W'UP! ★12月5日~12月10日 山内賢二 展/12月12日~12月17日 井上誠 展 藍画廊

W'UP! ★12月5日~12月10日 山内賢二 展/12月12日~12月17日 井上誠 展 藍画廊
 
「bathroom」素材:アクリル、綿布、パネル サイズ:1000×803(mm) 制作年:2002年

2022年12月5日(月)~12月10日(土)
山内賢二 展

作家コメント
たとえば、便利・快適・安全・潔癖・健康など。
人々がこれらを求めれば求める程、社会は寛容さを失い硬直化していくように見える。こうした違和感には鋭くありたい。
些細で曖昧(=余計)な事物をモチーフとし、秩序やコード、或いは損得からの「逸脱」を試みる。

山内賢二 YAMAUCHI, Kenji

過去の展示
http://igallery.sakura.ne.jp/aiga824/aiga824.html
http://igallery.sakura.ne.jp/aiga824/aiga824.html
http://igallery.sakura.ne.jp/aiga659/aiga659.html


 
「いとま」 素材:パネル、和紙、アクリル絵の具 サイズ:594×841 制作年:2021年

2022年12月12日(月)~12月17日(土)
井上誠 展

作家コメント
画面を漂うモチーフとその周りを囲う文様の間には、互いを遮る朧げな境界が存在しています。
「集団の中にいながらも時折感じる言い知れない孤独」を表現できればと思っています。

井上誠 展(INOUE, Makoto)

過去の展示
http://igallery.sakura.ne.jp/aiga857/aiga857.html
http://igallery.sakura.ne.jp/aiga476/aiga476.html


 
「a board no.258」技法・素材:Wood and tempera. サイズ:H6.7×W5.0×D4.2(㎝) 制作年:2022年

2022年12月19日(月)~12月24日(土)
『―その庭を通りぬけて― SEKO Toru exhibition: Through that garden』瀬古徹 展

作家コメント
 私の作品の本体は小さい。それは自立などしていなく、展示される場と共存するかたちで成り立つ。そしてそれは何かを主張するものではなく、その場に僅かな出来事を起こす「きっかけ」に過ぎないと考えている。

瀬古徹 展(SEKO, Toru)

過去の展示
http://igallery.sakura.ne.jp/aiga860/aiga860.html
http://igallery.sakura.ne.jp/aiga820/aiga820.html
http://igallery.sakura.ne.jp/aiga783/aiga783.html


「stay close」素材:キャンバスに油彩 サイズ:F6(410×318㎜)制作年:2022年

2023年1月10日(火)~1月21日(土)
加藤学 展

作家コメント
 足底譚
 雨後の野辺に足を運ぶ。丘陵麓に達する頃、其処此処の斜面には水の律動が細かく忙しない。泉の聲も昨日より賑やか。笹径を辿れば、木々の合間の明滅はすっかり照り返り風筋も良い。嗅粘膜への直撃や時に木の
間、叢の睥睨に小走り気味にもなる。景色が展ける。畑畝がぽふぽふと呼吸する地霧の様子が興味深い。風景は絶えず出現と消失の層の連続。感覚拡張と共に往昔の層も重なる。収拾の付かぬ気分の良さ。知覚は膨張した。隔てた河原でぎょうぎょうし。画室に戻り暫しのまろ寝。北枕で仰向け。天井突き抜け天空を前に、なんとか見える足の甲と指は奇岩の様相。先刻歩いた丘陵に連なり川浅瀬の素足の記憶が蘇る。足底が視ていた合切を抱え絵具を捏ねる。
 加藤 学

過去の展示
http://igallery.sakura.ne.jp/dc25/dc25.html
http://igallery.sakura.ne.jp/dc6/dc6.html


 
「stay close」素材:キャンバスに油彩 サイズ:F6(410×318㎜)制作年:2022年

2023年1月23日(月)~1月28日(土)
吉野涼子 展

過去の展示
http://igallery.sakura.ne.jp/aiga865/aiga865.html
http://igallery.sakura.ne.jp/aiga827/aiga827.html
http://igallery.sakura.ne.jp/aiga789/aiga789.html


 
「山肴野蔌(さんこうやそく)」素材:キャンバスに油彩 サイズ:652×1000(mm) 制作年:2022年

2023年1月30日(月)~2月4日(土)
菊池まり子 展

過去の展示
http://igallery.sakura.ne.jp/aiga825/aiga825.html
http://igallery.sakura.ne.jp/aiga785/aiga785.html
http://igallery.sakura.ne.jp/aiga743/aiga743.html


 
「Hat brim No.7」素材:キャンバスに油彩 サイズ:1620×1303 制作年:2022年

2023年2月6日(月)~2月11日(土)
葛生裕子 展

過去の展示
http://igallery.sakura.ne.jp/aiga496/aiga496.html
http://igallery.sakura.ne.jp/aiga288/aiga288.html
http://igallery.sakura.ne.jp/aiga22.html

開廊時間 11:30~19:00
最終日 18:00pm
休廊日 日曜日
入場料 無料
ウェブサイト http://igallery.sakura.ne.jp/


住所東京都中央区銀座1-5-2西勢ビル2F
TEL03-3567-8777
WEBhttp://igallery.sakura.ne.jp/
営業時間*111:30 〜 19:00(最終日18:00)
休み*2
ジャンル*3現代美術
アクセス*4東京メトロ京橋駅より徒歩2分、銀座一丁目駅より徒歩2分、JR有楽町駅より徒歩5分
取扱作家 
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 現代美術は、彫刻、インスタレーション、ミクストメディア作品、オブジェなども含まれます *4 表示時間はあくまでも目安です 【注】ギャラリーは入場無料ですが、イベントにより料金がかかる場合があります。


1階入り口付近、個々の2階にある

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

コメント

*
*
* (公開されません)