コロナ対策のため休館、営業時間の変更、事前予約が必要な場合がございます。ご来場の際は各施設に直接ご確認ください。

W'UP ! ★3月26日~6月26日 シダネルとマルタン展 —最後の印象派、二大巨匠— SOMPO美術館

W'UP ! ★3月26日~6月26日 シダネルとマルタン展 —最後の印象派、二大巨匠— SOMPO美術館

アンリ・ル・シダネル《ジェルブロワ、テラスの食卓》1930年 油彩/カンヴァス 100×81cm
フランス、個人蔵 ©Luc Paris
 

2022年3月26日(土)~6月26日(日)
シダネルとマルタン展
—最後の印象派、二大巨匠—

 19世紀末から20世紀初頭のフランスで活躍した画家、アンリ・ル・シダネル(1862-1939)とアンリ・マルタン(1860-1943)に焦点をあてた、国内初の展覧会です。印象派を継承しながら、新印象主義、象徴主義など同時代の表現技法を吸収して独自の画風を確立した二人は、幻想的な主題、牧歌的な風景、身近な人々やその生活の情景を、親密な情感を込めて描きました。「最後の印象派」と言われる世代の中心的存在であった二人は、1900年に新協会(ソシエテ・ヌーヴェル)を設立、円熟期には共にフランス学士院会員に選出されるなど、当時のパリ画壇の中核にいました。
 二人は深い友情で結ばれ同じ芸術観を共有しながらも、それぞれの活動拠点に由来して、異なる光の表現を追求します。シダネルは北フランスに特有の霞がかった柔らかな光を、マルタンは南仏の眩い光を描き出しました。本展では、世紀末からモダニスムへ至るベル・エポック期に、独自の絵画世界を展開した二人の道のりを、約70点の油彩・素描・版画を通して辿ります。

アンリ・ル・シダネル《エタプル、砂地の上》1888年 油彩/カンヴァス 46×60.5cm
フランス、個人蔵 ©Bonhams
アンリ・マルタン《腰掛ける少女》1904年以前 油彩/カンヴァス 96.4×56.5cm ランス美術館 Inv. 907.19.165 ©C. Devleeschauwer
アンリ・ル・シダネル 《サン=トロペ、税関》 1928年 油彩/カンヴァス 73×92cm
フランス、個人蔵 ©Yves Le Sidaner

国内初の二人展
 「最後の印象派」の二大巨匠、シダネルとマルタンに焦点を当てた日本で初めての展覧会です。印象派を継承し、穏やかで神秘的な光の表現を展開した二人の足跡を、油彩中心とする約70点を通して辿ります。
印象派の“末裔”が描いた北と南、二つの光
 フランス北部のダンケルクで10代を過ごしたシダネル、南仏トゥールーズ生まれのマルタン。パリでの修行後、再び北と南へ向かった二人が描いた光は、対照的で異なる性格を帯びています。北を拠点としたシダネルは、黄昏時や月明かりに浮かび上がる静謐な情景を、他方南のマルタンは、眩い陽光に照らし出される南仏風景を色鮮やかに描き出しました。
フランス近代絵画史の“もう一つの本流”
 印象派以降、様々な「イズム」が登場したベル・エポック期のフランス美術界。私たちがよく知る、前衛画家たちによるフランス近代絵画史とは別の、“もうひとつの本流”を担った画家たちがいました。その代表格が、シダネルとマルタンです。穏やかな画風ゆえにこれまで前衛画家たちの影に隠れていましたが、近年、フランス本国を中心に再評価の機運が高まっています。

アンリ・マルタン《二番草》1910年 油彩/板 69×100cm フランス、個人蔵 ©Archives photographiques Maket Expert
アンリ・マルタン 《コリウール》 1923年 油彩/カンヴァス 65×81cm フランス、個人蔵 ©Archives photographiques Maket Expert
アンリ・ル・シダネル 《カミーユ・ル・シダネルの肖像》 1904年
油彩、パステル、鉛筆 /厚紙 46×38cm フランス、個人蔵 ©Yves Le Sidaner
アンリ・マルタン《アンリ・ル・シダネルの肖像[カオールの《戦争記念碑》のための習作]》1931年頃 油彩/厚紙 46×33cm
フランス、個人蔵 ©Yves Le Sidaner

アンリ・ル・シダネル(1862-1939)
 インド洋モーリシャス島に生まれ、フランス北部のダンケルクで育つ。パリの国立美術学校でアレクサンドル・カバネルに学んだのち、エタプルやジェルブロワなど北部に移り、身近なものを情感豊かに描いた。「最後の印象派」の一人とされる。1887年から1893年まで出品していたフランス芸術家協会サロンで、1891年、マルタンと出会う。1894年に国民美術協会サロンに移り、1922年まで出品を続けながら、1900年にはマルタンと共に新協会(ソシエテ・ヌーヴェル、正式名称「画家彫刻家新協会」)の創設に加わり、中心的メンバーとして活躍する。1930年、フランス学士院会員に選出、1937年には会長に就任した。

アンリ・マルタン(1860-1943)
 トゥールーズに生まれ、同地の美術学校で学んだのち、パリの国立美術学校でジャンポール・ローランスに学ぶ。ラバスティド・デュ・ヴェールなど南仏各地を活動拠点とし、明るい陽光のもと風景や人物像を象徴主義的な雰囲気のなかに描いた。「最後の印象派」の一人とされる。大画面の装飾画にも優れ、パリの国務院をはじめとする多くの公共建築の壁画を手がけた。1881年から1939年までフランス芸術家協会サロンに出品するかたわら、1900年の新協会創設にも携わり、1922年まで出品を続ける。1917年にフランス学士院会員に選出され、のちに、シダネルの会員選出の後押しもした。

シダネルとマルタン展 —最後の印象派、二大巨匠—
会 期 2022年3月26日(土)~6月26日(日)
会 場 SOMPO美術館(東京都新宿区西新宿1-26-1)
休館日 月曜日
開館時間 10:00〜18:00(最終入館は午後5時30分まで) 
観覧料 一般1,600円、大学生1,100円、高校生以下 無料
※身体障がい者手帳・療育手帳・精神障がい者保健福祉手帳を提示のご本人とその介助者1名は無料
主 催 SOMPO美術館、朝日新聞社
協 賛 損保ジャパン
後 援 在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
協 力 日本航空
企画協力 ブレーントラスト
お問い合わせ 050-5541-8600(ハローダイヤル)

住所東京都新宿区西新宿1-26-1
TEL050-5541-8600(ハローダイヤル)
WEBhttps://www.sompo-museum.org/
開館時間*110:00~18:00
休み*2月(祝休日は開館)、展示替期間、年末年始
ジャンル*3近代美術、現代美術、西洋絵画
観覧料*4展覧会により異なります
アクセス*5JR新宿駅西口より徒歩5分
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 空欄はオールジャンル *4 イベントにより異なることがあります。高齢者、幼年者、団体割引は要確認*5 表示時間はあくまでも目安です

SOMPO美術館

■コロナ感染拡大防止のための注意事項
 日時指定入場制を導入。事前に公式電子チケットをお買い求めいただけます。ご来館にあたりマスクの着用をお願いしております。また入口で検温を行い、37.5℃以上の発熱がある方については、ご入館をお断りしておりますのでご了承ください。

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)