W'UP! ★1月13日~2月4日 Demos Chiang 個展『神畫』 ホワイトストーンギャラリー銀座新館

W'UP! ★1月13日~2月4日 Demos Chiang 個展『神畫』 ホワイトストーンギャラリー銀座新館
 
Demos Chiang『神畫』キービジュアル
 

2023年1月13日(金)~2月4日(土)
Demos Chiang 個展『神畫』

展覧会について
 アーティストとしてのみならず、マルチ・クリエイター、デジタル・アート・キュレーター、デザイナーとしての顔も持つデモス・チャンは、文字通り「全方位的な芸術創造」を提唱。幼少時より書道や水墨画など中国の伝統的な芸術に親しむ一方で、極めて西洋的な教育を受けてきたデモスにとって、「東西文化の交錯」が制作の土壌となるのはごく自然のことであった。複数のリアリティの断片を刻みつける表現主義的手法と東洋の「余白」の美学を共生させ、そこに観る人の想像力が加わることで初めて完遂するアート。人間を境界なく、最もピュアに表現できるモチーフは動物 であるとし、先鋭的アプローチを駆使しながら詩・書道・絵画が混淆した世界に落とし込んでゆく。立体においては、描かれた動物はまさに「彫り出され」、カートゥーンのように息吹き始める。
 今展でデモス・チャンは「東洋と西洋との出逢いの連続」であった自らの半生を振り返り、東洋を象徴する「龍」と西洋を象徴する「一角獣(ユニコーン)」をキーモチーフに選定。いずれも想像の世界にだけ存在する生き物であるが、両洋の文化的特徴を体現している。双方の融合から生まれる果てしないロマンティシズムを作家は追求してやまない。
 作家の内奥で育まれてきた「東と西」は、現代的語彙と縫合されることで力強く生まれ変わる。デ モス・チャンが現出させる鮮烈な変容(メタモルフォーゼ)。その強度をぜひご体感ください。

出展作品(一部)

《PRINCE: exploring to be king》 2022 帆布, ミクストメディア 200 x 200cm
《WAITING FOR SPRING》2022 帆布, ミクストメディア 140 x 104cm
《FORM》2022, 帆布,ミクストメディア, 140 x 90cm
《STAR SEEKER》2022, 帆布,ミクストメディア, 140 x 90cm
《Phoenix Dance》2022 316不銹鋼 27.5 x 53.5 x 60cm

作家コメント Artist's Comment
 アーティストとしての私の役割は、私生活の断片を視覚化することだ。言い換えれば、複 数の現実をひとつの力強いアート作品へと再構築すること。しかしながら、敢えて私は作 品のなかに、「余白」、「未完」、「不完全」、といった余地を残す。鑑賞者が自らの経験をそこに重ね合わせることができるように。私のアートが完遂する地点だ。
 今展は『神畫』と題される。『ハリー・ポッター』に登場するファンタスティック・ビー スト(空想上の獣たち)の研究、を表す造語である。想像の世界だけの存在を描くことは、私にとって初めての体験だ。アートとは、さまざまな形態で、想像力からこぼれ出るものである。アーティストもまた、在り方の如何に拠らず、稀少かつ風変りな存在である。
 「東洋と西洋の出会い」の連続であった私の人生経験を振り返りつつ、龍と一角獣(ユニコーン)を今展のキー・モチーフに選定した。前者が東洋の伝統を、後者が西洋の想像力を象徴する。これらは東洋の哲学への偏愛と西洋の科学的根拠を反映している。双方を組み合わせることによってのみロマンティックな世界が現出し得る、というのが私の信条である。

作家プロフィール
Demos Chiang 蒋友柏(デモス・チャン)
 代々学問とゆかりの深い家系に生まれ、西洋式の教育環境のなかで育ったデモス・チャンの作品は、東西文化の現代的な融合であり新しい文人書画スタイルである。30歳の時、商業デザインにおいて卓越した業績をあげると同時に数々の国際的な賞も受賞。近年では、絵画、インスタレーション、彫刻、マルチメディア・アート、トレンドスニーカーなど様々な分野でその芸術的才能と審美眼を存分に発揮している。
 彼の作品は擬人化された動物を通して世の中への考察と関心を表すと同時に、アーティスト自身の内的な感情の記録であり発露となっている。それらは鑑賞者に彼の研ぎ澄 まされた感性、生きとし生けるものに対する平等な心、そして人生への誠実な姿勢を伝える。とりわけ、各作品にパラレルに対応する英詩は、偽りない本心と哲学的内省に満ち溢れ、中国の文人書画の伝統を受け継ぐ。絵画技法としてラッカーや水を用いた混合技法、スプラッシュ(飛沫)、スクレイピング(擦り)のような西洋の技法を採り入れ、さまざまなテクスチャやレイヤー(層)を創り出し、俊敏で滑らかな筆勢感を引き出している。彫刻の制作においては、真空の概念を用い、人生における時とその推移の儚さを探求している。
 2021年には成都ビエンナーレ「超融体」にメイン・アーティストとして招聘され、インスタレーション作品を出展、高い評価を得た。

作家経歴 Biography
個展 
2022 「三世我界」333 ギャラリー(台中)「Diamond In The Rough」特別展、ブリーズ・センターVIP ラウンジ2F(台北)
2021 「類宇宙」ホワイトストーンギャラリー台湾(台北)「雲・紳」Amanyangyun(上海)
2020 「東体西作」Dimensions Art Center(台北)
2019 「Soul Whisper」ARTCLOUD(深圳)「海上蔣画」XU ギャラリー(上海)
2018 「観我蒋画」JINCAI ギャラリー(杭州)
グループ展 
2022 2022 ART TAINAN(台南)2022 ART TAICHUNG(台中)
2021 「雲豹天下」成都ビエンナーレ(成都)「宇宙」ホワイトストーンギャラリー台湾、ART TAIPEI(台北)2021 ART TAICHUNG(台中)

前回展覧会風景「DEMOS CHIANG: HAAH universe, Human Animal, Animal Human 」Whitestone Gallery Taipei, 2022

Demos Chiang 個展『神畫』
会 期 2023年1月13日(金)~2月4日(土)
会 場 ホワイトストーンギャラリー銀座新館(東京都中央区銀座6-4-16)
オンライン会場 http://bit.ly/3jiSLp6
営業時間 11:00~19:00
休館日 日曜、月曜
※展覧会ページは個展開幕後にオンライン展覧会ページにアップデートされます。

ホワイトストーンギャラリー オンラインストア
 ギャラリー会場はもちろん、オンラインでも展覧会を楽しめる公式サイト。オンライン展示をはじめとした、家情報やインタビュー記事など多彩な情報を発信する。また、気に入った作品はオンラインでの購入も可能。専門知識を持つアートアドバイザーとリアルタイムでコンタクトを取れるので、コレクターからアート初心者まで、誰でも購入しやすいシステムを導入している。
URL https://www.whitestone-gallery.com/ja

ホワイトストーンギャラリー銀座新館

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

コメント

*
*
* (公開されません)