建築・インテリア・家具

Category
並べ替え
W’UP! ★7月1日~8月28日「リサーチ! プロセスを魅せるデザイン」展 ATELIER MUJI GINZA

W’UP! ★7月1日~8月28日「リサーチ! プロセスを魅せるデザイン」展 ATELIER MUJI GINZ...

 2022年7月1日(金)~8月28日(日)「リサーチ! プロセスを魅せるデザイン」展 生活を取り巻くあまたのものたち。その物が並び売られるテーブルを覗きながら私たちは、好きなもの、美しいもの、便利なものなど、使い手の視点からものを選び生活に採り入れています。でももし、一つ一つのものが、その背景にあるリサーチ...
W’UP!★6月25日~2023年2月12日 特別展「江戸東京博物館コレクション――東京の歩んだ道」 江戸東京たてもの園

W'UP!★6月25日~2023年2月12日 特別展「江戸東京博物館コレクション――東京の歩んだ道」 江戸東京たてもの園

 2022年6月25日(土)~2023年2月12日(日)特別展「江戸東京博物館コレクション――東京の歩んだ道」 東京都江戸東京博物館は、1993年(平成5)3月28日の開館以来、江戸から東京の歴史を豊富な資料と模型を用いて紹介する博物館として親しまれています。広さ約9,000平方メートルと広大な常設展示室内に...
W'UP!★5月23日~6月12日 令和3年度 武蔵野美術大学 卒業・修了制作 優秀作品展 武蔵野美術大学 美術館・図書館

W'UP!★5月23日~6月12日 令和3年度 武蔵野美術大学 卒業・修了制作 優秀作品展 武蔵野美術大学 美術館・図書館

卒業制作(学部)会期 2022年4月4日(月)〜5月3日(火・祝)※終了修了制作(大学院)会期 2022年5月23日(月)〜6月12日(日)令和3年度 武蔵野美術大学 卒業・修了制作 優秀作品展 武蔵野美術大学では、学部卒業制作および大学院修了制作において、特に優れた作品や研究成果を発表した学生に対し「優秀賞」が贈られ...
W’UP! ★5月17日~10月2日 所蔵作品展「MOMAT コレクション」 70周年をふりかえる 同時代の展望と収集/小特集 ぽえむの言い分 東京国立近代美術館 (MOMAT)

W'UP! ★5月17日~10月2日 所蔵作品展「MOMAT コレクション」 70周年をふりかえる 同時代の展望と収集/小特...

 瑛九《午後(虫の不在)》1958年2022年5月17日(火)~10月2日(日)所蔵作品展「MOMAT コレクション」70周年をふりかえる 同時代の展望と収集コンテンポラリー MOMAT と同時代 今年の12月に当館が迎える開館70周年を記念して、コレクションによって美術館の歩みをふりかえり ます。2 つの展示室を用い...
W'UP! ★ 4月28日〜10月16日 建築模型展 -文化と思考の変遷- WHAT MUSEUM 1階

W'UP! ★ 4月28日〜10月16日 建築模型展 -文化と思考の変遷- WHAT MUSEUM 1階

2022年4月28日(木)〜10月16日(日)建築模型展 -文化と思考の変遷- 日本の歴史をさかのぼると、模型は古くから建築を制作するための手本として、またその時代の建築文化を伝達する媒体としての役割を果たしてきました。現代においては、建築物が完成に至るまでの試行や検討のツールとしてはもちろん、材料や技術の発展に伴って...
東京造形大学附属美術館(横山記念マンズー美術館)

東京造形大学附属美術館(横山記念マンズー美術館)

 東京造形大学附属美術館は東京造形大学のキャンパス内にあり、現代具象派を代表するイタリアの彫刻家ジャコモ・マンズーの作品を多数収蔵し、東京造形大学の教育・研究活動の紹介を中心に、美術やデザインなど様々な内容の企画展を開催しています。また学外でも学生やアーティストが講師となるワークショップを開催しています。同館は、建築家...
W'UP! ★3月19日~6月19日 吉阪隆正展 ひげから地球へ、パノラみる 東京都現代美術館(MOT)企画展示室 1F

W'UP! ★3月19日~6月19日 吉阪隆正展 ひげから地球へ、パノラみる 東京都現代美術館(MOT)企画展示室 1F

 《ヴェネチア・ビエンナーレ日本館》1956年 (撮影:北田英治、1997年)2022年3月19日(土)~6月19日(日)吉阪隆正展ひげから地球へ、パノラみる 東京都現代美術館では、東京出身の建築家・吉阪隆正(1917-1980)の展覧会を開催します。 吉阪隆正は戦後復興期から1980年まで活躍した建築家です。「考現学...
【Physical Expression Criticism】京都奈良紀行~歴史的建造物を訪ねて~2~
402 views

【Physical Expression Criticism】京都奈良紀行~歴史的建造物を訪ねて~2~

逓信建築~郵便局の意匠 銀行は、西洋の意匠を取り入れた歴史的建造物として多く残っていることは知られているだろう。また日本各地の郵便局、電話局も歴史的西洋建築が多い。というのは、どちらも逓信省に所属する逓信局などであり、逓信省には専門の建築技師が勤務していたからだ。そのため、これらは「逓信建築」とも称される。 初期、特に...
【7月10日〜 ウィークリー告知まとめ版】無観客な世界。そしてなにが残るのだろうか? 今週ピックアップした展覧会・イベント・アート情報!
254 views

【7月10日〜 ウィークリー告知まとめ版】無観客な世界。そしてなにが残るのだろうか? 今週ピックアップした展覧会・イベント・...

 とうとう東京オリンピックは、ほとんどの競技が無観客となった。 無観客といえば、自分(あおひと君)も去る4月、昨年からコロナで延期になっていたオペラ『魔笛』が、それも公演2日前に緊急事態宣言が出され、急遽、無観客での上演を余儀なくされた。 それもオーケストラ、オペラ歌手、スタッフなど総勢80人くらいの舞台にもかかわらず...
【Physical Expression Criticism】志賀信夫のアートコラム vol.00
995 views

【Physical Expression Criticism】志賀信夫のアートコラム vol.00

 舞踊を中心にアート、文学などについて批評を書いています。特に舞踏や現代美術が中心です。・神保町アートネットワーク 昨年、数名で神保町アートネットワークを立ち上げました。 このサイトがギャラリー、劇場などのポータルサイトを目指しているので、まずはその関連でお伝えします。 東京の神田神保町は世界最大の古書店街として有名で...