W’UP★6月14日~6月26日 官野良太 個展-波の音- ヒデハルフカサクギャラリー六本木(港区六本木)

W’UP★6月14日~6月26日 官野良太 個展-波の音- ヒデハルフカサクギャラリー六本木(港区六本木)

官野良太 個展-波の音-
会 場 Hideharu Fukasaku Gallery Roppongi (東京都港区六本木7-8-9 深作眼科ビル1F・B1 ヒデハルフカサクギャラリー六本木)
開催日 2024年6月14日(金)~6月26日(水)
開廊時間 11:00~19:00(最終日は17:00まで) 
休廊日 日・祝
入場料 無料
ホームページ https://hfg-art.com
Facebook http://www.facebook.com/hfgroppongi 
X(Twitter) http://twitter.com/HFG_ginza
アクセス 都営大江戸線 六本木駅 7番出口より徒歩2分、東京メトロ日比谷線 六本木駅4a出口より徒歩3分、東京メトロ千代田線 乃木坂駅 3番出口より徒歩3分

 このたびHideharu Fukasaku Gallery Roppongi では官野良太の個展を開催致します。日本では初めての個展です。
 官野は長らく脱活乾漆と呼ばれる古来より仏像制作で用いられる技法で人体彫刻を制作していましたが、新型コロナウィルスの蔓延に伴う生活環境の変化をきっかけに、人の内面や記憶にまつわる作品を作り始めます。現在は海やプール・水槽などをモチーフに、樹脂を素材に光の反射や透過の現象を作品に取り入れた「光の彫刻」を発表しています。「光の彫刻」とは美しい形態を模倣するのではなく、人が本能的に美しいと感じる色や形・自然現象の持つ美を融合しようとする試みです。私たちが感じる美しさとは何かと考えるきっかけになれば幸いです。

作家コメント 
 これは、「光の彫刻」である。
 人が本能的に美しいと感じる色や形を探りたい。そして自然現象が持つ普遍的な美を取り入れたいという考えを、制作のきっかけにした。
 私はこの作品制作を通して、彫刻と自然現象が混じり合うのかどうか、模索している。私が彫刻を通して作りたかったのは、「光」との調和である。
 大海やプール、水槽にインスピレーションを受けて、光を反射し、透過する現象を作品の要素に取り入れた。
 これは、人工的な樹脂という素材で、自然を連想させる存在感を生み出そうとする試みである。
日常に潜む美を表した「光の彫刻」を、のぞき込んで見てほしい。

住所東京都港区六本木7-8-9 深作眼科ビル1F
TEL03-5786-1505
WEBhttp://www.f-e-i.jp/
営業時間*111:00 〜 19:00
休み*2日、祝
ジャンル*3現代美術、近代美術、絵画
アクセス*4六本木駅8番出口目の前 4a出口より徒歩3分 乃木坂駅3番出口より徒歩5分
取扱作家http://www.f-e-i.jp/#Artists
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 現代美術には、彫刻、インスタレーション、ミクストメディア作品、オブジェなども含まれます *4 表示時間はあくまでも目安です 【注】ギャラリーは入場無料ですが、イベントにより料金がかかる場合があります

■コロナ感染拡大防止のための注意事項
 新型コロナウイルス感染拡大予防の為、ご来廊の際には次の事にご協力下さい。
・マスクの着用と、入口に設置のアルコール消毒をお願い致します。
・他の方と十分な距離をとってご鑑賞下さい。
・グループでの来廊の方は入場制限を行う場合がございます。ご了承下さい。
・熱•咳など風邪症状のある方はご利用をお控え下さい。
・過去2週間以内に、感染が引き続き拡大している国、地域への訪問をした方はご利用をお控え下さい。

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/