コロナ対策のため休館、営業時間の変更、または事前予約が必要な場合があります。ご来場の際は必ずご確認ください。

W'UP! ★ 7月10日~9月26日 メキシコ独立200周年 メヒコの衝撃―メキシコ体験は日本の根底を揺さぶる 市原湖畔美術館

W'UP! ★ 7月10日~9月26日 メキシコ独立200周年 メヒコの衝撃―メキシコ体験は日本の根底を揺さぶる 市原湖畔美術館

2021年7月10日(土)~9月26日(日)
メキシコ独立200周年
メヒコの衝撃―メキシコ体験は日本の根底を揺さぶる

 

北川民次≪メキシコ三童女≫1937年、愛知県美術館蔵

 

岡本太郎≪明日の神話≫1968年(部分)、川崎市岡本太郎美術館蔵

 

利根山光人≪太陽の神殿≫1966年、東京都国立近代美術館蔵

 革命の芸術が刻印され、生と死、古代と現代、
 現実と超現実が混淆するメキシコと日本人アーティストの化学反応

 メキシコのスペインによる征服から500年、独立から 200 年にあたる今年、市原湖畔美術館は「メヒコの衝撃―メキシコ体験は日本の根底を揺さぶる」を開催いたします。
 当館が所在する千葉県は、日本とメキシコの交流が始まった地として知られます。1609 年、スペイン統治下にあったフィリピンからメキシコに向かう帆船サン・フランシスコ号が御宿沖で座礁し、300 人以上の遭難者を地元の住民たちが救出、大多喜城主・本多忠朝が手厚く保護し、徳川家康のはからいで無事帰国させたのです。
 本展は、日本とメキシコの交流の歴史を繙きながら、メキシコの歴史・風土・人・芸術に衝撃を受け自らの表現に向きあってきた8人のアーティストに焦点を当て、メキシコの何が彼らを惹きつけたのか、そのメキシコ体験を多角的に解き明かそうとするものです。
 革命直後のメキシコに渡り、民衆の芸術を求める壁画運動に感銘を受け、帰国後も反骨の画家として生きた北川民次。1955 年、東京国立博物館で開催されたメキシコ美術展に衝撃を受け、メキシコ滞在を経て新たな表現へと向かった利根山光人、河原温。自らのうちに「メキシコ的なるもの」を発見し、巨大壁画《明日の神話》を描いた岡本太郎。版画指導に招聘されたメキシコでその作風を一変させた戦後銅版画の第一人者・深沢幸雄。メキシコ民衆が生きる世界に妖怪を幻視し、膨大な数の仮面をコレクションした水木しげる。「死者の日」の祭りに魅了され、強烈な極彩色で魔法画を描き続ける絵本作家・スズキコージ。映画≪セノーテ≫で現世と黄泉の世界を結ぶと信じられるマヤの洞窟泉をめぐる神秘の旅を撮りあげた小田香。
 排他性と連帯への希求に世界が大きく引き裂かれ、コロナ禍により、生と死のありよう、現代文明の基盤そのものが問われる今、アーティストたちが共振した<メヒコ>は、私たちに多くの示唆を与えてくれるでしょう。

出展作家
北川民次、岡本太郎、利根山光人、深沢幸雄、河原温、水木しげる、スズキコージ、小田香

見どころ

メキシコ・ルネサンスが日本人アーティストに与えた影響を探る
 1920-30年代、世界を驚かせた革命の芸術運動メキシコ・ルネサンス。そのただ中で15年を過ごし、野外美術学校の校長もつとめた北川民次。マヤの遺跡に魅せられ、生涯にわたりメキシコをテーマとし、多くのパブリックアートを残した利根山光人。メキシコの人・歴史・生活に共感し、巨大壁画「明日の神話」を描き、やがて「太陽の塔」を制作する岡本太郎。メキシコ・ルネサンスが与えた影響を、壁画運動、野外美術学校、版画運動等、様々な視点から探ります。

河原温 カスパー・ケーニッヒ氏に宛てた絵葉書、1968年5月10日、
《I Got Up》(1968-79)より ⓒOne Million Years Foundation

知られざる河原温のメキシコ時代を考察する
 コンセプチュアルアートの第一人者として世界的に知られる河原温。その彼のメキシコ時代(1959-1962 年)についてはほとんど知られていません。生と死をテーマとするデイト・ペインティング誕生に及ぼしたメキシコ体験の影響とは?世界的キュレーター、カスパー・ケーニッヒが所蔵するメキシコの河原温から送られた全絵葉書151枚を本邦初公開する。

