コロナ対策のため休館、営業時間の変更、事前予約が必要な場合がございます。ご来場の際は各施設に直接ご確認ください。

W'UP! ★6月18日~7月8日 籔内佐斗司作品展「童子」/6月25日〜7月16日 杉山陽平 個展「adam_eve」 銀座 蔦屋書店 インフォーメーションカウンター前

W'UP! ★6月18日~7月8日 籔内佐斗司作品展「童子」/6月25日〜7月16日 杉山陽平 個展「adam_eve」 銀座 蔦屋書店 インフォーメーションカウンター前
 
縁結び勢丸 2018 木彫


2022年6月18日(土)~7月8日(金)
籔内佐斗司作品展「童子」


 籔内佐斗司は、ユーモアのある造形で東洋的自然観をあらわす彫刻家です。
 籔内は、東京藝術大学文化財保存学研究室にて教授を勤め、仏像の修復や復元など仏像研究に携わった後、退任後は奈良県立美術館の館長に就任しました。東大寺の国宝「執金剛神」の完全復元プロジェクトを指揮し、唐招提寺、西大寺にも仏像を奉納するなど、その高い技術と知識で美術界への貢献を続けています。

 こころとかたち、ソフトとハード、男と女、阿と吽、静と動、陰と陽、生と死……。籔内は、 彫刻家として宗教や哲学における永遠のテーマを、ユーモアのある造形と仏像制作の技法を用いて、表現してきました。籔内の作品は「童子」「鎧」「動物たち」「連続性」の4つに要約されますが、「童子」を通じて表現されているのは、目には見えない“こころ”です。本展では、その“こころ”を表現している「童子」を中心とした、木彫、ブロンズ作品が展示されます。
 童子たちの思わず笑みがこぼれてしまうようなかわいらしさ、 そして作品にこめられた想いは、 私たちの記憶を刺激し、 忘れていた情景をよみがえらせてくれます。
 是非この機会に、籔内佐斗司の世界をご堪能ください。

開運招福 赤富岳 2022 ブロンズ
竹林小町 2022 ブロンズ


籔内佐斗司(やぶうちさとし)
 1953年大阪生まれ。東京藝術大学及び大学院で彫刻を学んだ後、同学保存修復技術研究室で、仏像の古典技法と保存修復の研究に従事。その経験を元に、檜、漆、顔料などを素材とする独自の制作技法を開発し、1987年から彫刻家として独立、創作活動を始める。
2021年まで、東京藝術大学大学院文化財保存学の教授として、文化財保護の人材育成と仏像修復にも携わる。2010年に開催の「平城遷都1300年祭」の公式キャラクター・せんとくんをはじめ、多くのキャラクターデザインを担当しています。
現在は、東京藝術大学名誉教授、同学副学長。奈良県立美術館館長、ミスパリ学園付属ビューティー&ウエルネス研究所所長に就任。

籔内佐斗司作品展「童子」
期 間 6月18日(土)~7月8日(金)
会 場 銀座 蔦屋書店 インフォメーションカウンター前
入 場 無料
主 催 銀座 蔦屋書店
協 力 Y’SGallery
特集ページ https://store.tsite.jp/ginza/blog/humanities/27253-1103340615.html

販売について
銀座 蔦屋書店店頭・アートのオンラインマーケットプレイス「OIL by美術手帖」にて6月18日(土)12時より販売開始。
https://oil.bijutsutecho.com/gallery/730


 

“adam_eve 005” ed.10 ap.1_ 51.5x72.8 cm

 

