コロナ対策のため休館、営業時間の変更、または事前予約が必要な場合があります。ご来場の際は必ずご確認ください。

【10月2日 ウィークリー告知まとめ版】展覧会・イベント・アート情報、今週のアラカルト!

【10月2日 ウィークリー告知まとめ版】展覧会・イベント・アート情報、今週のアラカルト!

今週は、引越しがあり、大変忙しくて枕のブログを書けませんでした。長かった苦痛の新居探しもやっと終わったのですが、荷ほどきがまた大変。

ということで今週は前振りのブログを書けませんでした。

今週のアラカルト情報も少なくなってしまいました。すみません!


日本の若きアーティストを支援する企画展 ”FUGA Dining Exhibition” で藤本純輝の展示会開催!!
https://theartjapan.wixsite.com/fujimotoatsuki
赤坂・溜池山王から徒歩5分程にあるレストラン「FUGA Dining」にて、若手アーティストの活動を支援するための展示会 "藤本純輝のExhibition" がTHE ARTの主催で2021年10月16日(土)まで開催

会場 FUGA Dinning(イタリアン)
住所 東京都港区赤坂2-20-19 赤坂菅井ビル 1F
期間 2021年10月16日(土)まで開催


第34回環境大臣賞「夕映の十和田湖」逓駅隆英

十和田湖周辺の四季折々を表す自然・観光がテーマ!「第35回十和田湖の四季写真コンテスト」開催のお知らせ
写真を通じて、世界に十和田湖の魅力を発信!

一般社団法人十和田奥入瀬観光機構では、十和田八幡平国立公園を代表する景勝地である“十和田湖”“奥入瀬渓流”“八甲田山”に加え、 “樹海ライン”等の十和田湖を構成するエリアの自然や観光的魅力を表現した写真を募集します。

今年度で35回目を迎える歴史あるコンテストです。入賞作品は十和田湖の2会場で展示(十和田ビジターセンター/令和4年2月21日~3月27日、十和田湖観光交流センターぷらっと/令和4年4月1日~5月8日)いたします。また、地域の魅力を訴求する写真として、十和田市の観光情報サイトやSNS等にも活用させていただきます。

https://www.towada.travel/ja/news-events/photo-kontesuto/2021


写真に写っていない「何か」を探る 新フォト雑誌『FOTOARC(フォトアーク)』創刊

写真雑誌の休刊が相次ぐ2021年。FOTO ARCは、写真を媒介に表現のボーダレス化を試みます。
FOTO ARC編集部(東京都渋谷区)は、2021年9月25日、フォト雑誌『FOTO ARC(フォトアーク)』を創刊しました。写真だけにとどまらず、文章、絵、映像、音楽などあらゆる創作活動をする人とともに写真の新たな価値を発信していきます。 『FOTO ARC』は「写真の方舟」を意味します。創刊号(Vo1.)は2,200円(税込)、全国主要書店とAmazonで発売中。
https://amzn.to/3hXQsEH


【現代アート】注目の若手人気アーティスト20名が仙台に集結!

ブレイク前夜in仙台 10/9(土)~10/30(土) 【会場】GALLERY A8T
BSフジにて放送300回を迎える芸術才能発掘紹介番組「ブレイク前夜~次世代の芸術家たち」に出演の注目作家20名による東北地方初の展覧会が開催されます。
BSフジ「ブレイク前夜~次世代の芸術家たち」は毎週⽕曜夜9:55から毎週一人の若き芸術家にスポットを当て2016年から5年間、才能ある芸術家を発掘、紹介してきました。
それと同時に番組だけではなく実際の作品を見てもらおうと各所で実展示も開催して参りまし た。(⻘山スパイラル、 東急文化村、 代官山ヒルサイドテラス、 ギンザシックス蔦屋書店、 大丸デパートな ど。)
本展は文化庁 ART!forthefuture!の補助対象事業として東北地方にゆかりのある作家をはじめ過去に番組に出演した20名の注目作家、出品作品50余点による東北地方初の展覧会となります。
会場となるGalleryA8Tは今年7月に若手現代アーティストを紹介する東北の拠点を目指してオープンし、
今後東北発世界への芸術の橋渡しとなるギャラリーとなります。
東日本大震災より10年になる今年、東北に縁のある新たな才能と拠点より本展を全国の皆様にご注目頂きたくご紹介致します。

