コロナ対策のため休館、営業時間の変更、事前予約が必要な場合がございます。ご来場の際は各施設に直接ご確認ください。

W'UP! ★1月17日~1月29日 舟橋全二 シルクスクリーン展/1月31日~2月12日 谷口広樹 追悼展「意識はソーダ水のように」 スペース ユイ

W'UP! ★1月17日~1月29日 舟橋全二 シルクスクリーン展/1月31日~2月12日 谷口広樹 追悼展「意識はソーダ水のように」 スペース ユイ

2022年1月17日(月)~1月29日(土)
舟橋全二の仕事 版画とポスター展

 長年イラストレーションの場で活躍してきた舟橋全二の仕事を振り返り、代表作のポスターや切り絵で表現してきたきた傑作選を版画として紹介します。普段は見られない貴重な原画なども展示致します。ぜひご覧下さい。

舟橋全二 プロフィール
 現在、1942年神奈川県生まれ。65年、多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業。70年からカナダ、アメリカに移住。80年に帰国、以後フリー。
 1968年、日宣美出品作品「チャップリン」にて特選受賞。この作品は、つや消し銀紙にシルクスクリーンで刷ったものであった。
その後大塚清六の事務所でアシスタントをる。
1970年にカナダへ。「デザイナーとしてやって行く前に、できたら2~3年外国で暮らしてみたい」という単純な同期であった。
カナダでデザイナーとして計7年過ごした後、映画監督のジョン・コーティーからアニメーションの仕事を誘われ、カリフォルニアに移る。
 しばらくして日本に帰国。帰国後イラストレーターとして活動。和田誠いわく「全ちゃんの色彩はとっても垢抜けているというか、
外国の空気みたいなものを感じるね。」(仕事場対談より)シンプルな切り絵の作品で、国内外の仕事多数。


2022年1月31日(月)~2月12日(土)
谷口広樹 追悼展「意識はソーダ水のように」

 2021年8月に急逝された谷口広樹氏を悼み、氏の当画廊制作の版画作品や原画作品を中心に、谷口氏とご生前に親交の深かったアーティストの方々による展覧会です。谷口広樹氏のご活躍は多岐にわたり、多くの関係者、生徒さんの方々がおられますが、今回の展示ではグループ展を一緒された方や特に親しかった方等、当画廊にご縁のある方々にご参加をお願い致しました。

出品者
伊藤桂司、越智香住、北見隆、津々井良、黒田愛里、フジイカクホ、藤本巧(敬称略)

谷口広樹  プロフィール
 1957年ー2021年。1983年東京藝術大学大学院美術研究科修了。日本橋高島屋宣伝部(現在ATA)を経て、1985年bise inc.を設立し現在に至る。イラストレーションやグラフィックデザインを中心にジャンルを超え精力的に活動する。長野オリンピックプログラムやヨックモックの缶のビジュアルなどを筆頭に扇や手拭、風呂敷といった和のテイストも多く手がけている。最近では、無印良品の店舗、ホテルのポスターなどで注目される。


以降の展覧会情報
2022年2月14日(月)~2月23日(水)・・・・・山田博之 イラストレーション展
2022年2月24日(木)~3月5日(土) ・・・・ 竹井千佳 イラストレーション展

住所東京都港区南青山3-4-11 ハヤカワビル1F
TEL03-3479-5889
WEBhttp://spaceyui.com/
営業時間*112:00 〜 19:00
休み*2
ジャンル*3現代美術、工芸、イラストレーション、ガラス、ファブリック
アクセス*4外苑前より徒歩8分、表参道より徒歩10分
取扱作家 
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 現代美術は、彫刻、インスタレーション、ミクストメディア作品、オブジェなども含まれます *4 表示時間はあくまでも目安です 【注】ギャラリーは入場無料ですが、イベントにより料金がかかる場合があります

スペース ユイ

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)