劇場

57 件がヒットしました。
並べ替え
国立劇場

国立劇場

 主に歌舞伎・文楽など伝統芸能の公演が多い。落語、漫才などさまざまな大衆芸能を上演する国立演芸場が併設されている。また、伝統芸能伝承者の養成や伝統芸能に関する調査研究も行っている。 (さらに…)Read More
荻窪小劇場

荻窪小劇場

 都内屈指の老舗小劇場。数々の有名劇団を輩出し更なる飛躍を目指し2011年11月11日名称を『荻窪小劇場』に変更。伝統から未来へ。 (さらに…)Read More
小劇場てあとるらぽう

小劇場てあとるらぽう

 合同会社エターナルウィステリアアーツの小劇場施設。2006年3月に豊島区長崎5丁目の西武新宿線東長崎駅北口から徒歩1分の好立地に俳優夫妻のアトリエ劇場として創業しました。 創業以来地域との連携にも積極的に取り組んでいます。演劇公演の他、テレビドラマや映画のロケ地、バラエティー番組の収録場所としても度々活用されている劇...Read More
東京音実劇場(二子玉川)

東京音実劇場(二子玉川)

 「東京音実劇場」は、2012年、二子玉川にオープンしたライブハウスです。各ジャンルの素晴らしいご出演者様に恵まれ、ご協力いただき9年目を迎えます。音楽ライブはもちろんのこと発表会ライブや撮影などの様々なご用途にもお応えし、さらに多くのみなさまに愛されご来場いただける場所にしたいと思います。また、配信ライブもできますの...Read More
溝ノ口劇場

溝ノ口劇場

 東急田園都市線、大井町線から徒歩約5分のところにある「溝ノ口劇場」です。音楽ライブ、演劇、パーティー、セミナー、など色々な用途に使用していただける多目的イベントホールとなっております。配信ライブにも対応可能ですので、お気軽にご連絡ください。 また、劇場の1Fでは姉妹店の「溝ノ口カレー」もございます。ランチタイムはカレ...Read More
プーク人形劇場

プーク人形劇場

 1929年創立の人形劇団プーク、その40周年の節目に建てられた、現代人形劇の専門劇場です。以来、劇団プークの公演を中心に、国内外の伝統から現代まで、上質な人形劇の創造・発信を続け、そして来年 2021年には、劇場誕生50周年の節目を迎えます。 また、小さいながらも豊富な舞台機構と、個性的な佇まいで、貸し劇場としても愛...Read More
萬劇場

萬劇場

 演劇・ライブ・お笑い・講演会・展示会など、あらゆる使い方ができる多目的ホールとして1994年に完成、翌年より本格的稼働スタート。恵まれたタッパ(天井高)と、この劇場規模では類を見ない電動昇降するバトン、パイプ椅子ではない贅沢な客席が魅力。豊島区の「池袋演劇祭」で大賞を受賞する劇団など、いくつもの実力派団体を輩出してい...Read More
W’UP! ★9月2日~9月19日 メイドインアビス展~挑む者たちの軌跡~ PARCO FACTORY(池袋PARCO本館7F)

W'UP! ★9月2日~9月19日 メイドインアビス展~挑む者たちの軌跡~ PARCO FACTORY(池袋PARCO本館7F)

 ©つくしあきひと・竹書房/メイドインアビス「烈日の黄金郷」製作委員会 2022年9月2日(金)~9月19日(月)メイドインアビス展~挑む者たちの軌跡~ 本展では、アニメ第1期~第2期、劇場版の原画展示や、アニメ本編映像と原画がミックスした特別映像コンテンツ、物語の中で登場した遺物の展示、印象に残る様々な名シーンを体験...Read More
W’UP!★8月25日~8月28日 サイマル演劇団+コニエレニ「コスモス/KOSMOS」  シアター・バビロンの流れのほとりにて

W'UP!★8月25日~8月28日 サイマル演劇団+コニエレニ「コスモス/KOSMOS」  シアター・バビロンの流れのほとりにて

2022年8月25日(木)~8月28日(日)サイマル演劇団+コニエレニ「コスモス/KOSMOS」 パフォーマンスアートの企画等で注目されるサブテレニアンをフランチャイズとするサイマル演劇団と、ポーランド演劇に特化したコニエレニが3年ぶりに合同公演を行います。ポーランドの奇才ゴンブロヴィッチの代表作「コスモス」を舞台化し...Read More
W’UP! ★8月24日~9月5日 第10回 PORTO DI STAMPA(京都市立芸大版画5人展)/9月11日〜9月18日(日) 第2回江川史織展「刻(とき)の森」 B-gallery

W'UP! ★8月24日~9月5日 第10回 PORTO DI STAMPA(京都市立芸大版画5人展)/9月11日〜9月18日(日) 第...

