国立西洋美術館(台東区上野)

国立西洋美術館(台東区上野)

©国立西洋美術館
 

 国立西洋美術館はフランス政府から寄贈返還された松方コレクション(印象派の絵画およびロダンの彫刻を中心とするフランス美術コレクション)を基礎に、西洋美術に関する作品を広く公衆の観覧に供する機関として、1959(昭和34)年4月に発足しました。以来、広く西洋美術全般を対象とする唯一の国立美術館として、展覧事業を中心に、西洋美術に関する作品および資料の収集、調査研究、保存修復、教育普及、出版物の刊行等を行っています。
 これらの事業のうち、展覧事業に関しては、本館(ル・コルビュジエ設計、1959年)・新館(前川國男設計、1979年)において、同館設立の趣旨である松方コレクションの作品および創立以来毎年購入しているルネサンス以降20世紀初頭までの作品および寄贈・寄託作品を常設展として年間を通して開催しています。また、企画・特別展専用の展示室として1997(平成9)年に竣工した企画展示館において欧米等の美術館からの借用作品による企画展を、新聞社等との共催展として年3回程度開催し、西洋美術の紹介に力を注いでいます。さらに、2001(平成13)年4月からは国立美術館4館(当時)が一つの独立行政法人国立美術館に移行し、国立西洋美術館は独立行政法人国立美術館が設置する美術館の一つとなりました。また、2016(平成28)年7月に国立西洋美術館を構成資産に含む「ル・コルビュジエの建築作品―近代建築運動への顕著な貢献―」が、世界遺産一覧表に記載されました。
 なお2020年10月19日から2022年4月8日までの約1年半にわたる休館期間に、フランスの建築家ル・コルビュジエの設計意図が正しく伝わるように前庭の工事をおこないました。
 また「19世紀ホール」は、ル・コルビュジエ設計の同館本館の中心に設けられた吹き抜けの大空間で、同館常設展の起点となる場所が、リニューアルオープン後は、当面の間、どなたでも自由にご覧いただけます(2階展示室へと続くスロープより先は、これまでどおり観覧券が必要となります)。

©国立西洋美術館

W’UP!★6月4日~9月11日 国立西洋美術館リニューアルオープン記念 自然と人のダイアローグ フリードリヒ、モネ、ゴッホからリヒターまで 国立西洋美術館

住所東京都台東区上野公園7-7
TELハローダイヤル 050-5541-8600
WEBhttps://www.nmwa.go.jp/
開館時間*19:30〜17:30、金曜・土曜日 9:30〜20:00(入館は閉館の30分前まで)
休み*2月(祝休日は開館、翌平日休館)、年末年始(12月28日〜翌年1月1日)
ジャンル*3近代美術、西洋美術、彫刻
入場料*4常設展 一般 500円、大学生 250円(企画展は別料金)
アクセス*5JR上野駅 公園口出口より徒歩1分、京成電鉄京成上野駅より徒歩7分、東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅より徒歩8分
収蔵品https://www.nmwa.go.jp/jp/collection/introduction.html
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 その他、臨時に開館・休館することがあります。 詳細はHPへ。*3 空欄はオールジャンル *4 イベントにより異なることがあります。高齢者、幼年者、団体割引は要確認*5 表示時間はあくまでも目安です。

※新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止と快適な観覧環境の提供のため、当面、常設展への入場人数を制限することといたします。ご来館前に下記をご確認ください。
・常設展では時間帯(1時間)ごとに入場人数を調整いたします。国立西洋美術館券売窓口で当日分の常設展観覧券をご購入いただけますが、混雑時には販売を休止することがあります。また、混雑状況により入場をお待ちいただく場合がございます。
・オンラインでの日時指定チケットの販売も行います。
・団体(20名以上)での観覧をご希望の方は、事前に同館ホームページからご予約をお願いいたします。事前のご予約がない場合は、団体料金でのご入場はできません。また、ご来館後すぐのご入場ができない場合があります。団体予約の詳細は国立西洋美術館公式サイトからご確認ください。
・企画展観覧券、各種無料観覧券、障害者手帳をお持ちの方はご予約なしでご入場いただけます。ただし、混雑状況により入場をお待ちいただく場合がございます。
・高校生以下及び18歳未満、65歳以上、心身に障害のある方及び付添者1名は無料
(入館の際に学生証または年齢の確認できるもの、障害者手帳をご提示ください)
・国立美術館キャンパスメンバーズ 加盟校の学生・教職員は無料(入館の際に学生証または教職員証をご提示ください)

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

コメント

*
*
* (公開されません)