コロナ対策のため休館、営業時間の変更、または事前予約が必要な場合があります。ご来場の際は必ずご確認ください。

W'UP! ★ 9月18日~12月12日 ゴッホ展 —— 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント 東京都美術館 企画展示室

W'UP! ★ 9月18日~12月12日 ゴッホ展 —— 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント 東京都美術館 企画展示室

2021年9月18日(土)~12月12日(日)
ゴッホ展 —— 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント

 ゴッホに魅了された
 収集家ヘレーネ・クレラー=ミュラー

 今日、世界中で絶大な人気を誇るフィンセント・ファン・ゴッホ(1853-1890)。その世界最大の個人収集家がヘレーネ・クレラー=ミュラー(1869-1939)です。ファン・ゴッホに魅了され、画家がまだ評価の途上にあった1908年からおよそ20年間で、90点を超える油彩画と約180点の素描・版画を収集しました。
 本展では、ヘレーネが初代館長を務めたクレラー=ミュラー美術館のコレクションから、選りすぐりのファン・ゴッホの油彩画28点と素描・版画20点を展示します。新印象派の影響を色濃く見せるパリ時代の《レストランの内部》、黄と紫の対照がまばゆいアルル時代の《種まく人》、糸杉を描いたサン=レミ時代の傑作《夜のプロヴァンスの田舎道》などで、その初期から晩年までの画業をたどります。また、ミレー、ルノワール、スーラ、ルドン、モンドリアンらの作品20点もあわせて展示し、ファン・ゴッホ作品を軸に近代絵画の展開をたどるべく築かれた、ヘレーネの類まれなコレクションをご紹介します。
 さらに、ファン・ゴッホ美術館から《黄色い家(通り)》を含む4点を展示し、20世紀初頭からファン・ゴッホの人気と評価が飛躍的に高まっていく背景にも注目します。

フィンセント・ファン・ゴッホ 《夜のプロヴァンスの田舎道》
1890年5月12-15日頃 油彩、カンヴァス 90.6×72cm
クレラー=ミュラー美術館蔵©Kröller-Müller Museum, Otterlo, The Netherlands

フィンセント・ファン・ゴッホ 《麦わら帽子のある静物》
1881年11月後半-12月半ば 油彩、カンヴァスに貼った紙 36.5×53.6cm
クレラー=ミュラー美術館蔵 ©Kröller-Müller Museum, Otterlo, The Netherlands

フィンセント・ファン・ゴッホ 《レストランの内部》
1887年夏 油彩、カンヴァス 45.5×56cm 
クレラー=ミュラー美術館蔵 ©Kröller-Müller Museum, Otterlo, The Netherlands

フィンセント・ファン・ゴッホ 《糸杉に囲まれた果樹園》
1888年4月 油彩、カンヴァス 64.9×81.2cm 
クレラー=ミュラー美術館蔵 ©Kröller-Müller Museum, Otterlo, The Netherlands

フィンセント・ファン・ゴッホ 《レモンの籠と瓶》
1888年5月 油彩、カンヴァス 53.9×64.3cm 
クレラー=ミュラー美術館蔵 ©Kröller-Müller Museum, Otterlo, The Netherlands

フィンセント・ファン・ゴッホ 《サン=レミの療養院の庭》
1889年5月 油彩、カンヴァス 91.5×72cm 
クレラー=ミュラー美術館蔵 ©Kröller-Müller Museum, Otterlo, The Netherlands

フィンセント・ファン・ゴッホ 《悲しむ老人(「永遠の門にて」)》
1890年5月 油彩、カンヴァス 81.8×65.5cm 
クレラー=ミュラー美術館蔵 ©Kröller-Müller Museum, Otterlo, The Netherlands

フィンセント・ファン・ゴッホ 《黄色い家(通り)》
1888年9月 油彩、カンヴァス 72×91.5cm
ファン・ゴッホ美術館(フィンセント・ファン・ゴッホ財団)蔵 ©Van Gogh Museum, Amsterdam(Vincent van Gogh Foundation)

展覧会の見どころ

1 《糸杉》の傑作、16年ぶりの来日!
 「〈ヒマワリ〉のような作品にしたい」と、ファン・ゴッホがサン=レミで本格的に取り組み始めたのが、糸杉でした。まばゆい色彩の中で異彩を放つ、糸杉の濃い緑色の色調に心を奪われながらも、弟テオに宛てた手紙ではそれを表現する難しさがいくども吐露されています。おそらく南仏滞在の最後に制作されたプロヴァンスの集大成といえる作品、16年ぶりの来日です。

2 ゴッホを「ゴッホ」たらしめた立役者の一人ヘレーネ・クレラー=ミュラー
 ファン・ゴッホの芸術に魅了されたヘレーネは、その感動を多くの人々と分かち合い、作品を後世に伝えるべく早くから美術館の設立を考えていました。質の高い作品を選び、初期から晩年までの画業が辿れるよう体系的に収集していきます。美術館設立以前から、コレクションを公開し、国内外の数々の展覧会に快く作品を貸し出しました。本展では、ファン・ゴッホの作品を世に広め、評価が確立される土壌を育んだヘレーネ・コレクションをじっくりとご堪能いただけます。

3 《黄色い家(通り)》も!ゴッホ作品ぞくぞく。52点をご紹介!
 ヘレーネのコレクションに加え、ファン・ゴッホの没後に弟テオ、テオの妻ヨー、そしてその息子へと引き継がれた、ファン・ゴッホ美術館のコレクションから、《黄色い家(通り)》なども特別に出品されます。ファン・ゴッホの油彩画、素描、版画、合計52点が一堂に鑑賞できる機会となります。