主催:株式会社染谷尚人事務所 協力:ブレイク前夜事務局
会期:2021年10月9日(土)~2021年10月30日(土) 12:00~19:00 *最終日17時まで 入場:無料予約制
※ご予約はギャラリーホームページの RESERVE/予約からお申し込みください
https://gallerya8t.com/reserve/
会場:GALLERY A8T(ギャラリーエイト)
仙台駅より地下鉄東西線「卸町」駅より徒歩2分 https://gallerya8t.com/access/
住所:宮城県仙台市若林区卸町2丁目5-7 2F (株式会社AZOTHと株式会社T-planの社屋内共有スペース)
出展作家
家田実香 石川美奈子 植田爽介 越智俊介 木原千春 木村佳代子 酒井智也 サガキケイタ 鈴木一世 鈴木弥栄子 田崎太郎 多田知史 成田朱希 沼田侑香 星山耕太郎 松山しげき 宮岡貴泉 本橋孝祐 渡邊涼太 (五十音順敬称略)⚫︎高本夏実(展覧会ロゴデザイン)


フレッチャー・シブソープ 「The Night Comes Down」47×37cm 油彩 金箔 パネル 
税込1,650,000円

~英国現代人物画家が描く~ 女神の誘惑 展 大丸心斎橋店 アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ

2021年10月6日(水)→10月12日(火) 
大丸心斎橋店 本館8階 アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ

いつの時代も芸術家たちを魅了し創作へと掻き立てる女神たち。美しさだけでなく現代を生きる人たちが共感できるような内面を捉えた作品をご紹介いたします。数多くのモデルや女優 エマ・ワトソンを描きファッション界でもその名を轟かせているマーク・デンステッダー。彼が描く現代の女性像には、内面の強さとアンニュイな佇まいが交錯する魅惑的な雰囲気が漂います。
一方、ルネサンス時代以降のヨーロッパの伝統的な写実力を基に、 精神性溢れる静謐な女性像を描くフレッチャー・シブソープの絵画には、鑑賞者を引き込むような気品ある空気感が存在しています。本展ではマーク、フレッチャーの原画、版画約40点をご紹介致します。英国の先端を行く二人の画家が描くモダンと伝統が交錯する新しい女性像をぜひ御高覧ください。
~英国現代人物画家が描く~ 女神の誘惑 展
会期:2021年10月6日(水)→10月12日(火)
※最終日、10月12日(火)は16時閉場予定
※新型コロナウイルス感染症拡大防止に向け、イベント内容の変更・中止などさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
※営業日・営業時間が変更になる場合がございます。 詳しくは大丸心斎橋店のホームページでご確認ください。
会場:大丸心斎橋店 本館8階 
Artglorieux GALLERY OF OSAKA (アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ)
<入場無料>



美術品入札会 廻-MEGURU- vol.08 開催 
日本美術に特化した入札型オークション

下見会:2021年10月16日(土)~10月24日(日)
開札日:2021年10月26日(火)
会場:加島美術(東京都中央区京橋3-3-2)
出品作品:約570点

株式会社 加島美術と株式会社ビーエスフジは、2021年10月16日(土)から10月24日(日)にかけて、8回目となる「美術品入札会 廻-MEGURU-」を共同開催します。美術品入札会「廻-MEGURU-」は誰でも気軽に参加できる日本美術に特化した入札型オークションです。
今回は、伊藤若冲、川合玉堂、白隠慧鶴、藤田嗣治、棟方志功、酒井田柿右衛門など、絵画作品から茶道具、工芸作品まで、バラエティ豊かなラインナップ約570点をお届けします!時代を超えて愛される美人画や禅画の特集に加え、いま旬の小早川秋聲も出品されます。
日本美術を「観る」から「買う」、そして「正しく売る」時代へ。どうぞご期待ください。
HP https://www.meguru-auction.jp/saijinotice/


ハワイ発・世界屈指のストリートアートプロジェクト「POW!WOW!<パウワウ>」が和歌山県・白浜町に初上陸!"ミューラル(壁画)" 制作、いよいよスタート。

POW!WOW!JAPANは《2021年10月24日(日)~30日(土)》日本のアートカルチャーの一翼を担うアーティストたちと共に、白浜の町を彩ります。
POW!WOW!は、ハワイ発の世界的なストリートアートプロジェクトです。
日本で6度目の開催となる舞台は、 本拠地ハワイ/ワイキキビーチと姉妹浜の<白良浜>を有する美しいリゾート、「和歌山県・白浜町」に決定!
白浜町中心部各所にて10月24日(日)~30日(土)の7日間、日本のアートカルチャーの一翼を担うアーティストが集結し、ミューラル(壁画)制作をはじめとするアートを身近に楽しめる様々な体験を提供します。
POW! WOW! JAPANはアート/音楽/ダンスなど多様なカルチャーを通し、白浜で暮らす人々、そして白浜を訪れる人々にとって、新たな地域&文化交流となる場の創出を目指します。
【ミューラル(壁画)制作】
白浜町中心部各所にて、5組のアーティストによる5つのミューラル(壁画)を制作。
"町の壁"が"アート"に生まれ変わります。
(会場:白浜町中心部 各所 / 和歌山県西牟婁郡白浜町 )
参加アーティスト
ミューラル参加アーティスト 5組
YOSHI47/ MIZPAM/ 透明回線/ KAC/ MIMU

