W'UP! ★9月29日~10月5日 Team Tramvista GR部会 写真展「“GR”aphics of Railways」 アイデムフォトギャラリー シリウス

W'UP! ★9月29日~10月5日 Team Tramvista GR部会 写真展「“GR”aphics of Railways」 アイデムフォトギャラリー シリウス

 

2022年9月29日(木)~10月5日(水)
Team Tramvista GR部会 写真展「“GR”aphics of Railways」

 「鉄道への愛を、写真でどう表現するか。」僕らの辿り着いた一つの答えは、「GR」で鉄道スナップを撮ることだった。「GR」は言わずと知れた高画質なコンパクトカメラのシリーズで、28mmか40mmの固定焦点だ。だから、鉄道車両を大きく写すことはできない。しかし、いつでも持っていける手軽さは、これまで見落としてきた鉄道情景に気づかせてくれる。

 今回の展示では、鉄道好きの写真家7人が、雑踏の東京から人家も疎らな大陸の僻地まで、GRを携えて得た挑戦の結果を発表する。40枚(カラー30枚,モノクロ10枚)

<Team Tramvista GR部会について>
写真家11人が集まり国内外のトラムをテーマに「TRAMVISTA」という写真展を2020年12月と
2021年3月に開催した。出展者に熱烈なGR愛好者がいて、他の出展者がラブコールを受けて、
このカメラを購入するに至った。

原田 佳典
 1997年生まれ。祖父が台湾生まれであった影響もあり、2014年(16歳)で初めて台湾を訪れる。同年よりアジア各国をはじめ世界各地を旅し、鉄道と人の生活を写すようになる。これまでの作品展に「萍逢鉄路 アジア、旅の途中で」(2018 ソニーイメージングギャラリー銀座)など。

茂木 智行
 1984年、京都府生まれ。会社員の傍ら、休暇には“味のある”鉄道風景を求めて世界各地へ赴く日々。訪れた街の情景や乗り込んだ列車で出会った人々をファインダーに収めている。2020年夏に、初の個展「Tramvaj(トランバーイ) -紡ぐ轍-」を開催した。

会 場 アイデムフォトギャラリー[シリウス](新宿区新宿1-4-10 アイデム本社ビル2F)
アクセス 東京メトロ丸ノ内線 新宿御苑前駅徒歩1分
期 間 2022年9月29日(木)~10月5日(水)
開館時間 10:00~18:00(最終日は15:00まで)
休館日 日曜日
入場料 無料

写真展の様子は「シリウスブログ」でもご紹介します!
シリウスブログ PC https://www.photo-sirius.net/blog/
シリウス公式Facebook https://www.facebook.com/photo.sirius

住所東京都新宿区新宿1-4-10 アイデム本社ビル2F
TEL03-3350-1211
WEBhttps://www.photo-sirius.net/
営業時間*110:00~18:00(展示入替日 10:00~15:00)
休み*2日曜日、一部祝日
ジャンル*3写真
アクセス*4丸ノ内線新宿御苑前駅より徒歩2分
取扱作家 
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 現代美術は、彫刻、インスタレーション、ミクストメディア作品、オブジェなども含まれます *4 表示時間はあくまでも目安です 【注】ギャラリーは入場無料ですが、イベントにより料金がかかる場合があります

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

コメント

*
*
* (公開されません)