コロナ対策のため休館、営業時間の変更、事前予約が必要な場合がございます。ご来場の際は各施設に直接ご確認ください。

W’UP!★ 6月18日~7月17日 企画展「暴走BOUSOU」 SOMSOC Gallery

W’UP!★ 6月18日~7月17日 企画展「暴走BOUSOU」 SOMSOC Gallery

 

2022年6月18日(土)~7月17日(日)
企画展「暴走BOUSOU」

 2022年6月18日(土)、SOMSOC Gallery(ソムソクギャラリー)が裏原宿エリアに誕生。本ギャラリーは、現代アートギャラリー及びクリエーターズユニットとして、時代の精神を反映したアーティストやクリエイティブ・プロジェクトの作品展示及び、プロモーションを中心に活動します。館内には、「ギャラリー」「カフェ」「セレクトショップ」3つのパートを展開。
 "SOMSOC "は "COSMOS“の鏡像で「反転した宇宙」を表した造語です。それは表現者の内に潜む宇宙を意味します。私たちは、表現者の宇宙と実世界を繋ぐワームホールとなり、表現者の思考や溢れるエネルギーを増幅し伝達する役割を担います。
 SOMSOC Galleryでは、第一弾企画展として「暴走BOUSOU」を開催します。
 「BOUSOU」は、「暴走」の意味に留まらず、「暴装」「暴創」「暴奏」「暴想」「暴草」とあらゆる方向へ意味を拡大し解釈することができます。ルールを無視して走り、笑い、そして自主独往的な様子を意味するこれらの言葉が、アートを実践をする状態にふさわしい比喩だと考え、名付けました。
 今回、作品を介して常に既存の認識の限界を押し広げている11名のアーティストたちを集めています。展示には、絵画、インスタレーション、映像、パフォーマンス、さらにはインスタレーションと車を組み合わせた“移動式没入型”の作品が含まれます。それぞれの作品は、物理的な形の探究や感覚的な体験の暴走だけではなく、身体、政治、コンセプト、ポップカルチャー、ゲーム世界などからの精神的な解放を表します。これは、既成の認識に対する疑いと挑発であり、生活と芸術の境界を曖昧にする考察と探求でもあります。

参加Artists
明和電機(Maywa Denki)、上野雄次(Yuji UENO)、SHOBUN最終処分(赤松絵葉&喬頑頑)、擦主席(ChairmanCa)、龐寬(Pang Kuan)xAMA、静電場朔(Dian)、親方OYAKATA、Josh Wang、Cesc Grane、Oooooono、鐿菲PINKY

企画展 「暴走BOUSOU」
会 期 2022年6月18日(土)~7月17日(日) 
営業時間 12:00~19:00
不定休
会 場 SOMSOC Gallery(東京都渋谷区神宮前3-22-11 2F)
Webサイト https://somsoc.jp/
Instagram somsocgallery

Gallery
 展示スペースは、月に1度のペースでアーティストが入れ替わる予定です。
Cafe
 カフェスタンド「KACHAKASHU CAFE」 では、新鮮さにこだわったオリジナルのフルーツビールやフルーツティーを提供します。フルーツティーは、日月潭紅茶、ジャスミン茶、蜜香ウーロンといった本格台湾茶葉をベースに、丁寧に生絞りした果肉と、三温糖のシロップを使用した本格的な台湾式フルーツドリンクです。
 今後は、“飲むアート”をコンセプトとして、各企画展やアーティストとのコラボレーションドリンクを積極的に開発していく予定です。
Select Shop
 カフェに併設するショップでは、個性的で唯一無二の世界観を持つ国内外のアパレル、玩具ブランド、アートグッズ等を販売します。また、アーティストとのオリジナルコラボレーションアイテムも展開する予定です。

SOMSOC Gallery

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)