コロナ対策のため休館、営業時間の変更、または事前予約が必要な場合があります。ご来場の際は必ずご確認ください。

W'UP! ★ 7月17日~9月26日 木彫り熊の申し子 藤戸竹喜 アイヌであればこそ/10月9日~11月28日 小早川秋聲 旅する画家の鎮魂歌 東京ステーションギャラリー

W'UP! ★ 7月17日~9月26日 木彫り熊の申し子 藤戸竹喜 アイヌであればこそ/10月9日~11月28日 小早川秋聲 旅する画家の鎮魂歌 東京ステーションギャラリー

2021年7月17日(土)~9月26日(日)
木彫り熊の申し子 藤戸竹喜 アイヌであればこそ
上:《白熊の親子》(部分) 1999年 28.5×56.0×28.3cm 個人蔵

《オジロワシ》 1978年 35.7×30.7×23.0cm 個人蔵

 北海道美幌町で生まれ、旭川市で育った藤戸竹喜(ふじとたけき 1934〜2018)は、木彫り熊の職人だった父親の下で12歳の頃から熊彫りを始めました。やがて阿寒湖畔に移り住み、この地で才能を開花させて、数多くの木彫作品を生み出します。
 藤戸竹喜の作品の特徴は、大胆さと繊細さ、力強さと優しさといった、相反するものが同居していることにあります。一気呵成に彫り進められる熊や動物の姿は、まるで生きているかのように躍動し、旺盛な生命力を感じさせる一方で、仕上げに行われる毛彫りは細密で、硬い木であることを忘れさせるような柔らかな質感を生み出しているのです。本展は、その初期作から最晩年にいたる代表作80余点によって、この不世出の木彫家、藤戸竹喜の全貌を、東京で初めて紹介する機会となります。

 藤戸竹喜は制作にあたって一切デッサンすることがなかった。丸太に簡単な目印を入れるだけで、あとは一気に形を彫り出していく。それはあたかも木の中に潜んでいる形が予め見えていて、それをただ取り出してやっているだけ、というかのようであった。藤戸はこの能力を、ただひたすら熊を彫り続ける中で身につけた。繰り返し、繰り返し彫ることで、熊の形態を、熊を取り巻く空間を理解していったのである。

《鹿を襲う熊》 1977年 31.6×57.4×28.2cm、個人蔵
《怒り熊》 1964年、29.2×43.5×33.5cm、(一財)前田一歩園財団蔵
《狼と少年の物語》 2016 年、個人蔵 狼と赤子)23.5×42.0×21.5cm 狼)22.0×41.6×19.7cm
《群熊》 1967 年 190.0×52.0×60.0cm (一財)前田一歩園財団蔵

会 期 2021年7月17日(土)〜9月26日(日)
休館日 7/19(月)、8/10(火)、8/16(月)、8/23(月)、9/6(月)、9/13(月)
開館時間 10:00〜18:00(金曜日〜20:00)
※入館は閉館30分前まで
入館料 一般1,200円、高校・大学生1,000円、中学生以下無料
※障がい者手帳等持参の方は100円引き(介添者1名は無料)
※チケット購入は、日時指定の事前購入制(ローソンチケットで販売)
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため開催内容が変更になる場合があります。
※本展は当館のみで開催されるものです。


 

《長崎へ航く》 1931年 個人蔵

2021年10月9日(土)~11月28日(日)
小早川秋聲 旅する画家の鎮魂歌

 

《微笑》 1930~37年頃 個人蔵

 

 小早川秋聲[こばやかわ・しゅうせい、本名・盈麿(みつまろ)/1885~1974(明治18~昭和49)年]は、大正から昭和にかけて、京都を中心に活躍した日本画家です。鳥取のお寺の住職の長男として生まれた秋聲は、9歳で京都の東本願寺の衆徒として僧籍に入りました。その後、画家になることを志し、日本画家の谷口香嶠(こうきょう)や山元春挙(しゅんきょ)に師事、文展や帝展を中心に出品と入選を重ね、画技を磨きます。
 また、旅を好んだ秋聲は、北海道、山陰、紀州など日本各地を絵に描き、国外では複数回の中国渡航に加え、1922年から23年にかけてアジア、インド、エジプトを経てヨーロッパ十数ヵ国へ遊学。1926年には北米大陸を横断し、日本美術の紹介にも努めました。1931年以降は従軍画家として中国に何度も赴きますが、数多く描いた戦争画のなかでも代表作に挙げられる《國之楯(くにのたて)》は深く印象に残る1点です。本展は、初期の歴史画から、初公開の戦争画、晩年の仏画まで、百余点で小早川秋聲の画業を見渡す初めての大規模な回顧展となります。

