W'UP! ★森山安英「光ノ表面トシテノ銀色」展 銀座 蔦屋書店 ATRIUM

W'UP! ★森山安英「光ノ表面トシテノ銀色」展 銀座 蔦屋書店 ATRIUM

2021年4月17日(土)~4月28日(土)
森山安英「光ノ表面トシテノ銀色」展
上:アルミナ頌01

 このたび銀座 蔦屋書店では、1960年代後半から福岡・北九州の地で前衛グループ「集団蜘蛛」の中核メンバーとして、日本の戦後美術史に鮮やかな足跡を残したアーティスト、森山安英(もりやまやすひで)の個展を、北九州市小倉にあるGALLERYSOAPの協力のもと、開催いたします。
 森山安英は1936年、八幡市(現・北九州市八幡東区)に生まれます。1968年に地元作家たちとともに「集団蜘蛛」に参加し、既存の美術団体や権威、さらに同時代の前衛運動すらも標的に、あらゆる芸術表現を拒否する過激なハプニングを繰り返しました。
 本展は、森山が1987年の活動再開後に取り組んだ絵画作品から構成される展覧会で、2018年に北九州市立美術館で開催された個展「森山安英解体と再生」に続くものであり、首都圏での個展では1994年以来という貴重な機会となります。
 戦後の美術に大きな影響を与えた森山の活動を通して、日本の美術史をあらためて考える機会となれば幸いです。
特集ページ https://store.tsite.jp/ginza/blog/art/19427-1310200401.html

森山安英(もりやまやすひで)
 1936年八幡市(現・北九州市八幡東区)生まれ。現在も北九州市戸畑区在住のアーティスト。
 1955年に佐賀大学特設美術科に入学したが、間もなく除籍となる。1960年代初頭から作品制作を始めると同時に、検便用のマッチ箱に汚物を入れ街頭で配ったり、福岡の交差点で性行為を行ったり、菊畑茂久馬の盗作版画を制作する等、過激なパフォーマンスを行った。この時期、先行する前衛美術グループ「九州派」の強い影響を受けながら、1968年に地元作家たちとともに「集団蜘蛛」を結成し、まもなく3人のメンバーに少数精鋭化されると、既存の美術団体や権威、さらに同時代の前衛運動も標的に、あらゆる芸術表現を否定する過激なハプニングを繰り返した。
 1970年に、福岡県立伝習館高校の教師処分に反対する運動に参加し、公然猥褻物図画陳列罪で逮捕され、裁判闘争は1973年まで続いた。その後、15年の長い沈黙を経て、1987年から銀一色の絵画作品の制作を開始し、現在に至るまで大量の絵画作品を残している。初期作品は、全面銀色のオールオーバーな抽象絵画で、絵具を流し込む技法が特徴であり、その後2000年以降は、豊富な色彩やかたちをもった絵画を制作している。

会 期 2021年4月17日(土)〜4月28日(水)※会期は変更になる場合もございます。
会 場 銀座 蔦屋書店 GINZA ATRIUM(イベントスペース)
入 場 無料
※営業時間は店舗ウェブサイトをご確認ください。

W’UP! ★ ReiNakanishi 個展「yinyang」 銀座 蔦屋書店 アートウォールギャラリー

W’UP! ★ 加藤孝作品展「Trip to Square」 銀座 蔦屋書店 売場内

W’UP! ★山下紘加個展「コスモスは思い出した」 銀座 蔦屋書店 THE CLUB

住所東京都中央区銀座6丁目10-1 GINZA SIX 6F
TEL03-3575ー7755
WEBhttps://store.tsite.jp/ginza/ (THE CLUB)http://theclub.tokyo/
営業時間*110:30~20:30
休み*2不定休
ジャンル*3現代美術、デザイン、工芸、絵画
アクセス*4銀座駅A3出口より徒歩2分、東銀座駅A1出口より徒歩3分、JR有楽町駅・新橋駅より徒歩約10分
取扱作家 

*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 現代美術は、彫刻、インスタレーション、ミクストメディア作品、オブジェなども含まれます *4 表示時間はあくまでも目安です 【注】ギャラリーは入場無料ですが、イベントにより料金がかかる場合があります

銀座 蔦屋書店 ATRIUM、アートウォールギャラリー、THE CLUB

■コロナ感染拡大防止のための注意事項
 こちらをご覧ください→ https://store.tsite.jp/ginza/news/shop/13809-1034180403.html

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す