 2022年8月24日(火)~9月5日(火)第10回 PORTO DI STAMPA(京都市立芸大版画5人展) 京都アートゾーン神楽岡・谷口宇平氏の提案で始まった、当画廊の東京藝大版画展と、PORTO DI STAMPA 京都芸大版画展の交流展は10回目となりました。京都市立芸術大学吉岡准教授推薦の5人は今年...Read More
W'UP!★ 7月22日~7月27日 「 ( . . . )³ 」 眼科画廊

W'UP!★ 7月22日~7月27日 「 ( . . . )³ 」 眼科画廊

 2022年7月22日(金)~7月27日(水)「 ( . . . )³ 」 慶應SFC学会の助成を受けて、慶應SFC所属のアーティスト・キュレーターが展示を行う。 小川楽生(キュレーション)・太田遥月(サウンドアート)・山田響己(インスタレーション)の三者によって構成されたアーティストグループwax/hazu...Read More
W’UP! ★7月16日~10月16日 横浜人形の家 企画展「中原淳一と人形」 横浜人形の家3階企画展示室

W'UP! ★7月16日~10月16日 横浜人形の家 企画展「中原淳一と人形」 横浜人形の家3階企画展示室

 2022年7月16日(土)~10月16日(日)横浜人形の家 企画展「中原淳一と人形」人形作家としての中原淳一にフォーカスした展示を開催 雑誌編集やファッションデザイン等、多岐に渡る表現で当時の女性たちの日常を彩った中原淳一。横浜人形の家では、淳一の人形作家としての一面に注目した企画展「中原淳一と人形」展を開...Read More
W'UP! ★7月16日~8月7日 特撮のDNA/東京タワーSOS ゴジラ・モスラ・東宝特撮 展 東京タワー地下1階「タワーホール」

W'UP! ★7月16日~8月7日 特撮のDNA/東京タワーSOS ゴジラ・モスラ・東宝特撮 展 東京タワー地下1階「タワーホール」

 TM & ©TOHO CO., LTD. 2022年7月16日(土)~8月7日(日)特撮のDNA/東京タワーSOS ゴジラ・モスラ・東宝特撮 展 東京タワーB1Fタワーホールにて「特撮のDNA/東京タワーSOS」を開催いたします。ゴジラ・モスラ・東宝特撮に関する資料や撮影時の造形物などが展示されます...Read More
W'UP!★ 7月15日~8月26日 EVANGELION CROSSING EXPO ―エヴァンゲリオン大博覧会― 

W'UP!★ 7月15日~8月26日 EVANGELION CROSSING EXPO ―エヴァンゲリオン大博覧会― 

 ©カラー 2022年7月15日(金)~8月26日(金)EVANGELION CROSSING EXPO―エヴァンゲリオン大博覧会― 1995年にTVアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』が放送され、2021年には『シン・エヴァンゲリオン劇場版』が公開されるなど、25年以上にわたり愛され続けている「エヴァンゲリオン...Read More
W'UP! ★7月1日~9月7日 鈴木敏夫とジブリ展 寺田倉庫 B&C HALL/E HALL

W'UP! ★7月1日~9月7日 鈴木敏夫とジブリ展 寺田倉庫 B&C HALL/E HALL

 ©TS ©Studio Ghibli 2022年7月1日(金)~9月7日(水)鈴木敏夫とジブリ展 高畑勲、宮崎駿両監督と共に、数々の名作を世に送り出してきたスタジオジブリ・プロデューサー、鈴木敏夫。 実は“映画「となりのトトロ」を作ろう”と発案した人だということを知っていましたか? あの名作の題字を書いている人だと知...Read More
W'UP! ★6月18日~9月27日 ブルーピリオド展~アートって、才能か?~ 寺田倉庫G1ビル

