W'UP!★10月6日~11月20日  SIDE CORE / EVERYDAY HOLIDAY SQUAD「under pressure note」 NADiff Gallery

W'UP!★10月6日~11月20日  SIDE CORE / EVERYDAY HOLIDAY SQUAD「under pressure note」 NADiff Gallery

 

2022年10月6日(木)~11月20日(日)
SIDE CORE / EVERYDAY HOLIDAY SQUAD「under pressure note」


 この度、NADiff Galleryでは、SIDE CORE / EVERYDAY HOLIDAY SQUADの展覧会「under pressure note」を開催いたします。SIDE CORE は高須咲恵、松下徹、西広太志によるアートチームです。2012年の活動開始以来、ストリートカルチャーの視点からのアート作品制作やプロジェクトを企画し、展開しています。グラフィティやストリートカルチャーをベースに都市空間や公共空間でさまざまなアプローチを試みるアーティストの展覧会企画に始まり、街中を歩きながら作品を設置したり、建築やグラフィティを鑑賞する「MIDNIGHT WALK tour」など、これまで表層化されなかった都市の姿を視覚化してきました。
 一方、EVERYDAY HOLIDAY SQUAD(EHS)は、SIDE CORE同様にストリートを起点として2015年に活動をスタートした匿名のアーティスト集団です。「Reborn-Art Festival 2017」でSIDE COREが企画した「rode work」でも発表された、作業着を着たスケーター達が工事現場を模したスケートパークを作り出す作品シリーズ「rode work」(2017−2018)など、都市や公共空間への介入、路上でのアクションによって、その土地の見え方に変化をもたらす作品を発表しています。
 本展は2021年に青森公立大学国際芸術センター青森(ACAC)で開催された、SIDE CORE / EVERYDAY HOLIDAY SQUAD個展「under pressure」の記録集刊行記念展となります。「under pressure」はこの時代における循環をテーマに、青函トンネルなど東北の土木を題材として開催された展覧会でした。
 本展では、地下ギャラリースペースにてEHSが「under pressure」でテーマとしたトンネルのリサーチに関する作品シリーズの新作を展示。10月7日に開催されるトークイベントでは、国際芸術センター青森学芸員の慶野結香氏を迎えSIDE COREとともにACACでの展覧会を振り返ります。

SIDE CORE EVERYDAY HOLIDAY SQUAD個展「under pressure」展示風景(2021年、青森公立大学 国際芸術センター青森)Photo by OMOTE Nobutada
SIDE CORE EVERYDAY HOLIDAY SQUAD個展「under pressure」展示風景(2021年、青森公立大学 国際芸術センター青森)Photo by OMOTE Nobutada
SIDE CORE EVERYDAY HOLIDAY SQUAD個展「under pressure」展示風景(2021年、青森公立大学 国際芸術センター青森)Photo by OMOTE Nobutada


トークイベントについて
SIDE CORE × 慶野結香
2021年4~6月に青森公立大学国際芸術センター青森で開催されたSIDE CORE / EVERYDAY HOLIDAY SQUAD個展「under pressure」について、担当学芸員の慶野結香氏とともに振り返ります。ぜひご参加ください。
登壇者 SIDE CORE(高須咲恵、松下徹、西広太志)、慶野結香(キュレーター/青森公立大学 国際芸術センター青森[ACAC]学芸員)
開催日 2022年10月7日(金)18:45開場、19:00~20:00
開催場所 NADiff a/p/a/r/t 店内
参加費 1,100円(税込)
定員 30名
予約URL http://www.nadiff-online.com/?pid=170450097

書籍情報
『under pressure』SIDE CORE / EVERYDAY HOLIDAY SQUAD
発行 カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社、美術出版社 書籍編集部
発売 株式会社 美術出版社
仕様 305×225mm、64ページ
発行日 2022年4月
価格 1,650円(税込)
オンラインショップ http://www.nadiff-online.com/?pid=168337255

アーティストプロフィール

SIDE CORE
 2012年より活動開始。メンバーは高須咲恵、松下徹、西広太志。ストリートカルチャーの視点から公共空間を舞台にしたプロジェクトを展開。路上でのアクションを通して、風景の見え方・在り方を変化させることを目的としている。野外での立体作品や壁画プロジェクトなど様々なメディアを用いた作品を発表。主な展覧会に「水の波紋」(2021、ワタリウム美術館、東京)、「under pressure」(2021、国際芸術センター青森、青森)、「Alternative Kyoto」(2021、京都)などがある。Reborn-Art Festival 2017、2019、2022に参加。

SIDE CORE(Photo by Shin Hamada)

EVERYDAY HOLIDAY SQUAD
 2015年度よりSIDE COREと共に活動する匿名アーティストグループ。アーティスト、キュレーター、映像作家等が参加している。ストリートカルチャーの視点から都市空間やそこにあるルールに介入していく、遊び心溢れたアート作品を制作している。主な展覧会に「水の波紋」(2021,ワタリウム美術館)、「under pressure」(国際芸術センター青森, 2021)などがある。

EVERYDAY HOLIDAY SQUAD

SIDE CORE / EVERYDAY HOLIDAY SQUAD「under pressure note」
期 間 2022年10月6日(木)~11月20日(日)
会 場 地下1階 NADiff Gallery(東京都渋谷区恵比寿1-18-4 NADiff A/P/A/R/)
入 場 無料
主 催 NADiff a/p/a/r/t
お問い合わせ 03-3446-4977(営業時間内)
営業日 木、金、土、日、祝
営業時間 13:00~19:00
展覧会ページ http://www.nadiff.com/?p=28817

NADiff Gallery

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

コメント

*
*
* (公開されません)