W'UP! ★9月10日〜10月16日 アールヌーヴォーからアールデコに咲いたデザイン オールドノリタケ×若林コレクション そごう美術館

W'UP!  ★9月10日〜10月16日 アールヌーヴォーからアールデコに咲いたデザイン オールドノリタケ×若林コレクション そごう美術館

 

2022年9月10日(土)〜10月16日(日)
アールヌーヴォーからアールデコに咲いたデザイン オールドノリタケ×若林コレクション

 明治の開国後、世界に向けて開かれた港「横浜」。激動の時代のなか、森村市左衛門と大倉孫兵衛―横浜にゆかりあるふたりの出会いは、オールドノリタケの発展に大きく貢献しました。
 オールドノリタケとは、明治中期から第二次世界大戦期にかけて、森村組および日本陶器(現・株式会社ノリタケカンパニーリミテド)によって製作・販売・輸出された陶磁器です。19 世紀後半、欧米では万国博覧会が各地で開催され、日本をはじめとする異国への関心が高まりを見せます。そのなかで、明治政府の殖産興業政策の一環として陶磁器の生産が強化され、万国博覧会などを通じて欧米諸国に紹介されました。
 こうした時代に創業されたのが森村組です。この森村組の関連会社として設立された日本陶器は、アメリカの販売拠点であるモリムラブラザーズとの協同により、当時の欧米の顧客ニーズをいち早く取り入れ、新しいデザインの陶磁器を次々と生み出していきました。
 本展では、オールドノリタケの陶磁器やデザイン画などをご紹介いたします。アールヌーヴォーの華麗な絵付けを施された作品や、アールデコの可憐なモチーフが儚く咲いた作品など、欧米に学びながらも独創性を開花させた意匠、技法、器種を網羅する若林コレクションから、オールドノリタケのさまざまに咲いた色彩とデザインをお楽しみください。

展覧会のポイント

オールドノリタケの優れた技巧をご覧いただけます。
 明治工芸の細密描写は、近年大きな注目を集めています。明治輸出工芸の流れをくむオールドノリタケの職人たちは、欧米に学びながら、さまざまな技法を探求・駆使し、陶磁器を生み出していきました。本展では、オールドノリタケを構成する優れた技巧を、解説と共にご覧いただけます。
オールドノリタケを、「モチーフ」、「スタイル」、「テクニック」、「ファンクション」の 4 つの観点から読み解きます。
 本展では、制作技法はじめ、作品に描かれたモチーフ、デザインの様式、陶磁器の器種と、4 つの観点からオールドノリタケを紹介・解説いたします。さまざまな角度から、オールドノリタケをお楽しみいただけます。
華やかなオールドノリタケのテーブルセッティングをお楽しみいただけます。
 オールドノリタケの作品をコーディネートし、展示室内に華やかなアフタヌーンティーのテーブルを再現いたします。テーブルセッティングは、横浜市在住のテーブルコーディネーター・竹内薫氏にご担当いただきます。

「横浜」とオールドノリタケ
 オールドノリタケには、横浜にゆかりある二人の人物が関わっています。森村市左衛門と大倉孫兵衛です。横浜で商売を行っていた二人は意気投合し、やがて義兄弟となりました。
 ふたりの出会いと活躍は、オールドノリタケの発展に大きく貢献していくこととなります。
 森村市左衛門(1839-1919)は、森村組・日本陶器の創始者です。武具商に生まれましたが貿易商を志し、横浜において、舶来品を仕入れ、武家に販売する商いを始めます。こののち、アメリカに渡った弟・豊と共に、陶磁器の製造・輸出・販売を行っていくこととなります。
 大倉孫兵衛(1843-1921)は、江戸・日本橋の絵草子屋に生まれます。横浜では、外国人を相手に錦絵の販売などを行っていました。美術に関する優れた感性を活かして、主にデザインの面で手腕をふるいました。のちに、息子・和親とともに大倉陶園を創始します。

