コロナ対策のため休館、営業時間の変更、事前予約が必要な場合がございます。ご来場の際は各施設に直接ご確認ください。

W'UP! ★ 4月23日~7月3日  彫刻刀が刻む戦後日本―2つの民衆版画運動 町田市立国際版画美術館

W'UP! ★ 4月23日~7月3日  彫刻刀が刻む戦後日本―2つの民衆版画運動 町田市立国際版画美術館

 

2022年4月23日(土)~7月3日(日)
彫刻刀が刻む戦後日本―2つの民衆版画運動

 日本の多くの学校で版画を学ぶのは、版画を普及した戦後の文化運動と深い関りがあります。
 本展では戦後日本で展開した「戦後版画運動」と「教育版画運動」の2つの民衆版画運動を紹介。これらの動きで生まれた作品には平和への願い、社会へのまなざし、工場や農家の仕事、田舎から都会まで様々な土地での生活が実感をもって刻まれています。約400点の豊富な作品と資料を展示し、これまであまり知られることのなかった版画史の一側面に光を当てることで、戦後の開発と発展のかたわらにある「もう1つの日本」が浮かびあがってくるでしょう。

鈴木賢二《署名》1960年、木版、当館蔵
上野誠『ヒロシマ三部作』より《男》 1959年、木凹版、当館蔵
小口一郎『鉱毒に追われて』より《治水か破水か》 1972年、
木版・ポスターカラー、小口一郎研究会蔵
小林喜巳子《私たちの先生を返して ―実践女子学園の斗い―》1964年、木版、個人蔵

見どころ1 社会に切り込む版画
 戦後版画運動の流れを通覧し、社会問題や平和運動と結びついた作品を紹介。彼らが描いた労働、平和、環境などのテーマは、現代の私たちにとっても重要なトピックです。

見どころ2 小中学校で版画を作るわけ
 多くの人が学校で版画をつくったのはなぜか。教育版画運動の歩みを紹介し、そこに込められた思いを知ることができる初の展覧会です。

見どころ3 全国の教育版画の共同制作が一堂に会する初の展覧会
 青森、石川、東京、神奈川で作られた共同制作大型作品(90×180cm)約20点、北海道から沖縄まで全国約35都道府県約80冊の版画集、青森の子どもたちが作った40mに及ぶ版画絵巻など。これまで広く紹介されて来なかったものの、未来に残すべき1950年代〜90年代の力作を集め、一堂に会します。

 子どものころ、学校で版画を作ったことはありますか?
 日本の多くの学校で版画を学ぶのは、戦後の文化運動と深い関わりがあります。中心となったのは「日本版画運動協会」と「日本教育版画協会」という2つのグループ。どちらも民主主義への参加を呼びかける民衆文化運動が活発だった1940年代後半から50年代に誕生しています。当時の時代精神を背景に、版画を作ることで誰もが表現の主体となることを目指しました。
 「日本版画運動協会」のメンバーに強い影響を与えたのは、半植民地化された中国を憂えた魯迅が主導した中国木刻(木版画)でした。敗戦間もない1947年、中国木刻が紹介され大きなインパクトを与えると、感銘を受けた人々が各地で巡回展を開き、版画熱が全国に伝播。1949年には「日本版画運動協会」設立に至ります。主要メンバーは飯野農夫也(いいの・のぶや)、上野誠(うえの・まこと)、大田耕士(おおた・こうし)、小口一郎(こぐち・いちろう)、鈴木賢二(すずき・けんじ)、滝平二郎(たきだいら・じろう)、新居広治(にい・ひろはる)、油井正次(ゆい・まさじ)らです。彼らプロの作家だけでなく全国のアマチュアも版画運動に加わり、労働運動、農民運動、平和運動に寄り添った作品を制作しました。同時に、当時注目された「生活綴り方(作文)」の文化運動を版画に応用した「生活版画」を打ち出し、暮らしの実相を描く作品の制作もしました。版画の複数制作の利点を生かして、社会運動の手段にも用い、また海外に作品を送って交流することも盛んに行われています。
 1950年代後半に組織的な活動が途絶えた後、多くのメンバーはライフワークとなるテーマをおのおの追求しました。広く人気を博した滝平の切り絵の新聞連載や『モチモチの木』などの絵本もその一つです。
 一方、日本版画運動協会設立メンバーの一人である大田耕士は、会メンバーや恩地孝四郎、平塚運一らの協力を得て1951年に「日本教育版画協会」を設立。小学校教員だった経験を活かし、学校教育で版画を普及し、教員と子どもが主体の民衆文化運動を目指します。
大田は初め生活綴り方に熱心な教員に呼びかけ、学級文集の挿絵で版画を推奨します。参加教員が多様になるにつれ絵が文集から独立し、子どもたちが取材した地域の生業・歴史や民話採集を題材に、版画集・大型作品を共同制作することにも発展。紙版画などの造形の遊びを考案して幼児にもすそ野を広げていきました。この影響で1958年には版画を制作が小学校全学年の学習指導要領に加わり、汎用的なカリキュラムが出来上がると同時に、熱心な教員によるユニークな教育実践も行われ続けます。これにより教科を横断する内容と集団活動で子どもの人間形成を目指す「教育版画」という日本独自のジャンルが確立していきます。
 本展では約400点の作品と豊富な資料を通して、知られざる2つの民衆版画運動の全貌に迫ります。

