コロナ対策のため休館、営業時間の変更、事前予約が必要な場合がございます。ご来場の際は各施設に直接ご確認ください。

永青文庫

永青文庫

 永青文庫は、今は遠き武蔵野の面影を止める目白台の一画に、江戸時代から戦後にかけて所在した広大な細川家の屋敷跡の一隅にあります。細川家は室町幕府三管領の一つとして武門の誉高い家柄で、現在の細川家は藤孝(幽斎)を初代として戦国時代に始まります。武人藤孝は優れた歌人・国文学者として、また、信長の雑賀征伐に弱冠15歳で初陣し先駆けの功に輝いた忠興(三斎)は千利休の高弟の一人としても名高く、その室・明智光秀の娘玉は波乱の戦国時代を清冽に生きた武将の妻として、キリスト者としてガラシャの洗礼名で知られています。代々文武両道にすぐれた細川家は、多くの戦功を挙げて、3代忠利のとき肥後熊本五十四万石を与えられ、強力な外様大名として幕末に至りました。

 この家に伝来する歴史資料や美術品等の文化財を管理保存・研究し、一般に公開しているのが永青文庫です。ここには欧州貴族にも優る七百年余の細川家の伝統が静かに息づいています。昭和25年、斯界に著名な侯爵16代護立公によって、細川家に伝来する文化財の散逸を防ぐ目的で財団法人として設立されました。その名称は藤孝の養家の始祖細川頼有以後8代の菩提寺である京都建仁寺塔頭永源庵の「永」と藤孝の居城青龍寺城の「青」の二字をとって護立公が名付けたものです。細川家の伝統を継承し、護り、誇りとするに相応しい名称と言えましょう。

 昭和47年から一般公開を始め、翌48年に博物館法による登録博物館となり現在に至っています。因に現在の建物は旧細川侯爵家の家政所(事務所)として昭和初期に建設されたものです。所蔵品は護立公と17代護貞氏から寄付を受けたものであり、毎年テーマをかえて美術工芸品を中心に公開展示し、熊本県立美術館にても年数回にわたり展示しています。また、熊本大学附属図書館に藩政資料等の古文書・典籍類を、慶應義塾大学附属研究所 斯道文庫に漢籍を、東洋文庫に欧州で刊行された東洋学研究書(コルディエ文庫)をそれぞれ寄託して、各界の研究に役立てています。

W’UP!★3月12日~5月8日 令和3年度春季展 戦国最強の家老 ―細川家を支えた重臣松井家とその至宝―/5月21日~7月18日 令和4年度初夏展 仙厓ワールド―また来て笑って!仙厓さんのZen Zen 禅画― 永青文庫

住所東京都文京区目白台1-1-1
TEL03-3941-0850
WEBhttps://www.eiseibunko.com/
開館時間10:00~16:30(入館は16:00まで)
休み*2月(祝日の場合は開館、翌日平日休館)、展示替期間、年末年始
ジャンル*3歴史、古美術、日本画、茶道具、武具、古文書
入場料*4一般 1000円、シニア(70歳以上)800円、大学・高校生 500円 ※中学生以下、障害者手帳をご提示の方及びその介助者(1名)は無料
アクセス*5JR目白駅(「目白駅前」バス停)・副都心線雑司が谷駅出口3(「鬼子母神前」バス停)より、都営バス「白61 新宿駅西口」行きにて「目白台三丁目」下車徒歩5分。都電荒川線早稲田駅より徒歩10分。有楽町線江戸川橋駅(出口1a)より徒歩15分。東西線早稲田駅(出口3a)より徒歩15分
収蔵品https://www.eiseibunko.com/collection.html
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 空欄はオールジャンル *4 イベントにより異なることがあります。高齢者、幼年者、団体割引は要確認 *5 表示時間はあくまでも目安です

※天災や災害等の状況により、臨時に休館や開館時間の短縮を行う場合があります。最新の情報はTwitterにてお知らせします。 ※一般車両用駐車場はございません。周辺の有料駐車場をご利用ください。

 

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)