コロナ対策のため休館、営業時間の変更、または事前予約が必要な場合があります。ご来場の際は必ずご確認ください。

W'UP!★10月15日~2022年1月23日 オープン記念展覧会「ヘラルボニー/ゼロからはじまる」 BAG-Brillia Art Gallery-

W'UP!★10月15日~2022年1月23日 オープン記念展覧会「ヘラルボニー/ゼロからはじまる」 BAG-Brillia Art Gallery-

2021年10月15日(金)~2022年1月23日(日)
オープン記念展覧会「ヘラルボニー/ゼロからはじまる」

 ヘラルボニーは、双子の兄弟である松田文登と崇弥によって、2018年7月24日に創設された、“福祉実験ユニット”です。当社は創設当初より「異彩を、放て。」をミッションに掲げ、日本、そして海外に存在する障害のある作家が描いたアート作品を様々なモノ・コト・バショに展開することで「障害」という言葉が持つイメージの変容に心血を注いできました。
 私たちが社会に送り届けたいのは「障害者アート」でも「アートがデザインされた製品」でもありません。“障害=欠落ではない”という思想と、一人一人の内なる認識の「変化」です。
 本展覧会は、ヘラルボニーの原点となった双子の原体験にはじまり、彼等の人生の転機となった岩手県花巻市のるんびにい美術館での“異彩”との出会い、そして、それらの“異彩”のアートが新しい価値と変化の兆しを纏って世の中へ変幻自在に放たれていくまでの、ゼロからの軌跡を辿ります。
 知的障害のある人の無数の個性と才能が、人々の暮らしを鮮やかに彩る。その日常のささやかな煌めきは、誰もが違いを認め合い、自分らしくいられる世界へとつながるでしょう。

見どころ
1. ヘラルボニーと BAG-Brillia Art Gallery-の2つの「原点」
 2018年7月にゼロからスタートしたヘラルボニーが、3年後の2021年10月にゼロからスタートするBAG- Brillia Art Gallery-のオープニング展覧会を彩る。ヘラルボニーの「ゼロ」とは何なのか、その「原点」に迫る。
2. 「異彩」の新たな可能性
 2,000点を超えるアートデータを軸に、まちづくりやフードパッケージ、ライフスタイルにまつわるアイテムなど様々な形で社会へと提案するヘラルボニーがこれまでに世の中へと放った“異彩”のプロダクトを展示。新たな福祉文化が生み出されるまでの軌跡を空間に表現することで、アートギャラリーとしての新たな可能性を提示する。

原画
 るんびにい美術館在籍作家を中心とした原画を展示する。写真はHERALBONY GALLERY(岩手県・盛岡市)での展示風景。
※実際の展示作品とは一部異なります 。

アートネクタイ
 ヘラルボニーが最初にこだわりぬいてつくったアートネクタイ。ネクタイには、障害のある作家と社会を“結ぶ”という意味を込めている。

「ヘラルボニー/ゼロからはじまる」
会 期 2021年10月15日(金)〜2022年1月23日(日)
会 場 BAG-Brillia Art Gallery-(東京都中央区京橋3-6-18 東京建物京橋ビル1階)
開館時間 11:00〜19:00
休館日 毎週月曜休館(月曜が祝日の場合は翌日の火曜日へ振替休)
※12月28日(火)〜1月5日(水)の間は年末年始休館です。
料 金 無料
サイト https://www.brillia-art.com/bag/

住所東京都中央区京橋3-6-18 東京建物京橋ビル1階
TEL 
WEBhttps://www.brillia-art.com/bag/
営業時間*111:00〜19:00
休み*2毎週月曜休館(月曜が祝日の場合は翌日の火曜日へ振替休)
ジャンル*3現代美術、写真、絵画など
アクセス*4京橋駅2番出口より徒歩1分、銀座一丁目駅7番出口より徒歩3分、都営浅草線「宝町」駅A3出口徒歩3分、東京メトロ銀座線「銀座」駅A13出口徒歩6分、JR山手線「東京」駅八重洲南口徒歩9分
取扱作家 

*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 現代美術は、彫刻、インスタレーション、ミクストメディア作品、オブジェなども含まれます *4 表示時間はあくまでも目安です 【注】ギャラリーは入場無料ですが、イベントにより料金がかかる場合があります

BAG-Brillia Art Gallery-

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す