コロナ対策のため休館、営業時間の変更、または事前予約が必要な場合があります。ご来場の際は必ずご確認ください。

W'UP! ★7月15日~10月23日 まつ毛にお化粧を! アイメイクへのまなざし -伊勢半まつ毛製品史- 紅ミュージアム

W'UP! ★7月15日~10月23日 まつ毛にお化粧を! アイメイクへのまなざし -伊勢半まつ毛製品史- 紅ミュージアム

2021年7月15日(木)~1023日(土)
まつ毛にお化粧を! アイメイクへのまなざし
-伊勢半まつ毛製品史-

 

 

 江戸時代に花開いた赤・白・黒の伝統化粧は、明治以降に西洋から新しい化粧品、化粧法が流入することにより大きな変化を迎えます。そのひとつ、アイメイク製品は大正末から昭和の初めあたりになると、国内でもみられるようになります。広く普及し、日常的なメイクの一部として浸透するのは昭和40年代のこと、欧米の人のような「立体的な顔立ち」を目指すようになった頃でした。
 日常的なマスクの着用が求められる昨今、これまでのようなメイクを楽しむことが難しくなってきていますが、一方で目元メイクへの意識は高まっています。今展では、「まつ毛」に関連する製品に注目し、伊勢半グループが昭和32年(1957)から今までに発売したまつ毛化粧料から、各時代のメイクのトレンドを辿っていきます。
※常設展示室内の一部で行うミニ展示です。 

展示期間 2021年7月20日(火)~10月23日(土)
開館時間 10:00~17:00
休館日 日曜日・月曜日
観覧料 無料
公式URL https://www.isehanhonten.co.jp/cat-blog/blog_permanent/blog20200720/

住所東京都港区南青山6-6-20 K's南青山ビル
TEL03-5467-3735
WEBhttps://www.isehanhonten.co.jp/museum
開館時間10:00 ~ 17:00(最終入場は16:30まで)※事前予約不要
休み*2日、月、創業記念日(7/7)、年末年始(ただし企画展・イベント等開催期間中は日曜開館)
ジャンル*3紅の文化、化粧史、江戸・近現代の化粧道具
入場料*4無料(ただし企画展は有料)
アクセス*5表参道駅B1出口より徒歩12分
収蔵品https://www.isehanhonten.co.jp/museum/collection/
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 空欄はオールジャンル *4 イベントにより異なることがあります。高齢者、幼年者、団体割引は要確認 *5 表示時間はあくまでも目安です

 

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)