W'UP! ★9月28日~10月29日 dolls  AZUSA IIDA EXHIBITION hpgrp Gallery Tokyo

W'UP! ★9月28日~10月29日 dolls  AZUSA IIDA EXHIBITION hpgrp Gallery Tokyo

 

"dolls01" 2022 石膏、アクリル絵の具  H300mm
 

2022年9月28日(水)~10月29日(土)
dolls
AZUSA IIDA

 ファッション性の高いポップなイメージと、力強い構図や配色でイラストレーターとして多岐にわたる媒体で活躍中のAZUSA IIDAが、本展で初となる石膏を用いた立体作品を発表します。
 イラストレーターとして主に平面的な作品を制作してきたIIDAですが、会場となるギャラリーを見た瞬間に石膏による立体表現が頭に浮かんだといいます。自身の経験や技術にとらわれることなく、制作意欲や感情に正直に作品と向き合うクリエイターとしての姿勢が、今回の新作展で存分に表現されています。
 タイトルにもなっている「dolls = 人形」は、人々の愛しみの対象として私たちの生活に長い間根付いてきました。
 自身の作品が観る人にとって思いやりや愛情の対象となることを願いつつ制作したという、今回の立体作品シリーズ、どうぞこの機会にご高覧くださいますようお願い申し上げます。

Artist Statement
 生活に様々な影響を与えるアートを制作するという点において大切にしていることは、「その作品を見て幸せな気分になれるか」ということです。そして、表現において私がいつも”色”を大切にしているのは、”色”は感情を表したり、何かメッセージのようなものを見る人に伝えてくれるような気がしているからです。
 今回のテーマである ”dolls=人形”は他者への思いやりや愛情を育むために存在してきたという歴史があります。
 アート作品として作られた人形が、生活の一部となり、名前を付けられたり、日々触れられたりすることで魂が入り、友人や家族のような存在となる。
 アートが人々の心の安定や安心につながる、そんな風になることを願っています。
 AZUSA IIDA

AZUSA IIDA
1991年 東京生まれ。
2016年に初個展を開催して以来、人物を主対象とした実験的な表現方法による展示活動を行っている。また様々な企業、ブランド、メディアとの協業の中で、ファッションという視点を大切に、ビジュアルの提供からプロダクトデザインまで手がけている。
2022
「in the Box "ALWAYS with 501"」CLASS ART CARAVAN Vol.3 新宿伊勢丹
「MY SHELTER 」東急プラザ表参道原宿 THE SHEL`TTER TOKYO
2021
「couture」AZUSA IIDA × grounds Exhibition offshore
NEWoman 新宿 ART WALL ウインドウディスプレイ
2020
「MIRROR MIRROR ON THE WALL」 offs gallery
「TRUNK」OPEN STUDIO(FREAK'S STORE)
2019
「pin up」 CASE B
「in the Box」vol.2 FROM WHERE I STAND
「make art now」- point of view BEAMST
「needles」 GALLERY SPEAK FOR
「dig dug」 galerie LE MONDE
2018
「in the Box」vol.01 GALLERY SPEAK FOR
「MIYAGIHIDETAKA / AZUSAIIDA - JOURNAL STANDARD表参道」 IMA:ZINE
「artists」offshore coffee

会 場 hpgrp GALLERY TOKYO(エイチピージーアールピーギャラリートウキョウ)
東京都港区南青山5-7-17 小原流会館B1F
営業時間 12:00〜19:00
休 廊 日曜・月曜・火曜
https://hpgrpgallery.com/jp/tokyo/715/

※新型コロナウイルス感染拡大予防のため、営業時間を変更させていただく可能性がございます。

住所東京都港区南青山5-7-17 小原流会館 B1
TEL03-3797-1507
WEBhttps://hpgrpgallery.com/https://www.ante-hpfrance.com/about
営業時間*112:00 ~ 19:00
休み*2日、 月、火
ジャンル*3現代美術、写真、版画、デザイン、イラストレーション
アクセス*4表参道駅B3出口より徒歩5分
取扱作家 
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 現代美術は、彫刻、インスタレーション、ミクストメディア作品、オブジェなども含まれます *4 表示時間はあくまでも目安です 【注】ギャラリーは入場無料ですが、イベントにより料金がかかる場合があります

hpgrp Gallery Tokyo

W’UP! ★5月1日~5月24日 垂谷知明 個展「始めにカオスありき。」/5月25日~6月26日 安藤 瑠美個展 「TOKYO NUDE – mountain range-」H.P.FRANCE WINDOW GALLERY MARUNOUCHI

■コロナ感染拡大防止のための注意事項
 ご来廊の際は検温、マスクの着用、消毒にご協力ください。
 展示室内の混雑状況により入場制限をさせていただく場合がございます。ご了承ください。
 ※上記営業時間外でも、事前にお問い合わせいただければ展示をご覧いただくことができます。

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

コメント

*
*
* (公開されません)