コロナ対策のため休館、営業時間の変更、または事前予約が必要な場合があります。ご来場の際は必ずご確認ください。

W'UP! ★7月7日~8月21日 MY HOME TOWN Lee Izumida hpgrp Gallery Tokyo

W'UP! ★7月7日~8月21日 MY HOME TOWN Lee Izumida hpgrp Gallery Tokyo

2021年7月7日(水)~8月21日(土)
MY HOME TOWN Lee Izumida
上:「MY HOME TOWN」910×606mm/Acrylic on canvas/2021

 hpgrp GALLERY TOKYOより、リー・イズミダの新作展「MY HOME TOWN」の開催をご案内いたします。
 北海道で育ったイズミダは幼少期より絵を描き始め、アメリカ留学を経て、現在は東京を拠点に活動しています。自身の作品を中心に、壁画やショップウィンドウ、広告、ファッションブランドとのコラボレーションなど、多岐にわたる表現領域で多くの共感を得ているアーティストです。
 2020年、パンデミックにより世界は一変しました。
 日常が音を立てるように変化し、ディスタンスという言葉と共に距離に対する感覚がほぼ永久的に変わりました。
 手を繋いだり抱き合ったりすることにいつまで躊躇するのか。飛行機や電車に乗って長距離を移動することがいつまで制限されるのか。
 本展では、一時停止された世界でイズミダが抱いた郷愁の念が色濃く投影された新作をご紹介します。
 イズミダにとっての故郷、北海道の雄大な自然や家族、友人は、どんな時も安心して前に進むための精神的な支えとなってきました。
 自らのアイデンティティーの大きな部分を占める故郷をテーマとしたイズミダの新作シリーズを、ぜひこの機会にご高覧ください。

Artist's comment

 故郷である北海道を離れ、東京にきて7年、慣れない大都会でがむしゃらに過ごしてきた。
 もともと海外に留学していた事もあり、国内だから「いつでも帰れるでしょ!」と思っていたが
 2020年、それは「いつでも」から「いつになるのだろう」に一変した。

 昨年、どうにか帰郷が叶った。
 久々に帰る北海道はやっぱりとても綺麗だった。久々にマスクを付けて会う家族。
 とてもとても嬉しかった。

 今は、緊急事態宣言でお店がどこも営業していない銀座の花壇脇に座りながらこれを書いている。
 缶コーヒーを飲みながら。喫茶店に入るという当たり前のことができなくなるなんて想像すらしてなかった。
 温かいコーヒーをマグカップで飲みながらパソコン広げたかったな。

 あたり前なんてない。どんな時も、その時を大切に過ごす事を忘れずにいよう。
 生まれ育った大好きな北海道の魅力を伝えたくて、今回は北海道での思い出を描く。
 大切な思い出を形にするには未熟かもしれないが、今だから描ける絵があるかもしれない。
 この絵が展示される頃には、大好きな家族を東京へ招待出来る事を願って。

W’UP! ★6月25日~8月5日 最後のライオン 池平 徹兵 H.P.FRANCE WINDOW GALLERY MARUNOUCHI

住所東京都港区南青山5-7-17 小原流会館 B1
TEL03-3797-1507
WEBhttps://hpgrpgallery.com/https://www.ante-hpfrance.com/about
営業時間*112:00 ~ 19:00
休み*2日、 月、火
ジャンル*3現代美術、写真、版画、デザイン、イラストレーション
アクセス*4表参道駅B3出口より徒歩5分
取扱作家 
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 現代美術は、彫刻、インスタレーション、ミクストメディア作品、オブジェなども含まれます *4 表示時間はあくまでも目安です 【注】ギャラリーは入場無料ですが、イベントにより料金がかかる場合があります

hpgrp Gallery Tokyo

■コロナ感染拡大防止のための注意事項
 ご来廊の際は検温、マスクの着用、消毒にご協力ください。
 展示室内の混雑状況により入場制限をさせていただく場合がございます。ご了承ください。
 ※上記営業時間外でも、事前にお問い合わせいただければ展示をご覧いただくことができます。

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)