W'UP! ★6月18日~9月27日 ブルーピリオド展~アートって、才能か?~ 寺田倉庫G1ビル

 ©山口つばさ/講談社/ブルーピリオド展製作委員会 2022年6月18日(土)~9月27日(火)ブルーピリオド展~アートって、才能か?~ 講談社「月刊アフタヌーン」にて大好評連載中『ブルーピリオド』の初の展覧会「ブルーピリオド展~アートって、才能か?~」(以下ブルーピリオド展)が東京天王洲寺田倉庫G1ビルにて、2022...Read More
W'UP! ★ 6月18日〜11月27日 写真展「こねこ」「岩合光昭の世界ネコ歩き」
/ファン・ゴッホ ー僕には世界がこう見えるー 角川武蔵野ミュージアム

W'UP! ★ 6月18日〜11月27日 写真展「こねこ」「岩合光昭の世界ネコ歩き」
/ファン・ゴッホ ー僕には世界がこう見えるー 角川...

2022年6月18日(土)〜11月27日(日)写真展「こねこ」「岩合光昭の世界ネコ歩き」 「角川武蔵野ミュージアム」4Fのエディット アンド アートギャラリーにて、世界中をフィールドに活躍する動物写真家・岩合光昭氏の写真展を開催いたします。 会期は前半と後半に分かれ、前半[6月18日(土)〜9月4日(日)]は無邪気で愛...Read More
W'UP!★4月23日~11月27日 第59回 ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展  日本館 ダムタイプ

W'UP!★4月23日~11月27日 第59回 ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展 日本館 ダムタイプ

 新作のためのコンセプトイメージ ©ダムタイプ 写真:福永一夫+ダムタイプ 写真提供:ダムタイプ2022年2022年4月23日(土)~11月27日(日)第59回 ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展 日本館ダムタイプ 国際交流基金は、2022年4月23日から11月27日にかけて開催される「第*+回ヴェネチア・ビエンナーレ...Read More
【12月4日 今週のウィークリーアート情報】「アマテラスに捧げるレクイエム」あおひと君、久々にパフォーマンス上演! 今週の展覧会・イベント・アート情報アラカルト!

【12月4日 今週のウィークリーアート情報】「アマテラスに捧げるレクイエム」あおひと君、久々にパフォーマンス上演! 今週の展覧会・イベン...

 もう12月、イルミネーションが、ちらほらと蛍火のように煌めく東京。もう山下達郎は聞こえてこない。 きっと君は〜来な〜い♪ でも、愛と安心のメッセンジャーのあおひと君がやってきます!(ってほとんどの人は意味わかりませんよね) あおひと君とは、Tokyo Live & Exhibitsを運営する関根の宇宙人の友人...Read More
【Physical Expression Criticism】京都奈良紀行~歴史的建造物を訪ねて~1~

【Physical Expression Criticism】京都奈良紀行~歴史的建造物を訪ねて~1~

526 views
 舞踏家桂勘主宰の舞踏フェスティバル『Kyoto Dancing Blade #2』に呼ばれて、7月15~17日、京都を訪れた。さらに、18日には奈良に移動して1泊した。 舞踏フェスでは、夜舞台を見て、その後、トーク「鼎談」に参加するというもの。そのため、昼間は、かねてから気になっていた京都の歴史的建造物を見て回ること...Read More
【11月27日 今週のウィークリーアート情報】オミクロン株とユーチューバーとあおひと君 今週の展覧会・イベント・アート情報アラカルト!

【11月27日 今週のウィークリーアート情報】オミクロン株とユーチューバーとあおひと君 今週の展覧会・イベント・アート情報アラカルト!

 コロナもひと段落したようで、街にはけっこう人出が多く、飲食店もホッと息をついていることでしょう、と思いきや、オミクロン株が出現って、どこの会社の株だ? 韓国では、ワクチン接種率8割近いというのに感染者も重症者もかつてないほどだという。専門家によると韓国はワクチンの種類が違い抗体の有効性が短いとか、マスクをしていないと...Read More
【10月30日 ウィークリー告知まとめ版】展覧会・イベント・アート情報、今週のアラカルト!

【10月30日 ウィークリー告知まとめ版】展覧会・イベント・アート情報、今週のアラカルト!

