W'UP! ★9月17日~10月26日 大西みつぐ写真展『島から NEWCOAST 2020-2022』 エプソンスクエア丸の内 エプサイトギャラリー

W'UP! ★9月17日~10月26日 大西みつぐ写真展『島から NEWCOAST 2020-2022』 エプソンスクエア丸の内 エプサイトギャラリー

 

2022年9月17日(土)~10月26日(水)
大西みつぐ写真展『島から NEWCOAST 2020-2022』

 大西みつぐ氏は、生まれ育った東京の下町と湾岸エリアをホームグラウンドとし、町とそこに集う人々を写し取った作品で広く知られる写真家です。写真家として活動を始めた当初から現在まで、一貫して自身の暮らす東京・下町エリアに眼差しを向け、スナップショットの手法で撮影するそのスタイルが、多くの写真ファンを魅了し親しまれてきました。
 『NEWCOAST』は東京湾岸エリアを撮影した作品で、80年代後半から続く大西氏の代表作の一つです。今回の写真展『島から NEWCOAST 2020-2022』は同シリーズの最新作を中心に構成されます。
 東京の湾岸エリアは80年代のバブル経済・ウォーターフロントの時代を経て、平成、東日本大震災、昨今ではインバウンドやグローバリゼーションなど、常に時代の姿を映してきました。コロナ禍に直面した2020年、三方を水で囲まれたこの地は突然分断されたかのように人の姿が消え、その時は「自分がまさに孤島にいるかのように感じた」と大西氏は語ります。コロナ禍以降、この地の景色は大西氏の目にどのように映ったのでしょう。
 本作は大西氏の眼差しを通じ、東京の今を知り、その未来に思いを馳せる作品です。コロナ禍の霧が晴れる見通しは未だ不透明ですが、「再生」という希望を、観る私たちに予感させます。
 本展にどうぞご期待ください。

大西みつぐ( Mitsugu Ohnishi )
 1952年東京深川生まれ。東京綜合写真専門学校卒業。1970年代より東京下町や湾岸の人と風景、日本の懐かしい町を撮り続けている。写真集・著書に「下町純情カメラ」、「遠い夏」、「wonderland」、「川の流れる町で」など。個展、企画展多数。
1985年「河口の町」で第22回太陽賞。1993年「遠い夏」ほかにより第18回木村伊兵衛写真賞。平成5年江戸川区文化奨励賞。2017年日本写真協会賞作家賞。2017年自主映画監督作品「小名木川物語」を公開。東京造形大学、武蔵野美術大学、関東学院大学、大阪芸術大学などで非常勤講師、客員教授を歴任。現在、日本写真家協会会員、日本写真協会会員、ニッコールクラブアドバイザー、全日本写真連盟関東本部委員。
http://newcoast16.jimdofree.com
https://note.com/mitsu67

大西みつぐ写真展『島から NEWCOAST 2020-2022』
開催場所 エプソンスクエア丸の内 エプサイトギャラリー(東京都千代田区丸の内3-4-1新国際ビル1F)
会 期 2022年9月17日(土)~10月26日(水) 
時 間 11:00~18:00
休 館 日曜日
※状況により会期・開催時間を変更する場合があります。ご了承ください。
展覧会の詳細は、以下ホームページでご確認ください。
https://www.epson.jp/showroom/marunouchi/epsite/gallery/exhibitions/2022/0917/

「大西みつぐ写真展」連動 オンライントークイベント(ゲスト:写真家 オカダキサラ)
 本展の開催に先駆け9月16日(金)に大西みつぐさんとスナップ写真の世界で注目される気鋭の写真家・オカダキサラさんをゲストにお迎えしてオンライントークイベントを実施します。東京の街をスナップのスタイルで撮り続けるお二人ならではのお話を交えながら、本展の見どころをいち早くご紹介します。
日時 2022年9月16日(金)19:00~(約1時間)
※イベントはオンラインでの開催でライブ配信をいたします。
※当日ご参加いただけない方へ向けてアーカイブ視聴のお申し込みも受け付けいたします。
参加費 無料
参加方法 事前予約制
予約開始日 2022年8月25日(木)
※8月25日よりライブ視聴、アーカイブ視聴ともに、エプサイトのwebページにてお申込みの受け付けを開始します。

住所東京都千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル1F
TEL03-6775-9481
WEBhttps://www.epson.jp/showroom/marunouchi/epsite/gallery/
営業時間*111:00 〜 18:00
休み日,弊社指定日
ジャンル写真
アクセスJR線「有楽町駅」国際フォーラム口から徒歩2分、東京メトロ有楽町線「有楽町駅」D3出口から直結、千代田線・日比谷線・都営三田線「日比谷駅」B3・B4出口から徒歩3分
取扱作家現代美術、写真
*1 状況により営業時間が変更となっている場合あり。最新情報はエプソンスクエア丸の内ホームページをご確認ください

エプソンスクエア丸の内 エプサイトギャラリー

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

コメント

*
*
* (公開されません)