コロナ対策のため休館、営業時間の変更、または事前予約が必要な場合があります。ご来場の際は必ずご確認ください。

W'UP! ★ 6月2日~8月24日 スポーツのある風景 クリス・スティール=パーキンスとエリオット・アーウィット写真展 ライカギャラリー東京・京都

W'UP! ★ 6月2日~8月24日 スポーツのある風景 クリス・スティール=パーキンスとエリオット・アーウィット写真展 ライカギャラリー東京・京都

2021年6月2日(水)~8月24日(火)
スポーツのある風景
クリス・スティール=パーキンスとエリオット・アーウィット写真展

上:El Salvador, 1984 ©Chris Steele Perkins|Magnum Photos

 2021年6月2日より、ライカギャラリー東京およびライカギャラリー京都では、伝説的な写真家集団「マグナム・フォト」の協力により「スポーツのある風景」をテーマに、偉大なる2人のマグナムフォトグラファー クリス・スティール=パーキンスとエリオット・アーウィットの写真展を開催いたします。

クリス・スティール=パーキンス
 1947年ミャンマー生まれ。1949年イギリスに移住。2つの大学で化学と心理学を学ぶ。在学中から学生新聞の写真家兼ピクチャーエディターを務め1971年よりロンドンでフリーランスの写真家として活動を始める。主に都市部に潜む貧困やサブカルチャー、パラリンピックなどをテーマに撮影し、1988年ライカ・オスカー・バルナック賞、1989年ロバート・キャパ賞受賞。1979年マグナム・フォト参画。現在ではロンドンと東京に活動の拠点をおく。写真集に『The Teds』、『アフガニスタン』、『FUJI』などがある。

スポーツのある風景 by Chris Steele-Perkins
クリス・スティール=パーキンス写真展
会 場
 ライカギャラリー東京(ライカ銀座店2F)
住 所 東京都中央区銀座6-4-1 Tel.03-6215-7070
期 間 2021年6月2日(水)〜8月24日(火)
URL https://store.leica-camera.jp/event/leicagallery_sporting_moments

スポーツのある風景 by Elliott Erwitt
エリオット・アーウィット写真展

Pittsburgh, 1950 (C) Elliott Erwitt|Magnum Photos

エリオット・アーウィット
 1928年、ロシア人の両親のもとパリで生まれる。幼少期をミラノで過ごし、11歳の時にアメリカに移住。25歳でマグナム・フォトに参画する。ウィットとユーモアに富んだ人間味あふれる作品で知られるが、ジャーナリスティックな作品からコマーシャル、アート作品など幅広く手掛ける。「犬」を撮影した作品も有名。近作に未発表作品を収めた『Found Not Lost』がある。

会 場 ライカギャラリー京都(ライカ京都店2F)
住 所 京都市東山区祇園町南側570-120 Tel.075-532-0320
期 間  2021年6月2日(水)〜8月26日(木)

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)