アールヌーヴォーからアールデコに咲いたデザイン オールドノリタケ×若林コレクション
会 期 2022年9月10日(土)〜10月16日(日)
会 場 そごう美術館(神奈川県横浜市西区高島2-18-1 そごう横浜店 6階)
時 間 10:00〜20:00
休館日 会期中無休
観覧料 ※事前予約不要
一般1,200(1,000)円、大学・高校生1,000(800)円、中学生以下無料
※消費税含む。
※( )内は、前売および以下をご提示の方の料金です。[クラブ・オン/ミレニアムカード、クラブ・オン/ミレニアム アプリ、セブンカード・プラス、セブンカード] 
※障がい者手帳各種をお持ちの方、およびご同伴者1名さまは無料でご入館いただけます。
※前売券は、9月9日(金)まで、そごう美術館またはセブンチケット、ローソンチケット、イープラス、チケットぴあにてお取り扱いしております。
※入館は閉館の 30 分前まで。
※そごう横浜店の営業時間に準じ、変更になる場合がございます。
そごう美術館 公式サイト https://www.sogo-seibu.jp/common/museum/archives/22/noritake/
主 催 そごう美術館、東京新聞
後 援 神奈川県教育委員会、横浜市教育委員会
協 賛 株式会社そごう・西武


次回展覧会のご案内

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、一部内容や時間を変更する場合がございます。あらかじめ、ご了承ください。

神奈川書家三十人展第35回特別記念 神奈川の書 すべてを魅せる100人
2022年10月21日(金)~10月30日(日)
 1988年の第1回目の開催以来書の魅力を県民に紹介する目的で県内著名作家の新作を流派を越えて展覧する展覧会。5年に一回30人から100人に拡大して特別開催いたします。


片岡球子 面構(つらがまえ) たちむかう絵画
2023年1月1日(日・祝)~1月29日(日)
片岡球子は1905(明治38)年札幌市生まれ。61歳で愛知県立芸術大学開校に際し日本画科主任教授就任、若い学生と共に新たな日本画を目指す決意のもと「面構」シリーズを制作開始しました。「面構」は2004(平成16)年まで38年間44点を出品したライフワークです。
本展は、片岡の迫力ある面構シリーズの初期から晩年までを網羅した初の展覧会。面構の創造の過程を含めたデッサン帖や初公開の小下図など資料と共に最晩年までの本画約45点をかつてない規模で集結した最初で最後の大展覧会です。

出展作品:(画像左から順に)《面構 葛飾北斎》1971(昭和46)年 神奈川近代美術館蔵、《面構 喜多川歌麿・鳥居清長》1972(昭和47)年 神奈川近代美術館蔵、《面構 狂言作者河竹黙阿弥・浮世絵師三代豊国》1983(昭和58)年 神奈川近代美術館蔵、《面構 国貞改め三代豊国》1977(昭和51)年 神奈川近代美術館蔵 ほか


現代の切り絵 7人のミューズ展
2023年2月4日(土)~3月19日(日)
 「切り絵」は紙という素材の特性を最大限に活かしながら、ハサミやナイフでカットすることで素晴らしい芸術になります。切り絵の創作技法や作風は作家によりさまざまで、作品には個性と特色があふれ、作家自身の創作に向かう強い想いが伝わってきます。
 本展は、日本を代表する現代の女性切り絵作家7人に焦点をあて、代表作をはじめ新作を含めた計100点以上を展観いたします。

出品作家:蒼山日菜、SouMa、筑紫ゆうな、福井利佐、切り剣Masayo、松原真紀、柳沢京子
出展作品:(画像左から順に)蒼山日菜《Voltaire》2009年、SouMa《枝垂れ玉花》2021年、筑紫ゆうな《無題》2019年、福井利佐《S博士》水道橋博士著「藝人春秋」文藝春秋社(文春文庫)の表紙絵 2012年、切り剣 Masayo《海蛸子》2018年、松原真紀《本望》2019年、柳沢京子《ギュー、して。》「母子像」より 2021年 ほか

住所神奈川県横浜市西区高島2-18-1 そごう横浜店 6階
TEL045(465)5515
WEBhttps://www.sogo-seibu.jp/common/museum/
開館時間10:00~20:00(入館は閉館の30分前まで)※そごう横浜店の営業時間に準じます。

そごう美術館

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

コメント

*
*
* (公開されません)