【GALLERY - SQUARE SPACES VOL.2- (アート展示販売会) 】
48組のアーティストによるアート展示会。 お気に入りの作品はもちろん購入可能です。
(会場:SHIRAHAMA KEY TERRACE HOTEL SEAMORE / 和歌山県西牟婁郡白浜町 1821)
その他、 アーティストによるワークショップなど様々な体験コンテンツを実施検討中!
最新情報は公式インスタグラム< @powwowjapan https://www.instagram.com/powwowjapan/ >にて更新予定となっておりますので、ぜひフォロー&チェックしてください。
ギャラリー参加アーティスト 48組
Tim Kojima/ ksk/ IBU/ FUSE/ incc/ Toyameg/ AICON/ Simo/ Hitch/ Whole9/ SHUN NAKAO/ 透明回線/ mimu/ VAN/ YOHEYY/ YOSSY(SOUL FLOWER)/ YUH TAKUNO/ You2/ LANP/ Yuki/ Jeremy Yamamura/ 10rc0/ sota/ TAKERU IWAZAKI/ ありひるあ/ Haskey/ タケウチアツシ/ CAB/ eri2win/ イッサタカハシ/ WOK22/ Kana Amano/ Takeshi Wada/ YOSHI47/ 辻 將成/ Kenta Senekt/ charr/ FONK MIKE/ YOUBOB/ LUISE ONO/ UC EAST/ 紋吉/ Ukichi/ 皿/ eMiRi/ KAC/ ROB the Hunchback/ MIZPAM


【石ノ森萬画館:宮城県石巻市】第83回特別企画展「ドロヘドロ原画展 ~林田球の世界~」開催(10/2~1/10)

原画展でわかること。それはまだ……混沌の中。それが……ドロヘドロ!
宮城県石巻市にあるランドマーク「石ノ森萬画館」では、 2021年10月2日(土)~2022年1月10日(月・祝)の期間、 「ドロヘドロ原画展 ~林田球の世界~」を開催します!!

会 期:2021年10月2日(土)~2022年1月10日(月・祝)
場所:石ノ森萬画館2階企画展示室
URL:https://www.mangattan.jp/manga/exhibition/17285/
時間:9:00~18:00
 ※12月~2月は17:00閉館
(※入館は閉館時刻の30分前まで)
休館日:10月19日(火)、11月16日(火)、12月7日(火)、14日(火)、21日(火)
観覧料:大人840円/中高生520円/小学生210円/未就学児無料(常設展観覧料含む)


自然の中で現代アートを楽しむ展覧会『原泉アートデイズ!2021 ~相互作用~』
【アーツカウンシルしずおか】支援団体からのお知らせ

~「原泉アートデイズ!2021」開催!~
掛川市北部に位置する中山間地、500名ほどが居住する5つの集落を総称した呼び名である「原泉地区」にて、国内外の現代アーティストたちがアーティスト・イン・レジデンス(AIR)により滞在制作した作品を公開展示する展覧会型のアートイベントの4回目。地域内の旧茶工場や空き施設、空き家等を活用した会場が特徴的です。
原泉地区は、原“泉”という地名の通り泉が沸く地域であり、アーティストたちの、人や自然、現象などの要素とその相互作用から生まれる作品をお楽しみください。

【開催日程】2021年10月14日(木)~11月28日(日)10:00-16:00 月・火・水休業
【開催場所】静岡県掛川市原泉地区全域 ※展示会場は受付にてご案内
 受付会場:(1)旧原泉第2製茶工場(掛川市萩間702) (2)旧田中屋(掛川市黒俣545-1)
【鑑賞料】自由(完全ドネーション制)
【内容】作品展示、 パフォーマンス、 ワークショップ、 アートストア等
【H P】https://haraizumiart.com
【主催】原泉アートプロジェクト
【支援】アーツカウンシルしずおか


土器クリエイター・DOKI MIZUHOの個展「実りの祈り」を10月2日(土)より開催。

京都岡崎 蔦屋書店(京都市左京区ロームシアター京都 パークプラザ1階)は、土器クリエイターのDOKI MIZUHOの個展「実りの祈り」を10月2日(土)から10月21日(木)の期間に店内アートスペースにて開催いたします。同期間に、作品を店舗・オンラインにて販売いたします。

期間|2021年10月2日(土)~10月21日(木)
会場|京都岡崎 蔦屋書店 ギャラリースペース
主催|京都岡崎 蔦屋書店
お問い合わせ|075-754-0008(営業時間内)/kyoto-okazaki_info@ccc.co.jp
特集ページ| https://store.tsite.jp/kyoto-okazaki/blog/art/22425-1813060922.html

ではまた来週!

これまでの告知まとめ版→ https://tokyo-live-exhibits.com/tag/%e5%91%8a%e7%9f%a5%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%e7%89%88/

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)