W’UP! ★省亭・暁斎・是真~パリ・フィラデルフィア万博、海を越えた明治の日本美術~/5月29日〜 -五島記念文化賞美術新人賞研修帰国記念- 堀江栞個展「声よりも近い位置」 加島美術

W’UP! ★省亭・暁斎・是真~パリ・フィラデルフィア万博、海を越えた明治の日本美術~/5月29日〜 -五島記念文化賞美術新人賞研修帰国記念- 堀江栞個展「声よりも近い位置」 加島美術

2021年4月24日(土)~2021年5月5日(水・祝)
省亭・暁斎・是真~パリ・フィラデルフィア万博、海を越えた明治の日本美術~
上:河鍋暁斎「蛙相撲図」

明治の三大人気絵師 渡邊省亭・河鍋暁斎・柴田是真の作品約40点を展示販売
 19世紀末、欧米諸国を中心に急速に国際化が進み、各国がその文明の栄華を競い合った万国博覧会が盛り上がりを見せます。新しい文化の息吹は産業の世界のみならず、美術の世界にも起こり、それまでにない美術の潮流が数多く生まれました。そんな華やかな舞台で、世界を驚かせた日本美術の巨匠たちがいました。渡邊省亭、河鍋暁斎、柴田是真。その類まれな美的感覚と表現力は海を越え、当時欧米諸国で盛んに開催された万国博覧会という大舞台でも、賞賛を集めました。
 また彼らは、近年特に再評価の機運が著しい絵師たちでもあります。ジャポニズムの熱狂を背景として欧米を席捲し、華々しい功績を残しながらも、抗えぬ時代のうねりの中で“近代日本美術史の本流”とされた官製の美術史から、長い間忘れ去られていたのです。しかし時は流れ、今またかつての輝きを完全に取り戻しつつあります。今最も見るべき日本美術とも言える絵師たちの作品が一堂に!ぜひご高覧ください。

本展のみどころ
1.今日本美術で最も注目度の高い絵師たちの作品が一堂に!
 確かな写実力と色彩感覚を、精緻な省筆と洗練された構図感覚で自在に操った孤高の神絵師、渡邊省亭。明治時代になり多くの江戸絵師が廃業を迫られる中、抜群の画技と軽やかなユーモアで絵師としての反骨精神を貫いた河鍋暁斎。粋で洒脱な天性のセンスと、鍛え抜かれた漆工の技術から編み出される漆絵が、唯一無二の作風を醸す柴田是真。今日本美術の世界で最も話題をさらう注目の絵師たちの作品約40点が揃います。日本美術がお好きな方はもちろん、描かれた当時、欧米の人々の心を掴んだ彼らの作品は、普段日本美術を見慣れないことが多くなってしまった現代の私たちの目にも、広く楽しむことのできる魅力があります。
2.カタログは無料、自宅でゆっくり楽しめる。
 出展される作品や展示会の雰囲気を、ご自宅にいながら少しでもお楽しみいただけるように、本展の全作品を掲載したカタログをご用意しました。本カタログは、ご希望の皆様全員に無料でお送りいたします。また紙のカタログ以外でもパソコン、スマートフォンなどでもご覧いただけるオンラインカタログもご用意しております。ぜひこの機会にお申し込みください。価格も明記しているので、お気に入りの作品が見つかりましたら、お電話やFAX、メールにてお問い合わせいただく事ができます。
3.貴重な作品の数々をガラスケースなしに見ることができます!
 会場では貴重な作品の数々を、ガラスケースを使わずに展示しております。ガラス越しではなかなか感じることのできない作品の佇まい、作家の筆遣いをぜひ直接おたのしみください。
出展作品(一部)
渡邊省亭「風神雷神図」
河鍋暁斎「楊貴妃之図」
河鍋暁斎「七福神図」
柴田是真「繪帖」
ほか展示点数:約40点

柴田是真「繪帖」(12枚組の一部)
河鍋暁斎「楊貴妃之図」
河鍋暁斎「七福神図」
柴田是真「繪帖」(12枚組の一部)

日 時 2021年4月24日(土)~5月5日(水・祝)
    10:00~18:00
会期中無休
入場無料
Webページ https://www.kashima-arts.co.jp/exhibitions/seitei_kyosai_zeshin/
※新型コロナウイルスの感染拡大状況により、営業日・時間が変更となる場合がございます。変更の際には、弊社ウェブサイトや各種SNSにてお知らせしております。


2021年5月29日(土)〜2021年6月12日(土)
-五島記念文化賞美術新人賞研修帰国記念-
堀江栞個展「声よりも近い位置」
※都内3会場にて開催

輪郭 #11 2020 / 90×45cm / 和紙、岩絵具
ここに在ること IX 2020 / 116.7×72.7cm / 和紙、岩絵具
凛然 2010 / 145.5 ×72.3cm / 和紙、岩絵具
Photos by Naohiro Tsutsuguchi ©Shiori Horie

