W'UP! ★10月12日~2023年2月5日 所蔵作品展「MOMATコレクション」 東京国立近代美術館 (MOMAT)

W'UP! ★10月12日~2023年2月5日 所蔵作品展「MOMATコレクション」 東京国立近代美術館 (MOMAT)
 
山口勝弘《ヴィトリーヌ No.47(完全分析方法による風景画)》 1955年
 

2022年10月12日(水)~2023年2月5日(日)
所蔵作品展「MOMATコレクション」


69年前の実験!
 当館は2022年12月に開館70周年を迎えます。今回のMOMATコレクション展では、初期の重要な展覧会である「抽象と幻想 非写実絵画をどう理解するか」展(1953年12月1日〜1954年1月20日)を振り返ります。開館1周年を迎えるにあたって行われた「抽象と幻想」展は、名品を並べるという従来型 の展示とは異なり、同時代の作家を特定のテーマの下で取り上げる新しい試みでした。「抽象」と「シュルレアリスム(幻想)」というモダンアートの二大潮流をめぐって構成された展覧会とは、果たしてどのような内容だったのでしょうか。7室では、残された資料や記録を元に制作した再現VRを投影します。VR を通して、当時の展示空間を追体験してみてください。8室では、「抽象と幻想」展の出品作品を中心に50年代の作品を展示しています。初期の実験的な展覧会をリアルとヴァーチャルの両面でお楽しみください。

長谷川三郎「抽象と幻想」展 展示パネル(部分)1953年

「解体と再構築」世界の不安と表現の模索 所蔵品ギャラリー4階 3室
 当館のコレクションの中でもとりわけ充実している1920-30年代。第一次世界大戦から第二次世界大戦にかけての時期は、既成の概念や枠組みを超えようとする新しい表現が次々に生まれた時代です。たとえば、対象を断片化・変形して抽象化を進めたり、新聞紙や壁紙など、もとは別の機能を持っていた素材の断片を画面に取り込んだりして、イメージの解体と再構築を試みるような作品が多く現れます。一方で、そういった前衛的な表現と正反対にも見える、素朴さや原始性への憧れ、あるいは古典古代の再発見など、根源性や 普遍性への関心が高まったのもこの時期の興味深い特徴といえるでしょう。こうした模索の背景には、大戦によって世界が受けた傷の深さや、次なる戦争への不安の高まりといったものがうかがえます。

村山知義《コンストルクチオン》1925年
古賀春江《海》1929年

「80年代のニューフェースたち」新時代の新進気鋭 所蔵品ギャラリー2階 12室
 企画展ギャラリーで開催する「大竹伸朗展」(11月1日〜2月5日)にあわせて、大竹が注目を集めるようになった 1980年代の日本にスポットを当てます。この時代には、「ニュー・アカデミズム」「ニュー・ミュージック」「ニュー・ペインティング」といった言葉に象徴されるように、新しい価値に支えられた現象が次々と生まれました。広告文化や雑誌文化が花開き、現代思想がもてはやされ、サブカルチャーが興隆。美術の世界では、大衆文化のイメージを取り込んだ作品や、空間に作品を展開するインスタレーションなど、新しい表現が次々と試みられるようになりました。ここでは、当館のコレクションから、大竹と同様、80年代に若くして活躍するようになった作家たちの作品をご紹介します。

秋岡美帆《そよぎ》1988年
中村一美《方法を持つ者IV》1991-92年

「MOMAT コレクション」では、13,000点を超える所蔵作品から選りすぐりの約200点を、会期ごとに3 フロア、12の部屋に分けて展示します。19世紀末から現代までの日本美術の歴史を、海外作品も交えながら、毎回多様な切口で紹介しています。

所蔵作品展「MOMAT コレクション」
Collection Exhibition MOMAT Collection
会 場 東京国立近代美術館所蔵品ギャラリー4階から2階
会 期 2022年10月12日(水)〜2023年2月5日(日)
休館日 月曜日[ただし1月2日、1月9日は開館]、年末年始(12月28日〜1月1日)、1月10日(火)
開館時間 10:00〜17:00(金曜・土曜は10:00-20:00)※入館は閉館30分前まで
観覧料 一般 500(400)円、大学生 250(200)円
※( )内は20名以上の団体料金。いずれも消費税込
※金曜・土曜の17:00以降は、割引料金。一般 300円、大学生 150円。
※高校生以下および18歳未満、65歳以上は無料。
※障害者手帳をご提示の方とその付添者(1 名)は無料。
無料観覧日:11月3日(文化の日)
ウェブサイト https://www.momat.go.jp
主 催  東京国立近代美術館

同時開催 企画展 「大竹伸朗展」2022年11月1日(火)〜2023年2月5日(日)
公式サイト https://www.takeninagawa.com/ohtakeshinroten/
「大竹伸朗展」のチケットで、入館当日に限り所蔵作品展「MOMAT コレクション」もご覧いただけます。
※新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡散防止のため、開催内容、開館時間等が変更になる可能性がございます。最新情報はウェブサイトにてご確認ください。

住所東京都千代田区北の丸公園3-1
TEL050-5541-8600(ハローダイヤル 9:00~20:00)
WEBhttps://www.momat.go.jp
開館時間*110:00 ~17:00(金曜日・土曜日10:00 ~20:00)※入館は閉館30分前まで
休み*2月(祝休日は開館、翌平日休館)、展示替期間、年末年始
ジャンル*3近代美術、現代美術、日本画、彫刻,洋画、写真、映像
入場料*4企画展はイベントにより異なります
MOMATコレクション 一般 500円、大学生250円 *夜間割引(金曜日と土曜日の午後5時から)一般 300円、大学生150円
アクセス*5東京メトロ東西線竹橋駅1b出口より徒歩3分
収蔵品https://www.momat.go.jp/am/collection/
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 空欄はオールジャンル *4 イベントにより異なることがあります。高齢者、幼年者、団体割引は要確認 *5 表示時間はあくまでも目安です

東京国立近代美術館 (MOMAT)

■コロナ感染拡大防止のための注意事項
・発熱、風邪の症状がある方、体調がすぐれない方はご来館をお控えください。
・入館にあたって非接触型体温計による検温を実施しております。感染症予防のため、37.5度以上のお客様は入館をお断りしますのでご了承ください。
・大人数でのご来館はお避けください。ご来館が集中した場合は、お待ちいただく可能性がございます。
・万が一、館内での感染者の発生が確認された場合、当館ホームページにてお知らせいたします。ご来館されていた日時を確認できるよう、ご自身でご来館日時を記録ください。
・こまめな手洗い、手の消毒にご協力ください。
・マスク着用にご協力ください。
・会場内での会話や発声をすることはお控えください。
・他のお客様と2メートル程度を目安に十分な間隔を保ってご観覧ください。
・壁、展示ケース、作品にはお手を触れないでください。
https://www.momat.go.jp/ge/topics/am20200807/をご参照ください。

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

コメント

*
*
* (公開されません)