明日は衆議院選挙です。期日前投票しました。政治は生活のみならずアートに影響します。投票率が低すぎる日本。なんとかなりませんかねぇ。今週は、忙しくて枕を書く余裕がありませんでした。では今週もよろしくです!コロナ感染者が、なぜか急に減ったのですが、海外では第6波が流行り始めたようです。選挙が終わるとまた急に増えそうです。な...Read More
【Physical Expression Criticism】京都、奈良に舞踏を見る~3

【Physical Expression Criticism】京都、奈良に舞踏を見る~3

595 views
・奈良の舞踏状況 7月15日から17日、京都で舞踏フェス「Dancing Blade #2」に参加し、翌18日、筆者らは奈良に向かった。奈良で活動する大野一雄の弟子、田中誠司のスタジオで、東京の天狼星堂出身の舞踏家、大倉摩矢子の舞台を見るためだ。 田中誠司は、大野一雄の最後の時期に、大野一雄舞踏研究所で学んでいた。大野...Read More
【7月3日〜 ウィークリー告知まとめ版】現代アートとイラストレーションの区分けは? 今週ピックアップした展覧会・イベント・アート情報!

【7月3日〜 ウィークリー告知まとめ版】現代アートとイラストレーションの区分けは? 今週ピックアップした展覧会・イベント・アート情報!

 日々、いろいろな情報に接していて、現代アートとイラストの区分けってなんだろう?と思います。 イラストは、イラストレーション、つまり言葉ではなく、絵・図によって物事を説明することでしょう。 ウィキペディアには、 イラストレーション(英: 仏: 独: illustration,中: 挿画)とは図像によって物語、小説、詩な...Read More
【ウィークリー!告知まとめ版】いいものはいい!5月15日〜ピックアップした展覧会・イベント・アート情報!

【ウィークリー!告知まとめ版】いいものはいい!5月15日〜ピックアップした展覧会・イベント・アート情報!

 GWも終わったのですが、もう何年もカレンダー通りの生活をしていないので、はぁ、という感じです。 巷は、東京オリンピックの開催の可否をめぐってかんかんがくがく、コロナ感染拡大、緊急事態宣言延長やらでひっちゃかめっちゃか。(表現が古い) それにもかかわらず現代アートブームは続いているそうで、アートフェアの売り上げはレコー...Read More
【ウィークリー!告知まとめ版】5月1日〜ピックアップした展覧会・イベント・アート情報!

【ウィークリー!告知まとめ版】5月1日〜ピックアップした展覧会・イベント・アート情報!

 4/25、日曜、あおひと君が久々にパフォーマンスをやりました。 800人ほどはいる某ホールで、40人弱のオーケストラと16人のオペラ歌手の皆様が演ずるモーツアルト『魔笛』に出演。 奇抜な演出でビックリですが、主催者曰く、映像にして次回につなげるということで無観客で決行! とてもシュールな近未来的な舞台でした。 しかし...Read More
【Physical Expression Criticism】ドラマニア~テレビドラマの魅力・4~

【Physical Expression Criticism】ドラマニア~テレビドラマの魅力・4~

770 views
ドラマと映画の違い ドラマをずっと見ていて、映画を見ると、やはり映画のほうがすごいと思うこともある。2時間以内に物語を濃縮し、お金と時間のかけ方も映画のほうが遙かに大きい。 だが、時折、映画以上と思えることもある。例えば、高村薫の『レディジョーカー』(1997年)、横山秀夫の『64(ロクヨン)』(2012年)のような小...Read More
【Physical Expression Criticism】ドラマニア~テレビドラマの魅力・3~

【Physical Expression Criticism】ドラマニア~テレビドラマの魅力・3~

676 views
井上由美子と木皿泉 90年代に、最初に注目した脚本家は、井上由美子だ。高村薫原作のNHK『照柿』(1995年)が大傑作だった。単なる二枚目の三浦友和が真に評価され、屈折した役もこなすようになったきっかけに思える。過去に見たドラマのベストワンだと思っている。井上由美子は『14才の母』(2006年)も問題作だった。NHKで...Read More
【Physical Expression Criticism】ドラマニア~テレビドラマの魅力・2~

【Physical Expression Criticism】ドラマニア~テレビドラマの魅力・2~

801 views
傷だらけの天使 脚本家に注目して見るようになったのは、たぶん大学時代、1970年代後半からだ。だが、俳優で見ることも時折ある。それは、一つには、グループサウンズ世代だったためだ。 ショーケンこと萩原健一の『傷だらけの天使』(1974~75年)には、多くの映画監督が演出・監督していることでも注目した。脚本は市川森一、柴栄...Read More