W'UP! ★世田谷美術館

W'UP! ★世田谷美術館

2021年1月5日(火)〜2月28日(日)
世田谷美術館コレクション選 器と絵筆 — 魯山人、ルソー、ボーシャンほか
上:アンリ・ルソー《フリュマンス・ビッシュの肖像》 1893年頃 カンヴァス 油彩 世田谷美術館蔵

日々愛され使われた器、今日を生きるため描かれた絵画
 「器と絵筆」展では、世田谷美術館のコレクションの柱をなす北大路魯山人の器と、アンリ・ルソー など「素朴派」といわれる人々の作品を紹介します。 味わいぶかい魯山人の器は、作家を長年支援し、親交のあった世田谷の実業家・塩田岩治が妻サキとともに愛用した品々。すべて「塩田コレクション」としてご寄贈いただいたものです。
 ルソーやアンドレ・ボーシャンらによる、不思議に魅力的な素朴派の作品は、生きることと表現することの分かちがたい結びつきを示すものとして、当館の活動のシンボルにもなっています。本展では魯山人の陶磁器など約50件、フランス、東欧、アメリカ、日本などの素朴派絵画から約50点を精選。展示室の窓外に広がる砧公園の自然も楽しみながら、日々創造的に生きることに思いをめぐらせる、またとない機会となるでしょう。

北大路魯山人《赤呉須水注》
1927年 磁器 世田谷美術館蔵 撮影:上野則宏

会 場 世田谷美術館 1 階展示室
開館時間 10:00〜18:00(入場は17:30まで)
休館日 毎週月曜日 ただし1月11日(月・祝)は開館、翌1月12日(火)は休館
観覧料 一般 500(400)円、65歳以上 400(300)円、大高生 400(300)円、中小生300(200)円
※( )内は20名以上の団体料金。※障害者の方は300円。ただし小中高大生の障害者は無料。介助者(当該障害者1名につき1名)は無料。※リピーター割引=会期中、本展有料チケットの半券をご提示いただくと、2回目以降は団体料金にてご覧いただけます。

アンリ・ルソー《サン=ニコラ河岸から見たシテ島(夕暮れ)》
1887-88年頃 カンヴァス 油彩 世田谷美術館蔵
ルイ・ヴィヴァン《ムーラン・ド・ラ・ギャレット》
1925年 カンヴァス 油彩 世田谷美術館蔵
北大路魯山人《色絵染付鮑形鉢》
1935-44年 磁器 世田谷美術館蔵

同時開催展
ミュージアム コレクションIII「美術家たちの沿線物語 田園都市線・世田谷線篇」 2020年12月19日(土)〜 2021年3月28日(日)

住所東京都世田谷区砧公園1-2
TEL03-3415-6011
WEBhttps://www.setagayaartmuseum.or.jp/
開館時間10:00 ~ 18:00(入場は17:30まで)
休み*1月(祝日は開館、翌平日閉館)
ジャンル*2現代美術、西洋絵画、彫刻、日本美術、工芸、写真、版画
入場料*3一般200円、65歳以上100円、大・高校生150円 中・小学生100円(特別展は別料金)※「器と絵筆」展は一般500円ほか
アクセス*4田園都市線 用賀駅北口より徒歩17分
収蔵品https://www.setagayaartmuseum.or.jp/about/collection/
 *1 このほかに年末年始・臨時休業あり *2 空欄はオールジャンル *3 イベントにより異なることがあります。高齢者、幼年者、団体割引は要確認 *4 表示時間はあくまでも目安です

世田谷美術館

■コロナ感染拡大防止のための注意事項
 当館HP新着情報のご来館の際のお願いをご覧ください。→https://www.setagayaartmuseum.or.jp/news/entry.php?id=nw00603

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)