114 件がヒットしました。
並べ替え
国立能楽堂

国立能楽堂

 国立の能・狂言や古典芸能専門の劇場だ。JR千駄ヶ谷駅から近く、新国立競技場も近い。能楽関連の資料などを公開する資料展示室、図書閲覧室も併設されている。館内では、無料Wi-Fiもご利用できる(要設定)。Read More
横浜能楽堂

横浜能楽堂

 横浜能楽堂の本舞台は、明治 8 年に旧加賀藩主邸に建てられ、その後大正8年に旧高松藩主 邸に移築された「染井能舞台」を復原したもので、平成8年に「横浜能楽堂」として開館し ました。関東地方現存最古の能舞台です。横浜市の文化財にも指定されて...Read More
銕仙会能楽研修所

銕仙会能楽研修所

 銕仙会能楽研修所は演能団体「銕仙会」の拠点施設であり、能舞台・稽古場を含んだ研修施設は、普段は能や狂言などの稽古場として使用されているほか、主催公演の開催や劇場としての貸出利用もされている。 銕仙会は江戸後期に能楽シテ方の観世流宗家より分...Read More
代々木能舞台

代々木能舞台

 代々木能舞台は、高層ビルが立ち並ぶ中、取り残された異空間のようにひっそりと佇む屋敷内舞台です。敷舞台は昭和8年、中庭に建つ本舞台は昭和25年の建造で、どちらも2009年に国の有形登録文化財として認定されました。定期公演やプレレクチャーを通...Read More
コロナ禍からアーティストを救うために!アート解放区 EATS日本橋 3月19日~5月9日開催!

コロナ禍からアーティストを救うために!アート解放区 EATS日本橋 3月19日~5月9日開催!

コロナ禍からアーティストを救うために 株式会社タグボートは、コロナ禍で作品を展示する機会を失ったアーティストを支援するために三井不動産株式会社からの協力を得て日本橋界隈のコレドなどの商業施設、オフィスのスペースを有効活用したアートイベント「...Read More
W’UP! ★ 春の小コレクション 吉田博と大正版画/4月2日~ 「Tricolore2021―根岸文子・宇田義久・釣光穂」 ギャラリー ときの忘れもの

W'UP! ★ 春の小コレクション 吉田博と大正版画/4月2日~ 「Tricolore2021―根岸文子・宇田義久・釣光穂」 ギャラリー...

2021年3月10日(水)〜3月19日(金)春の小コレクション/吉田博と大正版画(予約制) 画廊ではコレクションの中から「春の小コレクション/吉田博と大正版画」と題して、大正時代の新版画、創作版画の秀作を展示いたします。 現在、東京都美術館...Read More
【Aohitokun’s Thoughts】コロナその後とNFTアート

【Aohitokun's Thoughts】コロナその後とNFTアート

247 views
 コロナ禍も日常となりつつある。緊急事態宣言は、首都圏以外は2月末、首都圏は、3月7日に解除らしい。しかしこれを書いている、2月23日天皇誕生日の祝日、表参道は、コロナ前のような人出で混んでいた。 一方で、飲食店は営業時間に制限がかけられ、...Read More
駒込倉庫 Komagome SOKO

駒込倉庫 Komagome SOKO

 近年、都内には数多くのギャラリーが生まれ、現代アートもこれまでにないメディアの注目を浴びています。同時に、美術界の既存の枠組みに収まりきらない次世代の可能性に、十分な活躍の舞台が用意されているとは言いがたい現状があります。 <駒込倉庫 K...Read More
【Art News Liminality】まちとアートの浸透圧―「すみだ向島 EXPO 2020」を歩く その6/6

【Art News Liminality】まちとアートの浸透圧―「すみだ向島 EXPO 2020」を歩く その6/6

157 views
 2020年の秋、すみだ向島に現われたアート/まちづくりのニューノーマルとは? 全6回にわたる批評ドキュメント。その6 最終回 コロナ禍を前に、ジョルジョ・アガンベンは行政による例外的な隔離措置に危機感を表明し(*22)、零落しゆく人間関係...Read More