コロナ対策のため休館、営業時間の変更、または事前予約が必要な場合があります。ご来場の際は必ずご確認ください。

W'UP! ★ 9月25日~12月5日 版画の見かた ―技法・表現・歴史― 町田市立国際版画美術館

W'UP! ★ 9月25日~12月5日 版画の見かた ―技法・表現・歴史― 町田市立国際版画美術館

2021年9月25日(土)~12月5日(日)
版画の見かた ―技法・表現・歴史―

 版画の技法と表現は実に多種多様。使用される版や道具、完成までのプロセスなどを知ると、より楽しむことができます。本展では当館のコレクション約32,000点の中から、版画ならではの鑑賞のポイントを持つ作品約130点を展示。古今東西の版画の「ツボ」を紹介します。

展覧会の構成

第1章 版画の技法
 版形式と版種ごとに、版画の技法を紹介します。印刷の仕組みの違いによって、版画は凸版、凹版、平版、孔版の四つの形に分けることができます(版形式)。さらに版の素材や道具の違いから、木版・銅版・石版(リトグラフ)・スクリーンプリント等の種類に分けることができます(版種)。そして各版種はさまざまな表現を作り出す多種多様な技法を持っています。作品だけでなく版そのものや使われる道具、制作の過程にも注目します。

レンブラント・ファン・レイン 《聖母の死》 1639年
凹版・銅版(エッチング、ドライポイント)
三代歌川豊国 《今様見立士農工商 職人》 安政4(1857)年
凸版・木版(多色摺)(大判錦絵三枚続)
森義利 《隈取り(A)》 1976年 孔版・合羽版

第2章 版画の表現
 版画の技法から生まれる多種多様な表現を、いくつかの視点から紹介します。まず最もシンプルな絵の構成要素である点と線、これらの組み合わせによって生まれる階調です。さらに手彩色や複数の版による鮮やかな色彩など、版画はどのように表してきたかを、その魅力とともに解説。続いて肖像や風景などの主題ごとに各版種の作品を見比べたり、作家独自の発想や観点から生まれた作品にスポットを当てたりすることで、版画の多様な表現の世界を探訪します。

フランシスコ・デ・ゴヤ『ロス・カプリチョス』より
《感じ易かったために》1799年刊 凹版・銅版(アクアチント)

第3章 版画の歴史
 古今の版画のつながりを、版画の本性に着目することで浮かび上がらせます。ひとつは古くから人々の信仰心と結びついてきた版画の宗教性。仏教・キリスト教の初期の作例と現代作家の作品の対対照によって、版画の見かたの可能性を探ります。最後にさまざまな情報を絵にして広めることのできる版画の記録性に触れつつ、古今の版画を有する町田市立国際版画の「蔵」としての役割も紹介します。

浄瑠璃寺伝来《阿弥陀如来坐像摺仏》(百体一版)平安時代 凸版・木版
推定制作地ネーデルラント 《キリストの昇天》
16世紀初頭 凸版・木版(手彩色)

会 期 2021年9月25日(土)~12月5日(日)
休館日 月曜日
観覧料 一般 800(600)円、大学・高校生 400(300)円
※中学生以下無料
※()内は20名以上の団体料金
※身体障がい者手帳、愛の手帳(療育手帳)または精神障がい者福祉手帳をお持ちの方と付き添いの方1名は半額

無料日 文化の日 11月3日(水)
シルバーデー
65歳以上無料 毎月第四水曜日、10月27日(水)・11月24日(水)
※年齢確認ができるものをお持ちください。
各種割引はホームページをご覧ください。
※状況により会期や無料日などを変更する場合があります。ご来館前に当館ホームページ、SNS をご確認ください。


関連イベント
ⅠとⅡの制作体験は有料観覧券・招待券(半券可)と当日12時30分から一階受付で配布する整理券をご用意のうえ、各会場の入り口にお集まりください。

Ⅰ. 版画の考えかた ―記念講演会―
11月28日(日) 14時~15時30分
講師:gnck(評論家)
会場:講堂
定員:60名

Ⅱ. 版画の作りかた ―制作実演・体験制作―
10月 9日(土) 謄写版 講師:神崎智子(版画家)
10月23日(土) 木版画 講師:石橋佑一郎(版画家)
11月13日(土) 銅版画 講師:田沼利規(画家/版画家)
各日14時から1時間30分程度
会場:講堂
定員:各日10名(体験制作・先着順)※見学自由

Ⅲ. 版画の楽しみかた ―ギャラリートーク―
①10月17日(日) ②11月21日(日) ※各日14時から30分程度
講師:藤村拓也(担当学芸員)
会場:企画展示室
※当日有効の観覧券をご用意のうえ、会場入り口にお集まりください。

Ⅳ. 音の楽しみかた ―プロムナードコンサート―
11月20日(土)①13時~ ②15時~ ※各回30分程度
演奏:江澤隆行(ピアノ)
会場:エントランスホール
申込不要・参加無料
※新型コロナウイルス感染症対策のため
 入場を制限する場合があります。

同時開催
 ミニ企画展「描かれた文学 ドラクロワとシャセリオー」
2021年9月15日(水)~12月5日(日)常設展示室 入場無料

住所東京都町田市原町田4-28-1
TEL042-726-2771
WEBhttp://hanga-museum.jp/
開館時間*1平日 10:00~17:00 土日祝日 ~17:30
休み*2月(祝日は開館、翌日閉館)
ジャンル*3版画
入場料*4常設展示室は無料。企画展示は展覧会によって料金が変わります
アクセス*5町田駅より徒歩15分
収蔵品http://hanga-museum.jp/collection
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 空欄はオールジャンル *4 イベントにより異なることがあります。高齢者、幼年者、団体割引は要確認*5 表示時間はあくまでも目安です

町田市立国際版画美術館

■コロナ感染拡大防止のための注意事項
 展示室内の入場制限をする場合があります。
 館内ではマスクを着用するなど、咳エチケットへのご配慮をお願いいたします。

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)