コロナ対策のため休館、営業時間の変更、または事前予約が必要な場合があります。ご来場の際は必ずご確認ください。

W'UP! ★9月1日~10月2日 Merge 鵜飼 康平 hpgrp Gallery Tokyo

W'UP! ★9月1日~10月2日 Merge 鵜飼 康平 hpgrp Gallery Tokyo

2021年9月1日(水)~10月2日(土)
Merge
鵜飼 康平 Kohei Ukai

上「融 21-14」楠、麻布、漆/H290×W200×D160mm/2021

 金沢工芸大学在学中に漆と出会った鵜飼は、その素材が持つ歴史や、多くの工程を少しづつ積み重ねるプロセスに魅了されました。素地として使用する木から形を削り出し、樹液である漆を塗り重ねることで作品を仕上げます。木の自然な造形、その形を生かして自ら彫り込んだ痕跡、そこに塗られる漆と、「自然なことの連続の結果として」生まれた作品は、有機的な美しさとプリミティブな力強さを合わせ持っています。
 国際的なアルチザンの発掘と支援を目指し、世界規模で開催されるロエベ ファンデーション クラフトプライズの2020年ファイナリストに選出されるなど、近年その注目度が高まっている鵜飼康平。hpgrp GALLERY TOKYOでは初の個展となるこの機会にぜひご高覧賜りますようお願い申し上げます。

アーティストコメント:制作について
 漆は木の樹液で、木の傷口を塞いで守る役割を果たします。その性質を利用して、古くから天然の接着剤や塗料として、日本では主に箱やお椀などの器物に用いられてきました。私はこの漆という素材を造形表現に用い、制作を行ってきました。木や繊維、金属など様々な素材が支持体として用いられる中で、木を選択しています。木と漆のシンプルな関係性や、また、木を彫って形づくることで手の痕跡を残すことが出来る点が、木を用いている理由です。
 それ自体では決まった形をもたない漆が、木と合わさることで形を得て、また、木は漆に包まれ、守られます。作品制作においても、これらの素材の関係性に着目しています。
 漆を塗る度に表情を変え、木が包み込まれていく様子に心地よさを覚えます。また、漆を塗る・研ぐという単純な行為の繰り返しの中で、自分でも意図しない形態が現れます。偶然性を拾いながら、意識と無意識のあいだを行き来するような感覚があります。私はこのことに人間らしさを感じています。こういった感覚をもとにして近年制作している「融」シリーズを中心に展示致します。
 ー鵜飼 康平

W’UP! ★8月6日~9月16日 静電気 野口 清村 Shimura Noguchi H.P.FRANCE WINDOW GALLERY MARUNOUCHI

住所東京都港区南青山5-7-17 小原流会館 B1
TEL03-3797-1507
WEBhttps://hpgrpgallery.com/https://www.ante-hpfrance.com/about
営業時間*112:00 ~ 19:00
休み*2日、 月、火
ジャンル*3現代美術、写真、版画、デザイン、イラストレーション
アクセス*4表参道駅B3出口より徒歩5分
取扱作家 
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 現代美術は、彫刻、インスタレーション、ミクストメディア作品、オブジェなども含まれます *4 表示時間はあくまでも目安です 【注】ギャラリーは入場無料ですが、イベントにより料金がかかる場合があります

hpgrp Gallery Tokyo

■コロナ感染拡大防止のための注意事項
 ご来廊の際は検温、マスクの着用、消毒にご協力ください。
 展示室内の混雑状況により入場制限をさせていただく場合がございます。ご了承ください。
 ※上記営業時間外でも、事前にお問い合わせいただければ展示をご覧いただくことができます。

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)