コロナ対策のため休館、営業時間の変更、事前予約が必要な場合がございます。ご来場の際は各施設に直接ご確認ください。

W'UP! ★5月25日~6月25日 安藤 瑠美個展「TOKYO NUDE - reflective city -」 hpgrp Gallery Tokyo

W'UP! ★5月25日~6月25日 安藤 瑠美個展「TOKYO NUDE - reflective city -」 hpgrp Gallery Tokyo
 
"TOKYO NUDE G" シルバーフレーム、キャンソン紙、アクリル絵の具 800×533mm 2022


2022年5月25日(水)~6月25日(土)
安藤 瑠美個展「TOKYO NUDE - reflective city -」

 レタッチャー/フォトグラファーとして活動する安藤の代表シリーズとも言える「TOKYO NUDE」は、合成や加工などの補正技術(レタッチ)を使用し「虚構の東京を写真で作る」というコンセプトのもと制作されます。広告や窓、室外機など、安藤が街の“ノイズ”と呼ぶものをすべて消すことで、文明という衣服を脱ぎ捨てた、東京の裸の姿を露わにさせています。色彩や配色を変え、雲や建築物までも合成された空間は、実際にある風景でありながらも、絵画のようにフラットなパラレルワールドとして東京の輪郭を写し出します。
 本展は南青山に所在するhpgrp GALLERY TOKYOと、丸の内ビルディング1F H.P.FRANCE WINDOW GALLERY MARUNOUCHIとの二会場同時開催となり、南青山会場では会場上階から撮影したオリジナル作品に加え、日本初公開となる、TOKYO NUDEシリーズにペインティングを施した新作をご紹介いたします。ぜひこの機会にご高覧ください。

Artist statement
 今、自分が眼にしている、この街、この空、この風景、、、
 世界とは、自分を映す鏡である。
 自分の頭と心が絵筆を取って、然もそうであるかのように網膜に描写した写実絵画が現実かもしれない。

 バーチャル空間での活動がより重要となった昨今、リアルな空間は一部希少性を増し、同時に他は意味を剥奪され徐々に形骸化している。
 この抜け殻の都市を写真に収めていく。それは現実であり、私を反射させた虚構の風景でもある。
 円を描いた写真は、まさに写真(現実)と絵画(虚構)の境界を表している。

住所東京都港区南青山5-7-17 小原流会館 B1
TEL03-3797-1507
WEBhttps://hpgrpgallery.com/https://www.ante-hpfrance.com/about
営業時間*112:00 ~ 19:00
休み*2日、 月、火
ジャンル*3現代美術、写真、版画、デザイン、イラストレーション
アクセス*4表参道駅B3出口より徒歩5分
取扱作家 
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 現代美術は、彫刻、インスタレーション、ミクストメディア作品、オブジェなども含まれます *4 表示時間はあくまでも目安です 【注】ギャラリーは入場無料ですが、イベントにより料金がかかる場合があります

hpgrp Gallery Tokyo

W’UP! ★5月1日~5月24日 垂谷知明 個展「始めにカオスありき。」/5月25日~6月26日 安藤 瑠美個展 「TOKYO NUDE – mountain range-」H.P.FRANCE WINDOW GALLERY MARUNOUCHI

■コロナ感染拡大防止のための注意事項
 ご来廊の際は検温、マスクの着用、消毒にご協力ください。
 展示室内の混雑状況により入場制限をさせていただく場合がございます。ご了承ください。
 ※上記営業時間外でも、事前にお問い合わせいただければ展示をご覧いただくことができます。

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)