コロナ対策のため休館、営業時間の変更、または事前予約が必要な場合があります。ご来場の際は必ずご確認ください。

W'UP! ★8月21日~10月3日 TOKAS Project Vol.4「道と根」 トーキョーアーツアンドスペース(TOKAS)本郷

W'UP! ★8月21日~10月3日 TOKAS Project Vol.4「道と根」 トーキョーアーツアンドスペース(TOKAS)本郷

2021年8月21日(土)~10月3日(日)
TOKAS Project Vol.4「道と根」

 トーキョーアーツアンドスペース(TOKAS)が2018年より開始したTOKAS Project は、国際的な交流を促進し、多文化的な視点を通じて、アートや社会など、さまざまなテーマについて思考するプロジェクトです。
 他国の都市に比べ、社会構造的にアーティストが生活しやすく、また、芸術活動のコミュニティが成り立ちやすい環境にあるベルリンには、世界中からアーティストが集まり活動しています。
 本展で紹介する杉藤良江、武田竜真、シンゴ・ヨシダも、数年来ベルリンに拠点を移し、言語も文化も異なる環境に対応しながら、ヨーロッパならではの歴史性や多様性などについて、多角的な視座を持って制作に取り組んでいます。彼らは、ドイツ在住の日本人アーティストを対象としたTOKASのレジデンス・プログラムに参加し、クンストラウム・クロイツベルク/ベタニエンを発表の場として活用しながら、これまで自身が培ってきたネットワークを活かした活動や交流を通じて、各々の知見を広げました。 3名のアーティストは、 奇しくも今年それぞれ別の理由でベルリンを一時的に離れ、再び故郷とは異なる土地での生活を始め、制作を進めることになりました。
 本展では彼らが着目する伝説や伝統、文化などをテーマとした作品を紹介するとともに、過去に TOKASで滞在制作を行い、現在ドイツを拠点とするマーティン・エブナー、ヨアヒム・フライシャー、ステファニー・ガウスがユニークな視点で日本を捉えた映像作品も上映します。

出品作家

杉藤良江 SUGITO Yoshie

 社会的な交流や、日常行為の中で出合う造形的瞬間やイメージの発生について探り、さまざまなメディアで表現する杉藤。中東に伝わる伝統的なコーヒー占いや、主体と客体を切り替える装置として取り入れたパジャマをモチーフに、インスタレーションを展開します。
プロフィール
 1985年愛知県生まれ。ニューヨーク/ベルリンを拠点に活動。2013年ブラウンシュヴァイク美術大学マイスター シューラ―修了。主な展覧会に「NEST NESTER」(Einstellungsraum、 ハンブルク、 ドイツ、 2020)、「αM+ vol.1国立奥多摩美術館「“国立奥多摩湖” ~もちつもたれつ奥多摩コイン~」(αM、 東京、 2020)など。

 

武田竜真 TAKEDA Tatsuma

 武田は、自身の作品における「メディア」という概念を、 絵画彫刻といったいわゆる古典的アナロ術の「媒体」と捉え、共通言語としての美を探ろうとしています。本展では、中世西洋の植物を描いた静物画から着想を得た「Skin Deep Beauty」シリーズを発表します。
プロフィール
 1988年熊本県生まれ。アムステルダム/ベルリンを拠点に活動。2020年ドレスデン美術大学カールステン・ニコライ研究室マイスターシューラー課程修了。主な展覧会に「Inner Cosmology」(金沢21世紀美術館、 石川、 2021)、「VOCA展2021現代美術の展望─新しい平面の作家たち─」(上野の森美術館、東京)など。

 

シンゴヨシダ YOSHIDA Shingo

 世界各地のミクロ社会文化への興味から、各地に伝わる神話や、自然に対する人間の営みやその無力さなどを主題に映像作品を制作する吉田。本展では、友人を訪ねて出向いた、フランスとスペインの国境沿いにある小さな村に伝わる伝説をもとに制作した映像作品を中心に紹介します。
プロフィール
 1974年東京都生まれ。マルセイユ/ベルリンを拠点に活動。2007年パリ国立高等美術学校大学院プログラムラ・セーヌ修了。主な展覧会に「UN Conference on Climate Change, COP23」(国連気候変動枠組条約第23回締約国会議、ベルリン/ボン、ドイツ、2017)、「大地に立って/空を見上げて―風景のなかの現代作家」(群馬県立館林美術館、2016)など。

