W'UP ★2月17日~3月1日 COTOH SOLO EXHIBITION「CHARACTER I」 STREET DREAMS STUDIOS TOKYO(港区北青山)

W'UP ★2月17日~3月1日 COTOH SOLO EXHIBITION「CHARACTER I」 STREET DREAMS STUDIOS TOKYO(港区北青山)

2024年2月17日(土)~3月1日(金)
COTOH SOLO EXHIBITION「CHARACTER I」

 COTOH氏は2017年よりイラストレーターとして活動し、多くのミュージシャン、アパレルとのコラボレーションを経て近年、現代美術家に転身。イラスト(特にデジタル作品)と現代美術作品の境界など、そもそもないかのような意識のもと、大量消費されるイラストや、その印刷技法に対する独自の解釈で現代美術作品を産み落とす作家です。
 今回の「CHARACTER I」では、メディアの大きな変化に伴い、コミュニティーが加速的に分散して、共通項がわかりづらくなっている世の中に対し、共有点の一つとして、キャラクター(マスコットの意)を選び、楔に普遍的なもの、独自のもの、実際生きている人をいろいろなスタイルで描き、それらにアングラに発生した言葉や画、AI抽出した文章、造語をのせることで、そのアイデンティティやスタイルを説いています。
 本展ではハンドペインティングによる、30点以上の新作を発表させて頂きます。

イラスト作品

COTOH
 2017年よりイラストレーターとして活動。多くのミュージシャン、アパレルとのコラボレーションを経て近年、現代美術家に転身。
イラスト(特にデジタル作品)と現代美術作品の境界などそもそもないかのような意識のもと、しかし、大量消費されるイラストやその印刷技法に対する独自の解釈で現代美術作品を産み落とすことに成功。シルクスクリーン、ジークレー(デジタル版画)、浮世絵木版画。そしてハンドペインティングと多様な作品は全てがユニーク作品(浮世絵版画作品除く)。大量消費を前提にした技法であえてユニーク作品に限定することで、過去、商業品からの評価の日本文脈に一風を起こそうとしている。そこには絵柄・アウトプットの方法などスタイルのこだわりはなく、常にアップデートし続けている姿がある。昨今の都会的な女性キャラクターを描くアーティストとは一線を画すアプローチにチャレンジし続ける現代作家。

COTOH SOLO EXHIBITION「CHARACTER I」
会 期 2024年2月17日(土)〜3月17日(土)
会 場 STREET DREAMS STUDIOS TOKYO(東京都港区北青山3-12-12 HOLON-R 1F)
開館時間 12:00〜19:00
休館日 月曜・火曜・水曜
観覧料 無料
主催・企画制作 STREET DREAMS STUDIOS TOKYO
https://www.streetdreams.jp

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

コメント

*
*
* (公開されません)