 

水木しげる《雨と稲妻の神チャック》©水木プロダクション

水木しげるのメキシコ仮面コレクションを一堂に展示
 1997年、75歳の水木しげるは 2週間にわたってメキシコを旅し、『水木しげるの大冒険、幸福になるメキシコー妖怪楽園案内』という旅行記を出版。本展では、水木が感動して蒐集した膨大な仮面コレクションと旅の中で知ったユニークな妖怪のイラストをパネル展示します。

 

深沢幸雄《アステカの旅》,1969 市原湖畔美術館蔵

深沢幸雄×ラッパー田我流のコラボレーション
 当館が所蔵する銅版画家・深沢幸雄。1963 年の初訪問以来、メキシコの街や人々が持つ活気、古代文明に由来する遺跡に魅了され、メキシコをテーマとした多くの作品を遺しました。
 本展では、その作品に惚れ込んだラッパーの田我流がスタジオ石の向山正洋( MMM)と共作した映像「深沢幸雄が見たメキシコ」を深沢作品とともにお楽しみください。

 

スズキコージ《死者の日》2000

メキシコの地下世界と地上世界を体感するインスタレーション
 映画《セノーテ》で第1回大島渚賞を受賞し、世界各地の映画祭で注目を浴びる小田香。本展では、マヤの神話が息づく洞窟の水中世界を起点に、過去と現在、地下と地上を往還する映像インスタレーション《Day of the Dead》を展開します。その “洞窟” の外に拡がるのは、絵本界の奇才・スズキコージが描く生と死、現実と超現実が入り混じるメキシコ民衆の祝祭空間。第一線で活躍する二人の創造者のメキシコとの化学反応を堪能ください。

小田香≪Day of the Dead≫2021年


開館時間 平日/10:00~17:00、土曜・祝前日/9:30~19:00、日曜・祝日/9:30~18:00(最終入館は閉館時間の30分前まで)
休館日 毎週月曜日(祝日の場合は翌平日)
料金 一般 1,000円(800円)、65歳以上の方・大高生:800円(600円)
()内は20名以上の団体料金。中学生以下無料、障がい者手帳をお持ちの方とその介添者(1名)は無料。

■常設展
2021年度第1回 銅板の魔術師 深沢幸雄 ∼Copperplate painter YUKIO FUKAZAWA∼
会 期 2021年4月10日(土)〜7月4日(日)
 本展示では、市原市ゆかりの作家で日本を代表する銅版画家である深沢幸雄の版画作品をご紹介いたします。1955年に銅版画に着手して以降、様々な技法を開拓し、作風の変化を経てもなお一貫して「人間」をテーマに描き続けた深沢幸雄の銅版画作品を、制作年順に並べ展示いたします。

《黄昏銀座》/2000年 深沢幸雄

 

住所千葉県市原市不入 75-1
TEL0436-98-1525
WEBhttps://lsm-ichihara.jp/
開館時間*1平日:10:00~17:00、土曜・祝前日 9:30~19:00 日曜・祝日 9:30~18:00 ※最終入館は閉館時間の30分前まで
休み*2月(休日の場合は翌平日)
ジャンル*3現代美術
入場料*4イベントにより異なります
アクセス*5小湊鉄道高滝駅より徒歩20分
収蔵品市原湖畔美術館には、企画展示室の他、常設展示室がある。常設展示室では、年に4回の展示の入れ替えを行い、市原市収蔵作品の中から、銅版画家・深沢幸雄の作品を中心に展示を行っている。※市原湖畔美術館は、450点を超える深沢作品を所蔵する国内では有数の美術館です。
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 空欄はオールジャンル *4 イベントにより異なることがあります。高齢者、幼年者、団体割引は要確認*5 表示時間はあくまでも目安です

市原湖畔美術館

■コロナ感染拡大防止のための注意事項
 お客さまへのご協力のお願い
 ・ご入館にあたり、来館者の皆さま(グループの代表者1名)の連絡先(お名前、ご連絡先)を頂戴しております。
 ・館内では、マスク着用のご協力をお願いいたします。
 ・こまめな手洗いにご協力をお願いします。
 ・咳やくしゃみをされる際は、マスク、ハンカチ、ティッシュなどで口をしっかり覆う「咳エチケット」にご協力ください。
 ・発熱、咳などの風邪症状がある方や、体調に不安がある方は、ご来館をご遠慮ください。
 ・混雑状況によっては、入場制限をする場合がございます。
市原湖畔美術館 撮影:遠藤匡

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)