもたらされていたと考...Read More
イベントポスター

W'UP★9月1日~10月31日 第1期 「『いま、気になる』あの人の表現」/第2期「ココまでキタ!!表現活動支援の『いま』」 嬉々!!...

2023年9月1日(金)~10月31日(火)第1期 「『いま、気になる』あの人の表現」   第2期「ココまでキタ!! 表現活動支援の『いま』」 知的や精神、身体に障害を持つ方々を支援する福祉施設では、それぞれに日々試行錯誤しながら様々な支援を行っています。その中でも「アート」を軸にその人にしかできない表現を見出し、社会...Read More
展覧会キービジュアル

W'UP★4月26日~6月23日 日比谷図書文化館 特別展 「しりあがりさんとタイムトラブル 江戸×東京」 千代田区立日比谷図書文化館(...

2024年4月26日(金)~6月23日(日)日比谷図書文化館 特別展「しりあがりさんとタイムトラブル 江戸×東京」 パッケージデザインや広告宣伝などを担当する傍ら、マンガ家としてデビューし、白土三平の作品のパロディーやサラリーマンの生活を描いたギャグマンガ、新聞連載の社会派4コママンガ、不条理マンガなど様々なジャンルの...Read More
【11月19日 ウィークリー告知まとめ版】あおひと君スーパーブルー探査ミッション! 展覧会・イベント・アート情報、今週のアラカルト!

【11月19日 ウィークリー告知まとめ版】あおひと君スーパーブルー探査ミッション! 展覧会・イベント・アート情報、今週のアラカルト!

 この写真は、2017年、ドイツ・カッセルで開催されていたドキュメンタ14で自撮りしました。 あおひと君は、エネルギーの源 スーパーブルー(地球でいう電気を作り出すような燃料)が枯渇して生存の危機にさらされていました。ある日、あおひと君は、青く輝く地球を発見、きっとスーパーブルーがあるかもしれない!ということで、探査に...Read More
【8月21日 ウィークリー告知まとめ版】ワクチンワクチンワクチンチン 展覧会・イベント・アート情報、今週のアラカルト!

【8月21日 ウィークリー告知まとめ版】ワクチンワクチンワクチンチン 展覧会・イベント・アート情報、今週のアラカルト!

1205 views
 写真は、ウィーン・ドナウ河の夕暮れ すっかり夏なのか、暑い梅雨なのか、よくわからない季節になってきました。 相変わらずアパート難民です。住むところが見つからない。今まで何も考えずに生きてきたから仕方ないと言われれば、そうなんだよなぁ、と自滅するしかないのか?! 完全にアウトじゃないからきっとうまくいく。焦らない、悔や...Read More
【ウィークリー!告知まとめ版】代々木公園もオリンピックモードに突入! 6月12日〜6月18日 展覧会・イベント・アート情報ピックアップ!

【ウィークリー!告知まとめ版】代々木公園もオリンピックモードに突入! 6月12日〜6月18日 展覧会・イベント・アート情報ピックアップ!

 東京・渋谷の代々木公園は、自分にとって憩いの場所です。 ところが東京オリンピックのために、どこもかしこもバリケードを張り巡らして人を入れなくしています。 バブリックビューイング予定地も急遽、接種会場に変更を余儀なくされて、施主・電通で工事が進行中。 先日は、JOC経理部長が公表、自殺で、やることなすことすべてにケチが...Read More
【ウィークリー!告知まとめ版】世界は、0と1で二分化されていく!5月22日〜ピックアップした展覧会・イベント・アート情報!

【ウィークリー!告知まとめ版】世界は、0と1で二分化されていく!5月22日〜ピックアップした展覧会・イベント・アート情報!

 東京も梅雨入りで雨が多い季節になった。東京オリンピックまであと二ヶ月あまり。開催するのか? てか、ほんとにできるのか? ところで現代アートは、バブルなのか。そもそも世界的に見たら市場が小さすぎてバブルではないという意見もある。 今日、ウラハラ(原宿)を歩いていたら、なんとNANZUKA UNDERGRANDの看板を掲...Read More
【ウィークリー!告知まとめ版】いいものはいい!5月15日〜ピックアップした展覧会・イベント・アート情報!

【ウィークリー!告知まとめ版】いいものはいい!5月15日〜ピックアップした展覧会・イベント・アート情報!

