W'UP! ★ √K Contemporary

W'UP! ★ √K Contemporary

2021年1月16日(土)~1月31日(日)※月曜定休
梅津庸一監修「絵画の見かた reprise」展


 √K Contemporary(ルートKコンテンポラリー)にて、梅津庸一監修の企画展、「絵画の見かた reprise」を開催いたします。
 本展は2020年12月号の美術手帖に掲載された梅津庸一監修の巻頭特集「絵画の見かた」を副読本とした企画展で、梅津氏を中心とした「絵画の見かた reprise展」実行委員会が主催となり、開催するものです。同特集に掲載された若手作家から物故作家までの総勢約30名、約50点あまりの作品を一堂に会し、展示販売いたします。
 本展は様々なジャンルや世代の作家たち約30名の作品を通して絵画の「見かた」そして、見取り図を解きほぐし、再構成しようという試みをしています。もっともベーシックな芸術表現である「絵画」をある一つの視点から観るのではなく、多角的に見る事で、「絵画」の持つ性質や特性、そして取り巻く状況や慣習を改めて見直していきます。
 新型コロナウイルス感染拡大により、私たちの生活様式やアートを取り巻く環境が変化している今、オンラインでアートを見るという機会が増え、直に作品を見るという事が貴重な体験となってきています。このような状況下で、改めて「絵画」の実存性を認識し、人と絵画、さらには絵画と絵画の関係性を考察するものです。
 今回の企画・監修を手掛けた梅津庸一氏は、「本展が自分なりの『絵画の見かた』を考えるきっかけになれば」と語っています。
 多様なジャンル、世代の作品を通して、ぜひ「絵画」を再発見してみてください。

会 期  1月16日(土)~1月31日(日)※会期中、月曜定休
出展作家 星川あさこ、塩川高敏 、島田章三、高松ヨク、西村有未、梅沢和木、梅津庸一、青木陵子、若松光一郎、カジ・ギャスディン、落田洋子、KOURYOU、安藤裕美、杉全直、田中秀介、たんぱく質、服部しほり、藤松博、石井海音、ペロンミ、中園孔二、弓指寛治、木下晋、海老澤功、池田剛介、續橋仁子、小野理恵、しー没、リチャード・オードリッチ、岡鹿之助
主 催「絵画の見かた reprise」実行委員会
企画・監修  梅津庸一
企画協力 美術手帖→ https://bijutsutecho.com/exhibitions/7176
ホームページhttps://root-k.jp/exhibitions/yoichi-umezu-approaches-to-paintings-reprise/
※コロナウイルス感染拡大状況により、開催内容が変更となる可能性がございます。何卒ご了承ください。
【会期中のご来場について】
新型コロナ感染拡大防止対策のため、場内混雑を避けるため入場制限をさせていただく場合がございます。何卒ご理解、ご協力を賜りますようお願いいたします。

住所東京都新宿区南町6
TEL03-6280-8808
WEBhttps://root-k.jp/
営業時間*111:00〜19:00
休み*2日、月、祝
ジャンル*3現代美術
アクセス*4都営大江戸線「牛込神楽坂」A2出口より徒歩5分、東京メトロ「神楽坂駅」神楽坂口より徒歩12分、「飯田橋駅」B3出口 徒歩10分
取扱作家https://root-k.jp/artists/
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 現代美術は、彫刻、インスタレーション、ミクストメディア作品、オブジェなども含まれます *4 表示時間はあくまでも目安です 【注】ギャラリーは入場無料ですが、イベントにより料金がかかる場合があります

√K Contemporary

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)