《未来》1926年、個人蔵

1 はじまり 京都での修業時代
光徳寺(鳥取県日野町黒坂)の住職の長男として生まれた秋聲は、母の里である神戸の九鬼子爵邸内で幼少期を過ごし、9歳で東本願寺の衆徒として僧籍に入りました。そして、画家を志し、1901年頃から歴史画を得意とする谷口香嶠(たにぐちこうきょう)(1864~1915)の京都の画塾に通うようになります。《譽之的(ほまれのまと)》は師の教えに忠実な秋聲の技能がうかがえる作品です。1909年、香嶠が教授を務める京都市立絵画専門学校(現・京都市立芸術大学)に入学するものの、すぐに退学して中国へ行き、約1年半、東洋美術を学びました。その後もたびたび中国を訪れ、《回廊》のような、中国の僧侶をモデルにした作品などを描いています。

《譽之的》明治末期~大正期、個人蔵

2 旅する画家 異文化との出会い
1915年、師・香嶠を亡くした秋聲は、次いで山元春挙(やまもとしゅんきょ)に師事。1918~20年に、北海道、山陰、紀州などを旅します。そして、1920年末、中国に渡り、東洋美術の研究等に約1年を費やした後、東南アジア、インド、エジプトを経て、1922年春、ヨーロッパへ。イタリア、ドイツ、オーストリア、ハンガリー、スイス、イギリスなど十数ヵ国を約1年かけて遊学しました。また、1926年には日本美術を紹介する任を負い、北米大陸を4ヵ月間で横断し、展覧会や講演会を開くなどしています。こうした外国での知見をもとに秋聲は《長崎へ航く》など、外国風景を画題に選ぶこともありました。また、この頃、帝展に相次いで大作を発表し、《愷陣(がいじん)》出品以降、帝展無鑑査となりました。

《愷陣》1930年、個人蔵

3 従軍画家として 《國之楯》へと至る道
満州事変(1931年)や、盧溝橋事件(1937年)をきっかけに日本は戦争へと突き進み、秋聲は主に従軍画家として、満州、中国へと頻繁に赴くようになります。秋聲は、戦闘シーンや軍人の勇姿、富士山と日の出といった国威発揚の風景画だけでなく、戦地での日常風景も描いていますが、《御旗(みはた)》のような抒情性ある画面が秋聲の戦争画の特徴のひとつです。終戦の1年半前の作である《國之楯(くにのたて)》は、はじめ、横たわる将校の上に円光がかかり、さらに、その死を美化するように桜の花びらが散らされていたといわれています。しかし、陸軍省から受け取りを拒否され、後に秋聲は背景を黒く塗りつぶしました。その理由は定かではありませんが、改作によって作品の印象は大きく変わったといえるでしょう。

《國之楯》1944年、京都霊山護国神社(日南町美術館寄託)
《御旗》1934年、京都霊山護国神社(日南町美術館寄託)

4 戦後を生きる 静寂の日々
戦争画を多く描いた秋聲は、戦後、罪を問われる覚悟の日々を送ったといいます。晩年、体調を崩したこともあり、大規模な展覧会への出品は減り、旅をすることもなくなりました。《天下和順(てんげわじゅん)》には、酒甕の周囲に人々が集まり列をなして踊り興じる様子が画面いっぱいに描かれています。「天下和順」とは天下が治まり平和である状態のことを指しますが、仏典「大無量寿経」にあるこの言葉を秋聲は特に好みました。
1974年、秋聲は88歳で京都で没しました。美術史上で長く忘れられた存在でしたが、近年、従軍画家による戦争画が注目されるなかで秋聲の作品も再評価の機運が高まっています。小早川家所縁の鳥取県にある日南町美術館を中心に今後もさらなる研究が期待されます。

《天下和順》 1956年 鳥取県立博物館
《山を出でます聖》1946年、個人蔵

小早川秋聲 旅する画家の鎮魂歌
Kobayakawa Shusei: A Life of Journey and Requiem
会 期 2021年10月9日(土)〜11月28日(日)
休館日 月曜日(11/22は開館)
開館時間 10:00〜18:00(金曜日〜20:00)※入館は閉館 30 分前まで
入館料 一般 1,100円、高校・大学生 900円、中学生以下無料
※障がい者手帳等持参の方は 100円引き(介添者 1 名は無料)
※チケット購入方法のチケットは日時指定の事前購入制(ローソンチケットで販売)
※ローソンチケットの残数に余裕のある場合に限り美術館で当日券を販売
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため開催内容が変更になる場合があります

住所東京都千代田区丸の内1-9-1
TEL03-3212-2485
WEBhttps://www.ejrcf.or.jp/gallery/
開館時間10:00 ~ 18:00 金曜 〜20:00(最終入場は閉館30分前まで)
休み*2月曜日(祝日の場合は翌平日/ただし会期最終週、ゴールデンウィーク・お盆期間中の月曜日は開館)、年末年始、展示替期間
ジャンル*3近代美術、建築、デザイン、工芸
入場料*4展覧会により異なります。
アクセス*5JR東京駅丸の内北口すぐ、東京メトロ 丸の内線東京駅より約3分、東西線大手町駅より約5分、千代田線二重橋前駅より約7分
収蔵品
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 空欄はオールジャンル *4 イベントにより異なることがあります。高齢者、幼年者、団体割引は要確認 *5 表示時間はあくまでも目安です

東京ステーションギャラリー

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)