コロナ対策のため休館、営業時間の変更、事前予約が必要な場合がございます。ご来場の際は各施設に直接ご確認ください。

W'UP! ★1月15日~2月4日 野村直城作品展「つちのはなし」/1月16日~2月5日 野澤梓新作個展「揺られる彼女は」 銀座 蔦屋書店 インフォーメーションカウンター前スペース

W'UP! ★1月15日~2月4日 野村直城作品展「つちのはなし」/1月16日~2月5日 野澤梓新作個展「揺られる彼女は」 銀座 蔦屋書店 インフォーメーションカウンター前スペース

さかだちゃん 2021


2022年1月15日(土)~2月4日(金)
野村直城作品展「つちのはなし」

 作家活動を始める以前より土という素材に親しんでいたという野村直城。土というやわらかな素材から、焼くことによって美しい色彩と安定したかたちが生まれる陶芸に魅了され、作品を制作。自身が日常生活を送るなかで「見つける」物語を着想源に、可愛らしい“いきもの”をつくり上げてきました。
 野村の日常からすくい上げられた物語は、土を素材に、少女のようにもみえる“いきもの”となって現れます。いちごやエビフライといった食べ物をまとったり、特徴的な髪型や、あいまいな表情を浮かべたりと、多様な姿を見せる“いきもの”たちに、鑑賞者はそれぞれの物語に想像をめぐらせ自然と笑顔になるとともに、作家の日常に対する暖かなまなざしを感じることでしょう。
 本展では、2015年から2021年にかけて制作された陶芸作品約10点が並び、野村の創作の軌跡をたどることができます。
野村直城がかたちづくる不思議な“いきもの”のお話を、ぜひ会場にてご体感ください。

雨 2020
いちご少女 2020

アーティストステイトメント
 日々の生活の中には沢山のちいさな発見があります。
 いろんな物や人との出会い、何気ない会話の中から想像が広がり、頭の中でパチンパチンと物語が生まれます。
 そして物語の登場人物が頭の中にたくさん住みつき、私の手を介して現実の世界へと姿を現したのが作品です。
 野村直城

野村直城(のむら・なおき)
1978年 兵庫県出身
2004年 京都精華大学大学院芸術研究科造形専攻陶芸分野修了
2013年 神戸ビエンナーレ現代陶芸コンペティション 兵庫陶芸美術館賞(兵庫陶芸美術館, 兵庫)
2014年 世界とつながる本当の方法「みて・きいて・かんじる陶芸」(岐阜県現代陶芸美術館, 岐阜)
2019年 EXPO 2019(Biz'Art - Biz'Art, フランス )
2020年 個展「ゆめのつづき」(gallery UG, 東京)

野村直城作品展「つちのはなし」
期 間 2022年1月15日(土)~2月4日(金)
開場時間 10:30~21:00
会 場 銀座 蔦屋書店 インフォメーションカウンター前
入 場 無料
主 催 銀座 蔦屋書店
特集ページ https://store.tsite.jp/ginza/blog/art/24245-1731220105.html

作品販売について
銀座 蔦屋書店店頭・アートのオンラインマーケットプレイス「OIL by 美術手帖」にて販売いたします。
店頭 1月15日(土)10:30より販売開始
オンライン|1月15日(土)12:00より販売開始
※プレセールスで一部作品が成約済みになる可能性がございます。


 

2022年1月16日(日)~2月5日(土)
野澤梓新作個展「揺られる彼女は」

 野澤梓は複数のレイヤーとイメージを多用しながら絵画作品を制作する新進気鋭の人気アーティストです。 少女を描き、アート台北では2020年と2021年の2年連続で初日に全作品が完売するなど、国際的にアートコレクターから高い評価を受けています。
 野澤が描く少女の輪郭は、白い線で描かれていて、それ以外の線は黒、またはブルー、ピンクなどのパステルカラーで縁取られています。手描きであることを強調するかのように、不安定な軌跡で少女の輪郭をなぞった作品は、落書きしたプリクラを手帳へ貼り、さらに手描きでデコレーションを重ねるという00世代を中心に多くの世代に懐かしいカルチャーを連想させます。ノスタルジックでセンチメンタルなイメージを内包する独特な趣を重ねて唯一無二の作品に仕上げています。
 今回の新作展示では、野澤作品の特徴である少女たちを重ねて分解・再構築する作品を用意しました。

担当者企画意図
 作品制作の根底には幼少期に描き続けていた少女漫画があるといいます。作品に描かれる少女たちは、どこかに野澤自身の投影もあり、また彼女の身近に起こる小さな物語たちを複数のレイヤーで描きこむこともあるといいます。野澤の作品は、カレイドスコープのように見る者の視線や視点によって全く表情を変えて映り、また鏡の館に迷い込んでしまった際に捉えられる遠近感に弄ばれているにも似た感覚を私たちに与えます。実作品をご覧いただき、時間軸を超えて、かわいさの中で繰り広げされる錯乱に惑わされることを楽しんでいただけますと幸いです。

野澤梓
1994年静岡県生まれ。2019年東京藝術大学絵画科油画専攻卒業
個展
2021「昨日のアウトライン」MEDEL GALLERY SHU/東京、「お泊まり会」rusu/東京、「199X10」 shuuue/東京
2020「ふれてほとぼり」 MEDEL GALLERY SHU/東京
グループ展
「ほころびと残像」MEDEL GALLERY SHU/東京
「199X9」 shuuue / 東京
アートフェア
2021 Art Taipei 2021(MEDEL GALLERY SHU)
2020 Art Taipei 2020(MEDEL GALLERY SHU)

野澤梓新作個展「揺られる彼女は」
期 間 2022年1月16日(日)~2月5日(土)
会 場 銀座 蔦屋書店 インフォメーションカウンター前
入 場 無料
主 催 銀座 蔦屋書店
協 力 MEDEL GALLERY SHU
特集ページ https://store.tsite.jp/ginza/blog/art/24281-1730040107.html
販売について
銀座 蔦屋書店店頭・アートのオンラインマーケットプレイス「OIL by 美術手帖」にて1月16日(日)10:30より販売いたします。
https://oil.bijutsutecho.com/gallery/730

W’UP! ★1月15日~1月25日 ソー・ソウエン 小内光 二人展「(あなた以外の全てが見える)(I see all but you)」 銀座 蔦屋書店 GINZA ATRIUM

W’UP! ★1月8日~1月28日 大竹寛子 新作展示「Invisible Things」 銀座 蔦屋書店 アートウォールギャラリー

 

住所東京都中央区銀座6丁目10-1 GINZA SIX 6F
TEL03-3575ー7755
WEBhttps://store.tsite.jp/ginza/ (THE CLUB)http://theclub.tokyo/
営業時間*110:30~20:30
休み*2不定休
ジャンル*3現代美術、デザイン、工芸、絵画
アクセス*4銀座駅A3出口より徒歩2分、東銀座駅A1出口より徒歩3分、JR有楽町駅・新橋駅より徒歩約10分
取扱作家 

*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 現代美術は、彫刻、インスタレーション、ミクストメディア作品、オブジェなども含まれます *4 表示時間はあくまでも目安です 【注】ギャラリーは入場無料ですが、イベントにより料金がかかる場合があります

銀座 蔦屋書店 ATRIUM、アートウォールギャラリー、THE CLUB

■コロナ感染拡大防止のための注意事項
 こちらをご覧ください→ https://store.tsite.jp/ginza/news/shop/13809-1034180403.html

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す