W'UP! ★9月21日~11月27日 北斎ブックワールド ―知られざる板本の世界― すみだ北斎美術館

W'UP! ★9月21日~11月27日 北斎ブックワールド ―知られざる板本の世界― すみだ北斎美術館
 
葛飾北斎『北斎漫画』八編 すみだ北斎美術館蔵(通期)

2022年9月21日(水)~11月27日(日)
北斎ブックワールド ―知られざる板本の世界―

 江戸時代に描かれた浮世絵の形態のひとつに、板本(はんぽん)※ があります。北斎は物語の挿絵であったり、自らの絵を集めた絵手本(えでほん)であったりと、たくさんの板本を出版しました。本展では、北斎や門人が描いた板本作品約110点を展示。江戸時代から伝えられた板本の魅力をご紹介します。
 浮世絵と聞くと、「冨嶽三十六景」のような一枚の紙に摺られた木版画がイメージされます。もともとそうした一枚摺の木版画は、板木に文字や挿絵を彫って摺ったものを本に仕立てた「板本」から、次第に絵のみが独立したともいわれます。
 浮世絵師・葛飾北斎は、板本にも絵を描いています。物語の挿絵であったり、自らの絵を集めた絵手本(えでほん)であったりと、たくさんの板本を出版しました。北斎絵手本の代表作として知られる『北斎漫画』には、江戸時代の板本を読む人々が描かれています。人々がくつろぎながら読みふけって楽しむ様子は現在と変わりません。本展では、このような板本に注目し、その魅力を紹介します。
※版本とも表記しますが、北斎が活躍した江戸時代後期の本は、一枚の板を彫った板木を摺ってつくる本が主流であったため、本展では板本の表記を使用します。

本展の見どころ

展示室にずらりと並ぶ板本、約110点!
 北斎や門人によって挿絵が描かれた板本は、絵画表現が工夫されているため、内容に惹きこまれます。本展では北斎や門人が描いた板本、前後期あわせて約110点を展示。出版文化が花開いた江戸時代に、読者が感じていた「読む」楽しさをご紹介します。
知れば知るほど奥が深い!【ここに注目】パネルで解説。
 板本に関する用語のほか、作品の注目すべき点や、端々に残る読者・所蔵者の痕跡をパネルで解説。ポイントをおさえながら鑑賞していくと、見終わる頃には板本の世界に夢中⁉

展示構成
序章 板本の中の板本を読む人々

1章 板本の基礎知識
 北斎が浮世絵師として活躍する頃には、板本の大きさや形式などが定まっていました。本章では、板本を鑑賞するための予備知識として、本を学問の対象としている書誌学の成果に基づき、板本の形態や、板木や包み紙、内容(ジャンル)による分類など、板本に関する基礎的な知識を紹介します。

葛飾北斎『椿説弓張月』続編 巻四 すみだ北斎美術館蔵(通期)
葛飾北斎『略画早指南』初編 すみだ北斎美術館蔵(通期)

2章 板本に関するトピックス
 板本をみていると、北斎や門人が板本のために工夫した絵画表現などが目にとまります。また、板本は手作りのため全く同じものはありません。同じ書名でも見比べてみると、薄墨(うすずみ)や濃墨(こずみ)が省略されていたり、細かな部分が変わっていたりする例もあります。2章では、板本の挿絵にみられる絵画表現や、現在から考えると少し変わった事例などの紹介、初摺(しょずり)と後摺(あとずり)などの比較など、板本の奥深さをご覧いただきます。

上:葛飾北斎『飛騨匠物語』下、下:葛飾北斎『新板 飛騨匠物語』四
いずれもすみだ北斎美術館蔵(通期)
葛飾北斎『絵本隅田川 両岸一覧』上 すみだ北斎美術館蔵(頁を替えて通期展示)

3章 所蔵者・読者の痕跡
 すみだ北斎美術館が所蔵している板本は、江戸時代に作られた後、数人の手を経て伝えられてきたものです。板本には蔵書印や、所蔵者や読者による書き込みなどがみられます。大事に伝えられてきた証、ときには心無くいたずら書きされてしまったものなど、北斎が生きた時代から現在までの150年以上の間にのこされた、所蔵者・読者の痕跡を紹介します。

