コロナ対策のため休館、営業時間の変更、事前予約が必要な場合がございます。ご来場の際は各施設に直接ご確認ください。

W'UP! ★5月13日~5月25日 森本眞生写真展『わたしの森』 エプソンスクエア丸の内 エプサイトギャラリー

W'UP! ★5月13日~5月25日 森本眞生写真展『わたしの森』 エプソンスクエア丸の内 エプサイトギャラリー

 

2022年5月13日(金)~5月25日(水)
森本眞生写真展『わたしの森』

 「わたしの森」は、作者の日常を写した作品です。作者がカメラを手にした当初から撮り続けている写真表現のメインシリーズで、本展はその続編として新たな作品を交えての展示となります。
 日々の生活の中で受けたさまざまな刺激が、コンパクトカメラによって写真の中にストレートに刻まれ、外に向かってまっすぐに放たれている、そんな印象の本作は、その力強さが魅力のひとつとなっています。
 色鮮やかでキラキラと眩しい思い、心が痛くてたまらない事、前が見えないほどの怖さ…、私たちは日々のできごとの中で、さまざまな感情を抱えて生きています。言葉にできない感覚を研ぎ澄まし、毎日、生きている実感を写真に刻みこんできた作者が、今回エプサイトで見せる新たな『わたしの森』に、どうぞご期待ください。

作家コメント
 『わたしの森』
2016年終わり頃からコンパクトフィルムカメラで
写真を撮り始めました。
止まることなく流れる日常の中でいまここに在ることの美しさを
写真に写し、心に焼き付けたい。
そんな気持ちで日々撮っています。
 森本眞生

森本眞生氏プロフィール
 1985年 東京都生まれ 瀬戸正人氏主宰 夜の写真学校33期生
<主な展示>
「わたしの森」 2019年度ヤングポートフォリオ展(清里フォトアートミュージアム、山梨, 2020)
「わたしの森」 個展(Place M、新宿, 2021)
「The Facing Mirrors」トミモとあきな / 森本眞生(Place M、新宿, 2021)
「わたしの森」 弯曲的直视—中日摄影交流展(中国摄影家协会宁波艺术中心、中国, 2021)
Web https://morimotomaki.com
Instagram https://www.instagram.com/maki.mrmt

森本眞生 写真展『 わたしの森 』 開催概要
開催場所 エプソンスクエア丸の内 エプサイトギャラリー
会 期 2022年5月13日(金)から2022年5月25日(水) 
時 間 11:00~17:00
休 館 日曜日
注:状況により会期・開催時間を変更する場合があります。会期についての最新情報は展覧会のホームページをご確認ください。
展覧会の詳細は、以下ホームページでご確認ください。
https://www.epson.jp/showroom/marunouchi/epsite/gallery/exhibitions/2022/0513/
「エプサイトギャラリー公募展」に関する詳細は、エプサイトのホームページでご確認ください。
https://www.epson.jp/showroom/marunouchi/epsite/gallery/koubo/


2022年5月27日(金)~6月8日(水)
浅野久男写真展『“Kai”を探して。A Journey to Find “Kai” in Hokkaido』
太田昭生写真展『豊島30年 “産廃からアートへ”』

 本展は、公益社団法人日本写真協会が主催する「東京写真月間2022」の国内企画展の一つとして、「東京写真月間2022」が掲げる今年度のテーマ「地域との共生」に併せ開催する写真展です。
 浅野久男氏は、北海道で活動する写真家です。この地で生まれ育ち、生活する立場だからこそ見えてくる北海道の姿を写真に撮り続けています。その作品からは私たちが観光で垣間見る北海道の一面とは異なる、確かな北海道の姿が見えてきます。
 太田昭生氏は、香川県の豊島を過去30年に渡り写真で記録し続けています。豊島は90年代の産廃不法投棄の問題を機に住人が一致団結し、今は「アートの島」として歩みを進めていることで知られる場所です。長い年月をかけて撮影された本作は、地域の歩みの貴重な記録として、興味深い作品となっています。
 両氏が地域に思いを馳せてその将来に眼差しを向ける本展にご期待ください。

作家プロフィール 
 
浅野久男(HISAO ASANO)
 札幌市出身。北海道を中心に、旅と風景を題材とした撮影活動を続ける。高校や大学などで写真講座を担当する。札幌・東京・ロンドンなど個展グループ展多数。札幌市写真文化振興事業・東川町国際フォトフェスティバル企画委員など「芸術と街づくり」などの活動も続けてきた。公益社団法人日本写真協会正会員、公益社団法人日本写真家協会正会員、日本旅行写真家協会正会員。NPO法人北海道を発信する写真家ネットワーク相談役、ピンホール写真芸術学会会員。
https://www.instagram.com/asanohisao/

太田昭生(AKIO OTA)
 1950年香川県小豆島生まれ。元高校教師。99年酒田市土門拳文化賞奨励賞受賞。公益社団法人日本写真協会正会員。主な写真展として、銀座ニコンサロンで5回・新宿ニコンサロンで2回・大阪ニコンサロンで4回開催。

東京写真月間2022「地域との共生」
浅野久男 『“Kai”を探して。A Journey to Find “Kai” in Hokkaido』
太田昭生 『豊島30年 “産廃からアートへ”』
開催場所 エプソンスクエア丸の内 エプサイトギャラリー
会 期 2022年5月27日(金)~2022年6月8日(水) 
時 間 11:00~17:00
休 館 日曜日
注:状況により会期・開催時間を変更する場合があります。会期についての最新情報は展覧会のホームページをご確認ください。
展覧会の詳細は、以下ホームページでご確認ください。
https://www.epson.jp/showroom/marunouchi/epsite/gallery/exhibitions/2022/0527/
日本写真協会「東京写真月間2022」の詳細はこちらをご覧ください。
http://www.psj.or.jp/img/psj2022_03_31.pdf

住所東京都千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル1F
TEL03-6775-9481
WEBhttps://www.epson.jp/showroom/marunouchi/epsite/gallery/
営業時間*110:00 〜 18:00
休み日,弊社指定日
ジャンル 
アクセスJR線「有楽町駅」国際フォーラム口から徒歩2分、東京メトロ有楽町線「有楽町駅」D3出口から直結、千代田線・日比谷線・都営三田線「日比谷駅」B3・B4出口から徒歩3分
取扱作家現代美術、写真
*1 状況により営業時間が変更となっている場合あり。最新情報はエプソンスクエア丸の内ホームページをご確認ください

エプソンスクエア丸の内 エプサイトギャラリー

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)