コロナ対策のため休館、営業時間の変更、事前予約が必要な場合がございます。ご来場の際は各施設に直接ご確認ください。

W'UP! ★3月19日〜9月25日 特別展「みんなでつなげる鉄道150年 -鉄道発祥の地よこはまと沿線の移り変わり―」 横浜市歴史博物館 企画展示室

W'UP!  ★3月19日〜9月25日 特別展「みんなでつなげる鉄道150年 -鉄道発祥の地よこはまと沿線の移り変わり―」 横浜市歴史博物館 企画展示室

 

2022年3月19日(土)〜9月25日(日)
特別展「みんなでつなげる鉄道150年
-鉄道発祥の地よこはまと沿線の移り変わり―」


 令和4年(2022)は、新橋と横浜の間を結ぶ鉄道が開業してから150周年の節目の年にあたります。明治5年5月7日(1872年6月12日)品川~横浜間で鉄道が仮開業し、同年9月12日(1872年10月14日)には新橋・横浜間の全線が開業し、現在も10月14日は鉄道記念日となっています。
 また、令和4年度には、相模鉄道線・東急東横線を結ぶ、神奈川東部方面線の相鉄・東急直通線が開業を予定し、横浜市営交通が開業100周年を迎えるなど、横浜を中心に鉄道に大きな注目が集まる年となります。
 この節目の年にふさわしい横浜市歴史博物館の展覧会として、横浜にかかわる鉄道各社の歩みを展覧会や多くの関連事業を通じて紹介し、各社の鉄道利用者はもとより、鉄道愛好家や広く横浜市民に対し、ふるさと横浜の発展を屋台骨となって支えてきた鉄道の歴史の奥深さや新たな発見を伝え、横浜や鉄道に対する愛着を深めることを目的として開催する特別展です。

特別展は一部資料の展示替えを行いました
 横浜市内の鉄道事業者10社を紹介する展示コーナー「鉄道会社がつなげる 今へ、 未来へつなげる―横浜を走る鉄道会社―」は、 一部の資料について展示替えを行いました。


 公式SNSでもその様子を紹介しております。

https://twitter.com/mintetsu150th/status/1538866856253005830

会 期 2022年3月19日(土)~9月25日(日)
会 場 横浜市歴史博物館
開館時間 9:00~17:00(券売は16:30まで)
休館日 月曜日(祝日の場合は開館)、3月22日、6月21日(展示替え日)、7月19日、9月20日
観覧料 特別展(常設展との共通チケットのみ)
一般 1,200円(960円)
大学生・高校生 1,000円(800円)
中学生・小学生、横浜市内在住65歳以上 500円(400円)
( )内は団体(20人以上)料金です。
障がい者及び付添の方は無料です。
毎週土曜日、小・中・高校生は無料です。ご来館の際には日時指定予約(無料)をおすすめいたします。
ご好評につき5月1日よりおトクな特別展の回数券・定期券を枚数限定で販売いたします。tvkチケットカウンターでのみの販売となります。
詳しくは、日時指定予約も合わせてこちらをご覧ください。
https://www.rekihaku.city.yokohama.jp/koudou/see/kikakuten/2022/202203_mintetsu150th/

関連イベントのお知らせ

1. フジタくんと行く特別展親子見学ツアー ~夜の博物館をアンバサダーと楽しもう~
特別展のアンバサダーをつとめる藤田優一さんとめぐる特別展の親子見学ツアーです。閉館後の展示室をみんなでめぐりましょう。
日 時 :8月7日(日)17:00~18:30
定 員 : 親子10組 事前申込が必要です。1組につき保護者1名、子ども2名まで 、詳しくは博物館ウェブサイトをご覧ください。
参加費 :1組2,500円
締 切 :7月29日(金)17:00まで 
申 込 :ウェブサイトからのみ、応募者多数の場合は抽選。
https://www.rekihaku.city.yokohama.jp/koudou/see/event/eventlist/kikakuten_event/oyakokengaku/

2. 横浜の鉄道グッズマルシェとマスコットキャラクターのふれあい広場
日 時 :1.6月25日(土) JR東日本・総合車両製作所  2.7月30日(土) 相模鉄道・東急電鉄・横浜高速鉄道   3.8月27日(土) 京急電鉄・横浜シーサイドライン 4.9月24日(土) 横浜市交通局・JR貨物 各日とも、マルシェ(鉄道グッズ販売)は開館時間中開催・売切れ次第終了、キャラクターとのふれあいは13時30分~14時頃(予定)
会 場 :横浜市歴史博物館 エントランスホール
定 員 : キャラクターとのふれあいは各回40名程度
参加費 :無料( 申込不要、当日会場におこし下さい。館内の混雑状況によっては整理券配布を実施します。)
ご注意 :新型コロナウイルス感染拡大防止のため、イベント内容が変更になる場合がありますのでお出かけ前に博物館のウェブサイトをご確認ください。また、当日は、鉄道各社の広報PR用写真や動画の撮影が行われます。撮影された写真・動画は各社のPR用の素材として使用されますので、あらかじめご了承ください。