出品点数(合計)72点
ファン・ゴッホの油彩画計32点(クレラー=ミュラー美術館28点、ファン・ゴッホ美術館4点)
ファン・ゴッホの素描・版画20点(クレラー=ミュラー美術館)
ファン・ゴッホ以外の画家の油彩画20点(クレラー=ミュラー美術館)

ピエール=オーギュスト・ルノワール 《カフェにて》
1877年頃 油彩、カンヴァス 35.7×27.5cm 
クレラー=ミュラー美術館蔵 ©Kröller-Müller Museum, Otterlo, The Netherlands

オディロン・ルドン 《キュクロプス》
1914年頃 油彩、板に貼った厚紙 65.8×52.7cm 
クレラー=ミュラー美術館蔵 ©Kröller-Müller Museum, Otterlo, The Netherlands

ピート・モンドリアン 《グリッドのあるコンポジション5:菱形、色彩のコンポジション》
1919年 油彩、カンヴァス 63×63cm 
クレラー=ミュラー美術館蔵 ©Kröller-Müller Museum, Otterlo, The Netherlands

 

ヘレーネ・クレラー=ミュラー
©Kröller-Müller Museum, Otterlo, The Netherlands

ヘレーネ・クレラー=ミュラー
ヘレーネは、1869年、ドイツの小さな村ホルストで生まれました。彼女がまだ幼いころ、父親のウィルヘルムはWm.H.ミュラー社を設立し、石炭や鉄を出荷する事業で成功を収めました。勉強熱心だったヘレーネは教師の道を志しますが、両親の反対を受け断念。1888年、ミュラー社の社員だったアントン・クレラーと結婚します。夫妻はオランダに移住し、そこでヘンク・ブレマーの講義を受けたことで、ヘレーネは美術の世界への扉を開きます。ブレマーの助言を受けながら作品収集を始めた彼女は、いつか自分のコレクションを多くの人々と共有できる美術館をつくりたいと考えるようになります。第一次世界大戦の勃発や世界恐慌、会社の経済的危機など、いくつもの困難が立ちはだかりますが、熟慮を重ねて築き上げた彼女のコレクションは、1930年代にはヨーロッパ各国やアメリカなどでも高く評価されるようになっていきました。1935年、コレクションはオランダ政府に寄贈され、1938年にクレラー=ミュラー美術館が開館。ヘレーネは初代館長に就任しました。長年の夢を実現した翌年、ヘレーネは70歳でこの世を去りました。

 展覧会「ゴッホ展――響きあう魂 ヘレーネとフィンセント」では、俳優の鈴木拡樹さんが音声ガイドナビゲーターを務めることに決定いたしました。つきましては、下記の通り、鈴木拡樹さんのコメントをご紹介いたします。

鈴木拡樹さんコメント
ゴッホ展の音声ガイドを担当します、鈴木拡樹です。僕にとってフィンセント・ファン・ゴッホという人物は、実は 2016 年に舞台で演じておりまして、このご縁にとても感謝しております。ゴッホについてですが、皆さんの中にもきっと情熱の人であったりとか炎の人というイメージが強いと思います。作品もすごく力強い作品が多くて、皆さんも「ひまわり」という代表作、よくご存じだと思うのですが、今回の音声ガイドを担当しまして、ゴッホは黄色の色とか、そういうものに凄くこだわりを持って様々な色を混ぜていたということを新たに知ることができました。 まだまだ奥が深いゴッホですが、今回ゴッホ展をやるにあたって、16 年ぶりに《夜のプロヴァンスの田舎道》という作品が日本にやってまいります。この作品を見て頂きたいなと、僕は一押しにしております。本当に真ん中から上に向かって生えている糸杉が凄く印象的で、一番星のように輝く星であったり、月も隣に描かれているのですが、本当に吸い込まれていく感じを受けます。そんな作品を間近でぜひ、体験してみてほしいと思います。 東京都美術館で開催の「ゴッホ展」、ぜひゴッホの絵とともに、音声ガイドをお楽しみ下さい。

ゴッホ展 —— 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント
会 場 東京都美術館 企画展示室
期 間 2021年9月18日(土)~12月12日(日)
休室日 月曜日、9月21日(火)
※ただし9月20日(月・祝)、11月8日(月)、11月22日(月)、11月29日(月)は開室
開室時間 9:30~17:30(入室は閉室の30分前まで)
観覧料 一般 2,000円、大学生・専門学校生 1,300円、65歳以上 1,200円
※本展は日時指定予約制となっております。
詳細は公式サイトへ。https://gogh-2021.jp
※オンライン・プレイガイドでの予約が難しい方を対象に当日の入場枠を設けておりますが、ご来場時に予定枚数が終了している場合があります。
※高校生以下(未就学児は日時指定予約不要)は無料(日時指定予約必要)。
※身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその付添いの方(1名まで)は無料(日時指定予約不要)。
※高校生、大学生、専門学校生、65歳以上の方、各種お手帳をお持ちの方は、証明できるものをご提示ください。
巡回
福岡市美術館 2021年12月23日(木)~2022年2月13日(日)
名古屋市美術館 2022年2月23日(水・祝)~4月10日(日)
※展示作品、会期等については、今後の諸事情により変更する場合がありますので、展覧会公式サイト等でご確認ください。
東京展 展覧会お問い合わせ 050-5541-8600(ハローダイヤル)

東京都美術館

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す