コロナ対策のため休館、営業時間の変更、事前予約が必要な場合がございます。ご来場の際は各施設に直接ご確認ください。

W'UP! ★ 12月21日~2022年2月27日 北斎で日本史 ―あの人をどう描いたか― すみだ北斎美術館

W'UP! ★ 12月21日~2022年2月27日 北斎で日本史 ―あの人をどう描いたか― すみだ北斎美術館

2021年12月21日(火)~2022年2月27日(日)
北斎で日本史 ―あの人をどう描いたか―

 

 本展では日本の歴史に焦点をあて、葛飾北斎やその弟子などが歴史上の人物や事件を描いた作品を集めます。主に高等学校の日本史の授業で習う人物や事件を軸にしますが、当時の歴史観に基づき神話の時代から安土・桃山時代、そして北斎の生きた江戸時代の歴史的事象を描いた作品、弟子の描いた明治時代の錦絵までを展示します。紫式部や武田信玄など、どこかで名前をきいたことがある、あの人も登場しますので、今までイメージしていた人物像と比べながら、北斎を身近に感じるよい機会になりそうです。

本展の見どころ
見どころ(1) 北斎や弟子が描いた作品とともに、歴史小説や物語等でも有名な歴史的場面を楽しめます。
見どころ(2) 北斎や弟子が描いたイメージから、作品が描かれた江戸時代当時の歴史の見方をうかがい知ることができます。
見どころ(3) 高校日本史で習う歴史用語の解説や、北斎や弟子の作品に描かれているポイントも一部解説しています。

本展のハイライト

コノハナノサクヤビメ 『富嶽百景』の最初のページに描かれた神

 『富嶽百景』は北斎の富士図を約100図収載した版本で、本図はその最初のページに描かれたコノハナノサクヤビメです。衣服をチリチリとした線で表現するなど、北斎の描く美人画の特徴がみられます。
 コノハナノサクヤビメは『日本書紀』や『古事記』に登場する神で、富士山麓にある浅間神社の御神体としてまつられています。

葛飾北斎『富嶽百景』初編 木花開耶姫命 すみだ北斎美術館蔵(通期)

仏教伝来 北斎が描いた仏教伝来の歴史的場面

 『三国伝来記』は善光寺(長野県)本尊の由来記の挿絵を北斎が描いたものです。本尊は百済(くだら)の聖明王(せいめいおう)から伝えられた仏像としています。本図は御簾の奥の欽明(きんめい)天皇へ、二人の百済の僧が鳳輦(ほうれん)を捧げている場面です。本尊の仏像は描かれていませんが、鳳輦の中にあると考えられます。
 日本史の教科書で習う「仏教伝来」は、公式には百済の聖明王が欽明天皇に仏像や経典を伝えたといわれていることから、本図はまさに日本に仏教が伝わった歴史的場面といえます。

葛飾北斎『三国伝来記』第一図 すみだ北斎美術館蔵(前期)


一の谷の戦い 城郭の構図や騎馬が連なる表現に注目

 本図は平家物語にも登場する「一の谷の戦い」を北斎が浮絵(*1)に描いた作品です。一の谷の戦いでは、源義経は平氏軍の背後に位置する鵯越(ひよどりごえ)の断崖をかけ降りて奇襲し、平氏軍に勝利しました。画面右側には断崖を源氏方の騎馬が連なり駆け降りる様子が描かれています。さらに、城郭には複数の消失点をとった透視図法が用いられています。
*1 浮絵:浮世絵で、西洋風の遠近透視画法を中心とし明暗・陰影を施した絵のこと。

葛飾北斎「浮絵一ノ谷合戦坂落之図」すみだ北斎美術館蔵(作品を替えて通期で展示)

畠山重忠 一の谷の戦いで、馬を担いで断崖を降りたと伝わる大力・剛勇の鎌倉武士

 本図は軍記物語『源平盛衰記』に記された話に基づいて描かれたものと考えられます。
 畠山重忠(1164~1205)は、平安・鎌倉時代初期の武士です。当初平氏軍でしたが、後に源頼朝に従い、源義仲追討などで活躍しました。北条義時と畠山重忠が登場する版本『星月夜顕晦録』も通期で展示します。

