コロナ対策のため休館、営業時間の変更、事前予約が必要な場合がございます。ご来場の際は各施設に直接ご確認ください。

W'UP! ★ 12月18日~2022年3月27日 ハリー・ポッターと魔法の歴史 東京ステーションギャラリー

W'UP! ★ 12月18日~2022年3月27日 ハリー・ポッターと魔法の歴史 東京ステーションギャラリー


2021年12月18日(土)~2022年3月27日(日)
ハリー・ポッターと魔法の歴史

「ハリー・ポッター」の世界がここに!
 現代のファンタジー文学として、20年にわたり世界的な人気を誇る「ハリー・ポッター」シリーズ。その物語の背景には、イギリスをはじめ世界各国に伝わる魔法や呪文、占いなどが数多く存在します。本展では原作に基づき、ハリーが通ったホグワーツ魔法魔術学校の科目に沿って、大英図書館の所蔵品を中心に、古くは4世紀にまで遡る貴重な資料の数々を展示します。

ジム・ケイ《『ハリー・ポッターと賢者の石』の9と3/4番線の習作》ブルームズベリー社蔵 ©Bloomsbury Publishing Plc 2015
ヤコブ・マイデンバッハ『健康の庭』1491年 大英図書館蔵
©British Library Board
J.K.ローリング《ダイアゴン横丁の入り口のスケッチ》1990年 J.K.ローリング蔵
©J.K.Rowling
レオナルド・ダ・ヴィンチ「天体にまつわるメモとスケッチ」1506-1508年頃 大英図書館蔵
©British Library Board
「薬草書」15世紀 大英図書館蔵 ©British Library Board

日本で開催される大英図書館史上初の国際巡回展!
 本展は大英図書館が2017年に企画・開催した展覧会 “Harry Potter: A History of Magic”の国際巡回展で、2018年のニューヨークに続き、ついに日本で開催されます。大英図書館による大規模な展覧会が日本に巡回するのは初めてのことで、その充実したコレクションの一端をご覧いただけます。

日本初公開!J.K.ローリングの直筆原稿
 「ハリー・ポッター」シリーズの原作者J.K.ローリングによる、日本初公開の直筆原稿やスケッチなどの資料も紹介します。

「ハリー・ポッター」シリーズについて
 「ハリー・ポッター」は、イギリスの作家 J.K.ローリングによって著されたファンタジー小説シリーズです。1997年に、シリーズ第1巻『ハリー・ポッターと賢者の石』がロンドンのブルームズベリー社から刊行されると、まったく無名の新人の著作であるにもかかわらず、またたく間に世界的ベストセラーになりました。子供のみならず大人の愛読者も多く、児童文学の枠を越えて世界中で親しまれています。

展覧会の構成
旅 The Journey/魔法薬学 Potions/錬金術 Alchemy/薬草学 Herbology/呪文学 Charms/天文学 Astronomy/占い学 Divination/闇の魔術に対する防衛術 Defence Against the Dark Arts/魔法生物飼育学 Care of Magical Creatures/過去、現在、未来 Past,Present, Future

ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス《魔法円》1886年
油彩/カンヴァス テート蔵 ©Tate, London 2019
『エチオピアの魔術書』1750年 大英図書館蔵
©British Library Board
『古代エジプト占い師最後の遺産』1775年 大英図書館蔵
©British Library Board

J.K.ローリングについて
 J.K.ローリングは、全7巻が刊行された「ハリー・ポッター」シリーズの作者です。同シリーズはこれまでに5億部以上を売り上げ、85以上の言語に翻訳され、8本の大ヒット映画になりました。J.K.ローリングはシリーズと並行して、チャリティのために短い副読本を3冊執筆し、その中の『幻の動物とその生息地』は新しい映画シリーズになりました。脚本家ジャック・ソーンと演出家ジョン・ティファニーとともに、大人になったハリーの姿を描いた舞台劇『ハリー・ポッターと呪いの子』も上演されています。
 2020年にはより小さな子供のための童話「イッカボッグ」をロックダウンのさなかの子供たちに向けて無料で配信するために刊行しました。その後、著者印税の全額が新型コロナウイルスの被害を受けた人々のために寄付されました。
 J.K.ローリングは、ロバート・ガルブレイスというペンネームで執筆した犯罪小説シリーズも含め、多くの賞を受賞しています。また、慈善信託「ボラント」を通じて多くの慈善活動をしているほか、児童のためのチャリティ団体「ルーモス」の創設者でもあります。
 物心ついたときから、J.K.ローリングの夢は作家になることでした。一番の幸せは、部屋の中で物語を作ることです。現在は、家族とともにスコットランドで暮らしています。

大英図書館について
 イギリスの国立図書館である大英図書館(British Library) は、世界で最も優れた研究図書館の一つです。その所蔵品は、学術、ビジネス、科学など幅広い分野を包括的に網羅しています。250年以上をかけて収集されてきたコレクションは1億7000万点に上り、いずれも有史以来のさまざまな時代の文明を代表する資料です。書籍だけでなく、地図や写真、音声データに至るまで、記録媒体の形態を問わずコレクションとして収蔵・保存されています。

大英図書館の展示風景 ©Easy Tiger Creative

会 期 2021年12月18日(土)〜2022年3月27日(日)
会 場 東京ステーションギャラリー(東京都千代田区丸の内1-9-1)
時 間 10:00〜18:00(金・土曜日は20:00まで)※入場は閉館の30分前まで
休館日 月曜日、12月29日(水)~1月1日(土・祝)、1月11日(火)
※ただし1月10日(月・祝)、3月21日(月・祝)は開館
観覧料 一般 2,500円、高校・大学生 1,500円、小・中学生 500円
※障がい者手帳等持参の方は200円引き(介添者1名は無料)です。割引料金のチケットをローソンチケットにて必ずお買い求めください。
※招待券/招待ハガキをお持ちの方や、無料に該当する方は、直接美術館へお越しください(予約等不要)。
※団体割引はおこなっていません。
チケット販売期間 11/29(月)~2022/3/27(日)17:00まで
※期間を区切って販売いたします。
詳細は、展覧会公式サイトのチケット情報をご確認ください。
展覧会公式サイト historyofmagic.jp
東京ステーションギャラリー公式サイト www.ejrcf.or.jp/gallery
主 催 東京ステーションギャラリー(公益財団法人東日本鉄道文化財団)、大英図書館、読売新聞社
協 力 静山社、日本航空

住所東京都千代田区丸の内1-9-1
TEL03-3212-2485
WEBhttps://www.ejrcf.or.jp/gallery/
開館時間10:00 ~ 18:00 金曜 〜20:00(最終入場は閉館30分前まで)
休み*2月曜日(祝日の場合は翌平日/ただし会期最終週、ゴールデンウィーク・お盆期間中の月曜日は開館)、年末年始、展示替期間
ジャンル*3近代美術、建築、デザイン、工芸
入場料*4展覧会により異なります。
アクセス*5JR東京駅丸の内北口すぐ、東京メトロ 丸の内線東京駅より約3分、東西線大手町駅より約5分、千代田線二重橋前駅より約7分
収蔵品
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 空欄はオールジャンル *4 イベントにより異なることがあります。高齢者、幼年者、団体割引は要確認 *5 表示時間はあくまでも目安です

東京ステーションギャラリー

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)