W'UP!★10月7日~2023年1月22日 野口里佳 不思議な力 東京都写真美術館 2F 展示室

W'UP!★10月7日~2023年1月22日 野口里佳 不思議な力 東京都写真美術館 2F 展示室
 
《きゅうり 8月21日》 2017年 作家蔵
 

2022年10月7日(金)~2023年1月22日(日)
野口里佳 不思議な力

 このたび東京都写真美術館では「野口里佳 不思議な力」展を開催します。野口里佳は1995年「写真『3.3m²(ひとつぼ)展』」グランプリと1996年「写真新世紀」展での年間グランプリ受賞以降、〈フジヤマ〉(1997年–)、〈飛ぶ夢を見た〉(2003年)、〈太陽〉(2005–08年)、〈夜の星へ〉(2014-15年)などの写真・映像作品を国内外の展覧会で発表し、国際的にも高い評価を受けている写真家です。
 野口はこれまでに、水中や高地、宇宙といった未知の領域と人間との関わりをテーマにした作品を手がけてきました。近年では、日常や周囲に満ちる無数の小さな謎の探求を通して、見るものの感覚や想像を解き放つような表現を追求しています。写真と映像、ドローイングによって構成される本展は、初期作品〈潜る人〉(1995年)から最新作〈ヤシの木〉(2022年)までを出品作品に含み、時間や場所も超えていく写真の「不思議な力」に導かれるように、野口がこれまでに出会ってきた様々な現象や光景が描き出されます。その独自の作品表現に触れることは、それぞれの存在がこの世界に生きていることの意味を見つめ直し、また写真・映像のもつ「不思議な力」とは何なのかを考えるきっかけとなることでしょう。

みどころ

1 すべての作品に通底する“不思議な力”
 〈不思議な力〉は2014年に発表された、重力や表面張力、磁力など目には見えない力を小さな実験で可視化させるシリーズのタイトルですが、野口はこれまでの制作は、すべてが“不思議な力”についての作品だったと振り返ります。“不思議な力”に導かれ、海に潜り、山に登り、アフリカへと旅した野口は、近年より身近なところに対象を変えても、写真でしかできない表現を追い求める姿勢は変わりません。純粋な好奇心を追求し、独自の視点で写し出される野口の作品は、私たちがいるこの世界が、小さな驚きと発見に満ち、そして美しく豊かであることに気づかせてくれます。
2 初公開の新作、近作から過去の代表作まで野口里佳の現在地を示す展覧会
 5年ぶりの個展となる本展では、新作《さかなとへび》(2021年)、《とぶもの》(2021年)、《ヤシの木》(2022年)に加え、〈不思議な力〉の最新作を初公開する予定です。そのほか、この10年間に制作された近作、〈潜る人〉、〈フジヤマ〉といった過去の代表作を2022年の視点から再構成します。
3 写真、映像、ドローイングにより会場全体がひとつのインスタレーションに
 〈不思議な力〉から始まる本展は、写真作品を中心に、近年取り組んでいる映像作品、そして展示壁に描かれたドローイング、それぞれの作品が呼応し合うように配置されることで、野口作品の全体像を体感できる展示となります。

出品点数 47点(予定)

《不思議な力 #8》2014 年 アマナコレクション
《クマンバチ #1》2019年 東京都写真美術館蔵
《ヤシの木 #3》2022年 作家蔵
《夜の星へ》(映像作品) 2015年 作家蔵
《潜る人 #1》1995年 作家蔵
《海底 #1》2017年 大林コレクション

野口里佳 Rika Nogichi
 さいたま市出身。那覇市在住。1992年より写真作品の制作を始め、展覧会を中心に作品を発表。現代美術の国際展にも数多く参加している。2002年、第52回芸術選奨文部科学大臣新人賞(美術部門)を受賞。国内での主な個展に「予感」(丸亀市猪熊弦一郎現代美術館、2001年)、「飛ぶ夢を見た」(原美術館、2004年)、「光は未来に届く」(IZU PHOTO MUSEUM、2011–2012年)など。作品は東京国立近代美術館、国立国際美術館、グッゲンハイム美術館、ポンピドゥ・センターなどに収蔵されている。

野口里佳 不思議な力
Noguchi Rika: Small Miracles
会 期 2022年10月7日(金)〜2023年1月22日(日)
会 場 東京都写真美術館2F 展示室(東京都目黒区三田 1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内)
開館時間 10:00〜18:00(木・金は20:00まで)入館は閉館30分前まで
休館日 毎週月曜日(月曜日が祝休日の場合は開館、翌平日休館)、年末年始(12/29-1/1、1/4)
※12/28、1/2、1/3 は臨時開館
観覧料 一般 700円、大学・専門学校生 560円、中高生・65歳以上 350円
※小学生以下及び都内在住・在学の中学生、障害者手帳をお持ちの方とその介護者(2 名まで)は無料。
※1月2日(月)、3日(火)は無料。開館記念日のため1月21日(土)は無料。
※オンラインによる日時指定予約推奨
電 話 03-3280-0099
ホームページ https://www.topmuseum.jp
主 催 東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都写真美術館

画像はすべて ©Noguchi Rika, Courtesy of Taka Ishii Gallery

住所東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
TEL03-3280-0099
WEBhttps://topmuseum.jp/
開館時間10:00 〜 18:00 ※⽊・⾦曜は20:00まで。※入館は閉館の30分前まで
休み月(祝休日は開館、翌平日休館)、年末年始および臨時休館
ジャンル写真、映像
入場料*1イベントにより異なります
アクセス*2JR恵比寿駅東口より徒歩約7分
収蔵品https://topmuseum.jp/contents/pages/collection_list.html
 *1 高齢者、幼年者、団体割引は要確認 *2 表示時間はあくまでも目安です

東京都写真美術館

■コロナ感染拡大防止のための注意事項
 入場制限などを実施中。また、事業はやむを得ない事情で変更することがあります。詳細はホームページをご確認ください。→ https://topmuseum.jp/

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

コメント

*
*
* (公開されません)