3. 展示協力者による鉄道クロストーク
特別展の開催に協力いただいた方々を招いてのトークイベント
日 時 :9月10日(土)14:00~15:00(開場13:40)
講 師 :泉和夫氏(駅弁掛け紙研究家)、沼本忠次氏(鉄道歴史研究家)、鈴木勇一郎氏(鉄道史研究、川崎市市民ミュージアム学芸員)
会 場 :横浜市歴史博物館 講堂
定 員 :170名(事前申込み)
参加費 :500円
締 切 :8月24日(水)必着(ウェブサイトでの申込みは17:00まで)
申 込 :ウェブサイトまたは往復ハガキ
https://www.rekihaku.city.yokohama.jp/koudou/see/event/eventlist/kikakuten_event/crosstalk/

4. 展示見どころ解説
特別展のイチオシ資料や注目ポイントについて、担当学芸員が解説します。解説ポイントや内容は各回で変わります。
日 時 :8月7日(日)、9月3日(土)各回14:00より40分程度(開場13:40)
会 場 :横浜市歴史博物館 講堂
定 員 :各回50名程度 
参加費 :無料 (事前申込みは不要、特別展入場券が必要です)詳しくはウェブサイトをご覧ください。

5. パネル展示 「新鶴見操車場─鉄道操車場物語から─」
会 期 :3月19日(土)~9月25日(日)
会 場 :横浜市歴史博物館 常設展示室
2022年2月3日~16日まで川崎市市民ミュージアムがミューザ川崎シンフォニーホール企画展示室にて開催した展示会の内容をパネル展示にて紹介します。(協力:川崎市市民ミュージアム)

6. 特別展連携ガイドツアー
日 時 :1.7月1日(金)追憶の鉄道遺産巡り 2.7月8日(金)夏空の下、走り抜ける地下鉄を見よう!〈ミニ講座・特別展見学含む〉3.9月21日(水)「ハマ線」の岩川橋梁と長津田五景 
定 員 :各回50名
参加費 :1.3.500円 2.1,000円
※各回の内容・申込方法・注意事項等は横浜横浜シティガイド協会のウェブサイトをご確認のうえ、お申込みください。横浜シティガイド協会ウェブサイト  https://www.ycga.com

7. 鉄道おもちゃで楽し横浜の鉄道と街(常設展示室スタディサロン)
横浜をはしる鉄道10社と街の様子を鉄道おもちゃのジオラマで再現します。


公開組み立て日 :6月22日(水)~24日(金)には、ジオラマを組み立てていく様子をご覧いただけます。
会 場 :横浜市歴史博物館 常設展示室スタディサロン
申 込 :不要 ※特別展入場券が必要です。
協 力 :ぺたぞうでんしゃ王国 https://petazou-train-kingdom.tumblr.com/  トレイントイズ http://traintoys.jp/

イベントの申込方法
【ウェブサイトから】
「企画展・特別展関連イベント」から申込画面へお進みください。(携帯電話・スマートフォン・タブレット不可。動作保証しておりません。)※締切日の17:00まで
https://www.rekihaku.city.yokohama.jp/
【往復ハガキ 】
1.ご希望のイベント名 2.郵便番号・住所 3.氏名(ふりがな)4.年齢 5.電話番号 6.どこでこのイベントを知ったかを明記の上博物館まで。
※往復はがきは1通につき1イベント1名まで ※締切日必着

※関連イベントは上記のほか、内容が確定次第ウェブサイトにてお知らせいたします。
※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、会期・開館時間・関連イベント等については内容・会場など変更する場合があります。最新の情報は、横浜市歴史博物館ウェブサイトまたはお電話にてご確認ください。

展覧会図録、オリジナルグッズも販売中
特別展の開催にあわせ、展覧会の内容を紹介した図録を販売しております。6月22日からは後期の図録の販売が開始 となりました。イラストが人気の特別展のポスターと同デザインのクリアファイルも新登場 です。オンラインショップからもご購入いただけますので、この機会にぜひ、お買い求めください。

※リピートでお得な回数券・定期券も販売中です
ご好評にお応えして、観覧料がおトクな回数券と定期券を販売しております。リピート予定の方はぜひご検討下さい。販売はtvkチケットカウンターのみで、博物館での販売はありません のでご注意下さい。
https://www.tvk-ticket.jp/details/150.html

主 催 公益財団法人横浜市ふるさと歴史財団共催横浜市教育委員会
特別協力 東日本旅客鉄道株式会社横浜支社・東海旅客鉄道株式会社・日本貨物鉄道株式会社・東急電鉄株式会社・相模鉄道株式会社・京浜急行電鉄株式会社・神奈川臨海鉄道株式会社・横浜高速鉄道株式会社・横浜市交通局・株式会社横浜シーサイドライン
協 力 横浜メディアビジネス総合研究所・横浜市電保存館・川崎市市民ミュージアム・東急株式会社・株式会社総合車両製作所・神奈川県立神奈川工業高等学校
協 賛 株式会社稲野組・株式会社コア・エレクトロニックシステム・小林直寛様(団体は敬称略)

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)