コロナ対策のため休館、営業時間の変更、事前予約が必要な場合がございます。ご来場の際は各施設に直接ご確認ください。

W'UP!★4月9日~6月5日 「浅田政志 ぎぼしうちに生まれまして。」 BAG-Brillia Art Gallery-

W'UP!★4月9日~6月5日 「浅田政志 ぎぼしうちに生まれまして。」 BAG-Brillia Art Gallery-
 
「浅田政志 ぎぼしうちに生まれまして。」メインビジュアル


2022年4月9日(土)~6月5日(日)
「浅田政志 ぎぼしうちに生まれまして。」

 今回の展覧会は、京橋に暮らす人に焦点を当てつつ、地域の魅力を伝えようとするものです。展覧会のタイトルにある「ぎぼしうち(擬宝珠内)」は、京橋を含むエリアの通称として江戸時代に生まれた言葉です。橋の欄干の飾りである擬宝珠は、江戸の中心部にある京橋、日本橋、新橋の3つの橋が幕府直轄であることを示すもので、その内側に住むことは、住民の誇りでもありました。
 江戸の昔より、京橋はたくさんの人が行き交うにぎわいのある場所でした。しかし今、住んでいる人はとても少なくなってきています。京橋は「誰もが知っているけれども、よくは知らない街」になったとも言えます。
 今回、人の生きざまを撮ることを得意とし、写真集「浅田家」で2009 年に木村伊兵衛賞を受賞した写真家・浅田政志氏が、京橋を自ら歩き、そこに長く暮らしている人々と出会い、語り合い、そしてカメラに収めました。この展覧会は、江戸から続く文化の中に息づいた、現代のぎぼしうちの人々の日常の光景から、家族や時間、そして歴史を考える機会をもたらすことを主題としました。
 展覧会では、ゲストアーティストとしてアーティストユニットのmagmaのお二人と歌人でコピーライターの伊藤紺氏を迎え、擬宝珠をモチーフにした立体作品と言葉によって、訪れる人の想像力をかき立てます。

浅田政志(あさだ まさし)
 1979年三重県生まれ。日本写真映像專門学校研究科を卒業後、スタジオアシスタントを経て独立。2009年、写真集「浅田家」(2008 年赤々舎刊)で第34回木村伊兵衛写真賞を受賞。2010年には初の大型個展、「Tsu Family Land 浅田政志写真展」を三重県立美術館で開催。2020年には著書の「浅田家」、および「アルバムのチカラ」(2015年赤々舎刊)を原案とした映画『浅田家 !』が全国東宝系にて公開され、10年ぶりの新作、「浅田撮影局 まんねん」(2020年青幻舍刊)と「浅田撮影局 せんねん」(2020年赤々舎刊)を発表。新作個展「浅田撮影局」をPARCO MUSEUM TOKYO で開催した。
ウェブサイト http://www.asadamasashi.com

コラボレーションアーティストプロフィール
magma(マグマ)
 杉山純氏と宮澤謙一氏によるアーティストユニット。廃材や樹脂、電動器具などを組み合わせ創りだす独自の世界観で、作品制作にとどまらず家具やプロダクト、空間演出ディレクション・制作まで幅広く手がける。どこか懐かしさを覚えるアナログ感とクレイジーな色彩が融合した作品群は、国内外から注目を集めている。
ウェブサイト http://magma-web.jp/about/

伊藤紺(いとう こん)
歌人/コピーライター。
 2019年歌集『肌に流れる透明な気持ち』、2020年短歌詩集『満ちる腕』を刊行。ファッションブランド「ZUCCa」2020AWムックや、PARCOオンラインストアの2020春夏キャンペーンビジュアル、雑誌『装苑』『BRUTUS』等に短歌を制作。2021 年浦和PARCO リニューアルコピーを担当。過去連載に写真家・濱田英明氏の写真に言葉を書く靴下屋「いろいろ、いい色」がある。
Instagram https://www.instagram.com/itokonda

展覧会オープニングイベント「浅田政志とめぐる ぎぼしうちさんぽ」
 展覧会開催初日の4月9日(土)13:00より、京橋を浅田政志氏とともにカメラやスマホでスナップ写真を撮りながら散歩をします。応募は4月5日(火)まで。定員15名です。
応募はこちらから https://www.brillia-art.com/bag/event/01.html

「浅田政志 ぎぼしうちに生まれまして。」
会 期 2022年4月9日(土)~6月5日(日)
会 場 BAG-Brillia Art Gallery-
主 催 東京建物株式会社
開館時間 11:00~19:00
休館日 毎週月曜休館
料 金 無料
公式サイト https://www.brillia-art.com/bag/

関連展示 赤々舎特設ギャラリーショップ
赤々舎は、2006年に設立された、アートブックの出版社です。写真集と現代美術の作品集を中心にこれまでに約250冊を刊行してきました。
「浅田政志 ぎぼしうちに生まれまして。」の開催期間中、特設ギャラリーショップをBAG-Brillia Art Gallery-の展示スペース「+2(プラスツー)」に設け、赤々舎の出版物を展示・販売しています。
ウェブサイト http://www.akaaka.com/

赤々舎出版物

BAG-Brillia Art Gallery- ギャラリーデータ

住所東京都中央区京橋3-6-18 東京建物京橋ビル1階
TEL 
WEBhttps://www.brillia-art.com/bag/
営業時間*111:00〜19:00
休み*2毎週月曜休館(月曜が祝日の場合は翌日の火曜日へ振替休)
ジャンル*3現代美術、写真、絵画など
アクセス*4京橋駅2番出口より徒歩1分、銀座一丁目駅7番出口より徒歩3分、都営浅草線「宝町」駅A3出口徒歩3分、東京メトロ銀座線「銀座」駅A13出口徒歩6分、JR山手線「東京」駅八重洲南口徒歩9分
取扱作家 

*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 現代美術は、彫刻、インスタレーション、ミクストメディア作品、オブジェなども含まれます *4 表示時間はあくまでも目安です 【注】ギャラリーは入場無料ですが、イベントにより料金がかかる場合があります

BAG-Brillia Art Gallery-

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す