葛飾北斎「畠山重忠」すみだ北斎美術館蔵(後期)

上杉謙信と武田信玄 北斎が描いた戦国大名の一騎打ち

 本図には、川中島の戦いの名場面として伝わる、上杉謙信と武田信玄の一騎打ちが描かれています。信玄をはじめ、甲州武士について記された軍学書には、“混戦のなか、白手ぬぐいで頭を包んだ武者が馬に乗って刀を抜き、突進して切りつけてきたので、信玄は立って軍配で受けた”と記されています。本図も、騎乗で切りつける上杉謙信と、刀を軍配で受ける構図など、この記述に近い描き方がされています。

葛飾北斎『画本武蔵鐙』下 上杉輝虎入道兼信 武田晴信入道信玄
すみだ北斎美術館蔵(通期)

本能寺の変 忠義を尽くした家臣が大きく描かれた本能寺の変

 本図には本能寺の変が描かれています。屋敷の外には信長を急襲した明智の家紋である桔梗紋の旗があり、本能寺に攻め込んでいます。信長の小姓で、信長とともに討死した森蘭丸、森坊丸兄弟が手前に大きく描かれ、右奥に信長が描かれています。

二代柳川重信『日本百将伝一夕話』十二 本能寺に明智主に逼る すみだ北斎美術館蔵(通期)

徳川家康 浮世絵師が江戸幕府将軍を描いた珍しい作品

 北斎の弟子・二代葛飾北斎が徳川家康を描いた肉筆画です。浮世絵師が江戸幕府の将軍を描いた作品は珍しく、「恐惶頓首百拝 北斎拝写」の落款からは、敬意をもって描いたことがわかり、当時の人々の幕府への見方を示しています。

二代葛飾北斎「徳川家康束帯座像」すみだ北斎美術館蔵(前期)

会 期 2021年12月21日(火)~2022年2月27日(日)
 前 期 12月21日~1月23日
 後 期 1月25日~2月27日
開館時間 9:30~17:30(入館は17:00まで)
休館日 毎週月曜日、年末年始(12月29日~1月1日)
※開館:1月3日(月)、1月10日(月・祝)
 休館:1月4日(火)、1月11日(火)
企画展観覧料  一般 1,000円 、高校生 大学生 700円、65 歳以上 700円、中学生 300円、障がい者 300円、小学生以下 無料
※本展のチケットは、会期中観覧日当日に限り、AURORA(常設展示室)をはじめ全ての展示をご覧になれます。
※団体でのご来館は、当面の間、受付を行いません。
※中学生・高校生・大学生(高専、専門学校、専修学校生含む)は生徒手帳または学生証をご提示ください。
※65歳以上の方は年齢を証明できるものをご提示ください。
※身体障がい者手帳、愛の手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳、被爆者健康手帳などをお持ちの方及びその付添の方1名まで障がい者料金でご覧いただけます(入館の際は、身体障がい者手帳などの提示をお願いします)。
主 催 墨田区・すみだ北斎美術館

ご来館にあたってのお願い
すみだ北斎美術館では、新型コロナウイルス感染拡大防止への取り組みを引き続き行います。
ご来館の皆さまに、マスクの着用や手指の消毒等のご協力をお願いしています。
館内の人数が上限値を超えた場合は、入場制限を行う場合があります。
そのほか詳細はすみだ北斎美術館ホームページ「ご来館のお客様へのお願い」をご一読ください。

住所東京都墨田区亀沢2-7-2
TEL03-6658-8936
WEBhttps://hokusai-museum.jp/
開館時間*19:30 ~ 17:30(入館は 17:00まで)
休み*2月(祝日は開館、翌平日閉館)
ジャンル*3浮世絵
入場料*4常設展示 大人400円、高・大生、専門学校、65歳以上300円(企画展は別)
アクセス*5大江戸線両国駅A3出口より徒歩5分、JR両国駅東口より徒歩9分
収蔵品https://hokusai-museum.jp/modules/Collection/
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 空欄はオールジャンル *4 イベントにより異なることがあります。高齢者、幼年者、団体割引は要確認*5 表示時間はあくまでも目安です

すみだ北斎美術館

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)