2022年6月25日(土)〜7月16日(土)
杉山陽平 個展「adam_eve」

 杉山陽平は、これまでに書籍や雑誌のほか、百貨店のサイネージや広告、化粧品会社のWEB動画、高級ホテルの内装のアートワークなどを手掛けてきました。
 和のテイストのほか機械や人間、乗り物など、取り上げるモチーフは幅広く、いずれも抽象と具象の狭間を描くことによって、ものごとの本質をあぶりだすことを創作のテーマとしています。
 今回展示する「adam_eve」シリーズは、私たちが持つ「こうあるべき」という認識の縛りを脱したときに残るであろう人間の本質について、男性と女性をモチーフに表現したものです。「アダムとイブ」というアイコンを抽象化することにより、効率化や合理化が進む現代の中で個性が埋もれていきがちな現代の人間の姿を映し出しています。
 人間の身体性や情緒はにじみや擦れなどの技法で、技術や社会構造の絶え間ない変容とそれによって受ける影響は、グラフィカルでシャープなラインで表現されています。杉山陽平の視点から「男と女」の本質に迫った本シリーズをお楽しみください。

“adam_eve 022” エディション:ed.10 ap.1_51.5x72.8 cm
“adam_eve 004” エディション:ed.10 ap.1_51.5x72.8 cm

杉山陽平
金沢美術工芸大学 視覚デザイン科卒業。
個展
2005年 「オンナ」 (HBギャラリー、東京)
2010年 「気まぐれ食堂」 (HBギャラリー、東京)
2019年 「杉山陽平展 花」 (ヨロコビtoギャラリー、東京)
2022年 「杉山陽平展 詠う形」(ヨロコビtoギャラリー、東京)
受賞
2004年 第133回玄光社「ザ・チョイス」入選2005年
2004年 第14回『HB FILE コンペ』 仲條正義特別賞
2005年 第15回『HB FILE コンペ』 仲條正義特別賞
2009年 東京TDC賞2009/賞ノミネート
2009年 第9回世界ポスタートリエンナーレトヤマ2009 入選
2015年 東京TDC賞2015/賞ノミネート
2020年 第30回『HB FILE コンペ』 永井裕明特別賞

杉山陽平 個展「adam_eve」
期 間 2022年 6月25 日(土)~7月16日(土)
会 場 銀座 蔦屋書店 インフォメーションカウンター前
入 場 無料
主 催 銀座 蔦屋書店
特集ページ https://store.tsite.jp/ginza/blog/art/27071-1602040606.html
販売情報
 銀座 蔦屋書店の店頭およびアートのオンラインマーケットプレイス「OIL by 美術手帖」にて、2022年6月25日(土)10:30 より販売開始いたします。
※作品はプレセールスの状況により、会期開始前に販売終了することがあります。
OIL by 美術手帖 https://oil.bijutsutecho.com/gallery/730

W’UP! ★7月2日~7月13日 川内理香子「Colours in summer」 銀座 蔦屋書店 GINZA ATRIUM

W’UP! ★6月25日〜7月15日 Geoffrey Bouillot「Happy Flower Friends」 銀座 蔦屋書店 アートウォールギャラリー

W’UP!★7月3日~7月26日 友沢こたお個展「Monochrome」 FOAM CONTEMPORARY

住所東京都中央区銀座6丁目10-1 GINZA SIX 6F
TEL03-3575ー7755
WEBhttps://store.tsite.jp/ginza/ (THE CLUB)http://theclub.tokyo/
営業時間*110:30~20:30
休み*2不定休
ジャンル*3現代美術、デザイン、工芸、絵画
アクセス*4銀座駅A3出口より徒歩2分、東銀座駅A1出口より徒歩3分、JR有楽町駅・新橋駅より徒歩約10分
取扱作家 

*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 現代美術は、彫刻、インスタレーション、ミクストメディア作品、オブジェなども含まれます *4 表示時間はあくまでも目安です 【注】ギャラリーは入場無料ですが、イベントにより料金がかかる場合があります

銀座 蔦屋書店 ATRIUM、アートウォールギャラリー、THE CLUB、FOAM CONTEMPORARY

■コロナ感染拡大防止のための注意事項
 こちらをご覧ください→ https://store.tsite.jp/ginza/news/shop/13809-1034180403.html

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す