滝平二郎『裸の王様』より 1951年、木版・謄写版、当館蔵
© JIRO TAKIDAIRA OFFICE Inc.
京浜絵の会『版画集』第二集 表紙 1955年8月、木版・謄写版、個人蔵
青森県八戸市立湊中学校養護学級生徒(指導:坂本小九郎) 『虹の上をとぶ船・総集編(2)』より《天馬と牛と鳥が夜空をかけていく》1976年、木版
五所川原市教育委員会蔵(写真提供:青森県立美術館)
東京都府中市立府中第八小学校6年生20名(指導:前島茂雄)《新宿西口駅前》 1970年、木版、府中市立府中第八小学校蔵

彫刻刀が刻む戦後日本―2つの民衆版画運動
会 期 2022年4月23日(土)~7月3日(日)
会 場 町田市立国際版画美術館 企画展示室1、2(東京都町田市原町田4-28-1)
時 間 10:00〜17:00(最終入場時間 16:30)、土日祝 10:00~17:30(入場は17:00まで)
休館日 月曜日
観覧料 一般900(700)円、大・高生450(350)円、中学生以下無料
( )内は20名以上の団体料金
※身体障がい者手帳、愛の手帳(療育手帳)または精神障がい者保健福祉手帳をお持ちの方と付き添いの方1名は半額
※無料送迎バス、無料日、割引、関連イベントなどがございます。公式サイトでご確認ください。
町田市立国際版画美術館公式サイト
http://hanga-museum.jp/
町田市立国際版画美術館展覧会情報ページ
http://hanga-museum.jp/exhibition/schedule/2022-512

関連イベント

1 版画作品募集「私も版画家だった」小中学生、高校生の時に作った版画がおうちに眠っていませんか。
お持ちいただいた方の作品をエントランスホールで展示します。
*お申し出場所・特典:当館1階受付。入場料を200円割引します。(展示せず受付でご提示されるだけでも割引対象となります)
*募集期間:本展会期中
*展示方法:制作年代・制作時の学年・都道府県・作った時の思い出をキャプションに書いていただき掲出します。名前が作品に直接書かれているものはそのまま展示します。
*対象サイズ:B4(25.7×36.4cm)以内(角1封筒に入るサイズ)
*作品返却方法:返信用封筒(要住所記載、角1以内、切手不要)をお持ちください。会期終了後にご返送します。
*作品はご自身のものに限ります。
*イベントやスペースの都合で常時展示されない場合があります。

2 トークイベント「アーティストがみる教育版画」 5月21日(土)午後2時〜3時半
出演:湯浅克俊(木版画家)聞き手:町村悠香(担当学芸員)
湯浅克俊は伝統的な木版技法で現代を捉えるイメージを発表し、国際的に評価されている作家です。近年は日本の木版画の立ち位置を探るリサーチも行っている湯浅氏とともに、教育版画の魅力と独自性を掘り下げます。
会場:講堂|要本展有料観覧券(半券可)|先着60名

3 子ども講座 -みてみてつくろう- 「昭和にタイムトラベル!ガリ版にチャレンジ」5月7日(土)午後1時半〜4時
講師:杉浦幸子(武蔵野美術大学文化学科教授)企画展を鑑賞し、展示作品と同じ技法、ガリ版(謄写版)で作品をつくってみよう!
会場:講堂|参加費:1000円|対象:4月に小学3〜6年生になる方
事前申込制(抽選16名)
町田市イベントダイヤル(042-724-5656)または町田市のイベント申込システム「イベシス」で受付
募集期間:3/24〜4/18(初日のみ正午から)イベントコード:220324H

4 おはなしのじかん 芹ヶ谷公園内の「せりがや冒険遊び場」にて、本展で展示している絵本・紙芝居の読み聞かせを行います。
・「おはなしのじかん」*主に乳幼児と保護者向け
会期中の毎週木曜日 午前11時半〜
*気象庁から警報が出た場合は中止・「みんなのステージ」*大人だけでも大歓迎です
5月14日(土)午後2時〜2時半
*雨天中止
会場:せりがや冒険遊び場|参加無料|申込不要
天候による実施状況など、詳しくはせりがや冒険遊び場ホームページをご確認ください。

5 教育映画『たのしいはんが』解説付き上映会 6月4日(土)午後2時〜3時15分
版画教育を広めるために制作された『たのしいはんが』(1955年、第一映画社、約20分) を担当学芸員の解説を交えて上映します。
会場:講堂|要本展有料観覧券(半券可)|先着60名

6 担当学芸員によるスライドトーク 5月8日(日)、6月18日(土) 各回午後2時〜3時
*2回とも内容は同じです
会場:講堂|要本展有料観覧券(半券可)|先着60名

7 プロムナード・コンサート ♪♬♩♫ 「うたごえ喫茶で甦る青春」
演奏:奥村浩樹(テノール)・鵜戸西到(ピアノ)
6月19日(日)午後1時〜、3時〜(各回30分程度)
会場:エントランスホール|参加無料|申込不要
※新型コロナウイルス感染症対策のため入場を制限する場合があります。

住所東京都町田市原町田4-28-1
TEL042-726-2771
WEBhttp://hanga-museum.jp/
開館時間*1平日 10:00~17:00 土日祝日 ~17:30
休み*2月(祝日は開館、翌日閉館)
ジャンル*3版画
入場料*4常設展示室は無料。企画展示は展覧会によって料金が変わります
アクセス*5町田駅より徒歩15分
収蔵品http://hanga-museum.jp/collection
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 空欄はオールジャンル *4 イベントにより異なることがあります。高齢者、幼年者、団体割引は要確認*5 表示時間はあくまでも目安です

町田市立国際版画美術館

■コロナ感染拡大防止のための注意事項
 展示室内の入場制限をする場合があります。
 館内ではマスクを着用するなど、咳エチケットへのご配慮をお願いいたします。

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)