W'UP!★9月3日~9月19日 困らせる糸鋸 クマ財団ギャラリー

W'UP!★9月3日~9月19日 困らせる糸鋸 クマ財団ギャラリー
 

 

2022年9月3日(土)~9月19日(月・祝)
困らせる糸鋸

 なんらかの「ルール」を課し、独自の「構造」を創り上げる4名の新進アーティスト《植田爽介、後藤宙、渋谷七奈、細井えみか》による企画展『困らせる糸鋸』をクマ財団ギャラリー(六本木)にて開催
 公益財団法人クマ財団は「創造性が共鳴し合う、世の中に」をビジョンに、次世代のクリエイター育成に取り組んでいます。このたび六本木のクマ財団ギャラリーにて、企画展『困らせる糸鋸』を開催します。
 全てのものに存在する「構造」は物質としてのみならず、思考やプロセスにも存在します。今回はなんらかの「ルール」をもって、独自の「構造」を創り上げる作家に注目。出展する4名は視覚的に、もしくは思考の中で構造に対しての試みを繰り返してきました。
 意味やメッセージを排除しながらも、即興やライブなど偶発的な要素を取り入れ、糸を使った立体作品を軸に活動する後藤宙、異なる素材を組み合わせて存在感や気配を漂わせ、独特の緊張や違和感を生み出す「家具と彫刻の間」を中心に制作する細井えみかは、幾何学的な構造を用いた立体作品を多く発表しています。ペインターの渋谷七奈はすでにある構造を解体し、再構築するなど独自の手法で創作に取り組み、主に版画や複製技法を用いる植田爽介はデジタルとアナログを接続しながら、構図を俯瞰するような創作を実践しています。
 異なったアプローチの4名があらためて構造と向き合い、構造をめぐる実験を試みます。

植田 爽介(Sosuke Ueta)
 1994年香川県生まれ。東京藝術大学大学院美術研究科絵画専攻版画第一研究室修了。鑑賞者を巨視的な視点にさせるジオラマに見立てた小さな(仮想)都市から、空間全体を使った展示方法でミクロ化させる体感まで、鑑賞者の縮尺を揺さぶるインスタレーションを発表。主な受賞歴に令和3年度文化庁新進芸術家海外研修生など。
Website  https://sosukeueta-art.jimdofree.com

植田 爽介《timeless》2022


後藤 宙(Kanata Goto)
 1991年東京生まれ。美術家。主なメディアとして糸を使用した彫刻やインスタレーションを制作。2018年 東京藝術大学大学院美術研究科先端芸術表現専攻修了。2015年 SICF16 スパイラル奨励賞、2016年 Tokyo Midtown Award グランプリなど受賞多数。
Linktree  https://linktr.ee/kanatagoto

後藤 宙《分割:拡張》2022


渋谷 七奈(Shibuya Nana)
 ペインター。東北を拠点に作品を発表。現在は世界の影響を受けながら揺らいでいく人間とその精神性について、獣や人体の変容という形で制作、発表を行っている。宮城県に生まれる。2019年に東北芸術工科大学大学院 芸術総合領域修了。
Website https://shibuyanana.com

渋谷 七奈《campus on drawing》2022


細井 えみか(Emika Hosoi)
 1993年バンコク生まれ。2018年武蔵野美術大学大学院造形研究科美術専攻彫刻コース修了。現在は「既知とそうでないもの」を主なテーマに、鉄と異素材を組み合わせた彫刻作品や什器を制作。東京を中心に活動し、国内外での展示発表を行う。2021年第17回KAJIMA彫刻コンクール模型入選。
Website https://emikahosoi.com

細井 えみか《Living Life》2021

困らせる糸鋸
会 期 2022.9/3(土)~9月19(月・祝)※火・水は休館
開館時間 12:00〜19:00
料 金 無料
WEB https://www.kuma-gallery.com/itonoco
会 場 クマ財団ギャラリー(東京都港区六本木7-21-24 THE MODULE roppongi206)
主 催 公益財団法人クマ財団
ビジュアルイメージ 植田 爽介
詳 細 https://www.kuma-gallery.com/itonoco

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

コメント

*
*
* (公開されません)