コロナ対策のため休館、営業時間の変更、事前予約が必要な場合がございます。ご来場の際は各施設に直接ご確認ください。

W'UP!★6月11日〜6月26日  國本怜「静雨」 CONTRAST

W'UP!★6月11日〜6月26日  國本怜「静雨」 CONTRAST


2022年6月11日(土)〜6月26日(日)
國本怜「静雨」


 この度、IN FOCUSが運営するクリエイティブスタジオ「CONTRAST」にて、2022年6月11日(土)から6月26日(日)まで、サウンドアーティスト國本怜の個展「静雨」を開催いたします。
 國本は「静寂」をテーマに日本の伝統的美意識と現代のテクノロジーを結びつけ、サウンド制作やエンジニアリング、彫刻、空間設計など様々な領域を横断し、新しい音響体験を表現します。
 日本では5年ぶりの個展となる本展では、初の試みとなる音響絵画作品「AME」などの新作を含む自身最大規模の展示となります。
 本展示のテーマである「静雨」は、梅雨という日本独特の四季のうつろいに着目し、雨がもたらす静寂と精神性を再解釈します。地上と地下の2フロアにわたる空間を利用したインスタレーションを通して、まだ見ぬ音響体験へと誘います。
 日本的美意識とテクノロジーが織りなす唯一無二の作品を、どうぞお楽しみください。

 

 

ー Exhibition Concept ー
 6月、東アジアに位置する日本では梅雨と呼ばれる雨季に入る。
 無数の水滴音の集合である雨音は可聴周波数帯域を占領し、異なる他の音によって音が遮蔽されるマスキング効果によって、雨音はあらゆる喧騒を掻き消し静寂をもたらす。
 地中に染み入った雨水は水滴音を響かせ、静寂を立ち上らせる。
 やがて海水は流れ去り、空気に溶け、次の雨へと接続する。
 静寂をもたらす雨音、静寂を映す鏡となる水滴音、それらをつなぐ水の循環を構成することで内省的空間を構築することを試みる。

國本怜 (Ray Kunimoto)
 1991年NY出身、東京育ち。慶應義塾大学文学部美学美術史専攻卒業。2017年よりNY在住の後、2021年に帰国。日本、アラブ首長国連邦、台湾、アメリカをはじめとし世界各地でサウンドインスタレーション作品の発表、ライブパフォーマンスを行なっている。
https://www.raykunimoto.com/

会 期 2022年6月11日(土)〜6月26日(日)
月—金 15:00〜20:00
土・日 13:00〜20:00
休館日 火曜日
入場料 無料
会 場 CONTRAST(東京都渋谷区富ヶ谷1-49-4-1F & B1F)
アクセス 東京メトロ千代田線「代々木公園」駅1番出口より徒歩1分、小田急小田原線「代々木八幡」駅南口より徒歩2分
HP http://contrast-tokyo.com/
Instagram http://www.instagram.com/contrast_tokyo/

主 催 インフォーカス株式会社
企 画 株式会社 無茶苦茶 https://mucha-kucha.co.jp/
協 力 有限会社オアシス https://www.oasis-sd.com/
    株式会社dotdot
    Matchaeologist Japan株式会社 https://jp.matchaeologist.com/

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)