W'UP!★12月9日~12月18日 前田勝介個展「旅に出よう!」100年前のパリへ ギャラリーリトルハイ(中野)

W'UP!★12月9日~12月18日 前田勝介個展「旅に出よう!」100年前のパリへ ギャラリーリトルハイ(中野)

 

2022年12月9日(金)~12月18日(日)
前田勝介個展「旅に出よう!」100年前のパリへ

 高級ブランド「ルイ・ヴィトン」のアンティークトランクの世界的にも有数のコレクターである前田勝介氏。その自身の所蔵するトランクコレクョンを資料として、独自の製法で精密に再現した世界で唯一の紙で制作されたミニトランクは、それぞれ細部のディテールやひとつひとつの固有の旅の傷までも忠実に再現しています。その精巧なペーパーミニトランクは、ヨーロッパや米国を中心にコレクターがおり、フランスのトランク博物館にも収蔵されています。
 今回前田氏は100年前のパリの風景を中心にさまざまな歴史的事実をテーマにして小さな額の中にそのペーパーミニトランクをジオラマのように収めた美しいアートフレーム作品を制作しました。それはまるで時が封じ込められた箱のようであり、観る者に美しさと浪漫を感じさせ100年前の世界へと誘ってくれます。
 今回の個展ではそのアートフレーム作品約30点が展示・販売されます。まるで歴史の一コマを切り取って当時の空気感と時間を封じ込めたような小さなフレームの中を眺めながら、ペーパーミニトランクと一緒に時空を超えた素敵な旅にでかけて下さい。
※上写真:タイタニック号のポスターを背景にしたペーパーミニトランク。タイタニック号の事故に際してルイ・ヴィトンのトランクには、「トランクを浮き輪代わりにして助かった人がいる」「数十年後引き上げた時にトランクの中身が水にぬれず綺麗に残っていた」という二つの伝説があります。

 タイタニック号のポスターを背景にしたペーパーミニトランク。タイタニック号の事故に際してルイ・ヴィトンのトランクには、「トランクを浮き輪代わりにして助かった人がいる」「数十年後引き上げた時にトランクの中身が水にぬれず綺麗に残っていた」という二つの伝説があります。

前田勝介略歴
 イタリア・モダン家具製造・販売会社アルフレックス・ジャパンにて、製品開発・デザインを担当、ミラノ長期出張で「物の在り様」について多くを学んだ。その後、建築事務所チニ・ボエリ(MILANO)に勤務、帰国後、東京・六本木にデザインスタジオを開設、日本のリーディング・カンパニーと多岐にわたるデザイン業務を遂行した。その間に収集したルイ・ヴィトントランクは約100点。そのほとんどが1880年代から1940年代に受注生産で作られた貴重な物であり、関連小物や広告など当時の資料を含めた1000点以上の膨大なプライベートコレクションを展示会や個人ミュージアムなどで公開している。

前田勝介個展 「旅に出よう!」100年前のパリへ
会 場 ギャラリー リトルハイ(東京都中野区中野5-52-15 中野ブロードウェイ4F)
開催日時 2022年12月9日(金)~12月18日(日)
休 日 12月14日水曜休廊
開催時間 12:00~17:00
入場無料
URL https://www.little-high.com/
アクセス JR中央線・JR総武線・東京メトロ東西線「中野駅」北口よりサンモール商店街を通り徒歩3分
※コロナウイルスの影響等により開催期間の変更、開催時間の変更、入場規制や開催中止等となる場合もございますので、必ず出発前に公式ホームページにて最新情報をご確認下さい。

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

コメント

*
*
* (公開されません)