ドイツ在住のアーティストによる映像作品上映
 TOKASのレジデンス・プログラムに参加したドイツを拠点とするアーティストによる映像作品を、 展示期間中順番に上映します。

 

マーティン・エブナー Martin EBNER(2017年度二国間交流事業プログラム<ベルリン>参加)
 上映予定作品:《Untitled (Tokyo)》(2017)、《Drop Car》(2018)
プロフィール
 1965年生まれ。ベルリンを拠点に活動。1993年ウィーン応用美術大学卒業(ビジュアルメディア)。近年は主に映像作品やインスタレーションを主軸に制作している。主な展覧会に「Palydos」(SWALLOW、リトアニア、 2020)、「Walking in ice」(XC.HuA Gallery、ベルリン、 2020)など。

 

ヨアヒム・フライシャー Joachim FLEISCHER(2013年度リサーチ・レジデンス・プログラム参加)
 上映予定作品:《Slow Light – Scanning Tokio》(2014)、《Münsterscanning》(2015)、《Tomogramm》(2018)、《White eats Black》(2018)
プロフィール
 1960年生まれ。シュトゥットガルトを拠点に活動。光をテーマに大規模なインスタレーションを発表している。主な展覧会、プロジェクトに「Inversion」(Kunsthalle Göppingen、ゲッピンゲン、ドイツ、2021)、「Kunst ist Lebensbereicherung(Art is life enrichment)」(Akademie der Diözese Rottenburg、シュトゥットガルト、ドイツ、2020)ほか。

 

ステファニー・ガウス Stefanie GAUS(2017年度リサーチ・レジデンス・プログラム参加)
 上映予定作品:《モデル農村の大潟村》(2021)、 《Beyond Metabolism》(2014)
プロフィール
 1976年生まれ。政治や社会文化への影響に対する関心と、空間や建築的な次元への独特の視点が、芸術的実践と映画の基礎となっている。主な作品に《日本国大潟村》(2021)、《Laufhaus》(2006)など。

会 期 2021年8月21日(土)~10月3日(日)
会 場 トーキョーアーツアンドスペース本郷(東京都文京区本郷 2-4-16)
開館時間 11:00~19:00(最終入場は30分前まで)
休館日 月曜日(8月30日、9月20日は開館)、9月21日
入場料 無料
参加作家 杉藤良江、武田竜真、シンゴ・ヨシダ、マーティン・エブナー、ヨアヒム・フライシャー、ステファニー・ガウス

主 催 公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都現代美術館 トーキョーアーツアンドスペース
後 援 ドイツ連邦共和国大使館、ゲーテ・インスティトゥート東京
ウェブサイト https://www.tokyoartsandspace.jp/archive/exhibition/2021/20210821-7052.html
※新型コロナウイルス感染症対策のため、変更となる場合があります。

住所東京都文京区本郷2-4-16
TEL03-5689-5331
WEBhttps://www.tokyoartsandspace.jp/
開館時間*111:00 ~ 19:00
休み*2月(祝日の場合は翌平日)、展示替期間、年末年始
ジャンル*3現代美術
入場料*4無料
アクセス*5御茶ノ水駅、水道橋駅、本郷三丁目 各駅より徒歩7分
収蔵品なし
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 空欄はオールジャンル *4 イベントにより異なることがあります。高齢者、幼年者、団体割引は要確認 *5 表示時間はあくまでも目安です

トーキョーアーツアンドスペース(TOKAS)本郷

■コロナ感染拡大防止のための注意事項
ご来館にあたり、以下のお願いやウェブサイトでご案内しております館内の取り組みをご確認ください。
(お客様へのお願い)
 37.5℃以上の発熱や咳・咽頭痛などの症状がある方については、ご来館をお控えください。
 過去2週間以内に感染が引き続き拡大している国・地域への訪問歴がある方は、ご来館をお控えください。
 マスクの着用、咳エチケット、手洗いや手指消毒にご協力ください。マスクを着用でないお客様は入館をご遠慮ください。
 入館時に検温を行います。37.5℃以上の発熱があると認められた際は、入館をお断りいたします。
 館内では他のお客様との距離をできるだけ2m取るように心がけてください。
 展示室内での会話はお控えください。
 展示物及び展示ケース等には手を触れないでください。

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)