4章 板本の優品
 板本には墨一色で摺られた本が多いですが、錦絵のような多色摺の本もあります。本の形のため、閉じた状態で保存されてきたことで、褪色が少なく非常に鮮明な色のまま伝えられている板本もあります。4章ではそのような優品や遺存数の少ない希少本、また北斎のターニングポイントになった板本を展示します。
必見!同館初公開の希少本

葛飾北斎『さむたらかすみ』すみだ北斎美術館蔵(前期)

必見!美しく鮮やかな銀色の波

魚屋北溪『三都廼友会』すみだ北斎美術館蔵(前期)

会 期 2022年9月21日(水)~11月27日(日)
 前期 9月21日~10月23日
 後期 10月25日~11月27日
開館時間 9:30~17:30(入館は17:00まで)
休館日 毎週月曜日
※開館 10月10日(月・祝)、休館:10月11日(火)
会 場 すみだ北斎美術館3階企画展示室
主 催 墨田区・すみだ北斎美術館
ホームページ https://hokusai-museum.jp/

観覧料 一般 1,000円、高校生・大学生 700円、65歳以上 700円、中学生 300円、障がい者 300円、小学生以下 無料
※団体でのご来館は、当面の間、受付を行いません。
・中学生、高校生、大学生(高専、専門学校、専修学校生含む)は生徒手帳または学生証をご提示ください。
・65歳以上の方は年齢を証明できるものをご提示ください。
・身体障がい者手帳、愛の手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳、被爆者健康手帳などをお持ちの方及びその付添の方1名まで、障がい者料金でご覧いただけます。入館の際は、身体障がい者手帳などの提示をお願いします。
・観覧日当日に限り、AURORA(常設展示室)、常設展プラスもご覧になれます。

前売券 本展前売券(通常料金の20%引き)を以下の期間で販売いたします。
販売期間 2022年6月21日(火)から2022年9月20日(火)まで
※9月20日(火)は休館日につき、当館での販売は9月19日(月・祝)まで
前売券/当日観覧券の販売場所など詳細はこちら→ https://hokusai-museum.jp/modules/Topic/topics/view/1617

関連イベント

スライドトーク「北斎ブックワールド」展の見どころ
講師 本展担当学芸員
日時 10月1日(土)、11月19日(土)各日14:00〜14:30(開場 13:30)
会場 MARUGEN100(講座室)
定員 未定。最新情報はホームページをご確認ください。
料金 無料(ただし、企画展前売券か観覧券、または年間パスポートが必要です)

講演会「板本を見る、板本に触れる」
講師 堀川貴司/慶應義塾大学附属研究所斯道文庫教授
日時 11月5日(土)14:00〜15:30(開場 13:30)
会場 MARUGEN100(講座室)
定員 未定。最新情報はホームページをご確認ください。
料金 無料(ただし、企画展前売券か観覧券、または年間パスポートが必要です)

新型コロナウイルス感染予防・拡大防止のため、会期・開館時間・観覧料・イベント・講演会の開催など変更、中止の可能性がございます。
最新の状況は、すみだ北斎美術館公式ホームページにて最新情報をご確認ください。

ご来館にあたってのお願い
すみだ北斎美術館では、新型コロナウイルス感染拡大防止への取り組みを引き続き行います。
ご来館の皆さまに、マスクの着用や手指の消毒等のご協力をお願いしています。
館内の人数が上限値を超えた場合は、入場制限を行う場合があります。
そのほか詳細はすみだ北斎美術館ホームページ「ご来館のお客様へのお願い」をご一読ください。

住所東京都墨田区亀沢2-7-2
TEL03-6658-8936
WEBhttps://hokusai-museum.jp/
開館時間*19:30 ~ 17:30(入館は 17:00まで)
休み*2月(祝日または振替休日の場合は開館、翌平日閉館)
ジャンル*3浮世絵
入場料*4常設展示 大人400円、高・大生、専門学校、65歳以上300円(企画展は別)
アクセス*5大江戸線両国駅A3出口より徒歩5分、JR両国駅東口より徒歩9分
収蔵品https://hokusai-museum.jp/modules/Collection/
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 空欄はオールジャンル *4 イベントにより異なることがあります。高齢者、幼年者、団体割引は要確認*5 表示時間はあくまでも目安です

すみだ北斎美術館

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

コメント

*
*
* (公開されません)