 堀江が2015年に受賞した第26回五島記念文化賞美術新人賞受賞によって行った海外研修の成果発表展として、東急財団の助成のもとに都内3会場で開催される個展で、2021年4月3日(土)から√KContemporary及び同ギャラリー地下にあるSpace√Kの2会場の展示を皮切りにスタートいたします。
 本展では、堀江が海外研修を経て初めて描き始めた人物画を中心とするここ数年の近作や、パリ滞在中の写真や、担当した本の挿画・装画の原画も展示いたします。
 また、2020年に受賞した世田谷区芸術アワード“飛翔”の発表展、「第6回世田谷区芸術アワード“飛翔”受賞記念発表 堀江栞展 ―後ろ手の未来―」が世田谷美術館区民ギャラリーで開催されます。(2021年3月16日(火)~3月28日(日)https://www.setagayaartmuseum.or.jp/event/detail.php?id=ev00975)本展と併せて、こちらもぜひご高覧ください。
 堀江栞は、美術大学で日本画を学び、その伝統や技法を踏襲しながら独自のスタイルを確立してきました。感受性が強く繊細な彼女の描く画面には、一見静謐な世界観が拡がりを見せますが、その内面の精気は強く私達に訴えかけてきます。
 2014年加島美術での初個展では、動物やモノのモチーフを中心に対象物を包み込むような優しい目線で描かれた作品が多く、それらは息吹きを感じ得る程、生命の尊さと儚さを内に秘め、表面の静けさが独特の美しさを放っていました。
 対象物に対峙する彼女の目線が捉えるのは、自己の強さや脆さとの絶え間ない葛藤の反復による内面への共鳴であり、誰もが見えるものではありません。
 パリでの滞在を経て、対象が「人」へと拡がりを見せた今、描かれた人物の「眼差し」は、何を主張し訴えているのか。静物画の様でもあるこれらの描写に示されているのは、強さか儚さか。
 堀江が対象に見据えた目線は、彼女にしか感受することのできない価値観であることは確かです。技術だけでなく精神面でも成長した堀江栞の世界をたくさんの方々に触れていただければ幸甚にございます。
アーティストステートメント 「声よりも近い位置」にいるために
 心から好きなものを描き、その芯を確かな形として表したいとの思いで、制作してきました。私には、有機溶剤に対するアレルギーがあります。油絵具やアクリル絵具等の、化学物質が入った画材を使えないため、日本画科に進学し、天然素材由来の岩絵具と顔料、和紙、膠だけで絵を描いてきました。私にとっては岩絵具の粒子ひとつひとつが、単なる画材ではなく、好きなものを形作る細胞のように思えます。
 制作にあたって心がけているのは、モチーフを目の前に置き、距離を縮め、観察を重ねて描いていくことです。対象は、いつもすぐそこに、でも見えないところにあります。長い時間にわたって対話を続けることで彼らに近づき、静かに発せられる声を、なんとか聴き取りたい。展覧会の総タイトルを「声よりも近い位置」としたのは、そのような願いをこめてのことです。
 描いていくなかで引き寄せられたのは、傷つけられ、痛みを負い、哀しさや辛さを抱えた存在たちです。それがこれまで描いてきた動物や石、人形でした。しかし今回のパリ留学をきっかけに、モチーフとしての「人」と向き合いたいと思うようになりました。
 周りに合わせ、意思を表明しないまま流されていきがちな現在の状況に、私は不安を覚えています。歴史を振り返れば、同様の景色が広がっていたことは明らかです。小さな声は蔑ろにされ、異を唱えるものは居場所を奪われてきました。「痛みを負った哀しさや辛さを抱えている者」たちの声。周囲に、社会に踏みつぶされそうな声。そんな声を聴き取るために、「人」を描いてみたいとはじめて思いました。私が彼らを描こうとしているのは、単なる共感からだけではなく、その抗いの姿勢を継承するためでもあります。今はもういない彼らとこれから来る彼らに、寄り添い続けていきたいと思っています。(堀江栞)

■同時開催のご案内

W’UP! ★ -五島記念文化賞美術新人賞研修帰国記念- 堀江栞個展「声よりも近い位置」 Space√K

W’UP! ★ -五島記念文化賞美術新人賞研修帰国記念- 堀江栞個展「声よりも近い位置」 √K Contemporary

住所東京都中央区京橋3-3-2
TEL03-3276-0700
WEBhttps://www.kashima-arts.co.jp/
営業時間*110:00 〜 18:00
休み*2日、 祝
ジャンル*3日本画、書、美術工芸(骨董)、陶磁器
アクセス*4京橋駅3出口より徒歩2分、銀座一丁目駅出口7より徒歩2分、宝町駅A4より徒歩5分
取扱作家https://www.kashima-arts.co.jp/worksandartists/
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 現代美術は、彫刻、インスタレーション、ミクストメディア作品、オブジェなども含まれます *4 表示時間はあくまでも目安です 【注】ギャラリーは入場無料ですが、イベントにより料金がかかる場合があります

加島美術

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)