W'UP! ★東京国立近代美術館 (MOMAT)

W'UP! ★東京国立近代美術館 (MOMAT)

11月25日(水)〜 2021年2月23日(火・祝) 
眠り展:アートと生きること
Sleeping: Life with Art - From Goya and Rubens to Shiota Chiharu
ゴヤ、ルーベンスから塩田千春まで

 「眠り」は、人々にとって生きていく上で欠かせないだけでなく、芸術家たちの創造を駆り立ててもきました。 本展では、国立美術館所蔵の絵画、版画、素描、写真、立体、映像など、幅広いジャンルの古今東西のアーティスト 33 人・約 120 点の作品によって、多彩な「眠り」の表現をご紹介します。「眠り」がいかに表現されてきたかを探ることは、日常で見過ごしてきたものへの気づきをもたらし、私たちの迷いや悩みに対するヒントを与えてくれるでしょう。
 「眠り」がいかに芸術家たちの創造を駆り立ててきたか、美術作品に表現されたさまざまな「眠り」のかたちを、国立美術館が所蔵するコレクションから読み解く展覧会です。
 「眠り」の表現からは、単なる癒しや休息の意味だけでなく、夢と現実、生と死、意識と無意識といった相反する価値観のあわいや、迷いながら生きる人間の姿、そのはかなさなど、さまざまな問いかけを読み取ることができます。 社会は今、災害や感染症、環境問題や差別、貧困などの困難に直面しています。その不安の中で生きる私たちの姿を作品と重ね合わせることによって、アートを通した「眠り」が、安らぎを与えてくれるだけでなく、日常の迷いや悩みに対するヒ ントを与えてくれるに違いありません。
 「陰影礼讃」(2010年)、「No Museum,No Life?ーこれからの美術館事典」(2015年)に続く、国立美術館合同展の第 3 弾。ルーベンス、ゴヤ、ルドン、藤田嗣治、内藤礼、塩田千春など、国立美術館の豊富な所蔵作品の中から厳選した古今東西のアーティスト 33 人の作品約 120 点が一堂に会します。
 トラフ建築設計事務所が手がける会場デザインも見どころです。グラフィックデザイナー・平野篤史氏(AFFORDANCE) による会場グラフィックとあわせて、「起きながら見る眠りの世界」に皆さまをいざないます。
■観覧料 一般1,200円、大学生600円
詳しくは→https://www.momat.go.jp/am/exhibition/sleeping/

住所東京都千代田区北の丸公園3-1
TEL050-5541-8600(ハローダイヤル 8:00~22:00)
WEBhttps://www.momat.go.jp/
開館時間*110:00 ~17:00(金曜日・土曜日10:00 ~20:00)
休み*2月(祝日は開館、翌日閉館)、展示替え期間、年末年始
ジャンル*3近代美術、現代美術、日本画、彫刻,洋画、写真、映像
入場料*4企画展はイベントにより異なります
MOMATコレクション 大人500円、大学生250円 *夜間割引(金曜日と土曜日の午後5時から)大人300円、大学生150円
アクセス*5竹橋駅1b出口より徒歩3分
収蔵品https://www.momat.go.jp/am/collection/
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 空欄はオールジャンル *4 イベントにより異なることがあります。高齢者、幼年者、団体割引は要確認 *5 表示時間はあくまでも目安です

■コロナ感染拡大防止のための注意事項
・発熱、風邪の症状がある方、体調がすぐれない方はご来館をお控えください。
・入館にあたって非接触型体温計による検温を実施しております。感染症予防のため、37.5度以上のお客様は入館をお断りしますのでご了承ください。
・大人数でのご来館はお避けください。ご来館が集中した場合は、お待ちいただく可能性がございます。
・万が一、館内での感染者の発生が確認された場合、当館ホームページにてお知らせいたします。ご来館されていた日時を確認できるよう、ご自身でご来館日時を記録ください。
・こまめな手洗い、手の消毒にご協力ください。
・マスク着用にご協力ください。
・会場内での会話や発声をすることはお控えください。
・他のお客様と2メートル程度を目安に十分な間隔を保ってご観覧ください。
・壁、展示ケース、作品にはお手を触れないでください。
https://www.momat.go.jp/ge/topics/am20200807/をご参照ください。

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)