W'UP!★7月20日~8月7日 大川心平 個展「乾いたパンと濡れた羽」 銀座 蔦屋書店 FOAM CONTEMPORARY(中央区銀座)

W'UP!★7月20日~8月7日 大川心平 個展「乾いたパンと濡れた羽」 銀座 蔦屋書店 FOAM CONTEMPORARY(中央区銀座)
「掘り起こされた目は語る」1788×1455 mm(M80号2連作、サイズ可変)oil on canvas 2024
 

大川心平 個展「乾いたパンと濡れた羽」
会 場 銀座 蔦屋書店内 FOAM CONTEMPORARY
開催日 2024年7月20日(土)~8月7日(水)※終了日は変更になる場合があります。
営業時間 11:00~19:00  ※最終日は18:00までとなります。
休業日 月曜日
入場料 無料
特集ページ  https://store.tsite.jp/ginza/event/art/41230-1558550626.html
主 催 銀座 蔦屋書店
協 力 和田画廊
お問い合わせ 03-3575-7755(営業時間内) / info.ginza@ccc.co.jp

「去り行く人を呼び止める」803×1304 mm(F25号2連作、サイズ可変) / oil on canvas / 2024
「去り行く人を呼び止める」803×1304mm(F25号2連作、サイズ可変) oil on canvas 2024
「途切れた話が繁茂する」318×820 mm
「途切れた話が繁茂する」318×820 mm(F6号2連作、サイズ可変)oil on canvas 2024

 大川心平は、2009年に東京藝術大学大学院美術研究科油画を修了し、日本だけでなくアジア諸国で精力的に活動を続けるアーティストです。自身の記憶や日常風景の中で見出された誰かの痕跡、またそこから呼び起こされるイメージや画家として影響を受けた美術史の断片を組み合わせ、緻密で多層的な情景を描き出します。描かれるモチーフは、できる限り無意識下で選択することで、自らの発想を超えた作品へと昇華しています。
本展では、2枚1組のキャンバス作品シリーズの新作を発表します。2枚の上下左右を入れ替えても一つの作品として成立するよう構成されています。制作の過程で調和と混沌を繰り返しながら連結し、ひとつの作品として時間の経過やそれに伴う変容、多角的な視点を表現しています。

アーティストステートメント
「乾いたパンと濡れた羽」
 窓外に見える倉庫の屋根で鳩が四羽休んでいる。鈍色の空の下、灰色の鳩もそれに溶け込むように羽を膨らませる。
焦げて乾いたトーストを食べながらその様子を眺めていると、いつかの黄色い日差しと籠った鳩の鳴き声が記憶の底から呼び起こされた。どこからか聴こえてくる三味線の場違いな音色。短い影を連れて歩く夏の道。鳩の姿は見えないがきっとどこかの電線やアンテナに留まって鳴いているのだろう。そこには過去に心を通わせた人々がいたが、今はもう会う術はない。子どもだった自分でさえも遠く霞む。
 雨が降り出した。四羽いた鳩はいつの間にか一羽になっている。私が絵を描き続けているならば、この雨に濡れた羽を鮮明に思い出すときがくるだろう。
 現在から過去に遡り、繰り返し思い起こす場所と出来事。生活の傍らにある美術史の断片や場末の壁や道端に落ちているものを画面に並置していく。
 2020年から取り組んでいる二つのキャンバスが上下左右に移動する作品は、始めから組み合わさることを予定してはいないが、アトリエ内で画面同士が関連し合うことで、そのうちにもともとそれが決まっていたかのように制作は進行する。画面は最大で4つの構図を持ち、それぞれに見え方は変わる。中心となる作品の意味も同時に変化し、捉えたと思っていた一つの構図はもう一方の構図となったときには崩れてしまい、その都度均衡をとる必要がある。
 現実を捉える煩雑さは一つの物事がそれ自体が変わらなくとも複数の顔を見せることに起因する。同じものを見ていてもそれと接する人、時間、場所によって意味が大きく変わる。いくつもの側面がある物事を一つの見方で捉えることは困難だ。また一つの見方をしている時には他の見方に気がつかない場合すらある。
 二枚の画面を組み合わせ描くことは、近年ますます複雑になっていく現実を捉えることとどこか似ている。この世界を生きているのも筆を動かしているのも私だが、それがどこに向かっているのかはわからない。
 大川心平

