文化庁 国立近現代建築資料館

文化庁 国立近現代建築資料館

 我が国の近現代建築資料における劣化、散逸、海外流出防止を目的として、情報収集、資料の収集・保管及び調査研究を行っています。また、展覧会の開催を通じて我が国の建築文化に対する国民への理解増進を図っています。

住所東京都文京区湯島4-6-15
TEL03-3812-3401
WEBhttp://nama.bunka.go.jp/
開館時間*110:00 ~ 16:30(入館は閉館の30分前)
休み*2イベントにより異なります
ジャンル*3建築
入場料*4無料(旧岩崎邸庭園から入館する場合は、庭園観覧料400円。また、土日・祝日は岩崎邸庭園からの入館のみ)
アクセス*5湯島駅1番出口より徒歩8分、上野広小路駅A3出口より徒歩10分、大江戸線上野御徒町駅A3出口より徒歩10分
収蔵品https://www.kahaku.go.jp/exhibitions/permanent/index.html
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 空欄はオールジャンル *4 イベントにより異なることがあります。高齢者、幼年者、団体割引は要確認*5 表示時間はあくまでも目安です

■コロナ感染拡大防止のための注意事項
 【入館・観覧に際してのお願い】
 ・手指消毒への協力
 ・検温への協力(発熱や体調不良がある場合は、入館のお断り)
 ・記帳(氏名・電話番号)への協力
 ・来館者同士の距離を充分に確保し、会話は最小限に
 【国立近代建築資料館の取り組み】 
 ・館内の清掃、消毒、換気
 ・混雑時の入場制限
 ・展示資料間の距離を充分に確保し、タッチパネルや図録見本は置かない
 ・スタッフのマスク又はフェイスシールド着用

地図で探す