 GWも終わったのですが、もう何年もカレンダー通りの生活をしていないので、はぁ、という感じです。 巷は、東京オリンピックの開催の可否をめぐってかんかんがくがく、コロナ感染拡大、緊急事態宣言延長やらでひっちゃかめっちゃか。(表現が古い) それにもかかわらず現代アートブームは続いているそうで、アートフェアの売り上げはレコー...Read More
千葉市美術館

千葉市美術館

 千葉市美術館は、1995年11月3日に千葉市中心市街地の一角に中央区役所との複合施設として開館しました。 美術館の建物は、市内に残る数少ない戦前の建物(旧川崎銀行千葉支店)を新しい建物で包み込むように設計されており、歴史・文化を保存し、次世代へ繋げる美術館のあり方にも共鳴しています。 美術館の骨格を形成するコレクショ...Read More
【4月10日〜 ウィークリー告知まとめ版】今週ピックアップした展覧会・イベント・アート情報!

【4月10日〜 ウィークリー告知まとめ版】今週ピックアップした展覧会・イベント・アート情報!

 4月4日から4月10日までの新着情報をピックアップ。混沌とした世の中ですが、アートに光を求めてさまよう流浪の日々です。(画像は、ウィーンのとある館の天井画)hideって誰?hideThe23rdMemorial特別企画展 PSYCHOVISION hide MUSEUM Since 2000を開催! XJAPANのギ...Read More
【Physical Expression Criticism】画廊と前衛~大正時代の美術運動

【Physical Expression Criticism】画廊と前衛~大正時代の美術運動

4160 views
 2020年9月、企画編集した本の出版記念トークが、コロナのため、それまでの紀伊国屋などではできないために、神保町の画廊を皮切りに新橋、日本橋、横浜まで続けてきて、1月に銀座の画廊でやると決まった。そのときに「銀座と画廊」というテーマを考えた。倉庫街や各地域で活躍する画廊も多く、「銀座の画廊は終わっている」という声もあ...Read More
大宮盆栽美術館

大宮盆栽美術館

 世界で初めての公立の「盆栽美術館」です。盆栽の聖地として名高い大宮の盆栽村に近接して設けられた当館は、旧髙木盆栽美術館のコレクションをひとつの核とした盆栽の名品、優品をはじめ、盆栽用の植木鉢である盆器や、一般には水石と呼ばれる鑑賞石、盆栽が画面に登場する浮世絵などの絵画作品、それに、盆栽に関わる各種の歴史・民俗資料等...Read More
ぎゃらりい秋華洞(銀座)

ぎゃらりい秋華洞(銀座)

 ぎゃらりい秋華洞では、江戸時代から若手現代作家まで、優れた日本美術を広く販売しています。特に美人画に力を入れており、上村松園、鏑木清方、伊東深水らの近代作家から池永康晟、岡本東子、大竹彩奈ら現代作家も紹介、展覧会を開催しています。その他、浮世絵は専門のオンラインショップも有り常時千点以上掲載。年4回ほどのカタログ発行...Read More
町田市立国際版画美術館(町田市原町田)

町田市立国際版画美術館(町田市原町田)

 町田市立国際版画美術館は1987年に開館した、世界でも珍しい版画を専門とした美術館です。日本最古といわれる奈良時代の印刷物から、浮世絵、デューラー、レンブラント、ピカソ、横尾忠則、草間彌生など、古今東西の版画を約3万点コレクションしています。また、版画制作ができる工房も併設しており、見る楽しみだけでなく、作る楽しみも...Read More
那珂川町馬頭広重美術館

那珂川町馬頭広重美術館

 那珂川町馬頭広重(なかがわまちばとうひろしげ)美術館は、町に寄贈された「青木コレクション」の公開と、地域文化活動の活性化を目的として平成12年11月にオープンしました。浮世絵を中心とした様々なテーマの企画展を開催し、訪れるたびに新しい発見のある美術館をめざしています。建物は、世界的に有名な建築家、隈研吾氏の設計による...Read More
鎌倉国宝館

鎌倉国宝館

 鎌倉国宝館は、大正12年の関東大震災によって地域の文化財が失われた経験のもと、不時の災害から由緒ある文化遺産を保護する使命を担い、鎌倉市域に所在する寺社から多数の宝物の寄託を受け、昭和3年に開館しました。中世以来の伝統を保つ宝物はいずれも貴重であり、現在は国宝5件43点、重要文化財75件872点をはじめ約1,000件...Read More
すみだ北斎美術館(墨田区亀沢)

すみだ北斎美術館(墨田区亀沢)

外観 写真撮影:尾鷲陽介 世界的な浮世絵師 葛飾北斎の作品を収集、展示する美術館だ。北斎は、宝暦10年(1760年)に本所割下水付近(現在の墨田区亀沢付近)に生まれている。墨田区の収集以外にも、ピーター・モースコレクションや故楢崎宗重コレクションも加え、北斎とその弟子たちの肉筆画、錦絵、版画、墨田を描いた作品などを展示...Read More