大川心平 Okawa Shinpei
略歴
2007年 東京藝術大学美術科学部絵画科油画専攻卒業
2008年 トーキョーワンダーウォール2008(東京都現代美術館)
2009年 東京藝術大学大学院美術研究科油画修了
2011年 The 10 Masters(GALLERY GODO /ソウル・韓国)  
2014年 第6回絹谷幸二賞 候補
2016年 個展(SEED ART GALLERY、松社本店/鄭州・中国)
2016年 FACE2016(東郷青児記念損保ジャパン興亜美術館/新宿)
2017年 葵の会(銀座スルガ台画廊/銀座、以後毎年)
2017年 絵画の目展(みぞえ画廊/福岡)
2017年 第9回絹谷幸二賞 候補
2019年 山下裕二の隠し玉展(日本橋三越本店/日本橋)
2022年 個展(UCHIGO and SHIZIMI Gallery/神保町)
2022年 個展(京都岡崎 蔦屋書店/京都)
2022年 個展(NICHE GALLERY/銀座、’20,’18,’16,’15,’13,’11,’10)
2023年 第11回 前田寛治大賞展(日本橋高島屋/日本橋、倉吉博物館/鳥取)
2023年 個展(GALLERY GODO/ソウル・韓国、’21,’19,’17,’15,’13,’11)
2023年 大川心平展示(銀座 蔦屋書店)
2024年 個展(和田画廊/銀座)
パブリックコレクション
帝京大学、光州市立美術館(韓国)

※会期前日7月19日(金)18:30~20:00にオープンレセプションを開催します。予約不要、どなたでもご入場いただけます。

ギャラリー内観

 

FOAM CONTEMPORARY
 柔軟な企画内容をイメージする<液体(LIQUID)>と、従来のホワイトキューブとしての設備を完備した空間<個体(SOLID)>を掛け合わせ、中間的な様態“FOAM”という名のもと、日本のアートシーンを多角的に映し出す表現空間。
 ロゴの最初の“O”は、泡をイメージさせるようにあえて形を崩しています。それは、日々変化していく現代のアートシーンそのものを表現しながら、アーティストの自由で柔軟な無限に存在する表現のイメージを表しています。
時代のアクチュアリティーに寄り添いながら、ライフサイクルを超えたところにあるアートの価値や醍醐味を探求、醸成する表現空間として、キャリアや年齢を問わず注目すべき様々なアーティストを紹介していきます。
Instagram https://www.instagram.com/foamcontemporary/

W'UP! ★6月28日~7月23日 「花とヴィーナス -Venus & Flower-」/7月27日~8月14日 作品集出版記念 江上越個展:生命線 銀座 蔦屋書店 GINZA ATRIUM(中央区銀座)

W'UP! ★7月13日~8月2日 真田将太朗個展「Process Landscape」/8月3日~8月23日 DELUXESTO 個展「sense the essence」 銀座 蔦屋書店アートウォールギャラリー(中央区銀座)

W'UP! ★4月5日~2025年夏(予定) GINZA SIX DOKI DOKI 2024 GINZA SIX(中央区銀座)

住所東京都中央区銀座6丁目10-1 GINZA SIX 6F
TEL03-3575ー7755
WEBhttps://store.tsite.jp/ginza/
営業時間*110:30~20:30
休み*2不定休
ジャンル*3現代美術、デザイン、工芸、絵画
アクセス*4銀座駅A3出口より徒歩2分、東銀座駅A1出口より徒歩3分、JR有楽町駅・新橋駅より徒歩約10分
取扱作家 

*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 現代美術は、彫刻、インスタレーション、ミクストメディア作品、オブジェなども含まれます *4 表示時間はあくまでも目安です 【注】ギャラリーは入場無料ですが、イベントにより料金がかかる場合があります

銀座 蔦屋書店 ATRIUM、アートウォール、THE CLUB、FOAM CONTEMPORARY(銀座)

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

コメント

*
*
* (公開されません)